« 大津の京滋バイパスで多重事故 炎上車から1遺体(5日)共同 | トップページ | ホテルに17歳女子高校生を派遣“性的サービス”(5日)テレビ朝日 »

2018年2月 5日 (月)

栃木女児殺害 遺体調べた警察官「DNA鑑定想定せず」(5日)NHK

13年前、栃木県の旧今市市、今の日光市で女の子を連れ去り殺害した罪に問われている被告の裁判が東京高等裁判所で開かれ、遺体に付着していた粘着テープを調べた警察官が、DNA鑑定を想定した対応をとっていなかったと証言しました。
平成17年、栃木県の旧今市市で、小学1年生だった吉田有希ちゃん(当時7歳)が連れ去られ、茨城県の山林で遺体で見つかった事件では、勝又拓哉被告(35)が殺人などの罪に問われ、無罪を主張しましたが、1審の宇都宮地方裁判所で捜査段階の自白などをもとに無期懲役を言い渡されました。
5日、東京高等裁判所で開かれた5回目の審理では、遺体に付着していた粘着テープを調べた警察官が検察側の証人として呼ばれ、指紋は検出できなかったと証言しました。
 また、マスクを着用するなど別人のDNAの混入を防ぐ対応をとっていなかったことを説明し、「DNA鑑定を行うことがわかっていたのであれば、いけないやり方だった」と述べました。
 その後、行われたDNA鑑定では警察官の型などが検出され、検察側が「犯人以外のものが混入した」と主張しているのに対して、弁護側は「犯人の型が含まれている可能性がある」と主張しています。
 5日の審理では、検察が、殺害現場について、被告の自白どおりの場所に限定せず、「栃木県内、茨城県内、またはその周辺」とする主張を追加することも明らかにされました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180205/k10011315751000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

« 大津の京滋バイパスで多重事故 炎上車から1遺体(5日)共同 | トップページ | ホテルに17歳女子高校生を派遣“性的サービス”(5日)テレビ朝日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66361149

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木女児殺害 遺体調べた警察官「DNA鑑定想定せず」(5日)NHK:

« 大津の京滋バイパスで多重事故 炎上車から1遺体(5日)共同 | トップページ | ホテルに17歳女子高校生を派遣“性的サービス”(5日)テレビ朝日 »