カテゴリー

« 2018年4月27日 (金) | トップページ | 2018年4月29日 (日) »

2018年4月28日 (土)

2018年4月28日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日 単位・レベル)
任侠道も落ちたもんだよ
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_2F1013752
 微増だが暴力団による凶悪事件が増えている。しかし、一方で飲食店のドアの鍵穴につまようじを差し込んで営業を妨害する姑息な犯罪もある。福岡県警に逮捕されたのは「任侠山口組」の幹部というから、任侠道も落ちたものだ。
 さらに、暴力団事務所に墨汁やペンキなど液体がかけられた出来事が静岡県であった。被害に遭ったのはいずれも指定暴力団、山口組系の事務所3カ所で対立している組による可能性が高いが、これも暴走族、いや街の不良少年並の犯行。
 警察庁によると今年に入り暴力団による泥棒や詐欺など刑法犯の検挙件数は減少しているものの、凶悪犯の殺人や放火、強制性交が増えており、最後のあがきのような大胆な犯罪もある。
 今年3月現在の暴力団の検挙件数は刑法犯が4009件で前年に比べて842件の減。特別法犯も1830件で同−414件だった。
 刑法犯減少の大きな要因は窃盗犯が2207件の検挙があるものの前年より535件も減り、傷害も387件だが同55件の減少。
 一方、暴行や恐喝、逮捕監禁などが粗暴犯の一部が増えたのに加えて凶悪犯の殺人が前年より3件、放火が同4件、強制性交という卑劣な犯罪も同5件と僅かだが増加している。特別法犯では覚醒剤取締法が1226件で248件の減。また迷惑防止条例は66件で、なんと前年より53件も減り、半減している。まさに各都道府県の制定した条例が功を奏しているのだろう。
 仁侠道ー日本の歴史の中では、存在が認められた時代もあった。だが、今は存在は否定されている。壊滅される前に手に職を持てば…
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 【5年前のこの日】
 
F1010227_2http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-4188-25.html

« 2018年4月27日 (金) | トップページ | 2018年4月29日 (日) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ