カテゴリー

« 神戸山口組長ら不起訴=会津小鉄会本部の乱闘-京都地検(15日)時事 | トップページ | 日本郵便本社を家宅捜索 元部長らの贈収賄事件受け(16日)テレビ朝日 »

2018年2月16日 (金)

迷惑メールを追う(上)1日2億通、送信元は9カ国に分散 システム開発者が仕組み証言(16日)西日本

国民の8割以上が携帯電話やスマートフォンを持つ時代。誰しも、さまざまな文面の「迷惑メール」を一方的に送り付けられた経験があるだろう。詐欺的な内容も含まれ、被害の実例もある。一体誰が、どうやって送信しているのだろう。特命取材班は迷惑メールのからくりに迫った。
 東京都内の駅改札口前。約束の時間通りに、佐藤さん(30代、仮名)は現れた。職業はシステムエンジニア。実は、首都圏のベンチャー企業に勤務していた20代の頃、迷惑メールに関わっていたという。今回、匿名を条件に取材に応じた。
 「ある業者から依頼を受け、大量にメールを送信するためのシステムを開発し、実際の送信業務まで担っていました」
 証言によると、システム自体は特別なものではなく、登録者に一斉送信するメールマガジンと構造は同じという。
 捜査の手が及びにくいように、中国をはじめ、欧州や南米、アフリカなどの9カ国にダミー法人を設立。メールの送受信を管理するメールサーバーを計千台以上、各国に分散して配置した。それらのシステムを、佐藤さんは日本から操作した。1台当たり1分間に7、8万通を送信できる。「1日当たりの送信数は、多いときで2億通を超えましたね」。システム構築のために海外出張も重ね、中国・北京には1カ月ほど滞在した。
 当局の目を意識した対策も。現地で雇ったダミー法人の社長には、いざというときの「捕まり役」との含みで月300万円ほどの報酬が支払われていた。実際、中国で現地の社長ら2人が公安当局に身柄を拘束されたことがあった。「報酬の1、2割を当局の役人に賄賂として渡せばいい。翌日には出てきて、役人と飲みに行ってましたね」
 運営元が露見しないように、ネット上の掲示板に特定の文字を書き込めば、システムの証拠が自動的に消える仕掛けもしていたという。「自分の命が懸かっているから、絶対にばれるわけにはいかなかった」
 では、佐藤さんに依頼してきた業者とは、どんな組織だったのか-。
続く
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/394612

« 神戸山口組長ら不起訴=会津小鉄会本部の乱闘-京都地検(15日)時事 | トップページ | 日本郵便本社を家宅捜索 元部長らの贈収賄事件受け(16日)テレビ朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸山口組長ら不起訴=会津小鉄会本部の乱闘-京都地検(15日)時事 | トップページ | 日本郵便本社を家宅捜索 元部長らの贈収賄事件受け(16日)テレビ朝日 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ