« 2018年5月3日 | トップページ | 2018年5月5日 »

2018年5月4日

2018年5月 4日 (金)

容疑者宅訪問も女性発見できず(4日)NHK

去年7月島根県浜田市の当時19歳の女性を連れ去り自宅に寝泊まりさせていたとして浜田市の72歳の男が未成年者誘拐の疑いで逮捕された事件で先月、男の自宅から騒音がするという通報を受けて警察官が自宅を訪れたものの女性の発見には至らなかったことがわかりました。
警察は当時としてはできるかぎりの対応はしたとしています。
 この事件で、逮捕された浜田市原町の佐々本薫容疑者(72)は去年7月から行方が分からなくなっていた浜田市の当時19歳で現在20歳の女性を連れ去って、自宅に寝泊まりさせていたとして未成年者誘拐の疑いが持たれています。
警察は佐々本容疑者が自宅近くの路上で女性に声をかけ自宅に来るよう誘った疑いがありその後、9か月あまりにわたって寝泊まりさせていたとみて状況を詳しく調べています。
警察によりますと佐々本容疑者は寝泊まりさせていたことは認めている一方、「誘拐したつもりはない」と容疑を否認しているということです。
また、この事件では、先月、「大声で言い争っていてうるさい」などという住民からの通報を受けて、警察官が2回にわたり佐々本容疑者の自宅を訪れていたことが警察への取材でわかりました。
いずれも「知らない」などと言われ結果として女性の発見には至りませんでした。
警察は、現場では騒音は確認できなかったとして「当時としてはできるかぎりの対応をした」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/20180504/4030000398.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校や職場での盗撮許さない…迷惑防止条例強化(4日)読売

盗撮の被害が増える中、全国の都道府県で迷惑防止条例の対象範囲を広げる動きが活発化している。
 元々、不特定多数が出入りする「公共の場所」や「公共の乗り物」を対象にしていたが、学校や職場での盗撮行為で罪に問えないケースが出始めたからだ。九州・山口・沖縄でも5県が条例を改正、施行しており、卑劣な犯罪に条例の網をかけて取り締まる。
■立件できない「教室」
 「半年ほど隠し撮りを繰り返していた」。教頭まで務め、定年退職後に再任用されていた長崎市立小の男性教諭(62)は、市教委の調査に盗撮を認めた。
 指導熱心と評判だったが、昨年11月に教室で九九を個別指導中、タブレット端末で机の下から女児らのスカートの中を動画で撮影しているのを児童が発見。相談を受けた長崎県警が教諭の端末を調べると、延べ25人の映像が残っていた。
 県教委は同12月、懲戒免職処分にしたが、県警は教諭が盗撮を認めていたにもかかわらず、立件は見送った。
(ここまで405文字 / 残り841文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180504-OYT1T50061.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【神奈川県警 若きホープたち】(中)「被害者のため」犯行の瞬間捉える 人身安全対策課事態対処係・千葉奨巡査(4日)産経

神奈川県内だけで年に1万件以上にも上るという被害相談の中に、凶悪事件の前兆が潜む。ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)事案などの捜査を専門にする県警人身安全対策課の事態対処係。昨年9月から奮闘する千葉奨巡査(27)が常に心に置くのは、「被害者のために何ができるか」という思いだ。元競泳日本代表候補という異色の経歴を持つ若き警察官の目は、優しさと厳しさに満ちている。(王美慧、写真も)
 昨年9月末。川崎市内の閑静な住宅街の一角で、ある男の行動を確認するために、同僚の捜査員とともに3人態勢で付近を張り込んでいた。
  一瞬を見逃せぬ
 夕暮れ時、仕事帰りの30代の女性教師をつけて歩く不審な男。男は女性が勤務する中学校の同僚の教師だった。連日、女性宅まで付きまとい行為を繰り返したり、女性の後ろ姿を盗撮したりしていたとして、女性側が県警に被害を相談していた。
 「間違いない」。付きまといを現認し、ほどなくして付きまとい行為を行わないよう警告を行った。
 所属する事態対処係はその名の通り、実際に現場に出向いて加害者を摘発することを主たる業務としている。想定外の事態も起こりうるなかで、犯行の瞬間を捉え、加害者を追い詰める。「その一瞬を見逃せば、捜査員失格」と、自分を戒める。地道な姿勢は、3歳から続けている水泳で鍛えられた。
続きを読む

【神奈川県警 若きホープたち】(上)鑑識係「逃げ得、許さない」初動捜査の要 交通捜査課交通機動鑑識係・赤石蓉子巡査長

| コメント (0) | トラックバック (0)

民家で男女2遺体発見、住人の夫婦か 東京・東村山(4日)産経

4日午前11時ごろ、東京都東村山市富士見町の民家で、近隣住民から「最近住人の夫婦の姿を見ていない」と警視庁東村山署に通報があり、駆けつけた署員が1階和室の布団の上で倒れている男女の遺体を発見した。遺体に目立った外傷はないものの腐敗が進んでおり、同署ではこの家に2人で住む男性(90)とその妻(82)とみて、身元の確認を急いでいる。
 同署によると、男女の遺体は別々の布団の上に倒れており、腰の部分まで掛け布団がかかっていた。室内にあったレシートなどから、2月下旬以降に死亡した可能性が高いとみられる。玄関や1階部分の窓は施錠されていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180504/afr1805040012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

子ども 37年連続減 14歳以下1553万人 (4日)日経

総務省は4日、「こどもの日」を前に4月1日時点の子どもの人数を推計した。外国人を含めた14歳以下の人口は1553万人と前年より17万人減り、過去最少を更新した。減少は37年連続。総人口に占める割合も12.3%と同0.1ポイント下がり、44年連続の低下で過去最低を更新した。少子化の流れに歯止めがかかっていない現状が浮き彫りになった。
 子どもの人数はピークの1954年の2989万人からほぼ半減している。男女別では男子が795万人と前年比9万人減った。女子も758万人と8万人減った。
 都道府県別(2017年10月1日時点)では東京が7千人増で唯一増加した。前年に横ばいだった沖縄も1千人の減少に転じ、46道府県でマイナスとなった。子どもの割合が最も大きかったのは沖縄県の17.1%で、最も小さかったのは秋田県の10.1%だった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30130260U8A500C1EA3000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパート焼いた火元は子どものおもちゃのバッテリー(4日)テレビ朝日

アパートを焼いた火事の火元はおもちゃの車のバッテリーとみられている。
 4日午前5時すぎ、札幌市のアパートから火が出ていると通報があった。火は約3時間後に消し止められた。けが人はいなかったが、建物の内部、約40平方メートルが焼けた。この家に住む女性によると、息子の部屋で充電していたリモコンカーのバッテリーから火が出て、その後に爆発して火が燃え移ったという。また、バッテリーと充電器の間に純正品ではないケーブルを取り付けていたという。なぜ出火したのか。
 防災対策ナビゲーター・永山政広さん:「(純正品ではないケーブルによって)本来、流していい電流値は決まっていますので、流していい電流値を超えて電流を流されると過熱して、そこから出火も考えられるので、正しい使い方を守るのが重要です」
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126557.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»埼玉・久喜市職員、スカートの中を盗撮した疑いで逮捕(4日)TBS

4日午前、埼玉県久喜市の東武鉄道・久喜駅の構内で、女性のスカートの中を盗撮したとして、久喜市職員の男が現行犯逮捕されました。
 逮捕されたのは、久喜市・都市計画課の主事・唐戸雅浩容疑者(33)です。唐戸容疑者は、4日午前10時10分すぎ、東武鉄道・久喜駅構内のエスカレーターで、20代女性の後ろからカメラ付き携帯音楽プレーヤーを入れ、スカートの中を盗撮した疑いがもたれています。目撃した幸手市に住む男性(52)が唐戸容疑者に声をかけ、近くの交番に行き、引き渡したということです。
 調べに対し、唐戸容疑者は「盗撮したことは間違いない」と容疑を認めているということです。久喜市は、「厳正に処分を行い、職員の規律の徹底を図ってまいります」とコメントしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3361219.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(4、5日 単位・レベル)
因果な商売ですね
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1013760 2日夜、東京都荒川区の路上で、手配中のワゴン車を見つけて職務質問をしていた警視庁の男性警察官が、運転していた男に刃物で切りつけられ負傷する事件があった。
 さらに、先月には滋賀県彦根市の交番で、19歳の巡査が拳銃で41歳の警部を背後から射殺する事件など警察官が被害者になる事件が相次いでいる。まさに「踏んだり蹴ったり」の状態だ。しかし、警察官には常にそんな不安が付いてまわる。
 昭和の時代からおもな警察官の殉職事件をあげると次のようになる。
 あれは昭和46年だった。小欄も現地取材していたが成田空港建設反対闘争で現地に派遣されていた神奈川県警の機動隊がゲリラに襲撃され3人の警察官が殉職した。
 これも現場にいたが昭和47年2月19日、追われた連合赤軍5人があさま山荘に立てこもった事件で、同28日に警察が強行突入した際、警視庁第2機動隊長(47)と特科車両隊の警視正(42)が銃撃され死亡。立てこもりから事件解決まで連日、死ぬ思いで取材したことは忘れられない。
 警察官の殉職はあげればきりがない。主なものだけでも昭和59年には京都市北区の船岡山公園で警ら中の警察官(30)が、元警察官に刃物で襲われ、拳銃を奪われて射殺された事件。
 平成に入っても2年11月には、東京都新宿区にある警視庁の独身寮「清和寮」で爆弾が爆発して新宿署員1人が死亡するなど殉職事件が相次いだ。
★平成4年2月 警視庁東村山警察署交番で警察官が刺殺されけん銃を奪われる。
★5年4月 パトロール中の警視庁上野警察署員が男に刺殺される。
★同11月 神奈川県警加賀町警察署員が横浜の中華街で暴れている男を逮捕しようとして刺殺される。
★8年10月 千葉県警東金警察署員が、窃盗容疑の少年に刺殺される。
★9年8月 福岡県警柳川警察署員が駐在所で刺殺される。
★同9月 群馬県警桐生警察署員が書店で窃盗犯の少年に刺殺される。
★同10月 福岡県警小倉北警察署員が、職務質問しようとした男に刺殺される。
★12年6月 青森県警むつ警察署員が職務質問中に男に刺殺される。
★13年6月 埼玉県警入間警察署員がアパートで、トラブル仲裁中に刺殺される。
 さらに19年には愛知県長久手町で元妻を人質に立てこもった事件で愛知県警の警察官1人が殉職、1人が負傷。
 同年2月にはこんな悲しい事件が起きた。
 自殺志願で踏切に侵入した女性を助けようと警視庁の巡査部長が後を追い、女性をホーム下の退避スペースに押し込んだものの、自身は通過する列車にはねられて死亡した。
 こうしたニュースを並べてみると、警察官とは因果な商売である。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image001_2

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-4188-2.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「近くで女性の泣き声が…」 9カ月不明の20歳女性保護 誘拐容疑で72歳男逮捕 島根・浜田(4日)産経

島根県警は4日、昨年7月に当時19歳だった同県浜田市の女性(20)を連れ去り、自宅に泊めていたとして、未成年者誘拐容疑で同市原町、無職、佐々本薫容疑者(72)を逮捕した。女性は約9カ月間にわたり行方不明だったが、今月3日午後6時半ごろ、佐々本容疑者の自宅で無事保護された。
 逮捕容疑は、昨年7月中旬ごろ、浜田市内で女性が未成年者であることを知りながら誘拐し、自宅で寝泊まりさせていた疑い。
 浜田署によると、佐々本容疑者は「誘拐したつもりはない」と容疑を否認している。
 女性は昨年7月14日から家に帰らず、同22日に近所の祭り会場で目撃されたのを最後に行方が分からなくなっていた。家族が9月1日に行方不明届を出し、県警が同14日から公開捜査していた。今月3日午後6時15分ごろ、「近くで女性の泣き声が聞こえる」と住民から通報があり、警察官が駆け付けると、佐々本容疑者の自宅の居間で女性が泣いていたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180504/afr1805040006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックが赤信号で交差点直進、自転車の男性はねられ死亡 東京・葛飾(4日)産経

4日午前5時35分ごろ、東京都葛飾区奥戸の環状7号線の交差点で、直進中のトラックが横断歩道を自転車で通行していた近くの無職、古田政敏さん(87)をはねた後、乗用車と衝突した。古田さんは頭などを強く打ち、死亡した。乗用車の男性は軽傷とみられる。
 警視庁葛飾署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で、トラックを運転していた千葉市中央区の会社員、深山隆行容疑者(30)を現行犯逮捕した。容疑を同法違反の過失致死傷に切り替え、調べる方針。
 同署によると、深山容疑者は赤信号で直進。調べに対し、「信号にも自転車にも気づかず、ぶつかってしまった」と供述しているという。深山容疑者は当時、配送業務中だった。
http://www.sankei.com/affairs/news/180504/afr1805040008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»“水かけ姫”に逮捕状請求 韓国・地元警察(4日)TBS

会議中に激怒し、水の入ったコップを投げつけたパワハラ行為が韓国で社会問題化している大韓航空の前の専務に対して、警察は暴行容疑などで逮捕状を請求しました。
 逮捕状が請求されたのは、大韓航空の専務だったチョ・ヒョンミン氏です。チョ氏は、広告代理店との会議で、罵声を浴びせながら水の入ったコップを投げた暴行などの疑いがもたれています。
 今月1日に行われた警察の事情聴取に対して、チョ氏は「人に向けて投げていない」と供述していましたが、警察は、「被害者に接触して口裏合わせを試みるなど証拠隠滅のおそれがある」と判断し、4日、逮捕状を請求しました。
 大韓航空をめぐっては、経営するチョ氏一家の行動が相次いで社会問題化していて、3日は従業員らが本社で一家の退陣を求める抗議デモを行っています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3360625.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»殺人未遂容疑で33歳の女逮捕、知人男性をナイフで刺す(4日)TBS

4日未明、仙台市内の自宅で知人男性を果物ナイフで刺して殺害しようとしたとして、33歳の女が、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、仙台市青葉区の無職、千葉喜美子容疑者(33)です。警察によりますと、千葉容疑者は4日午前0時20分ごろ、自宅で市内に住む57歳の知人男性の背中を果物ナイフで何度も刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。
 男性は背中に大けがをして病院に運ばれましたが、意識はあり、命に別状はないということです。千葉容疑者は事件のあと、自ら救急車を呼び、駆けつけた警察官に現行犯逮捕されました。
 警察によりますと、千葉容疑者は「犯行の直前に知人男性と口論になった」と話していて、容疑を認めているということです。警察が詳しい経緯を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3360624.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»カセットコンロが爆発 1人けが、横浜市のマンション(4日)TBS

4日朝、横浜市戸塚区にあるマンションの一室でカセットコンロが爆発し、女性1人がけがをしました。
 午前6時半すぎ、戸塚区品濃町にあるマンションで、警備員の男性から「3階で爆発音がした」と消防に通報がありました。
 警察によりますと、14階建てマンションの3階の部屋でキッチンのカセットコンロが爆発し、衝撃で割れた窓ガラスや物干し竿などが付近に散乱しました。この部屋に住む70代の女性が、首に軽いやけどなどをして病院へ運ばれました。
 警察と消防が爆発の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3360619.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜から小型船と連絡とれず 転覆を確認2人が不明(4日)テレビ朝日

京都府舞鶴市の沖合で小型船が転覆した状態で見つかり、この船で釣りに出ていた男性2人が行方不明になっています。
 舞鶴海上保安部によりますと、3日午後11時15分ごろ、京都府南丹市の自営業・豊西輝行さん(66)の息子から「父親が釣りに出て帰らない」と通報がありました。海上保安部が捜索したところ、4日未明、京都府宮津市の海岸沿いで豊西さんのトラックを発見しました。午前6時前には、トラックがあった場所から東に約8キロ離れた舞鶴市の沖合で転覆している小型船が見つかりました。船には豊西さんと釣り仲間の中川敬造さん(71)が乗っていましたが、船に姿はなく、海上保安部は捜索を続けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126531.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

3軒の空き家から出火 3日の夜に群馬で連続不審火(4日)テレビ朝日

群馬県高崎市と隣接する群馬県富岡市で、約3時間に3軒の空き家が焼ける火事がありました。警察は連続放火の可能性もあるとみて調べています。
 警察によりますと、3日午後10時半ごろ、高崎市吉井町で「家から火が出ている」と近所の人から通報がありました。消防が駆け付けて消火活動にあたりましたが、木造2階建ての空き家1棟が全焼しました。その1時間後には、約20キロ離れた富岡市中沢でも木造2階建ての空き家が全焼する火事がありました。さらに、その1時間後には、高崎市の1件目の現場付近で周囲を警戒していた警察官が空き家から火が出ているのを見つけました。天井裏が焼けましたが、けが人はいませんでした。警察は3軒とも空き家であることなどから、連続放火の可能性もあるとみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126534.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

石灯籠が歩行者に当たり死亡事故 バス運転手を書類送検へ(4日)NHK

先月、三重県の伊勢神宮近くの県道で、路線バスが石灯籠に接触し、はずみで落下した灯籠の上の部分が歩行者の男性に当たって死亡した事故で、警察は、バスの運転手が安全確認を怠ったことが事故につながったとして、今月中にも、運転手を過失運転致死の疑いで書類送検する方針を固めました。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

金塊2000億円分密輸 釜山地検 韓国人10人起訴 韓国経由日本へ(4日)西日本

【釜山・丹村智子】韓国の釜山地検と釜山税関は3日、1年余りにわたって計約2兆ウォン(約2千億円)相当の金塊を香港から韓国経由で違法に日本に持ち込み、約400億ウォンの利益を得たとして、関税法違反(密輸)などの罪で韓国人10人を起訴したと発表した。韓国グループによる3カ国を巡る金塊の「違法な中継貿易」を解明し、関税法上の「密輸」規定を適用したのは韓国で初めて。
 同地検によると、10人のうち主犯格とみられる被告(53)ら4人は身柄を拘束し、6人は在宅起訴。10人は2015年7月から16年12月まで、金が非課税の香港で計約2兆ウォン相当の金塊を購入し、金海国際空港(釜山市)や仁川国際空港(仁川市)の乗り換え区間に持ち込んだ後、勧誘した韓国人観光客に預けて日本に運び、日本での売却代金のうち消費税相当額など約400億ウォンを利益として得たとされる。同地検は資金調達係を担っていた主犯格とみられる被告の住居などから、現金128億ウォンを含む200億ウォン相当の資産を押収した。
 地検は日本の消費税が引き上げられた14年ごろから、韓国の国際空港が金塊密輸の経由地になっていることを把握していたが、国内法の適用を巡って捜査は難航。今回、一連の行為を「中継貿易」と規定すれば関税法で処罰可能と判断し、摘発に踏み切った。
 地検によると、摘発されたグループはインターネットなどで「1日当たり50万~80万ウォンの旅費を援助する」との広告を出して「運び屋」役の観光客を募集。応募者の中から家族連れなどを選んだ上、事前に行動を指示していた。16年だけで約5千人が「運び屋」役を務めていた。釜山日報によると、地検は「運び屋」役の観光客の大半が家族連れの上、初犯だったことから摘発を見送ったという。=2018/05/04付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/413575

| コメント (0) | トラックバック (0)

【劇場型半島】「ナッツ&水かけ」姉妹の大韓航空財閥一家 横暴続々…自社機で贅沢品「密輸」も?(4日)産経

大韓航空の前専務が取引先との会議で、声を荒らげて相手に水をぶちまけたパワハラ容疑で韓国警察が捜査を進めている。前専務は大韓航空を中核にした財閥会長の次女で、ナッツの出し方に腹を立て機体を引き返させ、「ナッツ姫」と呼ばれた元副社長の妹だ。その後も一家をめぐる疑惑が次々浮上。母親の暴行疑惑に加え、一家が自社機や社員を使ってぜいたく品を「密輸」していた疑いで強制捜査にも発展した。(ソウル 桜井紀雄)
 水をかけて強制捜査は「やり過ぎ」?
 大韓航空を傘下に置く韓進(ハンジン)グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の次女で当時、大韓航空の専務だった趙顕(ヒョン)ミン氏(34)に関するインターネット上の匿名掲示板への投稿がきっかけだった。
 広告代理店との3月の会議で、担当者が質問に答えられなかったことに、顕ミン氏が激怒して飲み物のボトルを壁に投げ付けた上、担当者の顔に向けてコップの水をかけ、担当者を追い出したとの内容だった。
 姉で副社長だった趙顕娥(ヒョナ)氏が2014年12月、ナッツ・リターン事件で逮捕され、執行猶予付き有罪が確定していただけに、パワハラ疑惑が拡大すると、顕ミン氏はネット上に謝罪文を掲載するなど、すぐさま火消しに回った。いったん休暇で海外に出かけたが、4月15日に急遽(きゅうきょ)帰国し、大韓航空の全社員に「全て私の過ち。法的な責任を全うし、いかなる非難も甘受する」と謝罪メールを送った。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥寺駅でけんか、電車に接触し重体の男性死亡(4日)読売

JR中央線吉祥寺駅(東京都武蔵野市)で、けんかの最中に会社役員の男性(65)が電車に接触した事件で、重体だった男性が搬送先の病院で2日に死亡していたことが警視庁武蔵野署幹部への取材でわかった。
 同署は、傷害容疑で逮捕した自称中国籍の調理師、代強容疑者(38)(埼玉県春日部市)の容疑を傷害致死に切り替えて調べる。
 代容疑者は先月29日午前0時過ぎ、同駅ホームで口論となった男性に暴行し、発車した電車に接触させて頭の骨を折るなどの重傷を負わせた疑いで逮捕された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180504-OYT1T50031.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ポスト平成」言論の自由とは 阪神支局襲撃から31年(4日)朝日

 朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)で散弾銃を持った男に記者2人が殺傷された事件から、3日で31年となった。阪神支局では、亡くなった小尻知博記者(当時29)の遺影が飾られた拝礼所が設けられ、市民ら約640人が手を合わせた。また事件が起きた午後8時15分に、渡辺雅隆・朝日新聞社社長(59)ら関係者約100人が黙禱(もくとう)を捧げた。

考えの違う人の話こそ

 朝日新聞阪神支局襲撃事件を機に始まった「言論の自由を考える5・3集会」(朝日新聞労働組合主催)が3日、兵庫県尼崎市であり、397人が参加した。平成最後となる、31回目のテーマは「異論も届けたい ポスト平成のメディア」。個人が自由に発信できるインターネットの出現で多様化したこの30年の言論空間を振り返り、メディアの将来像を探った。
 討論の進行役はバズフィード・ジャパン創刊編集長の古田大輔さん(40)が務めた。パネリストで評論家の宇野常寛(つねひろ)さん(39)は「大事なのは新しい仕組みとして出てきたインターネットに対し、これまで培ってきたマスメディアの知識や技能をいかに輸出していくかだ」と指摘した。
 お笑いジャーナリストのたかまつななさん(24)は、出演者が互いの主張を繰り返すだけだったテレビの討論番組の出演経験について発言。「議論にもなっていない」とメディアの姿勢に注文を付けた。
 朝日新聞日田支局長の近藤康太郎記者(54)は、意見や主張が食い違う相手とも信頼関係を築くためには「『相手を変えたい』ではなく、まず自分が変わることだ」と話した。

詳細は downwardleft

https://www.asahi.com/articles/ASL532RC4L53PIHB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

芝生広場が穴だらけ…イノシシ集団、連日掘り返して悲鳴(4日)朝日

至るところに穴、穴、穴。ツツジなど花の名所で知られる愛知県豊田市の県緑化センターで、芝生広場の大半が掘り返されて荒れ地のようになっている。「犯人」はイノシシ。今年度、4基の捕獲用おりを設置するなど対策に乗り出した。
 管理する愛知公園協会によると、イノシシは、土中のミミズや昆虫を狙って侵入し、芝生を掘り返して穴を開けているという。10年ほど前から出現していたが、昨年春以降、毎夜のようにイノシシの集団が現れるなどして、被害が一気に拡大した。
 センター(48万平方メートル)に17カ所計4万7千平方メートルある芝生広場の大半が被害に遭った。計7500平方メートルは修復が必要で、今は各所に立ち入りを禁止するロープが張られている。「最初の頃は掘り返される度に職員が手作業で戻していましたがきりがなくなり、もうお手上げです。芝生の張り替え工事だと誤解する方もいますが、イノシシの仕業だと聞くとみんな驚きます」と西村継博所長。
 対策として今年度、捕獲用のおりを新たに4基設置し、侵入を防ぐ網や柵も巡らす。予算は芝生の修復工事も含めて計900万円。
 同センターには、日本庭園やバラ園などがあり、隣接する昭和の森と合わせ、年間約100万人が訪れる。(臼井昭仁)
https://www.asahi.com/articles/ASL4W5QQZL4WOBJB00N.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不審火2件相次ぐ 連続放火か 埼玉・上尾市(4日)テレビ朝日

埼玉県上尾市の団地で自転車置き場に止めてあった自転車が焼ける不審火が2件、相次ぎました。警察は連続放火の可能性が高いとみて捜査しています。
 3日午後11時半ごろ、上尾市原市の団地で「駐輪場内の自転車が燃えている」と近くに住む女性から119番通報がありました。消防などが駆け付けると、駐輪場に置かれていた自転車1台が焼けていました。この約10分後、350メートルほど離れた同じ団地の別の駐輪場で、自転車1台が焼けているのが見つかりました。いずれも火はすぐに消し止められ、けが人はいませんでした。周囲に火の気がないことなどから、警察は連続放火の可能性が高いとみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126516.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

手を振り合図も… 踏切で特急にはねられ女性死亡(4日)テレビ朝日

山梨市の踏切で電動車椅子が動かなくなり、85歳の女性が特急電車にはねられて死亡しました。
 警察によりますと、3日午後7時ごろ、山梨市正徳寺に設置されたJR中央線の踏切で、動かなくなった電動車椅子を押し出そうとしていた最賀まさえさんに新宿発松本行きの特急電車が衝突しました。最賀さんはその場で死亡が確認されました。運転手が気付いた時には遮断機はすでに下りていて、最賀さんは近付いてきた特急電車に向かって大きく手を振り、止まるよう合図しましたが、間に合わなかったということです。警察は電動車椅子が動かなくなった原因など事故の経緯を詳しく調べています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126510.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»北朝鮮で拘束の米国人3人、米朝首脳会談に先立ち解放か(4日)TBS

調整中の米朝首脳会談に先立ち、北朝鮮が拘束しているアメリカ人3人を、近く解放する可能性が浮上しています。
 北朝鮮は、金正恩(キム・ジョンウン)体制に敵対的な行動をとったなどとして、2015年以降、3人のアメリカ人を拘束しています。
 これをめぐりトランプ大統領は2日深夜、「前政権は3人の解放を要請したがとりあってもらえなかった。乞うご期待!」とツイートし、解放の可能性を示唆。トランプ氏の弁護士で側近のジュリアーニ・元ニューヨーク市長も3日、「きょう解放される」との見通しを示したほか、韓国・聯合ニュースも関係者の話として、3人が収容先の労働教化所から平壌(ピョンヤン)近郊のホテルに移されたと伝えています。
 解放は、トランプ政権にとって極めて優先度の高い案件で、北朝鮮は最終調整中の首脳会談に先立ち、友好ムードの醸成を狙っているものとみられます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3360103.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»高速バスが大型バイクと衝突、19歳少年が死亡(4日)TBS

3日夜、東京・港区で高速バスが大型バイクと衝突し、大型バイクに乗っていた19歳の少年が死亡しました。
 3日午後8時50分ごろ、港区浜松町の交差点で、高速バスが右折しようとしたところ、対向車線から直進してきた大型バイクと衝突しました。この事故で、大型バイクに乗っていた19歳の少年が意識不明の状態で病院に運ばれましたが、胸を強く打つなどして死亡しました。
 警視庁は、高速バスを運転していた山田勝俊容疑者(45)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。
 当時、高速バスは、東京から鳥取県に向かうところで、乗客乗員あわせて9人が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。
 警視庁は今後、容疑を過失致死に切り替え、事故の原因を調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3360113.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月3日 | トップページ | 2018年5月5日 »