« 2018年3月28日 | トップページ | 2018年3月30日 »

2018年3月29日

2018年3月29日 (木)

民家に遺体、80代男性か 妻を死体遺棄容疑で逮捕(29日)朝日

29日午前、東京都荒川区町屋7丁目の民家で男性の遺体が見つかった。警視庁によると、男性はこの家に住む80代とみられ、死後1週間程度が経過しているという。同庁は同日、この家に住む男性の妻で無職の鈴木カツエ容疑者(76)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。「死亡した認識はあったが通報しなかった」と述べているという。
 尾久署によると、逮捕容疑は今月中旬ごろ、遺体を埋葬せずに自宅に放置したというもの。遺体に目立った外傷はないという。
 1週間ほど前から男性の姿が見えないことを不審に思った近隣住民が鈴木容疑者宅を訪問して遺体を発見し、119番通報した。遺体は居間に仰向けの状態で見つかったという。
https://www.asahi.com/articles/ASL3Y659TL3YUTIL057.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

部下22人に「アホ」、警察署課長が暴力や暴言(29日)読売

 今年1月まで2年近くにわたって部下22人に暴力を振るうなどしたとして、京都府警は29日、男性警察官(41)を減給6か月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。
 発表によると、男性警察官は舞鶴署の課長だった2016年3月~今年1月、部下22人に対し、すれ違いざまに腹部を小突いたり、「アホ」「ボケ」などと暴言を繰り返したりしたという。すでに異動しているが、府警は現在の所属部署や階級を明らかにしていない。
 また、2月に京都市内で酒気帯び運転で物損事故を起こして逮捕された向日町署地域課の巡査長(32)についても29日、停職6か月の懲戒処分にした。巡査長は同日付で依願退職した。http://www.yomiuri.co.jp/national/20180329-OYT1T50034.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

インスタに元教え子の下着姿投稿 千葉県立高教諭を減給処分(29日)西日本

教え子だった20代女性の下着姿を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿したとして、千葉県教育委員会は29日、県立薬園台高校(同県船橋市)の男性教諭(54)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。教諭は同日付で依願退職した。
 県教委によると、教諭は在学中に数学の授業を担当。既婚者だが、女性の卒業後に交際を始めた。教諭は女性と連絡が取れなくなったとして、女性の名前でアカウントを開設し、今月16日、下着姿の画像など約10枚を公開。女性が県警に相談して発覚した。
 県教委の調査に「(女性本人の)インスタグラムで楽しそうな顔を見て腹が立った」と話しているという。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/404663

| コメント (0) | トラックバック (0)

自分の死亡届を市役所に提出 41歳男を逮捕、診断書も偽造(29日)産経

自分の死亡届を市役所に提出したとして、茨城県警取手署は28日、有印私文書偽造・同行使と電磁的公正証書原本不実記録未遂の疑いで、同県守谷市百合ケ丘の無職、片見英貴容疑者(41)を逮捕した。容疑を認めている。同署が動機などを調べている。
 逮捕容疑は、自らが死亡したという死亡診断書と死亡届を偽造し、1月23日午後9時ごろ守谷市役所に提出。戸籍に嘘の記録をさせようとしたとしている。
 同署によると、死亡届に空欄部分が空欄部分が多いことを職員が不審に思い、同署に通報していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180329/afr1803290021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

管制官、緊急宣言聞き逃す 成田空港、消防車出動せず(29日)共同

25日夜に成田空港を離陸した直後のマニラ行きセブ・パシフィック航空5053便エアバスA320が、エンジントラブルで緊急事態を宣言したにもかかわらず、国土交通省の管制官が聞き逃していたことが29日、同省への取材で分かった。
 セブ機は成田空港に引き返し無事に着陸したが、空港は消防車を待機させるといった緊急時の受け入れ態勢を取っていなかった。
 国交省によると、セブ機は25日午後8時47分に成田空港を離陸した直後、右エンジンに異常な振動が発生した。機長は羽田空港でこの機体を担当していた管制官に緊急事態を宣言したが、管制官が聞き逃し、成田空港に伝えていなかった。
https://this.kiji.is/352062464898483297?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

少女誘拐容疑で逮捕の男性 東京地検が不起訴処分に(29日)テレビ朝日

ツイッターで知り合った女子中学生(14)を誘拐し、自宅に連れ込んだとして逮捕された21歳の男性について、東京地検は起訴猶予処分としました。
 東京・品川区の男性と無職の少年(18)の2人は先月、ツイッター上で知り合った女子中学生を誘拐し、自宅に連れ込んだとして、未成年者誘拐の疑いで今月2日に逮捕されました。東京地検は、26日付けで男性を起訴猶予処分としました。東京地検は理由を明らかにしていません。一方、少年については、青少年健全育成条例違反の非行内容に変更して東京家庭裁判所に送致しました。警視庁によりますと、2人は10日間にわたって自宅で少女と生活していて、取り調べに対して容疑を認めていました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123992.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»浅草のフィリピンパブ摘発、店長の女逮捕(29日)TBS

 東京・台東区で無許可でフィリピンパブを営業し、女性従業員に接客させたとして、店長の女が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、台東区西浅草にあるフィリピンパブの店長、フィリピン国籍のセキグチ・ミラソール・フェルナンデス容疑者(46)で、無許可で店を営業し、女性従業員に接客をさせた疑いがもたれています。この店は7年前から営業していて、3人のフィリピン国籍の女性を従業員として雇っていたとみられています。
 取り調べに対し、セキグチ容疑者は容疑を認めたうえで、「以前、警察から指導されて違法な営業であることは理解していました」と供述しているということです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3329435.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»商用ドローン解禁へ、山間部などで配送業務(29日)TBS

ドローンによる荷物の配送が今年中にも山間部や離島で解禁される見通しとなりました。
 国土交通省などは29日、人の目の届かないところでドローンを飛ばす条件をまとめました。
 現在、ドローンを飛ばせるのは原則、人の目が届く場所に限られていますが、今後は山や海といった人が立ち入る可能性が低い場所で、飛行について周辺の住民に事前に通知することなどを条件に目視外での飛行を可能とするようルールを改正します。
 さらに来年度には都市部での飛行の条件についても検討を始めるということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3329429.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日 単位・レベル)
言葉が被害を救った
【治安うんちく】
2009_1228_222559212F1013625
 外国人の真似をして片言の日本語で強盗を働くなどは聞いたことがあるが、なんと日本人の強盗犯が押し入った店の店員はベトナム人で言葉が通じなかったことから、犯人逮捕に繋がったという珍しい事件があった。
 大阪市のコンビニ店にハサミを持った男が押し入り、カウンターにいた男性店員に「はよ金出せ」と脅したが、店員は来日間もないことから言葉が通じなかった。隣りにいた女性店員が110番通報して御用となった。
 一方で、群馬県明和町の自宅で55歳の男性がテレビを見ていたら、突然押し入った2人組の男にスタンガンを押し当てられるなどして現金数万円やキャッシュカード複数枚が奪われる強盗事件が発生した。
 さらに28日には、埼玉県加須市のコンビニ店に刃物を持った男が押し入り、現金約10万円を奪って逃げる強盗事件があった。
 強盗は強盗でもこれらは侵入強盗。最も被害が多いのは大阪や埼玉県のような商店。群馬県のような一戸建て住宅は集合住宅より多いという。
 警察庁によると今年2月現在の侵入強盗の認知件数は101件で前年より2件の減少。認知件数のランキングは大阪の17件、東京、神奈川の各9件、埼玉の8件、愛知の7件など。
 検挙率は強盗全体の85.5%より少ないが83.2%もある。兵庫のように400%もあれば山形や鹿児島、岐阜、沖縄など認知件数こそ少ないが検挙は0件の所もある。まだ2カ月でもあり、今後、余罪を出して兵庫のような検挙率にすればよいだけだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

無免許運転、窃盗容疑…校長・教諭ら37人処分(29日)読売

富山県教育委員会は28日、無免許運転で事故を起こして逮捕されたり、窃盗容疑で書類送検されたりしたなどとして、公立校の校長や教諭ら37人を同日付で処分したと発表した。
 内訳は、懲戒処分4人、厳重書面訓告3人、書面訓告30人。
 県教委教職員課によると、昨年10月に無免許運転で人身事故を起こし、逮捕された高岡市立戸出東部小の教諭(28)を停職6か月、昨年11月に窃盗の疑いで書類送検され、不起訴となった富山工高の50歳代の男性教諭を懲戒免職処分とした。昨年11月、生徒の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失した滑川高の20歳代の男性教諭は減給2か月の懲戒処分とした。
 このほか昨年、複数回にわたって富山商高相撲部員の頭をたたいたり尻を蹴ったりするなどの体罰を行ったとして、顧問で20歳代の男性臨時的任用講師を戒告とし、生徒の髪を切る不適切な指導を行った水橋高、上市高、富山北部高、富山工高の校長や教諭ら23人を厳重書面訓告や書面訓告とした。
 渋谷克人教育長は「県民の皆さまの信頼を損なったのは、誠に残念であり、深くおわび申し上げる。教職員の綱紀の保持などの徹底を図り、再発防止に取り組む」とコメントした。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180328-OYT1T50108.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「臓器売ってでも金にしろ」組関係者ら4人逮捕(29日)テレビ朝日

20代の男性に「臓器を売ってでも金にしろ」と言って現金を脅し取った疑いで、暴力団関係者ら4人が逮捕されました。
 井本正男容疑者(49)ら4人はおととし12月、東京・港区西麻布の喫茶店などで男性(29)に対し、「誠意を見せれば殺したりまではしない。臓器売ってでも金にしろ」などと言って現金約350万円を脅し取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、井本容疑者らは男性の会社に投資していた金の返金を巡ってトラブルになっていました。男性の仕事仲間からも100万円を脅し取ったとみられています。井本容疑者らは容疑を認めています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123937.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»代引きの高級腕時計強奪か、配送業者にスプレー吹きつけ(29日)TBS

およそ80万円の腕時計を代金引換で注文し、配送業者にスプレーを吹きつけて奪ったとして、ベトナム国籍の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのはベトナム国籍のビ・バン・ダイ容疑者(26)です。ビ容疑者は先月、北区浮間にあるアパートに代金引換で注文したおよそ80万円の腕時計を、配送業者の男性(36)にスプレーを吹きつけて奪った疑いが持たれています。
 ビ容疑者は別のベトナム国籍の男と犯行に及んでいて、2人は、このアパートでルームシェアをしていたということです。
 取り調べに対し、ビ容疑者は容疑を認めているということで、警視庁は、もう1人の男の行方を追っています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3329104.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・昭島の民家全焼、3人死傷(29日)産経

東京消防庁によると、29日午前6時半ごろ、東京都昭島市上川原町の80代の男性方から出火、木造2階建て約130平方メートルが全焼し、隣接する民家3棟のガラス窓などに延焼した。この家に住む80代の妻とみられる女性が救助されたが、全身にやけどを負っており、間もなく死亡が確認された。
 消防によると、このほか遊びにきていた娘が重度の気道熱傷を負ったほか、世帯主の男性が軽傷。警視庁昭島署が出火原因などを調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180329/afr1803290008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

増えるクレーマー旭川市苦慮 職員への暴言、過度の要求…全部局で調査開始(29日)共同

旭川市は、苦情などの際に職員に対して暴言を浴びせたり、過大な要求をするクレーマー対策に苦慮している。職員に常習的に暴言を繰り返した女性について、市は昨年11月、コンプライアンス条例に基づく不当要求行為に初めて認定した。ストレスがたまりがちな社会情勢を背景に、こうしたケースは増えているとみられ、市は新年度、庁内の全部局を対象とした調査をまとめる。
 市によると、女性は少なくとも昨年5~8月の間に庁舎内や電話で暴言や過大な要求を繰り返し、業務を60時間滞らせた。「対応が悪い」などと職員に謝罪を迫り、昨年7月には休日出勤の職員に8時間連続で電話応対させたという。このため市は2008年4月に制定した同条例に基づき、不当要求行為に認定した。
 条例は、市民らによる暴力や暴言を伴う不当な要求から職員を守るのが狙い。副市長と部長ら6人でつくる委員会が協議して認定する。強制力はないが、市長は認定された人に警告を発することができる。今回のケースでは認定後、職員が女性宅を訪れ、文書を渡そうとしたが、破り捨てられたという。
 こうした市民による暴言や過大な要求は後を絶たない。「職員のあいさつの仕方が悪い」「市長への手紙の返信に、時候のあいさつが抜けている」などとして謝罪を求められたり、職員が暴力を振るわれたりする悪質なケースもあった。

     
残り:334文字/全文:897文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/175813

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンションで車爆発 車上部がめくれ、5階に被害も(29日)テレビ朝日

29日未明に大阪・東淀川区にあるマンションの駐車場で住民の男性が止めている車が爆発し、男性がけがをしました。
 午前4時前、東淀川区のマンション駐車場で、住民から「駐車場の車が爆発したと思う」と警察に通報がありました。爆発したのはマンションに住む男性(26)の乗用車で、駆け付けた消防が運転席にいた男性を救出しました。男性は顔にやけどをする軽傷です。警察は車内や周辺で不審物などが見つかっていないことから、車自体が何らかの原因で爆発したとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123925.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»“大阪特捜” 森友事件を新技術で、過去の“証拠改ざん”教訓に(29日)TBS

森友問題。27日の証人喚問は真相解明の難しさを印象づけましたが、事件としての捜査は現在、大阪地検特捜部によって進められています。過去に別の事件で証拠改ざんを起こした「大阪特捜」。自らの教訓も踏まえた新技術を導入しているといいます。動画でご覧ください。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3328499.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ0件の学校は「検証を」 文科省、把握漏れ懸念(29日)朝日

 「いじめ0件」の学校は、子どもや保護者から検証を求めて――。文部科学省は26日付で、各都道府県教育委員会などにこんな通知を出した。いじめはどの学校でも起こる可能性があり、「0件」は実態を正確に把握していないおそれがある、という考えからだ。
 2016年度の文科省の調査では、全国の小中高校や特別支援学校で計32万件余りのいじめが確認された一方、小学校の28・2%、中学の22・4%、高校の46・8%は「0件」と答えた。通知ではこうした学校が、「0件」を子どもや保護者に公表し、把握漏れがないか確認することを要求。学校ごとに把握件数の差が大きい場合は、教委が調べることも求めている。
 文科省は16日に総務省から「いじめの正確な把握に向けた教委の取り組みが不十分」などとする勧告を受けていた。通知はこの勧告を踏まえて出した。(根岸拓朗)
https://www.asahi.com/articles/ASL3X4WJ7L3XUTIL01L.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

避難所 性被害の闇 集団生活対策難しく 熊本県警 把握10件、潜在化も 熊本地震2年(29日)西日本

熊本地震の発生から2年近くになり、避難所などで起きた性被害の実態が明らかになりつつある。地震があった2016年度に熊本県警が把握した避難所や周辺でのわいせつ事案は、強制的な性交や盗撮など約10件に上った。「災害時は加害者の不安定な心理状況が、弱い立場の人に暴力の形で向かいがちだ」と、専門家は対策の難しさを指摘する。
 地震から間もない16年4月下旬、熊本県内の指定避難所。避難者が寝静まった深夜、家族から離れた場所で寝ていた10代少女の布団にボランティアの少年が潜り込んだ。少女は服を脱がされ、体が固まった。助けを求める声を出せず、恐怖と痛みに耐え続けた。
 少女の無料通信アプリLINE(ライン)のやりとりを見て、被害に気付いた母親が警察に被害届を出したが、「明らかな暴行、脅迫があったと認められない」として強制性交等罪は適用されず、少年は不起訴になった。一方、民事訴訟では被害が認定され、全面勝訴した。少女の母は「地震直後の混乱のまっただ中で、娘が被害に遭うとは想像できなかった。娘の傷は一生消えない」と憤る。
 県警によると、他にも「ボランティアを称する男からつきまとわれ、体を触られた」「段ボールで仕切ったスペースで容姿を撮影された」といった相談があった。被害者が申告しなかったり、避難所の管理者が通報しなかったりしたケースもあるとみられ、全容はつかめていない。
 避難所での性被害は11年の東日本大震災でも相次いだ。国は13年に災害対策基本法を改正し、避難所の生活環境整備を自治体に求めた。さらに内閣府は16年4月に作成した避難所運営ガイドラインで「性犯罪防止策の検討が必要」と盛り込んだばかりだった。
 熊本地震の際も支援団体が相談先などを載せたポスターを県内700カ所の避難所に掲示したり、県警が巡回を強化したりしたが、被害は防ぎきれなかった。
 東日本の被災地で性暴力被害の予防啓発活動などに取り組んだNPO法人「しあわせなみだ」(東京)の中野宏美代表は「不特定多数が避難所に集まるなど、災害時は性暴力被害のリスクが高まる」と指摘する。
 減災と男女共同参画研修推進センター(東京)の浅野幸子共同代表は「性暴力は平時でさえ訴え出にくい。災害時は集団生活で個人情報が漏れることを恐れて相談をためらったり、相談を受けた人も精いっぱいで被害者を支援につなげられなかったりするため、さらに潜在化しやすい」と指摘。「多くの市民が防災研修に参加し、災害時に性暴力が起こり得ることや、照明の配置など対策方法を知る機会を設ける必要がある」と提言した。=2018/03/29付 西日本新聞朝刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/404493

| コメント (0) | トラックバック (0)

パズドラの宣伝、ガンホーに課徴金5千万円 消費者庁、景品表示法違反(29日)産経

消費者庁は28日、人気オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」内のキャラクター購入を巡り、インターネット番組内の宣伝が景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、ゲーム大手「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」に5020万円の課徴金納付を命令した。
 課徴金は約1億円となるはずだったが、ガンホー側が消費者庁の調査開始前に違反を自主報告したため、減免された。
 消費者庁によると、平成28年11月~29年2月、有料の電子くじ「ガチャ」で入手できるパズドラのキャラ「モンスター」13体全てが、ゲームで強くなる「究極進化」をするかのように宣伝したが、実際には2体のみ究極進化できる仕様になっていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180328/afr1803280004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「もうかる」スロットで不正 窃盗未遂容疑で県警職員逮捕、群馬県警(29日)産経

パチンコ店のスロットマシンのメダルを不正に得ようとしたとして、群馬県警捜査3課などは28日、窃盗未遂容疑で、県警本部警務部留置管理課の巡査、川田慎悟容疑者(24)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午後7時10分ごろ、太田市大原町のパチンコ店「アスカ藪塚店」で、1枚2・5円のメダルを使って1枚20円用のスロット台で遊び、不正にメダルを得ようとしたとしている。
 メダルの色が違ったことなどから、不審に思った店員2人に見つかり、逃げようとしたところを取り押さえられた。容疑を認め、「高価換金で差額分をもうけるためやった。300枚ほど使用した」などと供述している。
 川田容疑者は平成25年10月に巡査となり、28年3月から現在の職場で働いていた。この日は休日で、午後4時半ごろから入店し、遊んでいたという。
 高井篤首席監察官は「現職の警察官が、逮捕されたことは誠に遺憾であります。捜査および調査結果を踏まえ、厳正に対処します」と述べ、謝罪した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180329/afr1803290002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪被害者給付金、4月から拡充 警察庁(29日)日経

 警察庁は28日、犯罪被害者に対する国の給付金の支給対象などの拡充を決めた。給付額に制限のある夫婦などの親族間の事件で、関係が事実上破綻している場合は全額支給を認めることが柱。8歳未満の遺児への遺族給付金も増額する。関係する政令や規則の改正により4月1日以降の事件に適用する。
 現行制度では給付金が加害者側に渡る可能性も想定し、夫婦や親子の間の事件は原則として不支給。別居の兄弟なども減額対象となっている。
 見直し後は、親族関係が破綻している場合は他人と同様に満額を支給する。例えば、暴力から逃れるため別居状態にあったり婚姻関係が事実上解消したりしていた夫婦、交流が長年ない兄弟などの間で事件が起きたケースだ。
 殺人事件などで親を亡くした8歳未満の子供に対する遺族給付金は現在の10年分から、18歳になるまでの年数分に増額する。警察庁の有識者検討会が2017年7月にまとめた提言で「遺児は一般的に自活能力がなく、精神的、経済的打撃が大きい」として手厚い支援を求めていた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28694650Y8A320C1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

不妊手術、30日に被害相談 17都道府県で弁護士対応(29日)共同

 障害者らに不妊手術を強制したとして仙台地裁に国家賠償請求訴訟を起こした「旧優生保護法弁護団」は28日、旧法下での不妊手術や中絶手術に関する被害相談を30日に17都道府県で実施すると明らかにした。各地の弁護士会や弁護士有志が電話かファクスで対応し、内容によっては追加提訴も検討する。
 厚生労働省によると、旧法下で不妊手術を受けた障害者らは約2万5千人に上る。弁護団長で仙台弁護士会の新里宏二弁護士は「訴訟でようやく救済の第一歩を踏み出した。他の被害者も迷わず相談してほしい」と話している。
https://this.kiji.is/351686844116747361?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

クレヨンしんちゃんキャラクターが交通安全呼びかけ(29日)テレビ朝日

来月6日から始まる「春の全国交通安全運動」を前に、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のキャラクターが交通安全を呼び掛けました。
 東京・新宿区で開かれたイベントには、子どもから高齢者まで都内の住民ら約1400人が参加しました。冒頭、吉田尚正警視総監が「楽しく交通ルールを学んで事故なく、元気で毎日を過ごしていきましょう」などとあいさつしました。また、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」のキャラクターによる交通安全ショーや警視庁の「交通安全大使」を務めるタレントの横澤夏子さんによる事故に遭わないためのワンポイントアドバイスなども行われました。警視庁によりますと、東京都内では今年に入って27日までに33人が交通事故で死亡していて、去年に比べて二輪車による事故が多いということです。春の全国交通安全運動は、来月6日から10日間にわたって行われます。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123906.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「FC2ライブ」にわいせつ動画 会社役員らを不起訴(29日)テレビ朝日

インターネットの動画配信サイトにわいせつな動画を配信したとして逮捕された会社役員の男性(40)ら4人について、東京地検は不起訴処分としました。
 東京・世田谷区の会社役員の男性ら4人は、おととし8月から去年11月の間、動画配信サイト「FC2ライブ」を使って女性が全裸でわいせつな行為をする様子を撮影した動画を配信したとして、今月7日、警視庁に逮捕されました。東京地検は28日、4人について嫌疑不十分で不起訴処分としました。警視庁の取り調べに対し、4人のうち会社役員ら3人は容疑を否認していたということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123923.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東大阪市の公園の桜11本、枝や幹を何者かが切断(29日)TBS

各地で桜が見ごろを迎える中、大阪府東大阪市で、桜の木11本が何者かによって切断されているのが見つかりました。
 東大阪市によりますと、27日、市民から「加納北公園の桜の枝が切られている」と通報があったということです。加納北公園には25本の桜の木がありますが、市などが確認したところ、11本の枝や幹が切断されているのが見つかりました。断面は比較的新しく、鋭い刃物で切られたように見えます。
 「悪意あるやつやなあ。夜やったら切っても気付かない。朝見て気付くわけやな」(市民)
 「寂しいものがあります」
 市の委託業者が公園の木を最後に剪定した先月6日には異常はなかったということで、市は、転売目的で何者かが伐採した可能性もあるとみていて、警察に被害届を出す方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3328558.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東京・足立区役所でテロ対策訓練、「ボラード」使い車両の進入阻止(29日)TBS

欧米諸国で車両を使ったテロが増えていることから、車両の進入を阻止するための「ボラード」を使ったテロ対策訓練が東京の足立区役所で行われました。
 テロリストの男が突然、拳銃を発砲しながら次々と人をはね飛ばし、区役所の敷地内に乗り上げていきます。次の瞬間、花壇の形をした「ボラード」に衝突し、突入が阻まれました。
 訓練は、2年後の東京オリンピック・パラリンピックの開催中止を求めるテロリストが人質を取って足立区役所内に立てこもったという想定で行われました。警視庁の初動捜査班がテロリストの説得にあたりますが、交渉は平行線に。警視庁の銃器対策部隊や警察犬が出動し、男らを制圧しました。
 警視庁と足立区は去年、テロや災害対策を共同で推進していく覚書を締結していて、2年後に向けてさらなる連携を強化したいとしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3328481.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月28日 | トップページ | 2018年3月30日 »