« 2018年4月12日 | トップページ | 2018年4月14日 »

2018年4月13日

2018年4月13日 (金)

福岡県で14棟焼く、けが人なし 現場近くの園児約90人が避難(13日)西日本

13日午前11時ごろ、福岡県篠栗町篠栗の住宅兼製麺工場から出火した。隣接する住宅など13棟に延焼し、計約1940平方メートルを焼いた。消防車15台とヘリコプターが消火活動に当たり、約6時間後に鎮火した。
 粕屋署によると、けが人はいなかった。出火元の建物は、1階が工場で2階が住居。60代の男性と妻、息子の3人が暮らしていたが、外出していて無事だった。
 現場周辺では、保育園の園児約90人が近くの体育館に避難したほか、篠栗小と篠栗中では午後の授業を取りやめ、児童・生徒を帰宅させた。住民も公民館に避難した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/408436

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパート敷地内に遺体 猫の死体とともに…不明の50代女性か 東京(13日)産経

13日午前10時すぎ、東京都足立区千住寿町のアパートの敷地内から遺体が見つかったと110番通報があった。警視庁千住署によると、このアパートに住む50代女性と連絡が取れなくなっているといい、同署が遺体は女性とみて身元の確認を急ぐとともに死亡した経緯を調べる。
 千住署によると、遺体はアパート敷地内に掘られた深さ1メートルほどの穴の中で見つかり、死後1、2カ月が経過しているとみられる。目立った外傷はなく、着衣の乱れもなかった。穴の中には猫の死体もあり、周辺にはスコップが置かれていたことから、同署は猫の死体を埋めようとして誤って穴に転落し、死亡した可能性があるとみている。
 アパートの大家の依頼で訪れていた産廃業者が遺体を発見し、交番に届け出た。
http://www.sankei.com/affairs/news/180413/afr1804130016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番施錠し逃走、警官射殺事件 家族に電話も(13日)共同

滋賀県彦根市の交番で井本光巡査部長(41)が射殺された事件で、警察官が現場に到着した際、交番が施錠されていたことが13日、県警への取材で分かった。殺人容疑で逮捕された同僚の巡査の男(19)が発覚を遅らせようとした疑いがある。
 巡査が逃走中に、家族に電話し事件について伝えていたことも捜査関係者への取材で判明。県警が足取りを調べている。
 県警によると、事件は11日午後7時47分ごろ、巡査と指導役の巡査部長が2人で勤務している最中に発生。約4キロ離れた田んぼに突っ込んだパトカーが見つかり、通報を受けた彦根署員が同8時45分すぎ、交番に駆け付けた。
https://this.kiji.is/357440904531592289?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

事故現場には大量の破片 ひき逃げの疑いで男を逮捕(13日)テレビ朝日

バイクに乗っていた男性がはねられた死亡ひき逃げ事件で、容疑者の男が逮捕されました。
 静岡県牧之原市の会社員・鳥羽賢人容疑者(20)は13日午前0時すぎ、静岡県焼津市の国道150号でバイクに乗っていた静岡市の会社員・近藤和哉さん(27)を車ではねて逃げた疑いです。近藤さんは全身を強く打ち、まもなく死亡しました。警察によりますと、事故の後、牧之原市内で前方が大破した車を運転していた鳥羽容疑者を警察官が発見。鳥羽容疑者は事故を起こしたことを認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125072.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»14年前の女子高校生殺害、逮捕の決め手は指紋とDNA(13日)TBS

14年目にしての急展開となったわけですが、なぜ、この事件が起きてしまったのか、その動機については全くわかりません。逮捕の決め手は、現場の残された男の指紋とDNAでした。捜査本部が置かれている広島県警廿日市警察署から報告です。
 鹿嶋容疑者は、口数は少ないものの取り調べに対し、素直に応じ、そして、容疑を認めているということです。これまで捜査線上に浮上したことはなかったという鹿嶋容疑者ですが、しかし、山口県内で発生した暴行事件で鹿嶋容疑者から任意で採取したDNA型と指紋が、広島県の事件現場で採取したものと一致したことで捜査が急速に進展し、13日の逮捕に至りました。
 ただ、わかっていないこともあります。最大のポイントは、被害者の北口さんと鹿嶋容疑者の接点です。捜査本部によりますと、鹿嶋容疑者はこれまでに広島県内に住民票を移したことがなく、2人の関係、つまり面識があったのかなかったのかについても捜査中としています。さらには、動機もわかっていません。これについても、捜査本部は会見で、今後の捜査で明らかにしていくと述べるにとどめました。鹿嶋容疑者は殺人容疑については認めていて、この2人の接点と、動機の解明が今後の捜査のポイントになりそうです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3342003.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日 単位・レベル)
検挙率は順調に回復している
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1013739 昭和の時代は高かった刑法犯の検挙率。最も高かったのが昭和60年の64.2%。最低でも50%台だった。ところが平成に入り50%を割り、同13年にはついに20%を割って戦後最悪の19、8%だった。それが現在は30%台に回復しているが、近年は治安情勢のバロメーターとして判断の基準にあまり使われなくなった。
 その刑法犯検挙率だが警察庁によると今年3月現在は38.6%で前年を1.8ポイント上回った。このように徐々に回復はしている。
 最も高かったのは凶悪犯の91.1%で前年を6.9ポイントアップした。中でも強制性交等は101,2%。殺人も同6.9ポイントあがって96.8%だった。
 続いて粗暴犯の87.5%。罪種別で最も高かったのは傷害致死の93.3%。これに風俗犯の86,5%と続くが、詐欺などの知能犯が低く44.4%と50%を割っている。窃盗犯に至っては33.6%と最低。
 窃盗犯のこの数字、何が原因かと言うと乗り物盗で10.1%、その中でも自転車盗がなんと6.7%と一桁台なのである。
 殺人や強盗などと違い自転車盗は鍵をかけない所有者が多く、「治安」の悪化というよりはちょっと違うような気がする。
 ランキングは鳥取の86.2%、徳島78.0%、長崎の76.2%、大分の74.3%と西日本の率が高く、東日本は秋田が69.9%と5位だった。
 これに対して低かったのは大阪の22.5%、千葉の27.6%、埼玉の27.9%、東京の29.9%、茨城の30.8%など低いのは首都圏に偏っている。
 やはり現代は数字治安もそうだが、体感治安も大事。殺人や強盗などの重要犯罪、侵入盗やひったくりなどの重要窃盗犯の数字が治安情勢を観測する際に大きな影響を与えているようだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 【5年前のこの日】

F1010227
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-39cd.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団員、最少…警察庁「抗争の火種くすぶる」(13日)読売

警察庁は12日、昨年末時点の全国の暴力団勢力は3万4500人で、統計が残る1958年以降、最少となったと発表した。前年より4600人減少した。
 発表によると、暴力団構成員は前年比1300人減の1万6800人。準構成員は、前年比3200人減の1万7700人だった。
 6代目山口組(1万300人)、住吉会(5800人)、神戸山口組(5100人)、稲川会(4100人)の4団体で全体の73・3%を占めた。
 山口組は、6代目山口組と神戸山口組、昨年4月に結成された任侠山口組の3団体に分裂し、対立が続いている。同庁は「水面下で組員の引き抜きが活発化し、抗争の火種はくすぶっている」と警戒している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

海賊版サイト、政府がプロバイダーに遮断要請(13日)読売

政府は13日午前の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議の合同会議で、インターネット上で漫画や雑誌などを無料で読める「海賊版サイト」への接続を遮断するよう国内のプロバイダー(接続業者)に促す緊急対策を決めた。
 作者の著作権を保護する狙いがあり、法整備が行われるまでの臨時措置として、自主的な取り組みを要請する。
 接続遮断の対象とする海賊版サイトは、「漫画村」、「Anitube」、「Miomio」と、これらと同一とみなされるサイトに限定する。接続遮断は、ユーザーがどこにアクセスしようとしているのかを点検する必要があり、「通信の秘密」を侵害する可能性があるが、刑法の「緊急避難」の要件を満たす場合は違法にならないと判断した。

(ここまで311文字 / 残り226文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180413-OYT1T50073.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪一家4人殺傷、懲役30年 心神耗弱で死刑回避(13日)西日本

大阪府門真市で2016年、住宅に侵入して大工川上幸伸さん=当時(43)=を刺殺し、子ども3人にも重軽傷を負わせたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われ、死刑を求刑されていた無職小林裕真被告(25)の裁判員裁判で、大阪地裁は13日、犯行時は心神耗弱の状態だったとして懲役30年の判決を言い渡した。
 主な争点は責任能力の有無。浅香竜太裁判長は「妄想型統合失調症の悪化に伴って自己のコントロール力を著しく失い、犯行に及んだ」と述べ、完全責任能力があったとの検察側主張を退けた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/408340

| コメント (0) | トラックバック (0)

寮に拳銃10丁、実弾200発=フィリピン国籍の元社員聴取-警視庁(13日)時事

東京都府中市にある建設会社の寮の部屋で、拳銃10丁と実弾二百数十発が見つかったことが13日、警視庁への取材で分かった。同庁は銃刀法違反容疑で、この部屋に直前まで住んでいたフィリピン国籍の男(29)から事情を聴いている。
 同庁組織犯罪対策5課によると、男は建設会社の下請け会社で働いていたが、4月初旬に解雇され部屋を退去していた。会社側が10日に部屋の掃除に入ったところ、不審なキャリーバッグなどを発見。通報を受けて同課などが調べると、バッグの中から回転式拳銃2丁と自動式拳銃8丁、実弾が見つかった。
 同課は男の行方を捜していたが、13日午後、府中署に出頭してきた。男は下請け会社に3~4年前に採用され、寮の部屋には2年ほど前から住んでいたという。(2018/04/13-17:18)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041300949&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

大韓航空「ナッツ姫」の妹をパワハラで内偵捜査 声を荒げ広告代理店社員の顔に水かける(13日)産経

【ソウル=桜井紀雄】韓国の大韓航空のチョ・ヒョンミン専務(34)が3月、広告代理店社員らとの会議で、声を荒げて水をかけていたことが分かった。聯合ニュースは13日、警察が違法行為に当たるか内偵捜査に着手したと伝えた。ヒョンミン氏は大韓航空を中核とした財閥、韓進(ハンジン)グループの趙亮鎬(ヤンホ)会長の次女。
 姉の顕娥(ヒョナ)氏は、大韓航空の副社長だった2014年、乗務員のナッツの出し方に腹を立て暴行した上、大韓航空機を引き返させた「ナッツ・リターン」事件を起こし、執行猶予付き有罪が確定した。姉妹でパワハラ疑惑が浮上した形だ。
 インターネットの匿名掲示板への書き込みで発覚。代理店社員が質問に答えられなかったことに怒って水の入ったボトルを壁に投げつけ、社員の顔にも水をかけたという。大韓航空側は水の入ったコップを床に投げ、水が跳ねたと釈明している。ヒョンミン氏はメールで社員らに謝罪。騒動拡大後、フェイスブックに「愚かで軽率な行動をおわびします」と書き込んだ。
 警察は「業務上の地位に絡んだパワハラ行為に対しては厳正に捜査する」としている。ヒョンミン氏は現在、海外に出国中とされる。
http://www.sankei.com/affairs/news/180413/afr1804130013-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

春山、天気不安定で冬装備も必要 長野県警が情報発表(13日)共同

長野県警は13日、登山者が増えるゴールデンウイーク(GW)を前に、北アルプスや八ケ岳などの春山情報を発表した。積雪は例年並みからやや少なめで、「春は天気が不安定。冬並みの装備が必要」と呼び掛けた。
 県警によると、9日時点の積雪量は、北ア・唐松岳の八方池が1メートルで例年並み、八ケ岳の黒百合ヒュッテが30センチで少なめだった。春は低気圧の影響で天気が急変する恐れがあり、吹雪などに注意が必要だという。
 昨年のGW期間中(4月29日~5月7日)には、奥穂高岳で大学生が滑落死するなど23件29人の遭難があった。
https://this.kiji.is/357439017182757985?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

会員制で監視カメラ付き 違法賭博店2店舗を摘発(13日)テレビ朝日

新宿区の雑居ビルでカジノ賭博店とパチンコ賭博店が摘発され、経営者の男ら4人が逮捕されました。
 新宿区歌舞伎町のパチンコ賭博店「ソーキソバ」の経営者・笈田悟容疑者(45)ら2人と、カジノ賭博店「ペアペア」の経営者・坂本政彦容疑者(59)ら2人は、違法なパチスロ機50台を設置して客に賭博をさせた疑いなどで現行犯逮捕されました。警視庁によりますと、2つの店舗は同じ雑居ビルの中にあり、取り締まり対策としてモニター付きの監視カメラを設置し、会員しか入れないよう出入り口は常に施錠していました。笈田容疑者らは容疑を認めています。警視庁は、押収した帳簿や顧客名簿を調べ、2つの店の経営に暴力団が関わっていないかなど捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125046.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»財務事務次官“セクハラ”疑惑、週刊新潮が音声を公開(13日)TBS

「財務省の福田淳一事務次官が女性記者にセクハラ発言を繰り返していた」と報じた週刊新潮が13日、福田次官のものとされる音声を公開しました。
 「今日ね、今日ね・・・・・・抱きしめていい?」(財務省 福田淳一事務次官)
 「だめです」(記者)
 「じゃあ(旦那は)浮気しないタイプなの?予算通ったら浮気するか。いやいや、手縛って良いから、手を縛ってあげる。胸触って良い?」(財務省 福田淳一事務次官)
 「だめですよ」(記者)
 「手縛って良い?手縛られて良い?」(財務省 福田淳一事務次官)
 「そういうこと本当にやめてください」(記者)
 これは週刊新潮が13日、ネット上に公開した財務省の福田淳一事務次官のものとされる音声です。12日に発売された週刊新潮では「財務省の福田次官が女性記者と夜に会食した際、女性記者に対してセクハラ発言を繰り返していた」などとされています。これについて、福田次官は一切答えていません。
Q.今後、証拠が出てきたらどのような対応を?
 「・・・」(財務省 福田淳一事務次官)
 記事が掲載されたことについて、麻生財務大臣は13日、「事実なら、セクハラという意味ではアウトだ」との認識を示しました。
 「少なくとも、あの種の話は今の時代、明らかにセクハラと言われる対象であるというのは、はっきりしている。あの話(記事)が事実とするなら、それはセクハラという意味ではアウト」(麻生太郎財務相)
 麻生財務大臣は閣議の後の会見でこのように述べ、「記事の内容が事実ならセクハラであることははっきりしている」との認識を示しました。その上で、「真実だとすれば福田事務次官の辞任はあり得るのか」との問いかけには「今の段階で処分を考えているわけではない」と述べました。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3341617.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»大麻を譲り受けた疑いで住職逮捕、地元は驚き(13日)TBS

神奈川県大和市の住職の男が大麻を譲り受けたとして警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは浄土真宗本願寺派「海門寺」の住職、高木秀彰容疑者(38)で、今年2月、乾燥大麻5グラムを譲り受けた疑いが持たれています。
 「高木容疑者は親子で住職などを務めていて、地元では好青年として知られていたということです」(記者)
 「愛想の良い方で。お坊さんの格好して、出てきて仕事に行くのを見た」(近所の人)
 「(住職の)息子だから、寺を継ぐと思っていた」(近所の人)
 高木容疑者は以前から取り引きがあった介護士の男(36)と、千葉県のJR西船橋駅の構内で待ち合わせ、3万円で購入したということです。介護士の男も、他の男と共謀して自宅で大麻草89本を栽培していたなどとして既に逮捕されています。高木容疑者の自宅からは別の違法薬物も見つかっているということで、警視庁がさらに詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3341618.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

広島・廿日市女子高生刺殺、事件解決へ、父の思い届く 情報求め続け13年半、大人になった娘想像し…(13日)産経

広島県廿日市市で平成16年に高校2年の北口聡美さん=当時(17)=が刺殺された事件は13日、発生から13年半を経て容疑者の男の逮捕という急展開を迎えた。父・忠さん(60)は事件の風化を恐れ、長年にわたり情報提供を求める活動を続け、早期解決への思いをにじませていた。
 事件から3週間後、忠さんは「現実として受け止められない。元気な声で『ただいま』と帰ってくる気もする」と、娘を突然失った無念さを吐露。「人の心があるなら自首して罪を償ってほしい」と声を絞り出した。
 忠さんは有力な情報を少しでも得たいとの思いから、ショッピングセンターなどでチラシを配り続け、05年12月には情報提供を呼び掛けるブログも開設した。
 活動を続ける中、忠さんは、同級生の成長した姿に、大人になった聡美さんを想像することもあると明かし「一緒に映画を見に行って、大人の会話をしながら酒を飲むのが夢だった。早く犯人が捕まってほしい」と話していた。
http://www.sankei.com/west/news/180413/wst1804130027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»スーパーで強盗傷害容疑、42歳の女逮捕(13日)TBS

群馬県館林市のスーパーマーケットで万引きをした女が逃げようとして、店長の男性をカッターナイフで切りつけ、けがをさせたとして逮捕されました。
 強盗傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、群馬県明和町の無職・小島陽子容疑者(42)です。警察によりますと、小島容疑者は12日午後2時半すぎ、館林市のスーパーマーケットでボディーソープや缶詰など、あわせて7600円あまりを万引きし、逃げようとした際に店長の男性(52)を刃渡り3センチのカッターナイフで切りつけ、右手首などに軽傷を負わせた疑いがもたれています。
 小島容疑者が会計をせずに外に出たのを見た警備員が声をかけたところ、小島容疑者が逃げ出したため、店長らが取り押さえようとしたということです。小島容疑者は容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3341200.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童生徒2万5000人情報流出か 第三者委で原因究明 前橋市教委(13日)NHK

前橋市教育委員会のシステムが不正なアクセスを受け、小中学生などの個人情報が大量に流出したおそれが出ている問題で、前橋市は専門家などによる第三者委員会を設けて原因を究明し、再発防止策を検討することになりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

情報流出問題で第三者委を設置(13日)NHK群馬

前橋市教育委員会のシステムが不正なアクセスを受け、子どもの個人情報が大量に流出したおそれのある問題で、前橋市は情報セキュリティの専門家など第三者の調査委員会を設けて再発防止策を検討することになりました。
  前橋市教育委員会では、学校のデータなどを管理するシステムが不正なアクセスを受け、去年11月の時点で小中学校などに在籍していたすべての子どもたちの個人情報が流出したおそれがあるということです。
これまでの教育委員会の調査では、サーバーのセキュリティが3年以上、更新されていなかったことや、去年8月から先月までに少なくとも3000回以上の不正なアクセスが繰り返されていたことがわかっています。
これを受けて教育委員会は12日、情報セキュリティの専門家や弁護士など3人からなる第三者の調査委員会を設けて、原因を究明し、再発防止策を検討することを明らかにしました。
調査委員会では、ことし6月ごろまでにデータの委託業者などから聞き取りなどをしてセキュリティの不備や管理体制の問題など原因究明に向けた調査を行うということです。
その後、再発防止策の提言をまとめて教育委員会に報告書を提出することになっています。
前橋市教育委員会の塩崎政江教育長は「セキュリティなどの専門的な観点で調査してもらい再発防止策の検討につなげていきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20180412/1060001616.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

AV会社に19歳少女を紹介した疑い 事務所社長を逮捕(13日)朝日

 アダルトビデオ(AV)出演の仕事を紹介したとして、警視庁は、AVプロダクション社長の国分恵介容疑者(37)=東京都目黒区大岡山1丁目=を職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いで、11日に逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、国分容疑者は別のAVプロダクション社員だった2016年2月末、別の男3人=同法違反罪で起訴=らと共謀し、わいせつな行為をさせることを知りながら、当時19歳の専門学校生の少女を渋谷区内のAV制作会社に紹介した疑いがある。女性は出演を拒んだが「仕事と割り切ってやれ」などと言って仕事を受けさせたという。
 国分容疑者が現在社長を務めるプロダクションは、AV出演強要問題の表面化を受けて昨年4月に初めてできた業界団体「日本プロダクション協会」の発足メンバーの一つ。協会は、プロダクションとAV俳優との契約書を「人権と自己決定権に配慮した」統一契約書にしたり、撮影キャンセル時の賠償を俳優に請求しないようにしたりするといったルールを定め、加盟社は「適正AVプロダクションマーク」を掲げられるとしている。12日現在、大手プロダクションを含む39社が加盟している。
 AVメーカーが加盟する知的財産振興協会(IPPA)などと共に、協会は大学教授や弁護士らでつくる第三者委員会の指導を受けており、業界内では自主規制を進める要の組織の一つとされているが、AV出演強要の被害者らを支援する団体によると、協会発足以降も加盟社が関係する被害相談が複数寄せられているという。
https://www.asahi.com/articles/ASL4D5FSYL4DUTIL038.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童に配布の防犯ブザー、電池破裂2件相次ぐ(13日)読売

愛知県岡崎市は11日、市内の小学校の新入学児童に配っている防犯ブザーで、内蔵の乾電池が破裂する事故が相次いで2件発生したと発表した。
 けが人はいなかった。市では問題のブザーを本体ごとすべて回収し、新しいものと交換する。
 破裂事故が起きたのは、市が昨年4月に新入学児童に配った4200個のうちの2個。3月19日と今月7日、いずれも児童の自宅でランドセルに取り付けるなどした状態で、パーンという風船が破裂したような爆発音がして、ブザーの中に入っていた2本の単4型アルカリ乾電池のうち1本が破裂、ふたが外れるなどして中の黒い粉末が飛び散った。電池は配布時のままで、同じ中国製のもの。ブザーを製造した札幌市の会社によると、同様の事故はこれまでに全国で4件起きているという。
 岡崎市安全安心課では「児童が手に持っていればけがをした可能性があった」として、メーカーに対応を要請。電池を日本メーカーのものにしたうえで、本体のふたが外れにくくした改良品を製造。昨年4月に配布した4200個をすべて回収し、新品と交換する。交換は来週中の見込みで、同課では「それまでは、電池を新品に取り換えて使ってほしい」と呼びかけている。http://www.yomiuri.co.jp/national/20180412-OYT1T50013.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

逃走中コンビニ立ち寄りか=現金下ろした可能性-交番射殺事件・滋賀県警(13日)時事

 滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で県警の井本光巡査部長(41)が銃撃され死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された部下の巡査(19)が交番から去った後、コンビニに立ち寄っていた疑いのあることが13日、分かった。
 県警は現金自動預払機(ATM)で現金を引き出し、逃走資金を用意しようとした可能性もあるとみて調べている。
 県警によると、交番の防犯カメラに、11日午後7時45分ごろ、巡査部長が椅子に座った状態で前方に倒れた直後、交番を出て行く巡査の姿が映っていた。
 巡査は発砲後、パトカーで逃げたとみられ、約6時間後に現場から約4キロ離れた同県愛荘町の線路上を歩いているところを捜査員に発見された。
 この間、付近のコンビニで巡査に似た男が目撃されていた。巡査は逮捕時に現金約50万円を所持しており、県警はコンビニのATMで引き出した可能性があるとみている。
 2人は3月26日から同交番勤務となり、井本巡査長は巡査の教育係を務めていた。巡査は「罵倒されたので撃った」などと話しているという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041300144&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

大分の山崩れ、新たに1遺体発見 犠牲2人に、残る4人捜索続く(13日)共同

大分県中津市耶馬渓町金吉で住宅に土砂が流れ込み1人が死亡した山崩れで、県は12日、新たに女性1人の遺体が見つかったと発表した。死因は圧死。21~90歳の住民女性5人とはいまだ連絡が取れず、不明者の1人とみて身元の確認を進める。自衛隊や警察、消防などは、残る4人の捜索を続けた。
 大分県北部は14日から15日にかけて雨となる見通しで、二次災害防止のために国土交通省が現場に設置した定点カメラで斜面の変化などの監視を強化するほか、県もカメラを増設する方針だ。
 12日午後は約570人態勢で捜索し、午後3時ごろ、土砂の深い場所から新たな1人の遺体が見つかった。
https://this.kiji.is/357060274223596641?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

白煙がモウモウと…神奈川のスクラップ工場で火災(13日)テレビ朝日

13日朝早く、神奈川県綾瀬市のスクラップ工場から出火しているのが見つかりました。
 午前5時5分ごろ、綾瀬市のスクラップ工場「YAMANAKA綾瀬工場」から出火しているのを近所の人が見つけ、110番通報しました。現場からは現在も白煙が激しく上がり、消防車10台による消防活動が続けられています。人は住んでおらず、出火当時、作業も行われていませんでした。警察と消防で出火原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125029.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“振り込め詐欺”受け子採用役の組員ら3人逮捕(13日)テレビ朝日

神奈川県の高齢女性から現金200万円をだまし取ったとして、詐欺グループの現金受け取り役の採用担当の男ら3人が逮捕されました。
 指定暴力団稲川会系の組員・木下真介容疑者(22)ら3人は仲間と共謀して去年5月、神奈川県伊勢原市の70代の女性の息子を装い「浄水器の仕入れで金を使い込んでしまった」などと嘘の電話を掛け、現金200万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、木下容疑者は関東を中心に振り込め詐欺を繰り返すグループの現金受け取り役の採用を担当していて、別の詐欺事件に関与したとして3月に逮捕・起訴されています。取り調べに対し、木下容疑者は黙秘しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000125010.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»藤井六段の偽サインをネット販売容疑、女逮捕(13日)TBS

将棋の藤井聡太六段の偽物のサインをインターネット上で販売した疑いで、43歳の女が逮捕されました。
 「こちらが今回押収された藤井六段の偽のサインですが、本物と比べると筆跡が全く違い、雑に書かれている印象を受けます」(記者)
 逮捕されたのは、東京都文京区の派遣社員・富岡恵美子容疑者(43)です。
 警察によりますと、富岡容疑者は去年8月、フリーマーケットアプリで、自分で作った偽物のサインを売る際、「将棋 藤井聡太さんのサインです」などと、うその内容を書き込み、大阪府の26歳の男性に5670円で売った詐欺の疑いが持たれています。取り調べに対して、富岡容疑者は容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3340943.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»14年前の女子高生殺害、山口県の30代男を任意同行(13日)TBS

14年前、広島県で女子高校生が殺害された事件で、警察は殺人の疑いで逮捕状が出ている山口県内在住の30代の男を任意同行しました。
 13日午前6時半ごろ、山口県に住む30代の男が広島県警の車に乗り込んで行きました。男は山口県内の警察施設に入りました。このあと、捜査本部が置かれている広島県警廿日市警察署に身柄を移されます。
 この事件は2004年10月、廿日市市の住宅で、当時、高校2年の北口聡美さん(当時17)が侵入してきた何者かに刃物で刺され殺害されたものです。捜査関係者によりますと、警察が山口県内で起きた別の事件で、任意で事情を聴いた30代の男の指紋やDNA型が、広島県の事件現場で採取されたものと一致したということです。警察は容疑が固まり次第、逮捕する方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3340948.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月12日 | トップページ | 2018年4月14日 »