« 限定人形100体を買い占め 転売目的?1200万円超(1日)共同 | トップページ | 自称高校教諭を逮捕 財布盗んだ疑い、北海道(1日)産経 »

2018年4月 1日 (日)

旧暴力団事務所が「市民交流」の拠点に“変身” 茨城県守谷市(1日)産経

茨城県守谷市にある指定暴力団松葉会の旧事務所が、市民活動の拠点となる施設「市民交流館」として生まれ変わり、1日に開館した。「暴力団追放」に地域住民も立ち上がる中、反社会的勢力の排除のために市が建物を取得し、改修を進めてきた。旧事務所は「モリヤガーレ」に命名され、社会の敵のイメージは完全に払拭されている。
 施設は延べ床面積約561平方メートルの平屋建て。外観そのものは変えず、屋内に多目的ホールや和室2間、事務室などを設けた。体の不自由な人も利用できるようバリアフリー化し、多目的トイレを整備した。経費は備品も含め約4千万円。愛称は市が募集し、寄せられた30点の中から市内在住の麻生まり子さん考案の「モリヤガーレ」に決定した。「守谷」と「盛り上がれ」をかけたという。
 この日の式典には、暴力団追放に取り組んだ市の関係者ら約100人が集まった。テープカットに続き、市立守谷中吹奏楽部の演奏で開館を祝い、施設内をお披露目した。式典で松丸修久市長は「この交流館が市民に広く知れ渡り、文化の中心として活用されることを期待したい」と語った。
 建物の取得をめぐっては、登記上の所有者である建設会社側と松葉会が所有権を争う訴訟で、会社側が1億2千万円を支払い、松葉会が撤退する内容で和解が成立。市が諸経費を含む1億3千万円で土地と建物を買い取り、平成28年2月に引き渡された。
 市によると、旧事務所は24年9月ごろに完成し、松葉会が月1回ほど会合に使用。地域住民らの抗議運動などが展開されていた。(海老原由紀)
http://www.sankei.com/affairs/news/180401/afr1804010003-n1.html

« 限定人形100体を買い占め 転売目的?1200万円超(1日)共同 | トップページ | 自称高校教諭を逮捕 財布盗んだ疑い、北海道(1日)産経 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66563422

この記事へのトラックバック一覧です: 旧暴力団事務所が「市民交流」の拠点に“変身” 茨城県守谷市(1日)産経:

« 限定人形100体を買い占め 転売目的?1200万円超(1日)共同 | トップページ | 自称高校教諭を逮捕 財布盗んだ疑い、北海道(1日)産経 »