« 山口組総本部を家宅捜索 ATM18億円引き出し計画か(26日)共同 | トップページ | 腹刺され後遺症、被害の歯科医師提訴 工藤会幹部相手に(26日)朝日 »

2018年2月26日 (月)

「オリンピック・デストロイヤー」 年末から攻撃準備か(26日)NHK

ウイルスの名は「オリンピック・デストロイヤー」ーーー今回のピョンチャンオリンピックでは開会式に合わせてサイバー攻撃が行われ、大会の組織委員会のシステムが影響を受けました。こうした攻撃の準備は去年の末から進められていたとみられることがわかり、分析にあたった情報セキュリティー会社は、東京オリンピックに向けた備えの重要性を指摘しています。
回のピョンチャンオリンピックを標的としたサイバー攻撃は、今月9日の開会式に合わせて行われ、通信システムが影響を受けて大会の組織委員会が調査を進めているほか、攻撃に使われたとみられるコンピューターウイルスも見つかっています。
 このウイルスは「オリンピック・デストロイヤー」と呼ばれ、組織委員会を狙うようにプログラムされていましたが、情報セキュリティー会社の「三井物産セキュアディレクション」が詳しく分析したところ、感染した端末に保管されたIDやパスワードを盗み、これを悪用して次の標的を探し出すなど強い感染力を持っていることがわかりました。
さらに、このウイルスは去年12月下旬に作られ、少なくとも開会式の1か月余り前からひそかに感染を広げながら、攻撃の準備を進めていたとみられることもわかりました。
 三井物産セキュアディレクションの吉川孝志さんは、2年後の東京オリンピックへの備えについて「サイバー攻撃の準備はかなり前から行われると考えられ、それに対応した備えを進める必要がある」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180226/k10011343471000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

« 山口組総本部を家宅捜索 ATM18億円引き出し計画か(26日)共同 | トップページ | 腹刺され後遺症、被害の歯科医師提訴 工藤会幹部相手に(26日)朝日 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66436867

この記事へのトラックバック一覧です: 「オリンピック・デストロイヤー」 年末から攻撃準備か(26日)NHK:

« 山口組総本部を家宅捜索 ATM18億円引き出し計画か(26日)共同 | トップページ | 腹刺され後遺症、被害の歯科医師提訴 工藤会幹部相手に(26日)朝日 »