« 霧島連山・硫黄山、噴火警戒レベル2に引き上げ(21日)読売 | トップページ | 酒気帯び、当て逃げ容疑で山梨日日新聞の男性記者を書類送検(21日)産経 »

2018年2月21日 (水)

北朝鮮ハッカー「APT37」、日本攻撃 制裁情報狙い、米企業分析(21日)産経

米情報セキュリティー会社「ファイア・アイ」は20日、主に韓国から情報窃取をしてきた北朝鮮のハッカー集団「APT37」が昨年、国連の対北朝鮮制裁に関する情報を得るため、日本にある関連組織にサイバー攻撃を仕掛けていたとの分析を発表した。組織の名称は明らかにしていない。
 ファイア・アイは、使われたウイルスなどから「北朝鮮政府のために行われた」サイバー攻撃だと指摘、国家ぐるみの攻撃との見方を示した。
 分析によると、APT37は2012年以来、韓国に対する情報活動を展開。14~17年には韓国政府や軍から情報を盗んでいたが、17年には標的を日本などに拡大しマルウエア(悪意あるソフト)を使った攻撃を行った。
 北朝鮮の核・ミサイル開発や人権侵害を理由にした国連制裁の動向を探るために日本にある関連機関を攻撃。ベトナムの貿易会社や北朝鮮との共同事業に従事していた中東の企業を対象に窃取活動を行った形跡もあるとしている。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/180221/wor1802210005-n1.html

« 霧島連山・硫黄山、噴火警戒レベル2に引き上げ(21日)読売 | トップページ | 酒気帯び、当て逃げ容疑で山梨日日新聞の男性記者を書類送検(21日)産経 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66416924

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮ハッカー「APT37」、日本攻撃 制裁情報狙い、米企業分析(21日)産経:

« 霧島連山・硫黄山、噴火警戒レベル2に引き上げ(21日)読売 | トップページ | 酒気帯び、当て逃げ容疑で山梨日日新聞の男性記者を書類送検(21日)産経 »