« 寮に拳銃10丁、実弾200発=フィリピン国籍の元社員聴取-警視庁(13日)時事 | トップページ | 海賊版サイト、政府がプロバイダーに遮断要請(13日)読売 »

2018年4月13日 (金)

大阪一家4人殺傷、懲役30年 心神耗弱で死刑回避(13日)西日本

大阪府門真市で2016年、住宅に侵入して大工川上幸伸さん=当時(43)=を刺殺し、子ども3人にも重軽傷を負わせたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われ、死刑を求刑されていた無職小林裕真被告(25)の裁判員裁判で、大阪地裁は13日、犯行時は心神耗弱の状態だったとして懲役30年の判決を言い渡した。
 主な争点は責任能力の有無。浅香竜太裁判長は「妄想型統合失調症の悪化に伴って自己のコントロール力を著しく失い、犯行に及んだ」と述べ、完全責任能力があったとの検察側主張を退けた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/408340

« 寮に拳銃10丁、実弾200発=フィリピン国籍の元社員聴取-警視庁(13日)時事 | トップページ | 海賊版サイト、政府がプロバイダーに遮断要請(13日)読売 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66606411

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪一家4人殺傷、懲役30年 心神耗弱で死刑回避(13日)西日本:

« 寮に拳銃10丁、実弾200発=フィリピン国籍の元社員聴取-警視庁(13日)時事 | トップページ | 海賊版サイト、政府がプロバイダーに遮断要請(13日)読売 »