« 自殺した生徒の母親、都教委の対応改善求め申し入れ(9日)テレビ朝日 | トップページ | 自転車防犯登録料500円→600円に 千葉県で4月1日から 少子高齢化の影響などを考慮 理事「ご理解を」(9日)産経 »

2018年3月 9日 (金)

埼玉・熊谷6人殺害のペルー人被告に死刑判決 弁護側の「心神喪失」無罪主張退ける さいたま地裁(9日)産経

埼玉県熊谷市で平成27年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判判決公判が9日、さいたま地裁で開かれ、佐々木直人裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。
 責任能力の有無が主な争点だった。検察側は論告で、ナカダ被告が遺体を隠したり、血痕を拭い取ったりしたことなどから責任能力があると主張。「全く落ち度のない他人の生命を害することで、利欲目的を達することなど到底許されない」と指弾していた。一方、弁護側は「心神喪失で処罰はできない」と無罪を主張していた。
 判決によると、27年9月14~16日、熊谷市の住宅3軒で計6人を刃物で襲って殺害したなどとしている。死亡したのは田崎稔さん(55)と妻、美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)=年齢はいずれも当時。
http://www.sankei.com/affairs/news/180309/afr1803090017-n1.html

« 自殺した生徒の母親、都教委の対応改善求め申し入れ(9日)テレビ朝日 | トップページ | 自転車防犯登録料500円→600円に 千葉県で4月1日から 少子高齢化の影響などを考慮 理事「ご理解を」(9日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66476560

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉・熊谷6人殺害のペルー人被告に死刑判決 弁護側の「心神喪失」無罪主張退ける さいたま地裁(9日)産経:

« 自殺した生徒の母親、都教委の対応改善求め申し入れ(9日)テレビ朝日 | トップページ | 自転車防犯登録料500円→600円に 千葉県で4月1日から 少子高齢化の影響などを考慮 理事「ご理解を」(9日)産経 »