« G20サミット対策課が発足=司令塔役、32人体制-大阪府警(3日)時事 | トップページ | 暴力団排除条例を改正 埼玉県警が取り締まり強化(3日)テレビ朝日 »

2018年4月 3日 (火)

奄美初赴任の警官、ハブ捕獲法学び「危険実感」(3日)読売

鹿児島県警奄美署に初めて赴任した警察官10人が3月29日、鹿児島県奄美市の奄美観光ハブセンターでハブの対処法を学んだ。
 講師を務めた同センターの本山栄隆さん(63)が、実際にハブを手に取り、鋭い牙から流れる毒液を見せて危険性を解説。その後、棒で首の部分をたたいて弱らせる方法などを、実践を交えながら指導した。
 県警交通機動隊から異動した内山雅博巡査部長(30)は「ハブの危険性を実感した。捕獲の仕方を体験できたので自信になった」と話していた。
 同署には昨年、6件のハブ捕獲要請が寄せられたという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180402-OYT1T50115.html?from=ycont_top_txt

« G20サミット対策課が発足=司令塔役、32人体制-大阪府警(3日)時事 | トップページ | 暴力団排除条例を改正 埼玉県警が取り締まり強化(3日)テレビ朝日 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66569607

この記事へのトラックバック一覧です: 奄美初赴任の警官、ハブ捕獲法学び「危険実感」(3日)読売:

« G20サミット対策課が発足=司令塔役、32人体制-大阪府警(3日)時事 | トップページ | 暴力団排除条例を改正 埼玉県警が取り締まり強化(3日)テレビ朝日 »