« 2018年4月21日 | トップページ | 2018年4月23日 »

2018年4月22日

2018年4月22日 (日)

車が斜面70m転落、重傷男性が自力で登り救助(22日)読売

19日午後6時頃、山形市門伝の林道で、上山市の会社役員の男性(45)が運転するトラックが斜面を約70メートル転落し、男性は右足骨折の重傷を負った。
 男性は車中泊をした後、周囲が明るくなって自力で斜面をよじ登り、約14時間後の20日午前7時40分頃、近くを通りかかった人に発見され、病院に搬送された。
 山形署の発表によると、男性は携帯電話を持っていなかったため、助けを呼ぶことができず、「暗くなってからむやみに動くのは危険だ」と考え、車中で夜を明かしたという。
 現場は上り坂の右カーブの幅約4・9メートルの砂利道で、男性は畑に堆肥を運んでいる途中だった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180421-OYT1T50147.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

中3自殺、「破棄」のメモ存在 神戸市教委公表、遺族は反発(22日)西日本

神戸市垂水区で2016年10月、市立中学3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、市教育委員会は22日、第三者委員会の調査報告書で「破棄された」としていた、自殺直後に学校側が友人らに聞き取った内容のメモが残っていたと明らかにした。
 遺族は昨年、報告書がまとめられた当初から、自殺の原因とされるいじめの分析が不十分と批判しており、今回の問題を踏まえ「資料が隠蔽された状態で作成された報告書はもはや信用できない」と反発している。市教委は遺族に謝罪。弁護士による調査で経緯を調べるという。
 後藤徹也教育次長は記者会見し「職務怠慢で申し訳ない」と述べた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/410598

| コメント (0) | トラックバック (0)

アフガン有権者登録所でテロ、31人死亡(22日)日経

 【ニューデリー=黒沼勇史】アフガニスタンの首都カブールで22日、爆弾テロがあり、内務省報道官によると、少なくとも31人が死亡し、54人が負傷した。中東の過激派組織「イスラム国」(IS)が、自ら運営するアマク通信を通じて犯行声明を出した。爆発現場はカブール西部のイスラム教シーア派の居住地域にある身分証配布所。10月に予定する下院選に向けた有権者登録の手続き中に爆発が起き、女性や子供が多く犠牲になったという。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29701020S8A420C1FF8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故の遺児をBリーグに招待 警視庁(22日)共同

警視庁は22日、交通事故で家族を失った遺児らを励ますため、東京都立川市で開かれたバスケットボール男子のBリーグ、アルバルク東京―三遠ネオフェニックス戦に遺児らを招待した。
 警視庁によると、招いたのは交通事故で家族を亡くした9歳と11歳の遺児と保護者ら計6人。ダンクシュートなどのダイナミックなプレーに歓声を上げた。
 2015年2月に交通事故で母親を亡くした男児と一緒に観戦した祖母は「非日常的な空間に呼んでいただけて楽しかった。孫も楽しんでいた」と話した。会場では家族が犯罪や事故に巻き込まれた遺児らの進学ための募金活動も行われた。
https://this.kiji.is/360728821642691681?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»拉致被害者救出を訴え集会「非核化よりハードル低いはず」(22日)TBS

拉致被害者救出を求める国民大集会が安倍総理出席のもと都内で開かれ、横田めぐみさんの弟が「北朝鮮にとって非核化より拉致問題解決の方がハードルが低いはずだ」と述べ、被害者救出を訴えました。
 「総理はトランプ大統領との会話で、『北朝鮮に向けて日本人拉致問題の解決を進めると約束させる』と、北朝鮮も今までのように簡単に受け流すわけにいかないだろう」(飯塚繁雄さん)
 「非核化より拉致問題の方がハードルが低いと思うし、拉致問題が解決できなければ、(北朝鮮の)非核化なんて無理ですよ」(横田めぐみさんの弟の哲也さん)
 集会には安倍総理も出席しました。家族らは、「具体的に拉致被害者が出てきて帰国できるまでは、北朝鮮に対する制裁を緩めるべきではない」と訴えました。 これに先立ち総理は、昼食会で家族に日米首脳会談の報告を行いました。
 「(トランプ大統領は)『安倍さん、しっかりと皆さんの気持ちを受け止めている』と」(安倍首相)
 「何か動くのではないかと思いながら」(横田早紀江さん)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3348926.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»さいたま市の死亡ひき逃げ容疑、31歳の男を逮捕(22日)TBS

22日未明、さいたま市の国道で自転車に乗っていた54歳の男性がひき逃げされ死亡した事件で、警察は工員の31歳の男を逮捕しました。
 逮捕されたのは、加須市に住む工員の諸永拓也容疑者(31)です。
 諸永容疑者は22日午前0時すぎ、さいたま市北区の国道17号線で、自転車で道路を横断していた近くに住む金子容明さん(54)を乗用車ではねて死亡させ、そのまま逃走した疑いがもたれています。
 警察によりますと諸永容疑者は午前2時前、自宅近くの加須警察署に会社の上司に付き添われて自首してきたということで、調べに対し「自転車と衝突して逃げてしまった」と、容疑を認めているということです。
 警察は、諸永容疑者が酒を飲んで車を運転していた可能性もあるとみて、当時の状況について調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3348942.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日 単位・レベル)
通貨偽造が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1013727_2  なんと1万円の偽札を使って神社でお守りを買った罰当たりの男が現れた。この通貨偽造は今年に入り減少傾向にあるが検挙率は依然として低い。 
 今月10日に福岡県福岡市内の神社で偽造された1万円札が相次いで使われたもので、防犯カメラを調べたら、男は神社でお守りなどを物色し、お札を取り出して支払う映像が映っていたという。偽1万円札は宰府天満宮や宗像大社など7神社などでも発見されているが、コピーしたものでお粗末だという。
 偽造通貨ーそう言えばこのほど南ペルーで偽札の製造工場が摘発さり、日本円で20億円の偽札が押収されている。
 我が国の偽札事件と言えば昭和36年発生の「チー37号事件」。秋田市内で発見されたもので、以降、全国に拡大し22都道府県で343枚の偽1000円札が見つかっている。しかし、犯人は挙がらず昭和48年に時効が成立している。「チー37号」とは千円札の漢字の千をもじり、37は37番目の偽札から呼称された。
 警察庁によると今年3月現在の偽造事件の認知件数は630件で前年より170件の減少。このうち通貨偽造は155件で同36件の増加。検挙率は低く偽造事件の中では最低の16.8%。しかも、前年より7.6ポイントも下がってしまった。刑法犯のなかで最も低い窃盗犯の乗り物盗の10.1%に次ぐ低さだ。
 偽造事件のなかで最も多いのは文書偽造で303件。それでも減少傾向にあり、昨年より144件も少なかった。さらに、検挙率はなんと117.5%もあり、偽造事件の中では最高の数字だった。
 古くはコピーが多かったが、今ではパソコンを利用するなど偽札づくりも精巧になっており、最近では平成24年に1950枚の偽札が発見されている。この時は1000円札は380枚だったが1万円札が1950枚もあった。
 今、国境があっても無いような時代。かつて北朝鮮が製造元の精巧な偽札が日本国内で出回ったことがあった。今度の南ペルーの工場の摘発は幸い、日本の通貨は無かったが南ペルーと言えば、偽札づくりは世界的にも有名な国だという。くわばらくわばら…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 【5年前のこの日】

F1010227_3http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-4188-19.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「あおり運転」防げ…怒り感じたら「6秒待つ」(22日)読売

 道路での急な割り込みや、幅寄せなどの「あおり運転」に対し、北海道警が今月、刑法の暴行罪を適用して相次いで書類送検するなど、厳しい姿勢で臨んでいる。
 神奈川県の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けた夫婦が死亡した事故以来、道内でもあおり運転を防ぐための機運が高まっている。
 ◆「6秒待つ」
 「怒りを感じたら、『6秒待つ』ことが大切です」
 今月19日、札幌市中央区内で開かれた「アンガーマネジメント入門講座」で、講師の安達仁彦さん(43)は、受講者にそう呼びかけた。
 安達さんによると、人の怒りのピークは6秒。すぐに怒りをぶつけず、冷静になってから自分の怒りが0(穏やか)から10(人生最大の怒り)のどのレベルかを客観的に考え、怒るべきか決めると良いという。
 アンガーマネジメントは、1970年代に米国で開発され、犯罪者への教育や、企業研修などで活用されてきた。国内では、「日本アンガーマネジメント協会」(東京)が全国で講座を開いてきたが、昨年6月の東名高速の事故以来、注目されるようになり、受講者からあおり運転対策に関する問い合わせも増えたという。
 同協会の安藤俊介代表理事(46)は、「車に乗ると、気が大きくなり、誰でもあおり運転の加害者になり得る」と指摘。運転中に怒りを感じた場合、「怒りの対象物が見えない場所に離れることが必要だ」と提言する。
(ここまで576文字 / 残り684文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180422-OYT1T50040.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

白根山の湯釜、噴火警戒レベルを2に引き上げ(22日)産経

気象庁は22日、群馬県と長野県にまたがる草津白根山の白根山(湯釜付近)で火山性地震が増加したとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げた。火口周辺警報も発表し、湯釜火口から約1キロの範囲で、大きな噴石に警戒するよう呼び掛けた。1月に噴火した本白根山の火山活動に変化はない。
 気象庁によると、21日夕から白根山の湯釜付近を震源とする地震が増加。22日午前7時までの12時間に23回を観測し、地震計に現れる振幅も徐々に大きくなっている。地殻変動を観測する傾斜計にも、わずかな変化がみられる。
 湯釜付近の噴火警戒レベルが2になるのは、昨年6月に1(活火山であることに留意)に引き下げられて以来。
http://www.sankei.com/affairs/news/180422/afr1804220004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少年野球チームのバス追突1人死亡 中学生ら6人けが(22日)テレビ朝日

22日未明、栃木県の東北道で少年野球チームの中学生らを乗せたマイクロバスが乗用車に追突しました。この事故で男性1人が死亡し、中学生ら6人がけがをしました。
 午前4時15分ごろ、東北自動車道上りの栃木インターチェンジ付近でマイクロバスが普通乗用車に追突しました。この事故で、追突された乗用車を運転していた平林一良さん(65)が死亡しました。マイクロバスに乗っていた6人も病院に搬送され、打撲などの軽傷です。マイクロバスには岩手県の少年野球チーム「岩手中部ボーイズ」の中学生15人と監督ら5人が乗っていました。埼玉県本庄市で行われる大会に向かう途中だったということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125669.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で頭から血を流し…男性死亡 セダンが逃走(22日)テレビ朝日

22日未明、さいたま市の国道で自転車に乗っていた男性が乗用車にはねられ、その後に死亡しました。乗用車は逃走しています。警察は死亡ひき逃げ事件として行方を追っています。
 午前0時10分ごろ、さいたま市北区の国道17号で「自転車と事故を起こした乗用車が逃走した」と目撃した男性から110番通報がありました。警察が駆け付けると、自転車に乗っていた金子容明さん(54)が頭から血を流して道路に倒れていて、病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。警察によりますと、現場から逃走した乗用車はセダンタイプだったということです。ただ、車種や色など詳しいことは分かっていません。警察は死亡ひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125674.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸自ヘリから部品落下か 熊本(22日)共同

陸上自衛隊第8師団(熊本市)は21日、高遊原分屯地(熊本県益城町)所属のヘリコプター「UH―60JA」が試験飛行中、金属製の部品が落下した可能性があると発表した。現時点で人的被害などは確認されていないという。
 第8師団司令部広報室によると、部品はテールローターのカバー(縦約10センチ、横約8センチ、重さ29グラム)。このヘリコプターは21日午後2時前に高遊原分屯地を離陸し、八代海の海上などを試験飛行した。午後3時半ごろ、分屯地に戻り、点検したところ、カバーがなくなっていることが判明した。
https://this.kiji.is/360453258596861025?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

男女2人が車にはねられ死亡 兵庫・姫路(22日)朝日

21日午後11時45分ごろ、兵庫県姫路市広畑区東新町2丁目の市道交差点で、歩いていた男女2人が軽乗用車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は軽乗用車を運転していた同市勝原区下太田の代行運転業、柴原昭仁容疑者(56)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を過失運転致死に切り替えて調べている。
 網干署によると、現場は信号機のある交差点。男女は40~50歳くらいで、署が身元を調べている。
https://www.asahi.com/articles/ASL4Q0Q8DL4PPIHB010.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

障害者施設で性的虐待 所長の男性が利用女性に 久留米市(22日)西日本

障害者の自立を支援する福岡県久留米市の就労移行支援事業所の所長だった40代男性が昨年末、女性利用者(20)にわいせつな行為をしていたことが「あなたの特命取材班」への情報提供で分かった。女性が住む自治体は障害者虐待防止法に基づき性的虐待と判断し、久留米市は近く是正指導する方針。施設側は取材に対し、不適切だったと認め、事業所を閉鎖する意向を示した。
 女性の家族などによると、女性には中度の知的障害があり、精神年齢は小学校高学年程度。調理の仕事に就くことを希望し、昨夏からこの事業所に通っていたが、調理中に胸を触られるなどしたほか、昨秋と昨年12月には訓練の時間内にホテルでわいせつ行為を受けたとしている。
 女性は取材に、包丁さばきがうまくいかない時に男性から「へたくそ」と怒鳴られたり、強く手を引っ張られたりすることがあり、わいせつ行為をされても「怖くて断れなかった」と説明。無料通信アプリでやりとりする中で「好き」と自ら送ったこともあったが、「怒られるのが嫌で先生に合わせていた」と話した。
 昨年末、女性が福祉関係者に打ち明けて発覚。通報を受けた自治体が聞き取りを行うなどして調査していた。女性は事業所に通えなくなり、「死にたい」と周囲に漏らすなど情緒不安定になっているという。
 男性の妻で施設側の代表者を務める女性は取材に応じ、ホテルの利用記録が残っていた昨年末のわいせつ行為を認め、「福祉事業者としては不適切だった」と話した。ただ、「お互い好きになった結果。20歳を超えており、はっきり言って不倫」とも述べた。
 厚生労働省の2016年度調査では、障害者施設の職員などによる虐待は401件で、前年度比18%増。被害者は672人に上った。虐待行為の内訳は身体的虐待57%、心理的虐待42%など。被害が表面化しにくいとされる性的虐待も12%あった。=2018/04/22付 西日本新聞朝刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/410498

| コメント (0) | トラックバック (0)

2600万詐取の疑いで50歳無職男逮捕 受け子か、長男装い「株でトラブル」(22日)産経

埼玉県警児玉署は21日、長男を装い「株でトラブルになった」と電話して高齢男性から現金2600万円を詐取したなどとして、詐欺の疑いで同県川口市新堀、無職、高木信幸容疑者(50)を逮捕した。高木容疑者は現金受け取り役の「受け子」で、電話をかける「かけ子」の別人と共謀したとみている。
 逮捕容疑は何者かと共謀した上、4月18日、同県本庄市の無職男性(84)に長男を装い「株でトラブルになっている。お金を用意してほしい」と電話し、翌19日に男性宅を訪れ、2回に分け現金計2600万円とキャッシュカード1枚をだまし取った疑い。
 署によると、高木容疑者は「金やカードは受け取ったが詐欺と思わなかった」と供述している。
 高木容疑者は21日朝も訪れ金を受け取ろうとしたが、対応した妻が不審に思い、別居する長男に連絡しうそと判明。長男が110番し、警察官が駆けつけ同容疑者を任意同行し逮捕した。http://www.sankei.com/affairs/news/180421/afr1804210016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

事故防止へ「組織罰」導入訴え 大規模事故遺族ら(22日)日経委

2005年4月25日のJR福知山線脱線事故をきっかけに結成された「組織罰を実現する会」は21日、兵庫県宝塚市で公開フォーラムを開いた。各地の大規模事故の遺族らが自身の経験を交え、企業など法人に刑事責任を問う「組織罰」を日本で導入することが、事故を防ぐと訴えた。
 12年12月に山梨県の笹子トンネル天井板崩落事故で長女を亡くした松本邦夫さん(67)=兵庫県芦屋市=は「トップが(危険性を)知らなかったと言い張れば刑事責任に問われないのは日本の刑法の限界。組織の活動に網を掛け、罰することで事故の未然防止につながる」と強調した。
 脱線事故は17年、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本の歴代3社長の無罪が確定。脱線事故の遺族で実現する会代表の大森重美さん(69)は「放っておけばまた同じことが繰り返される。組織罰の実現には遺族が声を上げるしかない」と指摘した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29691810R20C18A4AC8Z00/

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮「核兵器も廃止を」 曽我さん、佐渡で署名活動(22日)共同

北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(58)=新潟県佐渡市=は21日、被害者救出を訴える署名活動の際に取材に応じ、北朝鮮の核実験中止の決定に「核兵器も廃止してほしい」と訴えた。
 曽我さんは長女の美花さん(34)と共に、同市の両津港近くの広場で行われた「曽我さん母娘を救う会」主催の署名活動に参加。「ニュースで知った。詳しいことは分かっていない状況だと思うが、核兵器の完全廃止につながれば」と話した。
 米朝首脳会談への期待を問われ、拉致問題の解決に向け「少しでも進展が見られることを願っている」。
 会場の広場では佐渡の食や芸能のイベントも開かれた。
https://this.kiji.is/360327801821955169?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「相当な火があがっていた」 陸揚げの船10隻燃える(22日)テレビ朝日

千葉県木更津市の漁港で、陸揚げされていた船約10隻が焼ける火事がありました。
 目撃者:「船が燃えた時は、相当な煙が上がってましたよ」
 21日午後1時ごろ、木更津市中島にある漁港で火災がありました。警察などによりますと、火は約40分後に消し止められましたが、陸揚げされていた干潟での漁に使われる船など約10隻が焼けました。けがをした人はいませんでした。目撃者によりますと、「枯れ草から燃え広がった」という情報もあり、警察が出火の原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125654.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元同僚にストーカーの疑い 岐阜県警巡査部長を逮捕(22日)テレビ朝日

岐阜県警関警察署に勤務する50歳の巡査部長の男が元同僚の女性にストーカー行為をしたとして逮捕されました。
 ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは、関警察署交通課の巡査部長・井田真也容疑者です。警察によりますと、井田容疑者は2月に元同僚の42歳の女性を岐阜県美濃市内で待ち伏せし、「話がしたいから出てきて」と電話を掛けたり、20日に岐阜県関市内で車を運転し、女性の車に並走したりして付きまとった疑いが持たれています。井田容疑者は容疑を認め、「女性に恋愛感情を抱いていた」と話しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125664.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»湘南新宿ラインの窓ガラス割れる(22日)TBS

21日夜、埼玉県のJR行田駅で列車の窓ガラスが割れているのが見つかりました。
 粉々に飛び散ったガラス。
 JR東日本によりますと、21日午後7時20分ごろ、行田市のJR行田駅で「窓ガラスが割れている」と東京方面に向かうJR湘南新宿ラインの乗客から通報がありました。駅員などが調べたところ、6号車の窓ガラス1枚が割れているのが見つかりました。
 6号車の乗客は車両を移り、列車は隣の吹上駅まで走行、乗客およそ300人は吹上駅で後続の列車に乗り換えたということです。乗客にけがはありませんでした。
 このトラブルで、JR高崎線やJR湘南新宿ラインなどは一部で運転を見合わせました。JR東日本が原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3348423.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月21日 | トップページ | 2018年4月23日 »