« 非行少年“戦後最少”更新も 大麻、振り込め悪化(8日)テレビ朝日 | トップページ | 警視庁体感治安レベル2 »

2018年3月 8日 (木)

小学生の補導4232人に 校内暴力は10年前の7倍以上(8日)テレビ朝日

全国で中学生や高校生らによる少年犯罪の検挙人数が減少するなか、小学生が補導された人数は4000人を超え、前の年から1割ほど増えていることが警察庁のまとめで分かりました。
 警察庁によりますと、少年犯罪の検挙人数は去年、戦後最少を更新した一方で、刑罰のある法令に違反したとして補導された小学生の数は4232人に上り、前の年から1割以上増加しました。警察庁が分析したところ、教師に対するものも含め、校内暴力で補導された小学生は117人で、10年前の7倍以上に急増しています。「いじめ」を原因とする事件でも、小学生の補導数だけが増加傾向にあり、10年前の9倍になっています。文部科学省の調査でも、小学生による暴力行為の発生率は増加傾向にあり、2014年からは急に増え始めています。警察庁は「学校からの相談が増加したことが影響している」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000122430.html

« 非行少年“戦後最少”更新も 大麻、振り込め悪化(8日)テレビ朝日 | トップページ | 警視庁体感治安レベル2 »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66473665

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生の補導4232人に 校内暴力は10年前の7倍以上(8日)テレビ朝日:

« 非行少年“戦後最少”更新も 大麻、振り込め悪化(8日)テレビ朝日 | トップページ | 警視庁体感治安レベル2 »