« JR 18日特急など38本運休(18日)NHK | トップページ | 住宅2棟全焼 焼け跡から3遺体 香川・善通寺市(18日)フジテレビ »

2018年2月18日 (日)

保険金請求棄却の火災、県警は「再捜査せず」(18日)読売

2015年に神戸市垂水区で起きた民家火災を巡り、建物の所有者で住人の男性(71)が全国生活協同組合連合会(さいたま市)に計約2300万円の共済金(保険金)などを求めた訴訟の判決が神戸地裁であり、「共済金目的の放火」として男性の請求を棄却していたことがわかった。
 1月22日付。男性側は判決を不服として大阪高裁に控訴している。
 兵庫県警は火災について「原因不明」のまま捜査を終えていた。判決に対し「捜査は尽くされており、再捜査しない方針」としている。
 判決によると、男性は11年、連合会と2階建て民家についての火災共済契約を締結。15年3月に民家の一部を焼く火災があった。男性は共済金を請求したが、連合会が「偶然の事故とするのは困難」と支払いを拒否したため、提訴していた。
 中村仁子裁判官は、〈1〉火元が1、2階に1か所ずつあって不自然〈2〉民家は施錠され、簡単に入れない〈3〉男性は海外移住を考えており、動機も理解できる――と指摘。男性は当時海外旅行で外出していたため、「男性と意を通じた第三者が共済金を得る目的で放火した」と認定し、男性の請求を全て退けた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180217-OYT1T50027.html

« JR 18日特急など38本運休(18日)NHK | トップページ | 住宅2棟全焼 焼け跡から3遺体 香川・善通寺市(18日)フジテレビ »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保険金請求棄却の火災、県警は「再捜査せず」(18日)読売:

« JR 18日特急など38本運休(18日)NHK | トップページ | 住宅2棟全焼 焼け跡から3遺体 香川・善通寺市(18日)フジテレビ »