« 2018年4月22日 | トップページ | 2018年4月24日 »

2018年4月23日

2018年4月23日 (月)

「いびきうるさくて」同僚刺した疑いで男逮捕 千葉 市原(23日)NHK

23日朝、千葉県市原市のアパートで一緒に寝泊まりをしていた会社の同僚の首を包丁で刺したとして、建設会社のアルバイトの男が殺人未遂の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し「同僚のいびきがうるさくイライラが募って刺した」と供述しているということです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

地震で避難の親類少女にわいせつ行為、男に有罪(23日)読売

 熊本地震で避難してきた親類の少女にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われた福岡県内の男に対し、福岡地裁は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の判決を言い渡した。
 岩田淳之裁判官は「被害者にとって屈辱的で悪質な犯行」と述べた。
 判決によると、男は2016年4月16日深夜から翌17日未明までの間、男の自宅で寝ていた当時10代前半の少女の体を触るなどした。地裁は被害者の特定を避けるため、男の名前などを法廷で明らかにせずに審理した。
 同16日は、最大震度7を観測した熊本地震の「本震」が起きた日で、少女は家族とともに男の自宅に避難した。検察側によると、少女が被害を申し出たのは約1年後で、少女は「自分だけでなく家族も追い出されると思い、言い出せなかった」と話し、ショックを受けて精神科に通院しているという。

(ここまで368文字 / 残り91文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180423-OYT1T50077.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

過労知りながら運転命じる=上司の市選管幹部送検-兵庫県警(23日)時事

兵庫県川西市で昨年10月、市選挙管理委員会の男性職員(52)が公用車を運転中に対向車2台と衝突して女性1人を死亡させ、4人に重軽傷を負わせる事故があり、県警交通捜査課などは23日、職員に過労運転をさせたとして、上司だった当時の市選管事務局長(55)を道交法違反(過労運転下命)容疑で書類送検した。
 送検容疑は昨年10月21日夕、部下の職員が過労状態にあると認識しながら車の運転を命じた疑い。
 市関係者によると、職員は当時、衆院選の準備に追われ、直前まで1カ月間の残業が200時間を超えていた。県警は、この職員も自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で書類送検した。
 事故は衆院選投開票日前日の昨年10月21日夕、川西市の国道で発生。公用車が対向の軽乗用車にぶつかり、運転していた女性が死亡、同乗の女性も重傷を負うなどした。職員は期日前投票所の片付けに向かう途中だったという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042300926&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

不審者を「星野源さん似」 警視庁、周知メールに記載、その後訂正(23日)産経

東京都練馬区で発生したわいせつ事件について、警視庁が住民らにメールで周知した際、不審者の特徴としてミュージシャンで俳優の星野源さんの名前を挙げて「似た男」と記載していたことが23日、分かった。警視庁はその後、表現が不適切だったとしてメールで訂正した。
 警視庁は、都内で発生した事件や不審者情報を希望者にメール配信しており、約25万件のアドレスが登録されている。メールは光が丘署の情報を基に配信。不審者の特徴として、服装や体格とともに「星野源に似た男」と記載されていた。
 光が丘署によると、練馬区内で20日、中学3年の女子生徒がスカートをめくり上げられる事件があった。署員が女子生徒の目撃情報をもとに文面を作成し、上司が内容を確認して配信した。
 その後、外部から「個人名を出すのは不適切」などと指摘があり、警視庁は22日になって訂正メールを送り、最初のメールの破棄を呼びかけた。光が丘署は「反省し、再発防止に努めたい」としている。http://www.sankei.com/affairs/news/180423/afr1804230016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高1女子生徒に“胸を露出した写真”を送らせた疑い(23日)テレビ朝日

逮捕された男は教師を養成する大学院の2年生でした。
 帝京大学教職大学院2年の江口勇紀容疑者(23)は去年10月、高校1年だった女子生徒(当時16)に胸を露出した写真を送らせ、自分のスマートフォンに保存した疑いが持たれています。警視庁によりますと、江口容疑者はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で知り合った女子生徒に当初、下着姿の写真を送らせていましたが、その後、要求をエスカレートさせていったということです。江口容疑者は容疑を認めていて、警視庁は余罪があるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125736.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「金属くずとして売った」給湯器150台以上盗んだか(23日)テレビ朝日

山梨県内で給湯器ばかり150台以上を盗んだとして、リフォーム業の37歳の男が追送検されました。男は「金属くずとして売った」と供述しているということです。
 甲府地検に追送検されたのは、甲府市のリフォーム業・佐藤栄治容疑者です。佐藤容疑者は2月、山梨県韮崎市のアパートで外の壁に取り付けてあった給湯器1台、時価9万円相当を盗んだ疑いで逮捕・起訴されました。警察によりますと、佐藤容疑者は去年秋から今年2月にかけて、甲府市など7つの市や町で給湯器ばかりを狙って盗みを繰り返していて、被害は合わせて154台、1800万円余りに上るということです。取り調べに対し、佐藤容疑者は「金属くずとして売った。お金が欲しかった」と容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125760.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»佐川前理財局長から任意聴取、大阪地検特捜部(23日)TBS

佐川前理財局長が任意の事情聴取を受けました。
 森友学園をめぐる財務省の決裁文書の改ざん問題で、大阪地検特捜部が23日までに佐川宣寿前理財局長から任意で事情を聴いたことが、関係者への取材でわかりました 佐川氏は、先月、国会で行われた証人喚問で「刑事訴追のおそれがある」などとして改ざんの経緯についての証言を拒否していて、特捜部は改ざんへの関与などについて説明を求めたものとみられます。
 佐川氏をめぐっては、市民団体などが虚偽公文書作成の疑いなどで刑事告発しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3349642.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

»春日部市の死亡ひき逃げ事件、74歳女逮捕(23日)TBS

今月17日、埼玉県春日部市で86歳の女性が2台の車にはねられて死亡し、1台が現場から走り去ったひき逃げ事件で、警察は、走り去った車を運転していた74歳の女を逮捕しました。
 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、春日部市大場に住む無職・青木ウメノ容疑者(74)で、今月17日夜、大場の県道で近くに住む鈴木寿恵子さん(86)をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑いが持たれています。
 鈴木さんは2台の車にはねられ、警察は、先にはねた車を運転していた水落正明容疑者(43)を現行犯逮捕し、現場から立ち去ったもう1台の車の行方を追っていました。
 防犯カメラなどの捜査から青木容疑者が浮上したということですが、取り調べに対して、青木容疑者は「運転しているときまたいだのは段ボールだと思っていた」などと容疑を一部否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3349734.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル)
交通死者1000人達成は最も遅かった
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1013722 交通事故の死者数が今月18日に1000人になり、統計のある昭和45年以降で最も遅い記録となった。
 警察庁によると18日に全国で11人が死亡。この結果、累計がちょうど1000人になり、1000人到達は昭和45年以降、49年間で最も遅かった。
 これまで、最も早かったのは昭和46年1月24日で1022人。この年の年間死者数は1万6278人で、前年の1万6765人に次いで昭和時代の2番目に多かった。
 49年からの昭和の時代は2月に1000人に達していたが、年々、遅くなり平成で最も早かったのは4年2月4日で1009人。しかし、その後は次第に遅くなり、ついに今年は4月18日という記録を出した。
 今年4月現在の死者数の多いランキングは埼玉の63人、千葉の59人、愛知の55人、大阪の42人、神奈川の41人と続いた。
 死者数が増加したのは千葉と新潟の+12人、広島の+11人、岩手、埼玉の+10人など。逆に減少したのは静岡の-16人、熊本の-12人、京都の-11人、兵庫の-9人、長野、山形の各-8人など。
 この減少傾向が続けば48年間で最も年間累計が少なかった昨年の3694人をさらに下回ることになる。刑法犯認知件数も戦後最低の数字を記録しており、日本の治安は重畳、重畳ですね。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 【5年前のこの日】

F1010227http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-4188-20.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤30キロ密輸容疑 旅客機では過去最大(23日)産経

旅客機で覚醒剤約30キロを密輸したとして、神奈川県警が覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで、同県座間市のペットショップ経営の男(43)と妻(34)を現行犯逮捕していたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、旅客機での覚醒剤密輸で日本の税関が押収した量としては過去最大という。
 2人は5日、手荷物として預けたスポーツバッグ2個の中に、コーヒー袋30個に小分けした覚醒剤約30キロ(末端価格約19億2千万円)を隠し、ケニア・ナイロビの空港から羽田空港に密輸した疑いが持たれている。
 捜査関係者によると、羽田空港の荷物検査で税関職員が覚醒剤を発見し、神奈川県警に連絡した。2人は平成26年ごろから複数回、ケニアに渡航しており、県警は関連を調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/180423/afr1804230010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車載カメラ、立体画が苦手 距離を「錯覚」、悪用で事故も(23日)産経

自動車に搭載されている距離測定用のカメラが、立体的に見える特殊な画像で「錯覚」を起こす可能性のあることが横浜国立大の研究で分かった。悪用されると衝突事故につながる恐れがあり、自動運転車などの新たなリスクとして対策を考える必要がありそうだ。
 一部の自動車が搭載している衝突防止システムは、左右に離れた2台のカメラで前方を撮影し、方向が異なる2つの画像を取得。それぞれの特徴を突き合わせることで対象物との距離を求め、前方車両の急停止や歩行者の飛び出しなどを検知している。
 研究チームは、本来は平面なのに、見方によってへこんで見える「ステレオグラム(立体画)」という画像に着目。カメラで画像までの距離を求めると、実際より遠い位置にあると誤って認識されることを確認した。ふくらんで見える画像は、手前にあると勘違いした。使用したカメラは衝突防止システムのカメラと基本的に同じ原理で、実際の自動車でも距離を誤って測定する恐れがあるという。
 チームの松本勉教授(情報セキュリティー)は「立体画を高速道路のカーブに置いたり、投影したりすると自動車が誤作動しないか気になる。計測をだます攻撃を考慮する必要がある」と話している。
http://www.sankei.com/economy/news/180423/ecn1804230011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不妊治療死亡で書類送検、福岡 医師3人、業務上過失致死の疑い(23日)共同

2016年に不妊治療で誤った処置をし女性を死亡させたとして、福岡県警は23日、業務上過失致死の疑いで北九州市の「セントマザー産婦人科医院」の当時の男性担当医(37)や男性院長(68)ら医師3人を書類送検した。
 担当医の送検容疑は、16年11月、卵管の詰まりを改善するため、女性会社員=当時(37)=の子宮内に大量の空気を繰り返し送り込む「通気治療」をし、循環不全など容体を急変させ、その後多臓器不全で死亡させた疑い。
 院長は通気治療の危険性に関し指導や教育をせず、立ち会った別の男性医師(37)は治療を制止しなかった疑い。
https://this.kiji.is/361030312488092769?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

バイクにはねられ4人重軽傷 全員車道で後ろから…(23日)テレビ朝日

長野県佐久市で、車道を歩いていた男女4人がバイクにはねられて重軽傷を負いました。警察はバイクを運転していた18歳の会社員の少年を逮捕しました。
 22日午後8時すぎ、佐久市の市道で、車道の脇を歩いていた男女4人が後ろから来た少年の運転するバイクにはねられました。この事故で、名古屋市の女性(79)が右足を骨折し、東京・江東区の男性(68)が左腕の骨を折る大けがをしました。このほか、女性2人が軽いけがをしました。現場は緩い下り坂で歩道がありましたが、4人は車道を歩いていたということです。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125714.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

LINEで少女誘い誘拐か “アイドル”匂わせ近付く(23日)テレビ朝日

アイドル関係のプロデューサーを名乗り、LINEを通じて知り合った少女を誘拐したとして無職の男が逮捕されました。
 明石崇広容疑者(38)は1日、都内に住む女子中学生(当時14)に「家が嫌なら迎えに行く」などとLINEのメッセージを送り、都内から新潟県内の住宅まで車で連れ出して誘拐した疑いが持たれています。警視庁によりますと、明石容疑者はアイドル関係のプロデューサーを名乗り、少女に近付いていました。少女が「帰りたい」などと話したため、2日後に解放したということです。明石容疑者は容疑を認めています。新潟県の住宅には別の少女(19)もいたということで、警視庁が余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125717.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»トレーラーから乗用車など3台が落下、首都高(23日)TBS

 23日午前、東京・中央区を走る首都高で、トレーラーに積んでいた乗用車など3台が落下し、大型トラックに接触する事故がありました。この事故の影響で、首都高・都心環状線の一部では現在も交通規制が行われています。
 23日午前11時10分ごろ、中央区の首都高・都心環状線宝町の出入口近くで「トラックが何かとぶつかった」と110番通報がありました。警視庁によりますと、走行中の自動車運搬用のトレーラーから、積んでいた乗用車など3台が落下し、後方から走ってきた大型トラックに接触したということです。この事故によるけが人はいませんでした。
 トレーラーは当時、車5台を積んで走行していたということで、警視庁が運転していた40代の男性から事情を聴いています。この事故の影響で、首都高・都心環状線の一部では交通規制が行われています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3349359.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»“妻殺害”で逮捕の夫、保険会社に問い合わせ(23日)TBS

去年7月、和歌山県白浜町で妻を水難事故に見せかけて殺害したとして夫が逮捕された事件で、夫が、妻の保険金を請求しようと保険会社に問い合わせていたことがわかりました。
 大阪市の野田孝史容疑者(29)は、去年7月、和歌山県白浜町の海で妻の志帆さん(当時28)をシュノーケリング中の事故に見せかけ殺害した疑いがもたれています。捜査関係者によりますと、野田容疑者は志帆さんが死亡した後、生命保険金を請求しようと保険会社に問い合わせていたということです。
 野田容疑者は去年春から7月にかけ、複数の保険会社で、志帆さんにあわせて数千万円の生命保険をかけていたということですが、いずれも保険金は支払われていません。警察は、野田容疑者が去年12月に別の窃盗事件で逮捕されたことで保険金を請求できなかった可能性があるとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3349333.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»JR大分駅、最終列車到着前に業務を終えるトラブル(23日)TBS

JR大分駅で22日未明、最終の臨時特急列車が到着する前に駅の業務を終えていたトラブルがありました。
 JR九州・大分支社によりますと、大分駅で22日午前1時29分に臨時の特急列車が到着する予定でしたが、駅員がこれを忘れて通常通りの午前1時頃に駅の業務を終えたということです。列車には216人が乗車していて、駅に到着した午前1時40分頃には一部の照明が消され、出入り口のカギもかけられていました。
 改札窓口の営業も終了していたため、乗り越し精算などは列車の車掌が対応し、出入り口は警備員が開け、乗客を誘導したということです。臨時特急列車は福岡市で行われた人気ロックバンドのコンサートの終了時間にあわせて運行されたものでした。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3349356.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

草津白根山の湯釜付近「警戒を」(23日)NHK

群馬県の草津白根山では、湯釜と呼ばれる火口湖の付近で地震の多い状態が続くなど火山活動が高まっています。
気象庁は、「火口周辺規制」を示す噴火警戒レベル2を継続して、噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
  群馬県の北西部にある草津白根山の白根山では、21日から湯釜と呼ばれる火口湖の付近を震源とする火山性地震が増加していて、気象庁は火山活動が高まっているとして22日の朝、火口周辺警報を発表するとともに噴火警戒レベルを「2」に引き上げました。
気象庁によりますと、火山性地震は21日は7回、22日は205回発生したほか、23日も午前11時までに56回観測され、多い状態が続いているということです。
また、傾斜計と呼ばれる観測機器で21日からわずかな地盤の変化が観測され、23日午前の時点でも続いています。
気象庁は、今後、湯釜の周辺に影響を及ぼす噴火が発生するおそれがあるとして噴火警戒レベル「2」を継続し、湯釜からおおむね1キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
また、風下側を中心に噴火に伴う火山灰や小さな噴石、火山ガスに注意するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20180423/1060001681.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺被害防止で会議、警視庁 部署横断で対応(23日)西日本

 おれおれ詐欺などの特殊詐欺の被害を防ぐため、警視庁は23日、本部や各警察署の幹部を集めた会議を開いた。金融機関と連携した防止策などを推進するほか、暴力団や少年など多様化する詐欺グループの撲滅に向け、各部署による情報共有の強化を確認。
 警視庁によると、昨年1年間に都内で発生した特殊詐欺の認知件数は3510件で、統計を開始した2006年以降で2番目に多かった。今年も昨年を上回るペースで被害が発生している。
 警視庁は1月、複数の部署から集めた捜査員約290人体制で「特殊詐欺対策プロジェクト」チームを発足した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/410702

| コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会での暴行「会社に責任」…「業務の一環」(23日)読売

業務時間外の職場の宴会で起きた従業員同士のトラブルに企業が責任を負うべきかどうかが争われた民事裁判で、東京地裁が企業の使用者責任を認め、賠償を命じる判決を言い渡した。
 入社や異動に伴い歓送迎会が増えるこの季節、宴席に参加する社員の行動には、企業も注意を払う必要がありそうだ。
 提訴したのは、東京・新橋の海鮮居酒屋で正社員として働いていた男性(50)。訴状などによると、男性は2013年12月、上司の店長から忘年会に誘われた。休みの予定だったが、「参加しますよね?」と念を押され、他の従業員も9人全員が参加すると聞いて承諾した。
 忘年会は、深夜から焼き肉店で1次会が開かれ、午前2時30分頃からカラオケ店で2次会が始まった。男性は、その席で酔った同僚から仕事ぶりを非難され、「めんどくせえ」と言い返すと、殴るけるの暴行を受けた。男性は肋骨を折るなどして約3週間後に退職した。
 加害者の同僚は15年3月、傷害罪で罰金30万円の略式命令を受け、男性は15年8月、居酒屋の経営会社「フーデックスホールディングス」(東京)と同僚に約177万円の賠償を求めて提訴した。
 同社側は「業務外の私的な会合で本社に報告がなく、忘年会も禁じていた」と主張したが、今年1月22日の東京地裁判決は、忘年会への参加を店長から促され、本来休みだった従業員を含む全員が参加した経緯を重視。2次会は電車もない時間に始まり、判決は「全員が2次会にも参加せざるを得ず、1、2次会とも仕事の一環だった」と判断した。
続く downwardleft

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180423-OYT1T50002.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

【財務次官セクハラ疑惑】福田淳一財務次官の退職金は5300万円(23日)産経

財務省は23日、セクハラ問題で更迭された福田淳一事務次官がこのまま辞任した場合、退職金は約5300万円になるとの試算を示した。国会内で開かれた野党6党の合同ヒアリングで、希望の党の柚木道義衆院議員の質問に対し明らかにした。
http://www.sankei.com/affairs/news/180423/afr1804230008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯び疑いで出勤途中逮捕 前夜の酒が抜け切れず(23日)テレビ朝日

22日朝、千葉県鴨川市で酒気帯び運転をした疑いで出勤途中の男が逮捕されました。前日の夜に飲酒した後、午前0時すぎに寝たということですが、基準値以上のアルコールが残っていました。
 自称会社員・川名健治容疑者(68)は午前7時50分ごろ、鴨川市での路上で酒気帯びの状態で車を運転したとして現行犯逮捕されました。警察によりますと、川名容疑者は通勤途中で他の車と衝突事故を起こしていました。駆け付けた警察官が酒のにおいがしたため川名容疑者の呼気を調べたところ、基準値以上のアルコールが検出されたということです。川名容疑者は警察の調べに対し、「前日の午後7時ごろからビールと焼酎を飲み、0時すぎには寝た」と供述しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125703.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不妊治療の30代女性死亡 手術中に容体が急変(23日)テレビ朝日

おととし11月、北九州市の産婦人科医院で不妊治療の手術中に当時30代の女性の容体が急変し、その後、死亡する医療事故があったことが分かりました。
 警察によりますと、医療事故があったのは北九州市の「セントマザー産婦人科医院」です。おととし11月、福岡県内の当時30代の女性が不妊治療の手術を受けました。その際、医師が卵管に空気を送り込んだところ、女性は容体が急変して別の病院に搬送されましたが、その翌月に死亡したということです。警察は送り込んだ空気が何らかの理由で血管に流れ込んだことが事故につながったとみて、担当した医師らを業務上過失致死の疑いで23日にも書類送検する方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125704.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

裸にジャケットの男がレストランで銃乱射 4人死亡(23日)時事

アメリカ・テネシー州のレストランで、裸にジャケットだけを着た男が銃を乱射し、4人が死亡しました。男は今も逃走中です。
 地元警察:「容疑者は下着も着けず、緑のジャケットだけを着ていた」
 地元警察によりますと、テネシー州ナッシュビルで22日午前3時すぎ、裸にジャケットだけを着た男がレストランで発砲して4人が死亡、2人が負傷しました。男は、居合わせた客にライフルを取り上げられると逃走し、いったん自宅に戻ってズボンだけをはいて今も逃げ続けています。警察は、近くに住む29歳の男を容疑者とみて写真や名前を公開しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000125701.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉大仏の胎内にガム100カ所超 半世紀ぶり大調査(23日)産経

神奈川県鎌倉市の高徳院にある鎌倉大仏(阿弥陀如来坐像、国宝)の「健康診断」として、平成28年1~3月に実施した大規模調査の結果が22日、市内でのシンポジウムで発表された。専門家らは深刻な劣化はなく、状態は良好だったが、胎内だけで100カ所以上にガムがこびり付いていたと明らかにした。
 胎内に入って大仏に直接触れられるため、一部の拝観者が付けたとみられる。損傷を調べた国立西洋美術館学芸課の辺牟木尚美・保存修復室長によると、ガムは石のように硬くなっていて手術用メスを使って削り取った。チョークや油性ペンの落書きもあったという。
 高徳院の佐藤孝雄住職は「胎内に触るのを禁止したほうが良いとの意見はあるが、信仰の対象でもあるので過酷な環境に座している(大仏の)温度を手のひらで感じてほしいとも思う」と語った。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺多発「知っていても騙された」県警調査7割(23日)読売

詐欺被害が多発しているのを知っているのに、金をだまし取られた――。
 こうした特殊詐欺事件の被害者が全体の7割近くに上ることが、兵庫県警のアンケート調査でわかった。半数以上が「自分が被害に遭うとは全く考えなかった」とも回答していた。県警は、被害の大半を占める高齢者の当事者意識をさらに高める必要があるとして、スーパーや医療機関を中心に啓発活動を強化する。
 アンケート調査は、昨年中に特殊詐欺の被害に遭った766人のうち、協力を得られた691人(男性189人、女性502人)を対象に実施。60歳以上は524人で76%を占めた。
 調査結果によると、県内で特殊詐欺被害が多発していることを「よく知っていた」のは191人(28%)、「少し知っていた」のは269人(39%)。合計すると460人、67%だった。
 自分が被害に遭う可能性の認識については、「全く考えていなかった」が383人(55%)。「自分は大丈夫と思っていた」という165人(24%)も合わせると、約8割の人が当事者意識を持っていなかった。
 スーパーや金融機関などのATM(現金自動預け払い機)から振り込む手口でだまされた160人のうち、57人はATM画面に表示された注意喚起の文言に気づいていながら、「自分はだまされていないと思った」(33人)などと答えた。
 県警はこれまでも戸別訪問のほか、街頭や金融機関などで啓発活動を展開してきたが、十分に浸透していないと判断。調査でも外出先として回答が多かったスーパーや医療機関で重点的に注意を呼びかけることにした。県警犯罪抑止対策室の堀本泰史室長は「詐欺を人ごとと思わないでほしい。電話やメールで金に関する話が出た時は疑って」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180421-OYT1T50132.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京入管、腹痛男性を診療させず 20時間「容態観察」、病状急変(23日)西日本

 東京入国管理局(東京都港区)で昨年、虫垂炎の手術を受けたトルコ人男性(29)が事前に激しい腹痛の症状を訴えたにもかかわらず、職員が「容態観察」として20時間以上、診療を受けさせなかったことが関係者への取材で23日、分かった。男性は虫垂炎に加え、腹膜炎も併発した。
 医療関係者からは「診療がもっと遅れていたら腹膜炎から敗血症になり死に至る可能性もあった」との指摘がある。
 この男性は手術後も痛みがあり、診療を求めたが、職員が約1カ月間も放置していたことが明らかになっている。
 関係者によると、男性は昨年6月3日、激しい腹痛に襲われ医師の診療を申し入れた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/410683

| コメント (0) | トラックバック (0)

ダミーの100万円札束奪った男を強盗容疑で逮捕 本物は2枚、被害額は2万円(23日)産経

群馬県館林市のパチンコ店の景品買い取り所で、強盗への対策として用意したダミーの100万円分の札束2つが奪われた事件で、館林署などは22日、強盗の疑いで、千代田町の会社員(24)を逮捕した。
 容疑を認めている。本物の一万円札は一番上と下の2枚だけで、被害額は2万円だった。
 逮捕容疑は3月27日午後11時25分ごろ、館林市近藤町のパチンコ店「ダイナム館林店」の景品買い取り所で、アルバイトの男性(71)に鎌のような物をちらつかせ、「お金を渡してください。外にもう1人いるから」と脅し、札束2つを奪って逃げたとしている。
 周辺の防犯カメラの映像などから、容疑者が浮上した。同署などは動機や共犯がいるかなどを調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180423/afr1804230005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マラソン大会で48人搬送 熱中症か、4県で(23日)日経

 各地で気温が上がった22日、群馬、新潟、富山、岐阜の4県で開催されたマラソン大会で、参加者のランナーや沿道の観客ら計48人が熱中症とみられる症状で病院に搬送された。消防によると、群馬県内であった大会に参加した男性2人が重症という。
 5500人超が参加した群馬県の「前橋・渋川シティマラソン」では、男女16人が吐き気や手足のしびれを訴え、運ばれた。実行委員会は暑さに備え、給水用のスポンジを増やしたり、注意喚起をしたりしていたという。気象庁によると、前橋市の最高気温は30.5度だった。
 岐阜市で行われ、川内優輝選手(埼玉県庁)も参加した「ぎふ清流ハーフマラソン」では、男女21人が搬送された。岐阜市のこの日の最高気温は29.7度だった。
 新潟県の佐渡市と見附市で開かれた大会でも、20~70代の男女7人が高熱や脱水症状を訴え、病院に運ばれた。
 富山県魚津市で開催された「魚津しんきろうマラソン」でも20~40代の男女4人が搬送された。正午前後に相次いで意識がもうろうとするなどの症状を訴えたという。魚津市では午後0時半ごろに最高気温となる25.4度を観測した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29701040S8A420C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

白根山の湯釜、レベル2に 観光ルート一部通行止め(23日)共同

気象庁は22日、群馬県と長野県にまたがる草津白根山の白根山(湯釜付近)で火山性地震が増加したとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げた。火口周辺警報も発表し、湯釜火口から約1キロの範囲で、大きな噴石に警戒するよう呼び掛けた。1月に噴火した本白根山の火山活動に変化はない。
 レベル引き上げに伴い、群馬県は22日、冬季閉鎖が20日に解除された観光ルート「志賀草津道路」(国道292号)の一部区間を通行止めにした。
 気象庁によると、21日夕から白根山の湯釜付近を震源とする地震が増加。21日午後7時から22日午後4時までに計159回を観測した。
https://this.kiji.is/360586379140645985?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

さいたま市の国道で死亡ひき逃げ 自首の男逮捕(23日)テレビ朝日

さいたま市の国道で自転車に乗っていた男性がひき逃げされて死亡した事件で、会社員の男が自首して逮捕されました。
 埼玉県加須市の会社員・諸永拓也容疑者(31)は22日午前0時すぎ、さいたま市北区の国道で乗用車を運転中に、自転車に乗っていた金子容明さん(54)をひき逃げして死亡させた疑いが持たれています。警察によりますと、諸永容疑者は1時間半ほど経って会社の上司に付き添われて警察署に自首しました。「運転する前にビールなどを飲んだ」と話しています。呼気からはアルコールが検出されましたが、基準値以下でした。警察の取り調べに対し、「事故を起こして逃げました」と容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125698.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»「としまえん」でネット犯罪防止を訴えるイベント(23日)TBS

インターネットの犯罪被害から子どもたちを守ろうと、東京・練馬区の遊園地で警視庁によるイベントが行われました。
 22日、練馬区の遊園地「としまえん」で行われた警視庁のイベントには、地元の小学生らおよそ100人が参加し、インターネット犯罪の被害防止を訴えました。
 少年少女がSNSを通じて裸の画像を送信し、悪用される「自画撮り」の被害が増えているということで、イベントでは地元の小学生らが犯罪の事例が書かれたチラシを遊園地の来場者に配るなどして、注意を呼びかけました。
 警視庁は、「しっかりとした知識を身につけてインターネットを利用してほしい」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3348938.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»大分の山崩れ、新たに1人の遺体発見で死者6人に(23日)TBS

 大分県中津市で起きた山崩れで、22日夜、新たに女性1人の遺体が見つかり、犠牲者は6人となりました。
 午前2時前、ブルーシートが広げられ搬出作業が行われています。大分県中津市耶馬溪町で今月11日に起きた山崩れでは、住宅4棟が土砂に巻き込まれ、これまでに男女5人の死亡が確認されています。
 現場では警察や消防、自衛隊などがおよそ400人態勢で行方不明者を捜索し、22日午後10時半すぎ、新たに女性1人の遺体が発見されました。山崩れによる犠牲者は6人となりました。
 見つかった遺体はただ一人、行方がわからなくなっている江渕めぐみさん(52)とみられ、警察が身元の確認を急いでいます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3349172.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月22日 | トップページ | 2018年4月24日 »