« 「のぞくため」高崎署巡査長が女子トイレ侵入 群馬県警、容疑で逮捕(26日)産経 | トップページ | 板橋区で男性死亡ひき逃げで捜査(26日)NHK »

2018年4月26日 (木)

イモ泥棒も見逃さず「職質の達人」検挙率9割超(26日)読売

職務質問(職質)の高い技術力と熱心な指導が評価され、和歌山県警地域指導課の

中畔

なかぐろ

雅史警部(59)が、警察庁の「全国優秀警察職員表彰」を受けた。

雅史警部(59)が、警察庁の「全国優秀警察職員表彰」を受けた。
 容疑者の細かな動揺を見逃さないその腕前は、「検挙率9割超」とされるほど。地域の治安維持を目指し、ひたむきに走り続けた警察人生も残りあと1年で、「一人でも多くの後継者を育てておきたい」と、<職質の達人>は後進の育成に取り組んでいる。
 中畔警部は1979年に警察官となり、薬物や暴力団に関わる事件を長く担当。2003年に和歌山東署でパトロール中心の勤務になって以降は、職質で顕著な成果を出すようになった。この10年間で、地域を24時間かけて見回る「巡回」に出た364回のうち、軽微な犯罪も含めて逮捕などに至ったのは、実に331回に上るという。
 「パトカーや制服を見た瞬間の相手のささいな動作を見逃さない」。少しでも違和感を抱けば、ちゅうちょなく声をかける。やましいことがある人は、手足が震えたり、突然罵声を浴びせてきたりと不自然な言動を取ることが多いという。もちろん、何もないことも多い。。その際は事情を丁寧に説明すると同時に、地域の情報を尋ねて新たな検挙につなげる。http://www.yomiuri.co.jp/national/20180426-OYT1T50059.html?from=ycont_top_txt

« 「のぞくため」高崎署巡査長が女子トイレ侵入 群馬県警、容疑で逮捕(26日)産経 | トップページ | 板橋区で男性死亡ひき逃げで捜査(26日)NHK »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66652474

この記事へのトラックバック一覧です: イモ泥棒も見逃さず「職質の達人」検挙率9割超(26日)読売:

« 「のぞくため」高崎署巡査長が女子トイレ侵入 群馬県警、容疑で逮捕(26日)産経 | トップページ | 板橋区で男性死亡ひき逃げで捜査(26日)NHK »