« 霧島連山・硫黄山噴火、レベル3 250年ぶり、2キロ立入規制(20日)共同 | トップページ | 女優、のんさんブログに殺害予告 脅迫容疑で47歳の男を逮捕 警視庁(20日)産経 »

2018年4月20日 (金)

子供の姿消えた 受刑者逃走の広島・向島、緊張続く(20日)日経

愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から平尾龍磨容疑者(27)が脱走して10日余り。潜伏先とみられる広島県尾道市の向島の住民生活に大きな影響が出ている。各地で検問による渋滞が起こり、屋外で遊ぶ子供も減った。サイクリングコースがある島の観光にも余波が及ぶ。住民からは「早く普段通り暮らしたい」と切実な声が聞かれる。

向島で続く車両の検問(19日午前、広島県尾道市)=共同

向島で続く車両の検問(19日午前、広島県尾道市)=共同

 向島北部の国道は19日午前、1キロを超える車の列ができていた。すぐ先の尾道大橋を渡れば本州側だが、手前で警察が検問を実施。十数人の警察官が1台ずつ車を止め、車内やトランクを調べる。本州側へ通勤する建設業の男性(54)は家を出る時間を事件前より1時間半早めた。「こんな生活がいつまで続くのか」
 脱走事件が起きた8日以降、島から出る全ての道路で検問が続き、島内ではあちこちで渋滞が発生。本州側に渡るバス停で待っていた女性(78)も「30分以上も遅れている。島の外に買い物に行くのも本当に大変」とため息をついた。
 潜伏情報により、のどかだった島の雰囲気は一変。窃盗被害も相次ぐ。食料品店を営む村上幸子さん(74)は数日前、防犯用のホイッスルを買った。「これまでは戸締まりに無頓着だったが、今は不安で鍵をかけたか何度も確認してしまう」。外出を控える住民は多く、島内のホームセンターでは南京錠の売り上げが増えているという。
■保護者らに疲れ
 影響は学校現場にも及ぶ。島北部の市立向東小学校のグラウンドは19日午後2時半ごろ、児童を迎えにきた保護者の数十台の車で埋め尽くされた。児童だけで下校させず、保護者が迎えに来られない場合は教職員や刑務官が付き添っている。
 事件後、子供2人を送迎するため自宅と学校、幼稚園を1日4往復するという荒川貴子さん(31)は「疲れがたまってきた」と困惑した表情。8歳と5歳の姉妹がいる久保あかねさん(34)には安否を確認する夫から連絡が頻繁にあるという。「緊張が続き、気疲れしてしまう」と話した。
続く downwardleft
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29594310Z10C18A4AC8Z00/

« 霧島連山・硫黄山噴火、レベル3 250年ぶり、2キロ立入規制(20日)共同 | トップページ | 女優、のんさんブログに殺害予告 脅迫容疑で47歳の男を逮捕 警視庁(20日)産経 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66630372

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の姿消えた 受刑者逃走の広島・向島、緊張続く(20日)日経:

« 霧島連山・硫黄山噴火、レベル3 250年ぶり、2キロ立入規制(20日)共同 | トップページ | 女優、のんさんブログに殺害予告 脅迫容疑で47歳の男を逮捕 警視庁(20日)産経 »