« 善光寺宿坊の落書き 47歳の女性を不起訴(2日)NHK | トップページ | 窓の格子で被害拡大か、札幌火災 生存者「1階居室で火」(3日)西日本 »

2018年2月 2日 (金)

動物保護団体がクマ違法捕獲の疑いと告発状 「無許可でツキノワグマ捕殺」(2日)産経

東京都青梅市の都猟友会青梅地区の男性会員が、許可された捕獲頭数を超えるツキノワグマを補殺したとして、自然保護団体「日本熊森協会」(兵庫県西宮市)は1日、鳥獣保護法と銃刀法違反にあたるとして、青梅署に告発を申し入れた。
 青梅署は1月31日に同協会から告発状の写しを受け取った。内容を精査し、受理の有無を判断する。
 告発状などによると、平成28年11月10日、青梅市内の山林で男性会員は、都からツキノワグマ1頭の有害捕獲許可しか受けていないにも関わらず、スギの木に登っていた3頭のツキノワグマの親子を射殺した。3頭のうち2頭は、許可も法定除外理由もない捕獲であり、「猟友会会員の行為は違法」としている。
 同年は山林の実りが大凶作であり、クマの目撃情報が相次いでいたことから、猟友会員が駆除隊として出動。当時、現場には猟友会会員9人がいたほか、2人の青梅市職員が同行していたという。
 協会の調査などによると、市職員が「子グマは撃たないように」と念を押したにも関わらず、男性会員が3頭の親子グマを補殺。男性会員は市の聞き取りで「クマが向かってきたから撃った」と証言したが、協会は「実際は山の中で木の上に逃げていた無抵抗の3頭のクマを射殺したのは明らか」としている。続きを読む

« 善光寺宿坊の落書き 47歳の女性を不起訴(2日)NHK | トップページ | 窓の格子で被害拡大か、札幌火災 生存者「1階居室で火」(3日)西日本 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66350219

この記事へのトラックバック一覧です: 動物保護団体がクマ違法捕獲の疑いと告発状 「無許可でツキノワグマ捕殺」(2日)産経:

« 善光寺宿坊の落書き 47歳の女性を不起訴(2日)NHK | トップページ | 窓の格子で被害拡大か、札幌火災 生存者「1階居室で火」(3日)西日本 »