« 9人全員の遺骨返還、座間事件 警視庁、遺族や関係者へ(19日)西日本 | トップページ | くみ取り式トイレに産み、女児殺害容疑 母親を再逮捕へ(19日)朝日 »

2018年4月19日 (木)

中国軍の無人偵察機か、空自緊急発進…尖閣北方(19日)読売

 防衛省は18日、尖閣諸島(沖縄県)周辺の上空で今月10日午後に中国軍の無人偵察機とみられる航空機が飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。 
領空侵犯はなかった。日本周辺空域で国籍不明の無人機が確認され、空自機がスクランブルしたのは2013年9月以来2回目で、同省で警戒を強めている。
 発表によると、確認されたのは、中国が開発した無人偵察機「BZK―005」とみられる航空機1機。尖閣諸島(沖縄県)北方約160キロの日本の防空識別圏を南下しているのを、空自のレーダーが捉えた。空自機がスクランブルすると、同機は向きを変えて北上した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180418-OYT1T50103.html

« 9人全員の遺骨返還、座間事件 警視庁、遺族や関係者へ(19日)西日本 | トップページ | くみ取り式トイレに産み、女児殺害容疑 母親を再逮捕へ(19日)朝日 »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66626976

この記事へのトラックバック一覧です: 中国軍の無人偵察機か、空自緊急発進…尖閣北方(19日)読売:

« 9人全員の遺骨返還、座間事件 警視庁、遺族や関係者へ(19日)西日本 | トップページ | くみ取り式トイレに産み、女児殺害容疑 母親を再逮捕へ(19日)朝日 »