« 3カ月後再び被害者宅に侵入か 足跡ほぼ同じ(13日)テレビ朝日 | トップページ | 「袴田事件」再審開始求め、元裁判官の陳述書提出(13日)TBS »

2018年2月13日 (火)

ショートトラック斎藤慧が薬物陽性 暫定出場停止 選手村を退去 (13日)日経

【平昌=金子英介】日本オリンピック委員会(JOC)は13日、平昌で記者会見し、スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧選手(21、神奈川大)が競技会とは別のドーピング検査で禁止薬物の陽性反応が出たと発表した。斎藤選手は12日に選手村を退去した。
 斎藤選手は「全く身に覚えがない」と故意による摂取を否定しているが、禁止薬物が体内に入った経緯を証明できないため、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の暫定的な平昌五輪出場資格停止措置を受け入れた。
 JOCによると、斎藤選手は韓国入りした4日夜にドーピング検査を受け、7日にA検体、10日にB検体から禁止物質「アセタゾラミド」の陽性反応が出た。同物質は体重を落とす利尿作用があるほか、筋肉増強剤の隠蔽に使用されるため禁止薬物に指定されているという。大会後にCASから正式な裁定が下される。違反が確定すれば冬季五輪の日本選手では初めてとなる。
 記者会見した斎藤泰雄・日本選手団長(JOC副会長)は「このような事態に至ったことは極めて残念」と話した。若手有望株の斎藤選手は今回が初の五輪代表。リレーの補欠でこれまで出番はなかった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26822810T10C18A2CC0000/

« 3カ月後再び被害者宅に侵入か 足跡ほぼ同じ(13日)テレビ朝日 | トップページ | 「袴田事件」再審開始求め、元裁判官の陳述書提出(13日)TBS »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66389734

この記事へのトラックバック一覧です: ショートトラック斎藤慧が薬物陽性 暫定出場停止 選手村を退去 (13日)日経:

« 3カ月後再び被害者宅に侵入か 足跡ほぼ同じ(13日)テレビ朝日 | トップページ | 「袴田事件」再審開始求め、元裁判官の陳述書提出(13日)TBS »