« JR東労組、ストせず解除 団体交渉で理解を求める(24日)共同 | トップページ | 名古屋の路上に迷いヤギ 警察出動、無事に飼い主の元へ(24日)朝日 »

2018年2月24日 (土)

ポイント破損 貨物列車が脱線状態で400m走行 JR石勝線(24日)NHK

24日朝早く、北海道のJR石勝線の駅の構内でポイントが壊れたトラブルで、駅を通過した貨物列車が400メートルにわたって脱線していたことがJRの調査でわかりました。
 24日午前4時前、北海道占冠村にあるトマム駅の構内で、列車の進路を切り替えるポイントが破損しているのが見つかり、この駅を2時間前に通過した貨物列車の車輪に傷が見つかりました。
 JR北海道のその後の調査で、貨物列車が駅構内を走行した際、車輪の一部が脱線し、少なくとも400メートル走行していたことがわかったということです。
 この区間に破損したポイントがあるということで、JRは、貨物列車が脱線した状態で走ったことで、ポイントが壊れた可能性があると見ています。脱線の原因はわからないということです。
 一方、国の運輸安全委員会の鉄道事故調査官2人が午後5時ごろから現場に入り、線路や破損したポイントの状態などを確認しました。
 西本正人鉄道事故調査官は「脱線した跡と、もう一度車輪がレールに戻った跡を確認した。はっきりとした脱線の原因はわからない」と述べました。
 この影響で、石勝線は新夕張と帯広の間で運転を見合わせたほか、札幌と釧路、それに札幌と帯広を結ぶすべての特急列車が運休となりました。25日以降の運転再開のめどはたっていないということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180224/k10011341921000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

« JR東労組、ストせず解除 団体交渉で理解を求める(24日)共同 | トップページ | 名古屋の路上に迷いヤギ 警察出動、無事に飼い主の元へ(24日)朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポイント破損 貨物列車が脱線状態で400m走行 JR石勝線(24日)NHK:

« JR東労組、ストせず解除 団体交渉で理解を求める(24日)共同 | トップページ | 名古屋の路上に迷いヤギ 警察出動、無事に飼い主の元へ(24日)朝日 »