« 2018年3月15日 | トップページ | 2018年3月17日 »

2018年3月16日

2018年3月16日 (金)

任侠山口組を指定暴力団に決定 兵庫県公安委員会(16日)NHK

指定暴力団・神戸山口組から離脱した「任侠山口組」について、兵庫県公安委員会は、法律の規制の対象になる指定暴力団にすることを決定しました。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

傘を突きつけ「金を出せ」 銀行強盗その場で逮捕 岐阜(16日)NHK

16日午後、岐阜市の中心市街地の銀行で、男が女性行員に傘を突きつけて脅し現金を要求しましたが、その場で取り押さえられ、強盗未遂の疑いで逮捕されました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180316/k10011368091000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

警部の自殺、公務災害と認定 署長がパワハラ 埼玉県警(16日)朝日

2016年に当時の埼玉県警秩父署長からパワーハラスメントを受け、自殺したとされる男性警部(当時52)について、地方公務員災害補償基金埼玉県支部は、民間の労災に当たる公務災害と認定した。13日付。
 県警によると、16年、同署地域課長兼山岳救助隊長だった男性警部は、当時の署長から感情的に叱られたり、会議で非難されたりした。県警は同年10月、署長のパワハラ行為が自殺の要因になったと認定。戒告処分を受けた署長は依願退職した。遺族の申し出を受け、県警が公務災害認定を申請していたという。
 丹下浩之警務課長は「教訓として再発防止に努めていく」とコメントした。
https://www.asahi.com/articles/ASL3J5KF5L3JUTNB013.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大崎事件、検察が特別抗告へ=再審開始決定に不服(16日)時事

 鹿児島県大崎町で1979年に男性=当時(42)=の遺体が見つかった「大崎事件」で、殺人罪などで服役した原口アヤ子さん(90)と元夫(故人)の再審開始を認めた福岡高裁宮崎支部の決定を不服として、福岡高検が最高裁に特別抗告する方向で検討していることが16日、関係者への取材で分かった。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031601256&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

拉致被害者、一転入国認める 神戸の田中実さん、北朝鮮(16日)西日本

日本政府が拉致被害者に認定している神戸市の元ラーメン店員田中実さん=失踪当時(28)=について、北朝鮮が2014年、日本側との接触で「入国していた」と伝えていたことが16日、分かった。日本政府関係者が明らかにした。北朝鮮はそれまで田中さんについて「入国を確認できない」としていたが一転、主張を変えた。本人の帰国の意思は「ない」と説明したという。
 北朝鮮が拉致被害者の入国を認めるのは、02年9月の日朝首脳会談で横田めぐみさん=同(13)=ら13人の拉致を認めて以降初めて。北朝鮮による拉致問題の再調査は実施されたが中止され、本人と面会することはできなかった。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/401705

| コメント (0) | トラックバック (0)

宗教法人への捜査めぐる報道、テレ朝に20万円賠償命令 産経など8社への請求は棄却 東京地裁(16日)産経

警察の捜査をめぐる報道で名誉を傷つけられたとして、宗教法人「顕正会」(本部・さいたま市)が9社に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は16日、テレビ朝日の番組の一部が名誉毀損に当たり違法だとして、同社に20万円の支払いを命じた。産経新聞社など8社への請求は棄却した。
 判決によると、警視庁は平成25年9月11日、会員が入会を強引に迫ったとする疑いで顕正会を家宅捜索。9社は新聞の紙面やテレビ番組などで報じた。谷口安史裁判長は、テレ朝の番組で、過去に悪質な勧誘をしていたと断定的に述べた専門家の発言は「信用できるとの証明がない」と指摘。ほか8社の報道は真実で、根拠があると判断した。
 テレビ朝日は「判決内容を精査して対応を決めたい」とし、顕正会は「違法性を認めた判断は大きな意義があるが、それ以外の部分は適切でない」とコメントした。
http://www.sankei.com/affairs/news/180316/afr1803160038-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

電車内で女子学生のポケットから学生証や鍵盗む…女子学生の自宅に侵入、下着盗む 容疑の男を再逮捕/県警(16日)共同

列車内で学生証などを盗み、女子学生の自宅に侵入して下着などを盗んだとして、県警捜査3課と武南署は15日までに、窃盗の疑いで川口市安行慈林、建設作業員の男(60)=詐欺罪で起訴=を再逮捕、さいたま地検に送検した。
 送検容疑は2017年12月5日午前9時45分~同10時ごろまでの間、京王井の頭線の列車内で、20代専門学校の女子学生のコートのポケットから顔写真付きの学生証などが入ったカードケースを盗み、東京都世田谷区八幡山の女子学生の自宅マンションに盗んだ鍵を使って侵入。下着など約100点(時価約31万600円相当)を盗んだ疑い。
 同課によると、男は昨年12月、川口市内で鍵のついていない自転車に乗っていたことから職務質問を受け、他人名義のポイントカードで買い物をしていたことが判明。その後の捜査で、財布約120点や女性の下着約100点などが発見された。
 男は通勤時間帯の都内を走る列車内で女性ばかりを狙ってすり行為を繰り返していたとみられ、自宅から電車の時刻表や「混む電車に乗る」などと書かれた犯行手口のようなものが書かれたメモが見つかっているという。
 男は「生活費欲しさでやった」と供述し、逮捕容疑については「学生証の顔写真を見て興味を持った」と容疑を認めているという。
 16年12月から1年間に、京王井の頭線の列車内などで同様の手口による犯行が41件発生。男が関与をほのめかしていることから、県警で関連を調べる。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/03/16/02_.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

架空の数字や印鑑で…静岡市の職員公文書ねつ造疑い(16日)テレビ朝日

文書改ざんが問題になるなか、静岡市では職員が公文書をねつ造していたことが分かりました。
 静岡市営駐車場の回数券の在庫を管理する帳簿の提出をおととし6月に市議から求められた際、市の交通政策課の担当者とその上司は、2014年度と2015年度分がなかったため、架空の数字や印鑑で資料をねつ造して提出していました。ずさんな管理が明るみに出るのを隠すためだったとみられます。帳簿は公文書にあたり、市は虚偽公文書作成の疑いがあるとして警察に相談しています。また、市の幹部はこの問題をおととし11月には把握していましたが、15日まで1年以上、公表していませんでした。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123049.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤密輸未遂の疑いのナイジェリア人に無罪判決(16日)テレビ朝日

香港から羽田空港に覚醒剤約4キロを密輸しようとしたなどの罪に問われたナイジェリア人の裁判員裁判で、東京地裁は無罪判決を言い渡しました。
 ナイジェリア人のオジンマ・デビットソン・オケチュク被告(51)は2014年12月、他のナイジェリア人男性2人らと共謀し、キャリーバッグの中に入った覚醒剤約4キロを日本人の男に香港から密輸させようとした罪に問われています。16日の判決で東京地裁は、オジンマ被告らが指示役の男と電話で連絡を取っていたと認めましたが、「通話が本件覚醒剤の密輸に関するものと特定することはできない」と指摘しました。そのうえで、日本人の男が香港を出発する前に「オジンマ被告とナイジェリア人男性2人が共謀を遂げていたと認定するのは証拠上、困難である」として、オジンマ被告に無罪を言い渡しました。この事件では、ナイジェリア人男性2人も覚醒剤を密輸しようとした罪に問われましたが、すでに無罪が確定しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123064.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»中高生の自殺が平成で最多、SNSで悩み受付も(16日)TBS 

去年1年間に自殺した中学生と高校生が、平成に入って最も多くなったことがわかりました。若者の自殺を防ごうと、今月、新たな取り組みが行われています。
 東京都内の一室。ここで自殺を防ぐ取り組みが行われています。彼らが使っているのはSNS。
 「消えたい。死にたい。その気持ち、伝えて欲しいな」
 NPO法人ライフリンクと一般社団法人社会的包摂サポートセンターは今月、LINEやチャットで悩みを受け付け、相談員が答える取り組みを行っています。
 「電話とか面談だと相談できなかったけれど、SNSだったからこそ相談できるのは、非常に大きいメリット」(NPO法人ライフリンク副代表 根岸親さん)
 2週間で寄せられた悩みはおよそ400件。10代と20代が半数以上を占めるといいます。
 「いじめの問題で悩んでいたり、中学生や高校生、周りとの関係に悩みを抱えているという相談もある」(NPO法人ライフリンク副代表 根岸親さん)
 厚生労働省によりますと、去年1年間に自殺した中高生は346人にのぼります。平成に入って最多となりました。ツイッターなどを通じて事件に巻き込まれるケースも相次ぐなか、支援団体はSNSでSOSを出す若者へのサポートが必要だと訴えます。
 「『死にたい』っていうふうにつぶやいているわけですけども、死にたいほどつらいということだと思うんです。(若い世代が)アクセスしやすい間口を持ちながら、必要としている人には必要な支援へとつないでいくことがまだまだ必要」(NPO法人ライフリンク副代表 根岸親さん)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3317656.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日 単位・レベル)
防犯指導だけでは済まされない
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1013594 「危険なので訴えてください。逮捕しましょう」と言っても「そこまではしなくても…」と告訴がなく、防犯指導だけで止まることが多かったストーカー相談。結局、それが重大事件に繋がることが多かった。
 そもそもストーカー規正法は平成11年に埼玉県桶川市で、好意を寄せた男に女子大生が刺殺された事件を契機に同12年に制定された法律。
 警察庁によると制定された年の12年の相談件数は2280件だったが、翌13年には1万4662件と万件台になり、以降、増減を繰り返して29年には2万3079件と過去18年で最高の数字を記録した。
 問題は、このうち相談者への防犯指導で終わったのは2万2549件で、検挙件数は1699件と少ない。
 検挙は刑法犯と特別法犯によるが、実際にストーカー規制法違反の検挙件数は926件だけ。相談者が告訴しなければならなかったり、メールはだめだとかSNSは対象外などで対応せず重大事件に発展した事犯が多かった。
 実際、平成17年には東京・小金井市でシンガーソングライターとして活動していた女子大学生が男に刺されるという事件が発生した。
 この時、マスコミは「警察に相談していたのに防げなかった」とか「相談してもメモもとっていなかった」など被害者の一方的な発表で警察を批判した。
 相談を受けた武蔵野署は本人が逮捕を望まなかったため防犯指導。イベントの前日も電話をかけてその後の状況を聞くなどして防犯指導をしている。さらに「メモ」は存在しており、本庁の専門部署にもあげられている。
 しかし、SNSの書き込みも「殺人」の「殺」の文字もなく対処できなかったことは確かだ。そこで、この事件を契機にSNSも規制対象にしたり親告罪を非親告罪にする改正法が平成29年に施行されている。
 ストーカー行為は単なる男女間のトラブルだけでなく、男女間の内面的な部分に関する場合が多く、刑罰だけでなくカウンセリングなどの対応が必要な難しい犯罪である。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

追い抜き停車させ、なたで脅す…男を免停処分(16日)読売

「あおり運転」を繰り返したなどとして、静岡県公安委員会は15日、40歳代の会社員の男を30日間の運転免許停止処分にしたと発表した。
 県内では初めて。
 発表によると、男は昨年11月、県中部で乗用車を運転中、前を走る軽乗用車が進路を譲らなかったことに腹を立て、追い抜いてから急ブレーキをかけて停止させたうえ、なたやのこぎりを持って脅した。
 警察庁は1月、あおり運転をするドライバーに対し、免許停止処分などを積極的に適用するよう通達していた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180316-OYT1T50053.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

深谷3遺体発見 元住人の男を逮捕 他人名義で住民登録の疑い(16日)産経

他人になりすまして住民登録したなどとして埼玉県警は15日、有印私文書偽造・同行使などの疑いで、住居不定、無職、佐藤守容疑者(50)を逮捕したと発表した。「年をとった男が手続きをし、自分は隣にいただけだ」と容疑を否認している。
 県警によると、佐藤容疑者は2月に敷地内でブルーシートの包みから白骨化した遺体3体が見つかった埼玉県深谷市の住宅に住んでいた。県警は佐藤容疑者が何らかの事情を知っているとみて慎重に捜査する。
 捜査関係者によると、住民登録の名義は遺体で見つかった3人のいずれかの可能性があるという。
 逮捕容疑は昨年11月14日、偽造した他人名義の住民異動届を深谷市役所に提出したなどとしている。
 県警によると、司法解剖の結果、3人の遺体はいずれも40~60代ぐらいの男性で、県警は身元の特定を急いでいる。
http://www.sankei.com/affairs/news/180316/afr1803160018-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・松戸の銃撃事件 47歳組幹部を再逮捕 殺人未遂などの疑い(16日)産経

千葉県松戸市で昨年5月、走行中のワゴン車がオートバイに乗った男に銃撃された事件で、松戸署捜査本部は15日、殺人未遂と銃刀法違反(加重所持、発射)の疑いで、指定暴力団稲川会系組幹部で住所不定の無職、大塚久基容疑者(47)=犯人隠避容疑で逮捕、処分保留で釈放=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は、平成29年5月10日午後6時5分ごろ、松戸市小山の国道6号で、拳銃と適合する実弾を所持し、ワゴン車に向けて発砲。乗っていた男性(47)の肩や頭に命中させ、全治不明の傷害を負わせたとしている。
 一連の事件で、同容疑での逮捕者は6人目。
http://www.sankei.com/affairs/news/180316/afr1803160022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛人契約持ち掛け詐欺容疑で逮捕 保釈中に芸能関係者装う(16日)共同

別の詐欺事件の判決を前に保釈中に芸能事務所「オスカープロモーション」の社長の息子を装い、女性に愛人契約を持ち掛け、現金をだまし取ったとして、警視庁渋谷署は16日までに詐欺の疑いで、住所不定、無職馬場亮容疑者(24)を逮捕した。逮捕は15日。馬場容疑者は別の詐欺事件で懲役6年を求刑され、判決を前に保釈されていた。
 馬場容疑者は「長期の懲役前に遊びたかった」と容疑を認めている。保釈後、少なくとも女性5人から現金数千万円をだまし取ったとみられる。
 東京や福岡の女性3人から約2千万円をだまし取ったとして、2017年7月に起訴され、同年11月に保釈が認められた。
https://this.kiji.is/347222722948924513?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「司法取引」6月1日スタート 政府、政令を閣議決定(16日)テレビ朝日

組織的犯罪などの容疑者が共犯者の犯罪捜査について協力すれば自分の罪を軽くできる、いわゆる「司法取引」について、政府は6月1日から施行することを閣議決定しました。
 改正刑事訴訟法は2016年5月に成立し、逮捕された容疑者や起訴された被告が共犯者などの犯罪の解明に協力した場合、検察官が起訴を見送ることができる司法取引の制度などが定められています。政府は16日の閣議で、改正刑事訴訟法の施行日を6月1日とする政令を閣議決定しました。対象となる犯罪は組織的詐欺や贈収賄、薬物・銃器関連となっていましたが、独占禁止法違反や金融商品取引法違反などを加える政令も合わせて閣議決定されました。司法取引は嘘の供述で冤罪(えんざい)が生み出される恐れが指摘されていますが、上川法務大臣は「制度が適切に運用されるよう施行の準備に努めていく」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123023.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少なくとも刃物5本を所持、金沢 市役所4人刺傷事件の男(16日)西日本

金沢市役所で環境局長ら職員の男女4人が刺され負傷した事件で、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された無職高畑潤一容疑者(33)は事件当時、少なくとも5本の刃物を所持していたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 石川県警は、事前に刃物を用意して計画的に襲ったとみて入手時期や方法を調べている。高畑容疑者を同容疑で送検した。殺人未遂容疑で近く再逮捕する方針。
 高畑容疑者は庁舎内で刃渡り十数センチの包丁を所持したとして逮捕された。捜査関係者によると、現場にあった高畑容疑者のかばんにも刃物が入っており、所持していた包丁よりも大型の包丁やナイフが残っていたという。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/401552

| コメント (0) | トラックバック (0)

理財局の30代係長、1月に自殺か…無断欠勤(16日)読売

 財務省理財局国有財産業務課の30歳代の男性係長が今年1月、東京都世田谷区の職員寮で首をつって死亡していたことが関係者への取材でわかった。
 警視庁は自殺とみている。希望の党の柚木道義衆院議員が15日、国会内で開かれた野党合同ヒアリングの場で質問したが、財務省側は「職員個人の事柄でコメントできない」と答えた。
 関係者によると、係長が無断欠勤し、連絡も取れないことを心配した同僚が1月29日午前、寮の部屋を訪れ、係長が死亡しているのを発見した。遺書は見つかっていないが、周囲に職場の人間関係などの悩みを漏らしていたという。
 係長は昨年7月から本省勤務になった。同省関係者によると、係長は国有財産に関する通達の改正などの業務を手がけていたが、森友学園の案件には関わっていなかったという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180316-OYT1T50028.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「暖を取りたかった」白石城のベンチ燃やす 20~22歳の男性3人を書類送検 宮城県警(16日)

再建された白石城があることなどで有名な宮城県白石市の益岡公園内にある「白石城・歴史探訪ミュージアム」の木製ベンチを焼損させたとして、宮城県警白石署は15日、器物損壊容疑で市内の男性会社員(20)ら20~22歳の男性3人を書類送検したと発表した。同署によると「暖を取りたかった」などといずれも容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年1月23日午後10時5分ごろからの約35分間、ミュージアムの木製ベンチの上でトイレットペーパーなどを燃やし、ベンチを焼損させたとしている。
 同署によると3人は遊び仲間。周辺の監視カメラなどから3人を特定し、事情を聴いたところ、容疑を認めたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180316/afr1803160010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

検事が勤務庁舎の女子トイレで盗撮 容疑で逮捕(16日)共同

勤務先の建物で女子トイレに盗撮目的で侵入したなどとして、神戸地検は15日、建造物侵入と兵庫県迷惑防止条例違反の疑いで、同地検検事の男(46)=大阪市=を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年9月19日と今年2月6日、神戸地検姫路支部別館(姫路市北条)の女子トイレに侵入し、中にいた女性に、撮影目的でスマートフォンのカメラを向けるなどした疑い。
 地検は認否を明らかにしていない。
 地検によると、女子トイレに侵入した疑いがある両日とも勤務日で、スマホなどを手で持ち、トイレ上部から差し向けた疑いがあるという。地検は事案発覚後、地検総務部付に異動させ、任意で事情を聴いていた。
 男は2007年に入庁し、事件当時は地検姫路支部で公判を担当していた。勤務態度に問題はなかったという。
 地検は「公判を担当する検事を逮捕せざるを得ない事態に至ったことは誠に遺憾。県民国民のみなさまに深くおわびする。徹底した捜査で真相を解明し、上級庁と協議しながら適切に対処したい」とコメントを出した。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201803/0011070938.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺者数2万1321人 8年連続減少も若年層は増加(16日)テレビ朝日

去年1年間に自殺した人は2万1321人で、8年連続で減少したことが厚生労働省のまとめで分かりました。
 厚労省によりますと、去年1年間に自殺で死亡した人は前の年から576人減り、2万1321人でした。8年連続の減少で、女性では統計を取り始めた1978年以降で最少となりました。都道府県別に見ると、10万人あたりの自殺死亡率が最も高いのは秋田県の24.3人で、青森県、山梨県の順に続いています。年代別では20代以上で自殺者の数が減っている一方で、10代以下は前の年より47人増えて567人でした。厚労省は「若年層の自殺対策が重要だ」としています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123005.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»ハーグ条約に基づく子どもの返還拒否は「違法」、最高裁が初の判断(16日)TBS

 ハーグ条約に基づく子どもの返還命令を拒否した母親に対し、父親が引き渡しを求めた裁判で、最高裁は返還の拒否について「特段の事情がない限り違法だ」とする初めての判断を示しました。
 この裁判は、子どもを連れて日本に帰国した母親が、ハーグ条約に基づく返還命令を拒否したため、アメリカに住む父親が人身保護法に基づいて、子どもの引き渡しを求めたものです。
 一審の名古屋高裁金沢支部は「引き渡しは子の意思に反する」として、父親の訴えを退け、父親が上告していました。
 15日の判決で最高裁は「ハーグ条約の返還命令に従わず、子どもを拘束している場合は、特段の事情がない限り、顕著な違法性がある」とする初めての判断を示しました。その上で、子どもを父親に引き渡すためには、母親と子どもに出頭させる必要があることから、審理を名古屋高裁金沢支部に差し戻しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3317128.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

子供より犬が大事? 機内事故で銃擁護派に批判(16日)産経

米ユナイテッド航空機の荷物棚で子犬が死んだ事故を受け、共和党のケネディ上院議員らは15日、荷物棚に動物を載せることを禁じる法案を提出した。一方、銃規制反対を公言するケネディ氏に対し、「子供より犬の方が大事なのか」と批判する声が上がっている。
 米航空機内では昨年1年間で動物24匹が死んだ。うち18匹がユナイテッド機内だったことから、ケネディ氏は14日「同様の死傷事故が繰り返され、全く弁解できない」とツイッターで批判。フロリダ州の高校銃乱射事件を受け、全米で高校生らが銃規制を求める集会を開いた直後だったため、逆に非難を浴びた。
 ユナイテッドでは12日に客室乗務員が子犬を荷物棚に入れるよう強要して死んだほか、13日に西部オレゴン州から中西部カンザス州に向かったはずの10歳の犬が成田空港に誤って移送されていたことも新たに発覚。16時間の飛行中、水や餌を与えられていなかった。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/180316/wor1803160030-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新名神工事でまた事故=鉄骨崩れ男性死亡-大阪(16日)時事

15日午後4時15分ごろ、大阪府枚方市の新名神高速道路の工事現場で「男性が川に転落した」と119番があった。男性は高知市の建設会社社員山下大介さん(32)で、搬送先の病院で死亡した。足場の鉄骨が崩れたといい、府警枚方署などが詳しい状況を調べている。
 新名神の建設工事では、作業中の事故が相次いでおり、これ以外にも2016年4月以降、4件の事故で兵庫と大阪で計5人が死亡している。
 同署などによると、当時は橋脚の建設に備えて仮桟橋を設置する工事をしていた。山下さんは現場責任者で、桟橋の先端部で作業を指示していたが、足場にしていた鉄骨の固定部が外れて大きく傾き、鋼材ごと約5メートル下の川に転落したという。同僚らが引き上げたが、救急到着時、既に心肺停止状態だった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031501247&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

取調室でカツ丼食べよう…留置場や木工体験も(16日)読売

警察の取調室でカツ丼はいかが――。
 刑事ドラマの一コマを想起させるセッティングで熱々のカツ丼を食べるイベントが18日、福岡県大川市郷原の旧大川署で行われる。
 企画した市の担当者は「こわもての刑事役も登場するのでお楽しみに」と来場を呼びかけている。
 一般社団法人「大川インテリア振興センター」と市が17、18日に旧大川署で開く「大川工作室」の特別企画。2階の取調室に電気スタンドを置いた机とイスを対面方式で並べる。入室後は刑事役と「お前、やっただろ」「やっていない」といったやりとりを楽しみながらカツ丼を待つ。
 希望者多数の場合は、スマートフォンなどで記念撮影をした後、隣室でゆっくり味わってもらう。「緊張してのどを通らない」といった参加者の自己申告があれば“取調中”の退席もOKだ。カツ丼を食べた後、空間芸術が展示された1階留置場に入ることもできる。
 18日限定で午前10時から午後6時まで、カツ丼の注文(価格未定)を条件に売り切れるまで受け付ける。
 大川工作室ではこのほか、2階武道場などで組子のコースターや木のスプーンなどを作る体験イベントを予定。17日はプレオープンで予約が必要。問い合わせは、同振興センター(0944・87・0035)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180315-OYT1T50015.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

DV最多の7万件超 14年連続増(16日)産経

昨年1年間に全国の警察に寄せられたドメスティックバイオレンス(DV)の相談件数は、前年より2547件(3・6%)多い7万2455件だったことが15日、警察庁のまとめで分かった。平成13年にDV防止法が施行されて以降、初めて7万件を超え、最多を更新した。増加は14年連続だった。警察庁の担当者は、増加の理由について「DVが違法であると、きちんと認識されるようになった」と分析している。
 刑法・特別法による摘発も51件(0・6%)増の8342件で最多。内訳は暴行4510件、傷害2934件、包丁を示して脅すなどの暴力行為法違反238件など。殺人は未遂が90件、既遂も1件あった。
 DV防止法に基づき、裁判所が接見禁止などの保護命令を出したのは1859件。3年連続で減少しており、警察による加害者の摘発によって、被害者の裁判所への申し立てが減ったためとみられる。
http://www.sankei.com/affairs/news/180315/afr1803150056-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドスピナー誤飲に注意 乳幼児、窒息の恐れ(16日)日経

指先で回転させて遊ぶ人気のおもちゃ「ハンドスピナー」について、国民生活センターは15日、脱落した部品を乳幼児が誤飲する事故が起きているとして、手の届くところに置かないよう注意を呼び掛けた。

誤飲事故が起きたものと同型の「ハンドスピナー」と脱落した部品(右手前)=共同

誤飲事故が起きたものと同型の「ハンドスピナー」と脱落した部品(右手前)=共同

 センターが82種類の製品を1.4メートルの高さから落下させる実験をした結果、16製品は部品が脱落したり、破断したりした。乳幼児が細かい部品を口に入れると窒息する恐れがある一方、誤飲や窒息についての注意表示が販売サイトや包装にない製品が目立った。
 昨年8月に医療機関から報告された例では、1歳男児が兄の持つハンドスピナーの金属製部品(直径14ミリ、厚さ6ミリ)を3つ誤飲した。夜泣きがひどかったが、3日後に排せつされた。
 センターの担当者は「投げて遊んだり、幼い弟妹に渡したりしないよう、子どもに注意してほしい」と話している。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28172980V10C18A3CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「書き換えさせられた」とメモ 森友、自殺職員に改ざん指示か(16日)共同

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんを巡り、自殺した財務省近畿財務局の男性職員が、上からの指示で「書き換えをさせられた」との内容のメモを残していたことが15日、関係者への取材で分かった。財務省は決裁文書14件の改ざんを認め理財局の一部職員の指示で近畿財務局に書き換えさせたと説明。理財局内の指示系統は調査中として明らかにしていない。検察は職員が改ざんを指示されたとみて詳しい経緯を調べるとみられる。
 改ざんの目的について麻生太郎副総理兼財務相は12日、前理財局長で国税庁長官を辞任した佐川宣寿氏の国会答弁と誤解がないように行われたと説明。
https://this.kiji.is/347014329566053473?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

新名神高速工事の死傷事故 現場責任者ら書類送検へ(16日)テレビ朝日

おととし、神戸市の新名神高速道路の工事中に10人が死傷した事故で、警察は関係者4人を16日に書類送検する方針です。関連の工事では、15日も死亡事故が起きています。
 16日にも業務上過失致死傷の疑いで書類送検されるのは、工事の元請け業者「横河ブリッジ」の現場責任者だった男性(44)ら4人です。4人はおととし4月、神戸市北区の新名神高速道路の建設現場で、地盤沈下が起きているのに必要な対策を怠って橋桁を落下させ、作業員2人を死亡、8人に重傷を負わせた疑いが持たれています。責任者の男性は「危険性は認識していた」と容疑を認めているということです。さらに15日、大阪府枚方市の新名神高速道路の工事現場で足場が崩れて、作業員の山下大介さん(32)が川に転落して死亡しました。関連の工事を巡る死亡事故はこれで6件目で、合わせて7人が命を落としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»歩道橋崩落で車8台下敷き、数人が死亡か 米・フロリダ州(16日)TBS

アメリカ南部フロリダ州のマイアミで15日、建設中の歩道橋が突然、崩落し、車8台が下敷きとなりました。この事故で、数人が死亡したと地元メディアは伝えています。
 警察などの発表によりますと、現地時間15日の午後1時半ごろ、マイアミで建設中の歩道橋が突然、崩落しました。このため、歩道橋の下の高速道路を走っていた車8台が下敷きになり、これまでに少なくとも10人が病院に運ばれました。地元メディアは、この事故で数人が死亡したと伝えています。
 この歩道橋は、近くの大学の学生らが利用できるよう建設が進められていたもので、全長は53メートル、重さは950トンあり、5日前に設置されたばかりだったということです。
 警察や消防が救助活動を行うとともに事故の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3317502.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»警視庁とJR東日本が化学テロ対策訓練、電車内にサリンまかれた想定(16日)TBS

今月20日に地下鉄サリン事件から23年になるのを前に、警視庁が化学テロへの対策訓練を行いました。
 15日、東京・日野市にあるJR東日本の車庫で行われた訓練では、実際の車両を使用し、電車内でサリンがまかれ、けが人が出たとの想定で、警視庁やJR東日本の職員などおよそ80人が参加しました。
 訓練では、車掌が乗客を車両から避難誘導したり、警視庁のテロ対応専門部隊がサリンの入った箱を撤去し、けが人を救助したりしました。
 多くの人が集まる駅など、いわゆる「ソフトターゲット」はテロの標的として狙われやすいということで、警視庁は「地下鉄サリン事件を教訓に、関係各所と連携し、テロ対策を進めていきたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3317129.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月15日 | トップページ | 2018年3月17日 »