« オウム死刑囚の移送開始 収容先の東京拘置所から 法務省(14日)共同 | トップページ | 別の亡命ロシア人が不審死 英警察対テロ部門が捜査(14日)産経 »

2018年3月14日 (水)

辺野古工事差し止め請求却下=沖縄県敗訴、岩礁破砕許可で-那覇地裁(14日)時事

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、岩礁破砕許可を得ずに国が埋め立て工事を進めるのは違法として、県が工事差し止めを求めた訴訟の判決が13日、那覇地裁であり、森鍵一裁判長は、県の請求を却下した。差し止めの仮処分の申し立ても退けた。

辺野古沖サンゴの移植不許可=沖縄知事、移設阻止へ権限行使

 辺野古移設をめぐる県と国の法廷闘争では、最高裁が2016年12月、翁長雄志知事が埋め立て承認を取り消したのは違法と判断したことに続く県の敗訴。翁長知事には打撃となりそうだ。訪米中の翁長知事は、ワシントンで記者団に「判決は納得できるものではなく、控訴したいと考えている」と語った。
 森鍵裁判長は最高裁判例に基づき、「地方公共団体が専ら行政権の主体として、行政上の義務の履行を求める訴訟は、裁判所の審判の対象にならない」と指摘し、県の請求を退けた。県側が主張した、埋め立て予定海域の漁業権の存在についても審理せず、判断しなかった。
 訴訟で県は、埋め立て海域に漁業権が存在し、移設工事を実施するには県の岩礁破砕許可を得る必要があると主張。国は請求の却下を求めていた。
 県漁業調整規則では、漁業権が設定された漁場内で海底の地形変更を行う際には、知事の許可が必要としている。国は地元漁協が16年11月に漁業権の一部放棄を決議しており、漁業権が消滅し許可は不要として、17年4月に護岸工事に着手した。
 県は、一部放棄は漁業法上の漁業権の変更に当たり、変更免許が必要と主張。手続きがなされていないため漁業権は存在しており、岩礁破砕許可を得ずに違法な工事を進めていると訴えていた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031300848&g=soc

« オウム死刑囚の移送開始 収容先の東京拘置所から 法務省(14日)共同 | トップページ | 別の亡命ロシア人が不審死 英警察対テロ部門が捜査(14日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66495088

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古工事差し止め請求却下=沖縄県敗訴、岩礁破砕許可で-那覇地裁(14日)時事:

« オウム死刑囚の移送開始 収容先の東京拘置所から 法務省(14日)共同 | トップページ | 別の亡命ロシア人が不審死 英警察対テロ部門が捜査(14日)産経 »