« 2018年2月27日 | トップページ | 2018年3月1日 »

2018年2月28日

2018年2月28日 (水)

金塊業者3000万円強奪される(28日)NHK

28日午後、埼玉県松伏町の駐車場で金塊の買い取り業者の男性が2人組の男にスプレーのようなものを吹きつけられたうえ、現金およそ3000万円が入ったスーツケースを奪われました。
警察は強盗事件として捜査しています。
 28日午後1時すぎ、埼玉県松伏町大川戸の駐車場で「お金を取られた」と25歳の男性から警察に通報がありました。
警察によりますと、男性は東京都内にある金塊の買い取り業者の社員で、「金塊を買い取りたい」という連絡を受けて指定された駐車場に車で訪れたということです。
そして、現場に現れた2人組の男から「刺すぞ」と脅されたうえ、突然、スプレーのようなものを吹きつけられたということです。
男性が逃げ出したすきに2人組の男は男性が乗ってきた車の窓ガラスを割って、車内にあった現金およそ3000万円が入ったスーツケースを奪ってバイクで逃げたということです。
男性にけがはありませんでした。
警察によりますと、2人組の男はいずれも20代から30代で身長は1メートル75センチくらいの細身で、上下とも紺色の作業着を着ていたということです。
警察は強盗事件として2人組の行方を捜査しています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180228/0008572.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

23歳のアルバイト男性を刃物で刺す、26歳のキャバクラ店店長を現行犯逮捕 東京・歌舞伎町(28日)産経

28日午前10時35分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のキャバクラ店で、アルバイトの男性(23)から「ナイフで首を刺された」と110番通報があった。男性は包丁のような刃物で左首を2センチほど刺され、軽傷とみられる。
 警視庁新宿署は殺人未遂の現行犯で、店内にいた同店店長の本多渉容疑者(26)=埼玉県飯能市=を逮捕し、詳しい経緯を調べている。本多容疑者は容疑を認めている。
 同署によると、当時店は営業時間外で、店内で本多容疑者と男性を含む店員ら4人が飲酒していたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180228/afr1802280029-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元交際相手の娘宅に魚の骨・釘…63歳女ストーカー容疑(28日)朝日

元交際相手の男性(71)の長女(42)宅に魚の骨や釘を投げ込む嫌がらせをしたとして、福岡県警朝倉署は28日、朝倉市役所臨時職員の丸山京子容疑者(63)=同市中島田=をストーカー規制法違反の疑いで逮捕し、発表した。
 署によると、丸山容疑者は1月2日午後4時ごろ、市内の長女宅の敷地にある「飛び出し注意」の人形に、男性が交際時に使っていたニット帽をかぶせたほか、1月7日~2月17日には、長女宅の駐車場に、砕けた魚の骨や釘数十本、はさみやタマネギなどを投げ込んだ疑いがある。
 丸山容疑者は2月15日、男性にストーカー行為を繰り返したとして、つきまとい行為の禁止命令を受けていた。男性は長女宅を頻繁に訪れていたといい、丸山容疑者は「物を投げれば男性に伝わると思った」と話しているという。(中西皇光)
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

力士を書類送検 九州場所中に強制わいせつ容疑(28日)毎日

2016年11月の大相撲九州場所の開催期間中、福岡県内で当時10代の少女にわいせつ行為をしたとして、福岡県警粕屋署が10代の現役力士を強制わいせつ容疑で書類送検していたことが捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、少女から被害届が出され、同署が任意で捜査を進め、今年1月に書類送検した。力士は行為に及んだことは認めているが「合意の上だった」と容疑を否認しているという。
 日本相撲協会は「事案を事前に把握していたかも含め、現時点では何もコメントできない」としている。【柿崎誠、志村一也】

    「まだ把握できていない」相撲協会危機管理部長

     現役力士が強制わいせつ容疑で書類送検されていたことを受けて、3月11日に初日を迎える春場所担当部長で日本相撲協会危機管理部長の鏡山親方(元関脇・多賀竜)は28日、大阪市浪速区の春場所先発事務所で対応し、「まだ把握できていない。少しお待ちください」とコメントした。【村社拓信】
https://mainichi.jp/articles/20180228/k00/00e/040/293000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

多額窃盗相次ぐ 犯行の様子がカメラに 横浜(28日)NHK

今月、横浜市のブランド品販売店でショーケースが割られ、高級バッグなど300万円分が盗まれる被害が起きていたことがわかりました。この店では去年11月にも高級腕時計など200万円分が盗まれ、店の防犯カメラにはショーケースを次々に割って商品を盗む姿が写っていて、警察は連続窃盗事件と見て捜査しています。
 捜査関係者などによりますと、横浜市中区にあるブランド品の買い取りや販売をする店舗で、営業時間前の今月7日の午前6時前、フードをかぶった人物が窓ガラスを壊して店内に侵入し、ショーケースを壊しながら300万円分の高級バックなどを盗んで逃走したということです。侵入から逃走までは2分20秒でした。
 この店では、去年11月にも営業時間中の午後7時すぎに目出し帽をかぶった2人組が侵入し、ショーケースをバールのようなもので次々に割って200万円分の高級腕時計などを盗んで逃走しました。この時、侵入から逃走まではわずか16秒でした。警察は連続窃盗事件と見て捜査を進めています。
 横浜市では、今月、元町商店街にある宝石店や高級洋品店でも貴金属などが盗まれる被害が相次いでいて、警察は、関連がないかどうか調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011346161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_013

| コメント (0) | トラックバック (0)

リニア談合事件 大成建設元常務や鹿島建設幹部などから聴取(28日)NHK

リニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は28日、大成建設の元常務や鹿島建設の幹部などから任意で事情を聴きました。特捜部は、大手ゼネコン4社が駅の新設工事などの入札で受注調整を繰り返していた疑いがあると見て、当時の幹部らの刑事責任の追及に向け引き続き捜査を進めるものと見られます。
 JR東海が発注したリニア中央新幹線の建設工事をめぐっては、大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設の大手ゼネコン4社が談合をしていた疑いがあるとして、東京地検特捜部などが独占禁止法違反の疑いで捜査を進めています。
 関係者によりますと、4社の当時の幹部らは、リニア関連の工事のうち、品川駅と名古屋駅の新設工事や、南アルプスのトンネル工事について、会合を開いたり個別に電話で交渉したりして受注調整を行っていた疑いがあるということです。
 関係者によりますと、特捜部は28日、調整に関わったと見られる大成建設の元常務や鹿島建設の幹部などから任意で事情を聴いたということです。
 特捜部は、各社の当時の幹部らが受注調整を繰り返し、確実に利益を上げようとしていた疑いがあると見て、刑事責任の追及に向け引き続き捜査を進めるものと見られます。
 関係者によりますと、これまでの調べに対し大林組と清水建設は談合への関与を認め、大成建設と鹿島建設は否認しているということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011346521000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| コメント (0) | トラックバック (0)

「興味本位で」赤ちゃんにかみ付きけがか 母親逮捕(28日)テレビ朝日

生後1カ月の長男にかみ付いてけがをさせたとして、母親が逮捕されました。
 傷害の疑いで逮捕された愛知県一宮市の無職・田中ひかる容疑者(23)は去年9月、当時生後1カ月だった長男のあごや右腕などにかみ付き、けがをさせた疑いが持たれています。警察によりますと、田中容疑者は21歳の内縁の夫と長男と3人暮らしで、去年12月に長男が熱を出して病院に行った際、医師が歯形のような傷痕に気付き、警察に通報していました。警察の調べに対して、田中容疑者は「可愛くて興味本位でかみ付いた」と話しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121870.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

信号紛らわしいと県に賠償命令 山口、交差点での事故死訴訟(28日)西日本

山口市黒川の市道交差点で2012年、ミニバイクの男性=当時(23)=が乗用車と衝突し死亡したのは信号機の表示が紛らわしく車の不注意を招いたのが原因だとして、男性の遺族が設置した山口県などに損害賠償を求めた訴訟の判決で山口地裁(福井美枝裁判長)は28日、県などに1800万円余りの支払いを命じた。
 判決によると、信号機は一方の市道を歩行者が横断する際のみボタンを押せば車両側が赤くなるタイプで、双方の道路は車両走行が信号で規制されていなかった。歩行者がおらず青の表示で通過した乗用車に、交差する道路を右側から走ってきたミニバイクの男性が衝突し転倒、死亡した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/397814

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、1日)
地域社会の監視
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1013507_2 平成17年、栃木県今市市で下校中の小1女児が連れ去られて茨城県内で殺害された事件は世間に大きな衝撃を与えた。
 殺害されたのだから殺人事件だが、こうした街頭からの略取事件は略取誘拐・人身売買事犯として統計されているが、年々増加傾向にある。しかし、街頭犯罪ではないが、最近はSNSを使った未成年者の誘拐事件が目立っている。
 最近、多いのは登下校などの子供に対する声かけ事犯が目立っているが、こうした事犯は子供に対する犯罪の前兆となり得る事犯。これを防ぐのは警察もさることながら民間、特に地域社会の目が不可欠だ。
 昨年3月に、千葉県松戸市の小学生の女児が殺害された事件。同市には子供の安全のための見守り活動を行っている50余りの団体があるが、事件のあった3月を「子どもを見守るパトロール強化月間」として、子供の安全を守る活動を強化することにしたという。
 子供の安全を守る民間の協力は全国的に広まっており、香川県の城南小学校では学校関係者やPTAが主体となって、登下校時間帯にあわせて学校周辺のパトロールを実施するなどの活動を行っている。
 警察庁によるとこうした民間のボランティア団体は平成28年には全国で4万8160団体、構成員数は272万5438人もいる。
 同庁によると今年1月現在の略取誘拐・人身売買事犯の認知件数は19件で昨年同期より12件も増えている。
 過去5年間の推移をみると平成25年の年間認知件数は185件あり、以後、年々増加して29年には239件にもなっている。今年は1月現在だがそれを上回っている。
 ランキングをみると東京が3件、大阪と兵庫が各2件。そして栃木、神奈川、新潟、静岡、石川、岐阜、愛知、三重、滋賀、和歌山、高知、福岡で1件が発生している。
 警察庁の詳細を聞かないと分からないが、最近はSNSを使って女の子を誘拐する事犯が増えているがこの事犯が含まれているのだろうか。
 2月の18日にはSNSに家出の考えを記した栃木県内に住む女子高校生(17)を誘い、東京・世田谷区の自宅に連れ去ったため「誘拐」したとして会社役員(47)が警察に逮捕されたほか、やはりインターネット上で知り合った小学5年の女児を自宅に宿泊させた男が逮捕されている。
 街頭犯罪からネット上の犯罪に変わったとすれば、地域社会の人たちの見守りも大役を果たせないことになる。しかし、現在は大きな力になっていることは確かだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

50人の交通反則切符に誤記載 埼玉県警(28日)産経

埼玉県警は28日、速度違反の取り締まりで、誤った違反場所を記載した交通反則切符などを50人に交付していたと明らかにした。切符を回収し、既に反則金を納付した人には還付する。
 交通指導課によると、取り締まりは27日午前10時~午後1時ごろ、所沢市内で実施。測定した速度を記録する書類に、あらかじめ約2キロ離れた別の取り締まり場所の住所が印刷されていたことに気付かず、それを基に切符を作成していたという。
 50人は速度違反の事実はあったため、指導・警告措置とする。同課の桑島正彦次席は「適切な交通指導取り締まりが行われるように職員への指導教養を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。
http://www.sankei.com/affairs/news/180228/afr1802280026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

寝たきり女性を放置、死なせた疑い 長男と父を逮捕(28日)朝日

寝たきりの女性を放置して死なせたとして、愛知県警は28日、ともに無職で、女性の長男の砥山俊彦容疑者(34)=名古屋市熱田区中出町1丁目=を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕、女性の父親の修容疑者(79)=同=を同容疑で逮捕し、発表した。俊彦容疑者は「おおむね合ってはいるが、(修容疑者と)話し合ったわけではない」と供述し、修容疑者は「お金がなくて病院に連れて行けなかっただけだ」と説明しているという。
 熱田署によると、2人は同居していた祐子さん(当時56)が昨年7月中旬ごろに寝たきり状態になったにもかかわらず、十分な食事を与えず、医師の診察も受けさせずに放置し、同23日に死亡させた疑いがある。
 祐子さんが衰弱したため、同日に修容疑者が119番通報。祐子さんは病院に搬送されたが、多臓器不全で死亡。搬送時、祐子さんの顔にあざなどがあり、署は同日、祐子さんを数十回殴ったとして、俊彦容疑者を傷害容疑で逮捕していた。
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

80代女性運転の車が歩行者2人はねる 1人重傷(28日)テレビ朝日

茨城県守谷市のホームセンターの駐車場で、高齢女性が運転する軽自動車が歩行者2人をはねて1人が重傷です。
 守谷市にある「ジョイフル本田守谷店」の駐車場で28日午前10時半ごろ、80代の女性が運転する軽自動車が歩行者2人をはね、止まっていた車や自動販売機に衝突しました。歩行者の1人は重傷だということです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121840.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

担当していたデパートに…窃盗の疑いで元警備員逮捕(28日)テレビ朝日

警備を担当していた東京・世田谷区のデパートで衣類を盗んだとして、元警備員の男が逮捕されました。
 横溝和夫容疑者(40)は先月15日午前6時前、世田谷区の玉川高島屋ショッピングセンターで約4万円相当のダウンジャケット1着を盗んだ疑いが持たれています。警視庁などによりますと、横溝容疑者は当時、警備会社「ALSOK」の社員で玉川高島屋に派遣されていました。事件前日の午前10時から当日の午前10時までの勤務だったということです。取り調べに対して、横溝容疑者は「その時間帯は休憩時間で、屋上でたばこを吸っていた」などと容疑を否認しています。ALSOKは「警察の捜査に全面的に協力していき、信用の回復に向けて再発防止に努めていきたい」などとコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121836.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

USJ アトラクションの乗り物が地上約40mで緊急停止(28日)NHK

28日昼すぎ、大阪のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で、アトラクションの乗り物がコース途中の地上およそ40メートルの所で緊急停止し、乗っていた35人が最大で1時間余り取り残されるトラブルがありました。全員が歩いて地上に降り、けが人などはいませんでした。
28日午後0時半ごろ、大阪・此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で、アトラクションの「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」の乗り物がコース途中の最も高い地上およそ40メートルの所で緊急停止しました。
 このアトラクションは、客が乗り物に後ろ向きに座って最も高いところから滑り降りる構造で、運営会社によりますと、出発してまもなく異常を知らせるセンサーが反応したということです。
 乗っていた35人が最大で1時間余りコース上に取り残され、全員が係員に誘導されて歩いて地上に降りたということです。けがをした人などはいませんでした。
 運営会社はセンサーが反応した原因を調べていて、「利用客の方々にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。緊急停止は安全のための措置なのでご理解いただきたい」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011346201000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

「あおり運転」に暴行容疑=東名道、大学生逮捕-愛知県警(28日)時事

東名高速道路で「あおり運転」を行い、相手の車の前に割り込んで急停止させたとして、愛知県警は27日、暴行容疑で岐阜県各務原市の大学1年の少年(19)を逮捕した。少年は「相手が急停止するほど減速していない」と容疑の一部を否認しているという。

〔写真特集〕警察VS暴走族果てしなき戦い

 追い越し車線で停止した直後、双方の車を含め5台が絡む事故が発生。けが人はいなかった。少年は相手に直接暴力を振るっていないが、県警は急停止を余儀なくさせたことが危険な行為に該当すると判断し、暴行容疑を適用した。
 逮捕容疑は昨年11月4日午前9時半ごろ、愛知県岡崎市内の東名高速上り線を車で走行中、前方を走っていた同県豊田市の男性会社員(50)の車に急接近するなどのあおり運転を4キロほど続けた後、追い越し車線で男性の車のすぐ前に割り込み、急停止させる暴行を加えた疑い。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018022800031&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

椅子にのり・下着脱がされ…「いじめ被害で不登校」提訴(28日)朝日

福岡県内の町立小学校の女子児童が同級生から服を脱がされるなどのいじめを受けたとして、児童側が、町や同級生の両親らに対し計550万円の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した。昨年12月20日付。
 訴状によると、女子児童は5年生だった2016年度の1~3学期、同級生の女児らから、下着を無理やり脱がされたり、いすにのりを塗られたりするなどのいじめを受けた。その後不登校になり、適応障害と診断されたという。
 原告側は、女子児童が17年度に登校を再開したが、再びいじめを受けて不登校になったと主張。「学校は安心して教育を受けるために必要な措置を講じる義務を怠った」などと訴えている。
 今月23日の第1回口頭弁論で、町側と同級生の両親側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。町側は「(下着を脱がされたのは)悪ふざけがエスカレートした」などと主張している。
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

阿蘇山火口の規制解除 3年半ぶり、復興に弾み(28日)日経

熊本県・阿蘇山(高岳・1592メートル)の関係自治体などでつくる阿蘇火山防災会議協議会(会長・佐藤義興阿蘇市長)は28日、2014年から続く中岳(1506メートル)第1火口の周辺立ち入り規制を解除した。活火山の火口が肉眼で見学できる景勝地の3年半ぶりの再開で、16年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本の復興への弾みになると期待されている。
 規制解除時は濃霧が発生したため、立ち入りが一時制限された。
 これに先立ち、記念セレモニーを実施。
 同火口では小規模噴火が確認され、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた14年8月から立ち入り規制が続いていた。レベル1(活火山であることに留意)となった昨年2月以降も、16年10月の大規模噴火で被害を受けた火山ガス検知器などの復旧に時間がかかっていた。
 火口周辺までの約850メートルを移動するロープウエーは大規模噴火後、復旧の見通しが立っておらず、代わりに有料のシャトルバスが往復する。乗用車でも有料道路を通り火口近くまで行ける。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27488000Y8A220C1ACX000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

無許可で焼き鳥販売 暴力団員の父子2人逮捕(28日)産経

無許可で移動販売車を使って焼き鳥を販売したとして、埼玉県警浦和署は27日、食品衛生法違反の疑いで、暴力団員で埼玉県戸田市の無職、青木春治容疑者(73)と長男で食肉卸会社社長、利行容疑者(48)を逮捕した。
 逮捕容疑は共謀して、無許可で昨年11~12月、さいたま、川口両市の路上などで、移動販売車で関係者に焼き鳥を販売させたとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180228/afr1802280007-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「火に興味あった」 連続放火容疑で男子高校生を逮捕 横浜(28日)産経

ゴミ集積所の粗大ゴミなどに連続して火を付けたとして、神奈川県警瀬谷署は建造物等以外放火容疑で、横浜市瀬谷区の県立高校2年の男子生徒(17)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は、8日午後7時10分ごろから同9時5分ごろまでの間、同区内の市営住宅のゴミ集積所3カ所で、椅子や布団などに火を付けて燃やしたとしている
 同署によると、付近の防犯カメラの映像などから男子生徒の関与が浮上。男子生徒は任意の事情聴取で「火に興味があった」と話しており、同署が事件の経緯を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180228/afr1802280014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「自分のスーツケース」米国籍の男、認める(28日)毎日

行方不明の兵庫県三田市の女性会社員(27)とみられる切断遺体が大阪・京都両府内で見つかった死体遺棄事件で、大阪市西成区の民泊施設で発見された頭部が入っていたスーツケースについて、米国籍の男=女性の監禁容疑で逮捕=が「自分のものだ」と認めていることが28日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警三田署捜査本部は、男が滞在していた大阪市東成区の民泊マンションで遺体を切断して運び出したとみており、遺棄の経緯についてさらに男を追及する。
 男はバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)。捜査関係者によると、同容疑者は詳しい供述をしなかったため、県警が宿泊予約先を洗い出した。西成区の民泊施設を突き止め、24日にその一室で頭部を発見。自分のスーツケースに入れて遺棄したことを認める趣旨の供述をしたという。
 25日には同容疑者の供述に基づき、大阪府島本町の山林2カ所で胴体と両腕、京都市山科区の山林で両脚が相次いで見つかった。
   女性は16日未明、監禁現場とされる東成区の民泊マンションに同容疑者と一緒に訪れたとみられ、その後に消息が途絶えた。防犯カメラには16~18日、同容疑者らしい男が大型のバッグのようなものを持ち、マンションに何度も出入りする姿が映っていた。県警はこのバッグがスーツケースと同一である可能性があるとみて調べている。【目野創、黒川優】
https://mainichi.jp/articles/20180228/k00/00e/040/273000c

| コメント (0) | トラックバック (0)

リニア談合事件 ゼネコン4社 難工事の入札で競合避けた疑い(28日)NHK

リニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件で、大手ゼネコン4社の当時の幹部らが難工事で発注額が大きいとされる駅の新設工事や南アルプスのトンネル工事の入札で各社が競合しないよう調整していた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。東京地検特捜部は独占禁止法違反の疑いで当時の幹部らの刑事責任の追及に向けて捜査を進めるものとみられます。
 JR東海が発注したリニア中央新幹線の建設工事をめぐっては「大林組」「鹿島建設」「清水建設」「大成建設」の大手ゼネコン4社が談合をしていた疑いがあるとして東京地検特捜部などが独占禁止法違反の疑いで捜査を進めています。
 リニア関連の工事のうち現在の駅の地下に作られる「品川駅」と「名古屋駅」の新設工事や南アルプスの地下深くを掘り進めるトンネル工事は難工事で発注額が大きいとされ、これまでに発注された6つの工区を4社の共同事業体が分け合う形で受注しています。
 4社の当時の幹部らはこうした工事の入札で各社が競合しないよう事前に調整していた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。
 関係者によりますと、このうち品川駅の「北工区」については「清水建設」が受注できるようほかの3社が協力し、その見返りとして「清水建設」に「南アルプストンネル」の受注を見送るよう求めるなどしていた疑いがあるということです。
 特捜部は各社の当時の幹部らが受注調整を繰り返し確実に利益を確保しようとしていたとみて、刑事責任の追及に向けて捜査を進めるものとみられます。
 関係者によりますと、これまでの調べに対し「大林組」と「清水建設」は談合への関与を認め「大成建設」と「鹿島建設」は否認しているということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011345691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪の発生状況や不審者の目撃情報をアプリで発信へ 川崎(28日)NHK

犯罪の発生状況や不審者の目撃情報など、警察や学校が把握した情報を一元化して発信する防犯アプリを川崎市が開発し、来月から運用を始めることになりました。市によりますと、警察や行政、学校現場の情報を一元化して発信する防犯アプリは全国でも珍しいということです。
川崎市が開発したのは、「みんパト」というスマートフォンやタブレット端末向けの防犯アプリです。
  このアプリは、振り込め詐欺の電話や不審者の目撃情報など、これまでは警察や自治体それに学校が個別に把握し、注意を促していた情報を一元化して発信するのが特徴で、アプリの地図上に発生場所や詳細な情報が示されます。
 また、自宅の場所や通学、通勤などにあわせて情報のエリアを登録できるほか、振り込め詐欺や不審な声かけ事案など知りたい項目を選べます。緊急時には画面を押すと大きな音が鳴り、地図情報付きのメールを家族などに送る機能も備えています。
 川崎市によりますと、自治体が警察や行政、学校現場の情報を一元化して発信する防犯アプリは全国でも珍しいということで、来月から運用を始めることにしています。
 川崎市地域安全推進課の石床高志係長は「各機関が把握した情報をまとめ地図で視覚的に伝えることが可能なので防犯意識の醸成につなげたい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180228/k10011345661000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

生活保護費返還金など約120万円着服「魔が差した」(28日)テレビ朝日

東京・江東区の職員が生活保護費の返還金など約120万円を着服していたことが分かりました。区は男性職員を刑事告訴することも検討しています。
 江東区によりますと、生活保護費の返還金などを着服したのは生活支援部の40代の男性職員です。男性職員は、おととしから去年にかけて担当していた70代の男性に年金が支給された際、生活保護費の返還金などとして預かった約120万円をそのまま着服したということです。男性職員は着服を認めて「魔が差した」「飲食費などに使った」と話しています。江東区は今後、同じような被害がないかを調べ、男性職員を刑事告訴することも検討しています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121797.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月27日 | トップページ | 2018年3月1日 »