« 逮捕の郵便局元部長への接待 8か月間に少なくとも30回か(16日)NHK | トップページ | 武装工作員を制圧せよ! 陸自と茨城県警が治安出動訓練(16日)産経 »

2018年2月16日 (金)

口腔がん手術直後に男性死亡 警視庁が捜査、日大歯学部付属歯科医院(16日)産経

昨年9月、日大歯学部付属歯科病院(東京都千代田区)で口腔がんの手術を受けた都内の70代の男性の容体が手術直後に急変し、死亡していたことが15日、関係者への取材で分かった。手術やその後の処置に何らかの問題があった可能性があり、警視庁神田署が男性が死亡した詳しい経緯を調べている。
 関係者によると、男性は口腔がんの一種である「舌がん」と診断され、昨年9月25日に同病院で首のリンパ節に転移したがんの切除手術を受けたが、数時間後に容体が急変。搬送先の別の病院で死亡が確認された。術後の出血により、出血性ショックや窒息などで死亡した可能性がある。医師法に基づく「異状死」として神田署に届け出があり、同署が男性の遺体を解剖するなどして詳しい死因を調べている。
 遺族側の代理人弁護士によると、病院側は手術前、「出血も少なく、輸血を必要とするような手術ではない」などと説明、死亡の可能性についても言及はなかったという。病院は院内に外部の有識者を含む検証委員会を立ち上げたが、医療事故調査制度に基づく第三者機関への発生報告は行っていなかった。同院は「患者が死亡したことは重く受け止めている。再発防止に努めたい」としている。
   国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」によると、口腔・咽頭がんの罹患数は年々増加傾向にあり、平成25年の全国推計値は1万9千例にのぼる。がん部位の切除手術が代表的な治療法の一つで、口腔外科を専門とする歯科医師による診療が一般的だ。首のリンパ節など、口腔外への転移が認められる場合の手術もその延長で、捜査関係者は「歯科医師が手術を行うこと自体に問題はない」としている。続きを読む

« 逮捕の郵便局元部長への接待 8か月間に少なくとも30回か(16日)NHK | トップページ | 武装工作員を制圧せよ! 陸自と茨城県警が治安出動訓練(16日)産経 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66398938

この記事へのトラックバック一覧です: 口腔がん手術直後に男性死亡 警視庁が捜査、日大歯学部付属歯科医院(16日)産経:

« 逮捕の郵便局元部長への接待 8か月間に少なくとも30回か(16日)NHK | トップページ | 武装工作員を制圧せよ! 陸自と茨城県警が治安出動訓練(16日)産経 »