« 会社役員強盗致死事件 金庫開けさせようと暴行か(17日)NHK | トップページ | 高齢夫婦強殺事件 情報提供を(17日)NHK »

2018年2月17日 (土)

川崎老人ホーム転落死事件 取り調べ録音録画を再生し審理(17日)NHK

川崎市の老人ホームで高齢の入所者3人をベランダから転落させて殺害した罪に問われている元職員の裁判員裁判で、捜査段階で自白したとされる調書の信用性について審理するため、16日、横浜地方裁判所の法廷で、録音・録画された取り調べの様子の一部が再生されました。
 平成26年、川崎市幸区の有料老人ホームで、86歳から96歳までの入所者3人が死亡し、元職員の今井隼人被告(25)が3人をベランダから転落させて殺害した罪に問われています。
 今井被告は、逮捕された直後、3人の殺害を認め、警察や検察で自白したとされる供述が調書になっていますが、被告の弁護士は「供述は捜査員の意向にそって行ったもので、信用性はない」と主張し、自白の信用性が争点の1つになっています。
 16日の裁判で、この調書の信用性について審理するため、録音・録画された取り調べの様子の一部、およそ4時間分が再生されました。
 逮捕された日の様子では、警察官が「本当の話をしてくれるか」と質問したのに対し、今井被告は「これまで3人に頼まれてやったと言っていましたが、殺そうと思って殺しました。そこが事実です」と話していました。
さらに説明した理由を聞かれると、「いろいろ考えてこれから先、生きていく中でそれではいけないと思った」と話していました。
 録画された映像では、被害者を転落させたとする状況について、今井被告が時折、手ぶりを交え答えていました。
取り調べの様子の再生は来週も行われます。

« 会社役員強盗致死事件 金庫開けさせようと暴行か(17日)NHK | トップページ | 高齢夫婦強殺事件 情報提供を(17日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66402386

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎老人ホーム転落死事件 取り調べ録音録画を再生し審理(17日)NHK:

« 会社役員強盗致死事件 金庫開けさせようと暴行か(17日)NHK | トップページ | 高齢夫婦強殺事件 情報提供を(17日)NHK »