« 2018年3月11日 | トップページ | 2018年3月13日 »

2018年3月12日

2018年3月12日 (月)

拉致被害者の地村さん、署名提出 米朝首脳会談向け(12日)西日本

北朝鮮による拉致被害者の地村保志さん(62)らが12日、内閣府で加藤勝信拉致問題担当相と面会し、まだ帰国していない被害者の早期救出を要請した。地村さんは、5月までに米朝首脳会談が見込まれることに関し「動きが少し変わってきた。期待は大きいです」と記者団に語った。
 地村さんは2016年春、福井県の小浜市職員を定年退職した後、被害者の早期救出に向けた署名活動を活発化。12日は同級生らでつくる「救う会福井」のメンバーらと一緒に加藤氏を訪ね、署名を手渡した。
 面会後の取材に「結果を出さないといけない。日本政府に努力をお願いしたい」と強調した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/400669    

                 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「北千住なら強盗やっても目立たない…」 容疑の無職男を逮捕(12日)産経

貴金属買い取り店に押し入り現金を奪ったとして、警視庁千住署は12日、強盗容疑で、住所不定、無職、沢崎幸一容疑者(56)を逮捕した。「生活に困っていたのでやった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は2日午前9時55分ごろ、東京都足立区千住の貴金属買い取り店に押し入り、従業員の女性(53)に包丁を突きつけて「カネを出せ」などと脅し、店の金庫から現金4万6000円を奪ったとしている。当時店は開店準備中で客はおらず、女性にけがはなかった。
 同署によると、周辺の防犯カメラの映像などから沢崎容疑者の犯行を特定。調べに「上野や御徒町で強盗をしたら目立つが、北千住なら目立たないと思った」などと話しているという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180312/afr1803120044-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】1億円ビットコイン強盗未遂 おもちゃの札束示した少年らの“お粗末”犯行の一部始終(12日)産経

投機熱が高まっているビットコイン(BTC)をめぐり、1億円分の強奪未遂事件が起きた。昨年11月、東京都内で少年4人が仮想通貨取引関連会社の男性社長(27)を取り囲み、「早くコイン送れ!」などと脅迫する異様な事件が発生。この事件で警視庁は今年3月までに、BTCを指定したアドレスに送金させて奪おうとしたとして、清掃会社社長の男や少年ら計6人を強盗未遂容疑で逮捕した。巨額のBTCを奪い取ろうと画策した男らの犯行だったが、その手口はあまりにも“お粗末”と呼べるものだった。
  風呂場の扉開けたら…
 犯行現場となったのは東京都港区のホテルの一室。昨年11月、被害に遭った男性社長は、BTC取引の仲介役の男性と運転手の男性とともにホテルを訪れた。男性社長は、運転手の男性をロビーに待機させた上で、仲介役の男性とともに2人で部屋へと向かった。
 まず、仲介役の男性が部屋に入る。相手方は「1人で部屋に行く」と約束していた。実際に部屋にいたのは若い男1人だけだった。しかし、高額の現金取引だったため、男性らは用心深くなっていた。「念のため室内を確認する」と男に伝え、バスルームの扉を開けると、そこには少年2人が隠れていた。
 異常を察知した男性はとっさに部屋を飛び出した。実際はこのとき、クローゼットにさらに別の少年1人も隠れていたという。
 仲介役の男性は難を逃れたものの、今度は廊下で待っていた男性社長が室内に引きずりこまれた。少年らは男性社長を蹴りつけ、手足を押さえ込んでナイフを示しながら「コイン送れ!」「早くコイン送れ!」と脅したという。

続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

都内の落とし物、最多に 現金は37億5千万円(12日)日経

昨年1年間に東京都内で拾得物として届けられた落とし物は約395万8千件(前年比3.3%増)で、記録が残っている1985年以降で最多だったことが12日までに、警視庁遺失物センターのまとめで分かった。
 遺失物センターによると、落とし物として届けられた現金も約37億5千万円(前年比2.1%増)で過去最高となり、そのうち約27億円が持ち主に返還された。残りの約5億1千万円が拾得者に引き渡され、約4億8千万円が遺失者不明で東京都の歳入になった。
 落とし物で内訳を見ると、最も多かったのは運転免許証など「証明書類」で約70万2千点。定期券など「有価証券類」の約52万5千点、「衣類履物類」の約48万4千点、「財布類」の約35万8千点、「傘類」の約33万3千点が続いた。
 届け出が多かった場所は鉄道のターミナル駅や商業施設などがある新宿署や渋谷署、立川署だった。
 落とし物が増えている理由について、遺失物センターは「電子機器の小型化などで、いろいろなものが持ち運べるようになったことが影響しているのではないか」と分析している。〔共同〕https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27988870S8A310C1CR0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺族、オウム死刑囚との面会要望 サリン事件で法相に(12日)共同

 オウム真理教による地下鉄サリン事件の被害者の会で代表世話人を務める高橋シズヱさん(71)が12日、事件に関与した確定死刑囚との面会や執行への立ち会いを求める要望書を上川陽子法相に手渡した。同席した宇都宮健児弁護士によると、法相は「重く受け止める」と応じたという。
 1995年に起きた地下鉄事件では13人が死亡し、教祖麻原彰晃を名乗った松本智津夫死刑囚(63)ら10人の死刑が確定。今年1月、実行役を送迎した元信者(59)の無期懲役が確定し、裁判は全て終わった。
 高橋さんは面会後に記者会見し「難しいことだが、被害者の権利として認めてほしい」と話した。https://this.kiji.is/345861624747279457?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官がわいせつ行為の疑いで逮捕 警察は発表せず(12日)テレビ朝日

被害者のプライバシーを理由に逮捕を発表していませんでした。
 広島県警の30代巡査部長の男が先月下旬、知り合いの女性の自宅に侵入し、女性の体を触るなどわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。巡査部長は犯行前、被害者の女性と一緒に酒を飲んでいたということです。巡査部長は大筋で容疑を認めています。県警は容疑者を逮捕した場合は原則、発表していますが、「被害者保護の観点から発表しておらず、コメントを差し控える」などと説明しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000122717.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»ネパールの空港で旅客機が炎上、少なくとも50人死亡(12日)TBS

ネパールの国際空港で12日、旅客機が着陸に失敗し炎上、少なくとも50人が死亡しました。
 ネパールの首都カトマンズにある国際空港で12日午後、バングラデシュ・ダッカ発のUSバングラ航空の旅客機が着陸の際に事故を起こし炎上しました。現地メディアによりますと、この便には乗客乗員あわせて71人が乗っていましたが、これまでに少なくとも50人の死亡が確認されたということです。
 現地の日本大使館は乗客に日本人が含まれていないか確認を急いでいます。
 事故の原因はわかっていませんが、AP通信は着陸直前に火が出たようだとの空港関係者の証言を伝えています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3314322.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»暴力団事務所に遺体、1人を傷害致死で起訴 もう1人は不起訴(12日)TBS

 去年12月、東京・港区の暴力団事務所で男性の遺体が見つかった事件で、東京地検は暴力団関係者1人を傷害致死の罪で起訴し、1人を不起訴処分としました。
 起訴されたのは国立市の暴力団関係者・本田千福被告(52)です。本田被告は去年12月、埼玉県北本市の路上や走行する乗用車内で板橋区に住む並木亙さん(54)の顔を殴るなどして死亡させた傷害致死の罪に問われています。
 警視庁は本田被告を殺人の疑いで逮捕しましたが、東京地検は傷害致死の罪にとどまると判断しました。また、殺人の疑いで同様に逮捕された、もう1人の暴力団関係者の男性(当時44)については不起訴処分としました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3314026.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル)
強制性交が増える

【治安うんちく】
2009_1228_222559212F1013541 児童虐待が増えるなど子供の加害者も被害者も多いと書いたが、なんと孫の小学生女児に性行為をした大分県内に住む50代の男が県警に強制性交容疑で逮捕された。男は昨年7月15日から17日の間に自宅で犯行に及んだもので、父親が今年2月に警察に相談、3月7日に逮捕された。
 同罪は昨年7月に強姦に変わって施行されており、13歳未満と知りながら性交をした場合は暴行や脅迫がなくても成立する。
 この年、強制性交の認知件数は1109件と前年より120件増加している。そして増加傾向は今年に入っても続いている。
 警察庁によると強制性交等の今年1月の認知件数は85件で前年より13件増えた。検挙率は81.2%で同16.0ポイントのダウン。
 認知件数のランキングは大阪の15件、東京の14件、福岡の11件、千葉の5件と続き北海道、茨城、埼玉が各4件だった。
 検挙率のランキングは宮城が高く300%で、これに愛知の200%、神奈川の175.0%、兵庫の133.3%と続いた。
 発生があっても検挙が0の県は岩手、山形、福島、静岡、三重、熊本、鹿児島だが、件数が少ないのと期間がわずか1カ月とあっては評価に値しないだろう。この事件は、起訴率が低いのでしっかり捜査することが大事だろう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【告知】 13日午後9時からNHKBSプレミアムで放送
物語 「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」 連続企業爆破事件

爆風で割れた周囲のビルの窓がガラスの雨となって路上に降り注いだ =昭和49年8月30日 (NHK提供)
昭和49〜50年に日本中を震撼(しんかん)させた「連続企業爆破事件」をめぐり、刑事、新聞記者、被害者・遺族の3者の物語を紡ぐ「アナザーストーリーズ 運命の分岐点 連続企業爆破事件〜見えない敵との闘い〜」が13日午後9時、NHKBSプレミアムで放送される。
 スクープした産経新聞記者は
 事件の始まりは49年8月30日、東京都千代田区の三菱重工ビル爆破だった……

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生、ハンマー?で頭殴られる JR亀戸駅、男逃走(12日)朝日

 12日午後0時半ごろ、東京都江東区亀戸5丁目のJR亀戸駅構内の女子トイレで、女子高校生(16)が男に頭を殴られたと110番通報があった。女子高校生はハンマーのようなもので殴られたが、病院搬送時は会話が出来る状態で、命に別条はないという。男は逃走しているといい、城東署が傷害容疑で行方を追っている。
 署によると、女子高校生は額の上のあたりを殴られ、男について「面識はない」と説明しているという。女子高校生の話では、男は30~40代くらいで身長約160センチ。頭に紺色のタオルのようなものを巻き付け、フード付きの紺色の作業着を着ていた。事件直後、似た特徴の男が改札を出る姿が確認されているという。
https://www.asahi.com/articles/ASL3D513DL3DUTIL02X.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

対馬の父娘放火殺人で死刑求刑 39歳男、長崎地裁(12日)西日本

長崎県対馬市で2016年12月、漁業古川敬氏さん=当時(65)=と次女聖子さん=当時(32)=を殺害し、古川さん宅に放火したとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた元鉄工所経営、須川泰伸被告(39)の裁判員裁判が12日、長崎地裁(小松本卓裁判長)で開かれ、検察側は死刑を求刑した。弁護側が午後に最終弁論し、結審する予定。
 初公判で須川被告は起訴内容を否認。弁護側は「第三者が犯人の可能性がある」として、無罪を主張した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/400600

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生と中年男性自殺か 埼玉・越谷のラブホテル(12日)産経

11日午後5時50分ごろ、埼玉県越谷市のラブホテル一室で、長野県安曇野市の無職男性(46)と埼玉県内に住む女子高校生がロープで首をつって死亡しているのが見つかった。遺書とみられるメモがあり、越谷署は自殺とみて2人が知り合った経緯などを調べている。
 同署によると、女子高生には親族から行方不明届が出ていた。2人は10日午後5時に入室。退室予定時間になっても出てこないため、ホテル従業員が署に通報した。部屋のドアなどは施錠されていた。

http://www.sankei.com/affairs/news/180312/afr1803120038-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「首をつって死ね」発言のさいたま市議を出席停止 市議会懲罰委が可決(12日)産経

さいたま市の吉田一郎市議(54)=無所属=が同市議会文教委員会で質問に答えた市立図書館長に「首をつって死ね」と発言した問題について、同市議会の懲罰特別委員会は12日、吉田市議を2月定例会の会期終了までの出席停止処分とすることを決めた。会期は16日まで。
 議会事務局によると、同委では、処分について無所属の委員1人が「陳謝」を主張したが、それ以外の委員による起立多数で処分が決定したという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180312/afr1803120039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新燃岳 昼ごろ爆発的噴火 1.2キロ先まで噴石飛散(12日)テレビ朝日

12日昼ごろ、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島山の新燃岳で爆発的な噴火がありました。
 鹿児島地方気象台によりますと、午後0時45分ごろ、霧島山の新燃岳で爆発的な噴火がありました。噴煙が火口から3200メートルまで上がり、大きな噴石が1.2キロまで飛散したということです。新燃岳では10日の爆発的噴火で、噴煙の高さが火口から4500メートルまで上がるなど、活発な噴火活動が続いています。地元のシイタケ農家では、降灰によって出荷ができないなど影響が出ています。
 シイタケ農家:「廃棄するしかない。よく洗っても食べられない。灰だから」
 9日に確認された溶岩の流出は現在も続いていて、気象庁では火口からおおむね2キロの範囲で火砕流に、4キロの範囲で大きな噴石への警戒を呼び掛けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000122709.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»床下に胎児とみられる複数遺体、元産科医の住宅(12日)TBS

 東京・文京区の住宅の床下からホルマリン漬けになった胎児とみられる複数の遺体が見つかりました。住宅は、かつて産婦人科医が所有していたということで、警視庁が詳しい経緯を調べています。
 警視庁によりますと、11日までに文京区白山の住宅の洗面所の床下から、ホルマリン漬けになった胎児とみられる複数の遺体を白アリの駆除に入った業者が発見しました。遺体は、へその緒がついた状態で瓶に入っていました。この住宅には、過去に産婦人科医の女性と男性が住んでいたということです。女性医師は57年前に、男性医師は31年前に亡くなっていて、警視庁は医師の親族などから話を聞いて詳しい経緯を調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3314028.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官のふりしてカード詐取か 別の詐欺事件で発覚(12日)テレビ朝日

警察官を名乗り、東京の77歳の女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、39歳の男が逮捕されました。
 高木征志容疑者は、東京・豊島区で一人暮らしの77歳の女性に対し、「警察です。偽造のキャッシュカードが作られた可能性があります」「今から預かりに行きます」などと電話を掛け、キャッシュカード1枚をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、別の詐欺事件で去年9月に逮捕された男が、「派遣よりももうかる仕事があると高木容疑者に持ち掛けた」などと供述し、事件が発覚しました。高木容疑者は、「私がやりました」と容疑を認めています。警視庁は、不審な電話が掛かってきても対応しないよう注意を呼び掛けています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000122690.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉少女誘拐事件、男に懲役9年 完全責任能力を認める(12日)共同

埼玉県朝霞市の少女(17)が2016年3月、約2年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風被告(25)=千葉大を休学扱い=の判決公判が12日、さいたま地裁であり、松原里美裁判長は懲役9年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 判決理由で松原裁判長は「発覚を免れるために工作しており、違法性を認識していた」として、被告の完全責任能力を認めた。
 被告は初公判で「監視が2年にわたったとの意識はない」と述べていたが、判決は監禁期間を起訴内容通り約2年と認定。
 検察側は「対人関係に問題があるが、完全責任能力が認められる」と指摘した。
https://this.kiji.is/345746598368642145?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「再生回数増やしたく…」ハチ公前で“フリーおっぱい”撮影 ユーチューバーの高校生ら書類送検(12日)産経

東京・渋谷のハチ公前広場で「フリーおっぱい」と書かれたスケッチブックを掲げ、通行人に胸を触らせるなどしたとして、警視庁生活安全特別捜査隊は12日、東京都迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、私立高1年の女子生徒(16)=千葉県船橋市=と公立高3年の男子生徒(18)=神奈川県相模原市=を書類送検した。同隊によると、2人は動画投稿サイト上で活動する、いわゆる「ユーチューバー」だった。
 また、通行人が胸を触る動画を撮影したとして、同法違反幇助の容疑で、映像制作会社社員の男性(23)も書類送検した。
 書類送検容疑は1月28日、ハチ公前広場で女子生徒がバニーガール風の衣装を着て「フリーおっぱい」と書かれたスケッチブックを掲げ、通行人に「おっぱい触り放題」などと呼びかけ約20人の男女に胸を触らせたなどとしている。女子生徒らは胸を触らせる様子を男子生徒のスマートフォンで撮影していたが、動画はインターネット上にアップロードされていない。
 女子生徒らは「再生回数を増やして広告料収入を得たかった」などと説明しているという。警視庁渋谷署員が騒ぎに気付き、犯行が発覚した。
 動画サイトでは再生回数などに応じて広告料が支払われるのが一般的で、一部ユーザーによる過激な投稿が問題化。昨年9月には、警察官の前で白い粉が入った袋を落として逃げる動画を作成した男と妻が、偽計業務妨害容疑で福井県警に逮捕されている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180312/afr1803120028-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【森友文書】書き換えは14文書、1つは開示請求後 財務省理財局職員が関与 別文書に鴻池、平沼氏秘書らの名前 (12日)産経

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、財務省近畿財務局が作成し、途中で書き換えた文書(決裁文書を含む書類の束)は14あり、このうち1つは、情報公開法に基づく開示請求後に書き換えていたことが11日、分かった。財務省は12日に調査結果を国会に報告する方針だが、これまで書き換えを否定してきただけに、野党は反発を強めており、事態収拾のめどはつかない。
 複数の政府高官が明らかにした。
 書き換えがあった14の文書の内訳は、貸し付けに関する決裁書が2つ、売買に関する決裁書が1つ、特例に関する稟議(りんぎ)書が2つ、これらに付随する文書が9つだった。1つの文書から交渉の経緯などを削除しようとしたところ、玉突きで次々に書き換えせねばならなくなったという。
 開示請求後に書き換えた文書は、近畿財務局と森友学園の籠池泰典理事長(当時)の交渉に関するメモ。籠池氏と価格交渉したと受け止められかねない部分について開示請求後に削除したとみられ、財務省理財局の職員が関与した疑いが強い。
 理財局が保管していたのは決裁後の文書だけ。近畿財務局も文書の大半を大阪地検に押収されていたため、財務省は森友学園との交渉に関与した近畿財務局職員27人からヒアリングを行い、自民党幹部らに「明確な書き換えの事実はみつからなかった」と説明していた。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

橋の上「人だったらどうしよう」 自殺寸前、必死の説得(12日)朝日

岐阜市内の橋から飛び降りて自殺しようとした女性を助けたとして、岐阜中署は同市雲井町のダンスインストラクター大谷光葉さん(31)に感謝状を贈った。「助けなきゃという一心だった」と、当時の緊迫した様子を振り返った。
 気温が0度まで冷え込んだ1月23日午後9時過ぎ、大谷さんは市内でダンスを教える仕事を終え、帰宅のため軽乗用車を走らせていた。長良川に架かる千鳥橋を北に向かって渡る途中、視界の端に何かが見えた。
 いったんはそのまま通り過ぎたものの、「人だったらどうしよう」とUターンして、橋をもう一度通った。すると、中年の女性が片足を橋の欄干にかけているのが見えた。「これは危ない」。大谷さんはすばやく110番通報。道路にうずくまった女性を見て、「車にはねられてしまうかも」と、守るように自分の車をななめに止め、ハザードランプを点灯させた。
 その後、警察官が来るまでの約10分間、大谷さんは車の窓から女性に声をかけ続けた。強い口調で「だめ」と言うと、余計に女性を追い詰めてしまうと思い、「どうしたの? 何かあった?」と日常会話を心がけた。
 女性は何度も欄干に足をかけて、飛び降りようと体重を傾けた。「ちょっと待って! 私で良かったら話聞くよ」。女性は泣くばかりだったが、大谷さんは沈黙しないよう、警察官が到着して女性を確保するまで懸命に言葉をかけた。
 数年前から小学生たちにダンスを教えるようになったという大谷さん。「子どもたちに対して、優しい言い方を心がけていたのが役に立ったのかな」と振り返る。今月1日の感謝状の贈呈式で同署の森泉署長は「勇気をもって声をかけてくれた。的確で勇敢な行動に心から感謝したい」とたたえた。
 橋から飛び降りようとしていた女性は、市内に住む50代の女性だったといい、間もなくして家族が駆けつけた。
 3月は「自殺対策強化月間」として厚生労働省が自殺防止に力を注いでいる。大谷さんは「一人の命が助かって良かった。今はつらいかもしれないが、これから先、忘れられる時がくるかもしれない」と話した。(松浦祥子)

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察遺失物センター装う詐欺、品川や板橋で被害(12日)読売

視庁は8日、東京都内の高齢女性2人が警察の遺失物センター職員を装ったオレオレ詐欺の被害に遭い、現金計1720万円をだまし取られたと発表した。
 同庁幹部によると、品川区の女性(72)宅に7日昼、同センター職員を名乗る男から「小切手が入った息子さんのバッグが見つかった」と電話があった。その後、同居の長男を装う男から「小切手を無効にしてしまったので、現金が必要だ」と電話があった。
 女性は五反田駅(品川区)で、長男の部下を名乗る男に現金800万円を渡した。女性が自宅に戻ると、長男が帰宅していたことから、詐欺だと判明した。
 板橋区でも先月28日、80歳代の女性が同センターや息子を装う男らから現金920万円をだまし取られたという。同庁幹部は「遺失物センターから連絡があった場合、本物の番号か確認してほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180309-OYT1T50037.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

川底に79歳女性の遺体 静岡県(12日)産経

10日午前10時45分ごろ、静岡県伊東市竹の内の伊東大川で、「人間のような物が流れ着いている」と通行人の男性から伊東消防署に通報があった。
 伊東署の調べでは、遺体は市内の無職、上村芳子さん(79)。死後1カ月経過しているとみられる。目立った外傷がないことなどから事件性はなく、同署で死因の特定を急いでいる。

http://www.sankei.com/affairs/news/180312/afr1803120009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

映画館に煙、女性2人搬送 宇都宮の商業施設内(12日)産経

11日午後5時45分ごろ、宇都宮市陽東6の複合商業施設「ベルモール」内の映画館で「煙が漂っている」と119番があった。
 宇都宮東署によると、観客が避難し、10代と20代の女性2人が体調不良などを訴えて救急搬送されたが、命に別条はないという。空調機器のトラブルとみられ、署が調べている。
 煙が出たとされる室内には約270人がいた。映画館は11日の上映を全て取りやめたという。
 現場はJR宇都宮駅から東に約3キロの住宅街。
http://www.sankei.com/affairs/news/180312/afr1803120013-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新千歳空港で保安検査やり直し 待合室で「刃物」目撃情報(12日)西日本

11日午後9時ごろ、北海道・新千歳空港の国内線の搭乗待合室で「刃物のような物を持った人を見た」との通報があり、既に航空機に搭乗していた人を含む乗客約780人全員の保安検査をやり直すトラブルがあった。再検査で刃物は見つからず、けが人の情報もない。
 千歳署や国土交通省新千歳空港事務所によると、全日空やAIRDO(エア・ドゥ)の計4便の出発を一時差し止めた。午後10時15分ごろに安全が確認され、順次運航を再開した。
 同空港では2016年8月にも乗客が保安検査を受けずに出発し、約千人の検査をやり直した。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/400491

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪被害者の会解散へ 基本法成立「国動かした」(12日)共同

犯罪被害者の権利の確立や支援などを目的に二〇〇〇年に設立された全国犯罪被害者の会(あすの会・松村恒夫代表幹事)が六月三日に活動を終了する。十一日に東京都内で開かれた総会で、存続期間を六月三日までとする規約改正案が承認された。
 同会顧問の岡村勲弁護士によると、これまでの活動で刑事裁判での被害者参加制度の実現や犯罪被害者等基本法の成立など一定の成果が得られたことなどが理由だという。
 同会は、山一証券の代理人弁護士だった岡村弁護士が一九九七年、同社の顧客に妻=当時(63)=を殺害されたことをきっかけに、刑事司法の場で被害者遺族がないがしろにされていると痛感し、〇〇年にほかの被害者遺族とともに設立した。会員は、被害者や遺族ら三百五十人。署名活動や国会議員、国への働きかけなどを通じて、犯罪被害者の権利や利益を保護する犯罪被害者等基本法の成立、殺人など凶悪犯罪の時効撤廃などを実現してきた。
 総会後、岡村弁護士は「多くの被害者が声をあげたからこそ国も動いた。活動開始当初にはあった『被害者にも落ち度がある』というような声は今はなくなり、われわれの考えてきたことは一応、実現できた」。一九九九年に二歳の孫娘を殺害された松村代表幹事は「寂しいけど、やることはやった。(実現した制度など)残るものもあるので、ある程度満足感はある」と振り返った。 (西川正志)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201803/CK2018031202000121.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東海道新幹線、停電で止まる 静岡―浜松、2時間後再開(12日)共同

11日午後4時10分ごろ、東海道新幹線静岡―浜松間で停電が発生し、同区間の上下線で運転を見合わせた。JR東海によると、同区間を走行していたのぞみやひかりなど上下線で計11本が動けなくなったが、約2時間後に運転を再開した。
 影響で他の列車にも遅れが発生したため、JR西日本は新大阪―博多間で臨時列車を運行した。
 JR東海が停電の原因を調べている。
 JR東京駅の東海道・山陽新幹線の切符売り場には長蛇の列ができ、改札前は大混雑の状況に。運転が再開されても大幅な遅れが出ており、通路に座って待つ人の姿も見られた。
https://this.kiji.is/345490163230688353?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性を4カ月“監禁”4人逮捕 借金巡り 群馬・高崎(12日)テレビ朝日

群馬県高崎市で約4カ月にわたって男性を監禁したとして、男女4人が逮捕されました。
 井田恒彦容疑者(33)と市川綾佳容疑者(26)ら4人は38歳の男性を去年11月上旬ごろから約4カ月間、アパートのトイレなどに監禁した疑いが持たれています。借りた金の返済を巡ってトラブルになったとみられています。見張りが1人になった際、男性が「お金を渡すから逃がしてほしい」と頼んだところ、解放されたということです。井田容疑者と市川容疑者は容疑を否認していて、他の2人は容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000122675.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»検察当局、書き換え前の文書写しを財務省に提供(12日)TBS

森友学園への国有地売却をめぐる問題で、検察当局が書き換え前のものとみられる決裁文書の写しを財務省側に提供したことがわかりました。
 この問題では、財務省が決裁のために作成した文書と問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあり、政府関係者への取材で、財務省が事実上、書き換えを認めたことがわかっています。
 その後の関係者への取材で、検察当局が書き換え前のものとみられる決裁文書の写しを財務省側に提供したことが新たにわかりました。提供したのは近畿財務局が作成した決裁文書の写しで、この中には国会議員に提出された文書にはない「本件の特殊性」などの文言が含まれているということです。
 一連の問題をめぐっては、当時、担当局長だった佐川国税庁長官が辞任しましたが、書き換えが近畿財務局の内部にとどまるのか財務省の本省も関与したのかが、今後の焦点となります。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3313536.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月11日 | トップページ | 2018年3月13日 »