« 取調室でカツ丼食べよう…留置場や木工体験も(16日)読売 | トップページ | 子供より犬が大事? 機内事故で銃擁護派に批判(16日)産経 »

2018年3月16日 (金)

新名神工事でまた事故=鉄骨崩れ男性死亡-大阪(16日)時事

15日午後4時15分ごろ、大阪府枚方市の新名神高速道路の工事現場で「男性が川に転落した」と119番があった。男性は高知市の建設会社社員山下大介さん(32)で、搬送先の病院で死亡した。足場の鉄骨が崩れたといい、府警枚方署などが詳しい状況を調べている。
 新名神の建設工事では、作業中の事故が相次いでおり、これ以外にも2016年4月以降、4件の事故で兵庫と大阪で計5人が死亡している。
 同署などによると、当時は橋脚の建設に備えて仮桟橋を設置する工事をしていた。山下さんは現場責任者で、桟橋の先端部で作業を指示していたが、足場にしていた鉄骨の固定部が外れて大きく傾き、鋼材ごと約5メートル下の川に転落したという。同僚らが引き上げたが、救急到着時、既に心肺停止状態だった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031501247&g=soc

« 取調室でカツ丼食べよう…留置場や木工体験も(16日)読売 | トップページ | 子供より犬が大事? 機内事故で銃擁護派に批判(16日)産経 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66502051

この記事へのトラックバック一覧です: 新名神工事でまた事故=鉄骨崩れ男性死亡-大阪(16日)時事:

« 取調室でカツ丼食べよう…留置場や木工体験も(16日)読売 | トップページ | 子供より犬が大事? 機内事故で銃擁護派に批判(16日)産経 »