« 2018年2月26日 | トップページ | 2018年2月28日 »

2018年2月27日

2018年2月27日 (火)

横浜市営地下鉄に落書き 去年2月も同様被害(27日)フジテレビ

横浜市営地下鉄の車両で、落書き被害。 車両側面に目立つ色で描かれた、大きなアルファベットの落書き。 26日午前6時ごろ、横浜市営地下鉄グリーンラインの車両の側面に落書きされているのを、車両を動かしに来た運転士が見つけた。 この車両は、25日午後11時40分ごろから26日朝まで、センター北駅とセンター南駅の間にある留置線に止められていた。 横浜市営地下鉄では、2017年2月にもブルーラインで同様の落書き被害があり、警察が防犯カメラなどから犯人の行方を捜している。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00385870.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園のウサギ虐殺か…3匹不明、2匹死骸発見(27日)読売

横浜市港北区の2幼稚園で1月、園児たちが飼っていたウサギ計3匹が相次いでいなくなり、区内の公園で切り刻まれるなどしたウサギとみられる死骸が見つかったことがわかった。
 神奈川県警が窃盗容疑で捜査するとともに、虐待され殺された疑いもあるとみて、動物愛護法違反の疑いなどでも調べている。
 捜査関係者らによると、1月17日、区内の幼稚園でウサギ小屋の扉が外され、1匹がいなくなっているのを園の職員が見つけた。
 25日には、近くの別の幼稚園でも2匹の姿が見えなくなり、付近の防犯カメラには前夜、不審な人物がウサギを持ち去る様子が映っていたという。
 30日には両幼稚園から数キロ離れた2か所の公園で、小動物2匹の死骸が見つかった。県警は幼稚園から盗まれたウサギの可能性があるとみている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180227-OYT1T50059.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

ペット仲介サイト立ち入り検査 公取委、業者の取引制限か(27日)共同

ペットの売買を仲介するインターネットサイトの運営会社が、売り手のブリーダー(繁殖業者)に対し、競合サイトとの取引を制限した疑いが強まったとして、公取委は27日、独禁法違反容疑で「みんなのペットオンライン」(仙台市)を立ち入り検査した。
 同社は「コメントを控える」としている。
 同社はホームページによると、子犬販売サイト「みんなのブリーダー」、猫用の「みんなの子猫ブリーダー」などを運営。ブリーダーと客が直接取引し、売買契約が成立するとブリーダーから手数料を徴収する業態で、「中間マージンが上乗せされないため、ペットショップより安価で購入できる」と説明している。
https://this.kiji.is/341140211109823585?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイバー攻撃1・2倍 1500億件で過去最高(27日)産経

国立研究開発法人・情報通信研究機構(NICT)は27日、2017年に観測したサイバー攻撃関連の通信が前年比1・2倍の約1504億件となり、過去最高を更新したとの調査結果を発表した。
 ネット接続した家庭用ルーターや防犯カメラなどIoT(モノのインターネット)機器に向けられた通信が昨年に引き続き半数を超え、54%となった。セキュリティー対策が不十分なことが背景にある。
 攻撃者はIoT機器を乗っ取り、企業などのサーバーに一斉にデータを送り付け、機能停止させる「DDoS(ディードス)攻撃」に悪用しているとみられている。
 NICTは大規模観測システムを運用しているが、観測できているのは一部にとどまり、不正通信の実際の数はさらに多いという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180227/afr1802270046-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

工事現場に侵入し電動工具盗む、69歳の男を逮捕 警視庁(27日)産経

工事現場に侵入し電動工具を盗んだとして、警視庁久松署は27日、建造物侵入と窃盗の現行犯で、住所、職業不詳の山内昇容疑者(69)を逮捕した。「自分で使うためにやった」と容疑を認めている。同署の管内では昨年1月以降、工事現場での工具の窃盗被害が約20件相次いでおり、関連を調べている。
 逮捕容疑は27日午前3時半ごろ、東京都中央区日本橋浜町のマンション新築工事現場に侵入し、電動工具6点(時価計10万8000円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、山内容疑者は工事現場を囲っていたビニールシートをカッターで切って内部に侵入。電動工具をリュックに入れて出てきたところを、警戒中の署員が現行犯逮捕した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180227/afr1802270047-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

故意に逆走したと判断 東名高速死亡事故で書類送検(27日)NHK

去年12月、静岡県焼津市の東名高速道路で、逆走していた乗用車とトラックが正面衝突して2人が死亡した事故で、警察は、乗用車を運転していて死亡した25歳の男が酒を飲んでいたうえ故意に逆走したと判断して、危険運転致死などの疑いで書類送検しました。
 去年12月、静岡県焼津市の東名高速道路の下り車線で、逆走していた乗用車とトラックが正面衝突して、乗用車を運転していた牧之原市の25歳の飲食店店員とトラック運転手の早川賢吾さん(50)の2人が死亡しました。
 乗用車は1キロ余り離れた日本坂パーキングエリアから逆走して本線に入っていくのが目撃されていましたが、このパーキングエリアは間違って逆走することが起こりにくい構造だったため、警察が詳しいいきさつを調べてきました。
 その結果、警察によりますと、乗用車を運転していた鷺坂翔太容疑者の血液から基準値を超えるアルコールが検出され、事故の前に静岡市内で酒を飲んでいたことがわかったということです。
 また、現場にブレーキの跡がなかったことなどから、警察は、鷺坂容疑者が故意に逆走して事故を起こしたと判断して、危険運転致死と酒気帯び運転の疑いで27日に書類送検しました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011345321000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

総連本部に発砲で家宅捜索、右翼活動家「ミサイル発射に堪忍袋の緒切れた」(27日)TBS

東京・千代田区の朝鮮総連中央本部に銃弾を撃ち込んだとして右翼活動家の男ら2人が逮捕された事件で、警視庁公安部は、2人が住むアパートを家宅捜索しました。
 建造物損壊の疑いで警視庁公安部による家宅捜索を受けたのは、横浜市にある右翼活動家の桂田智司容疑者(56)と元神戸山口組系暴力団幹部の川村能教容疑者(46)の自宅アパートです。
 桂田容疑者らは今月23日、千代田区にある朝鮮総連中央本部にワゴン車で乗り付け、正面の門の扉に銃弾5発を撃ち込んだとして現行犯逮捕されていました。
 その後の公安部の調べで、桂田容疑者は犯行の動機について、「相次ぐ北朝鮮のミサイル発射に堪忍袋の緒が切れた」と供述していることが新たに分かりました。桂田容疑者らは犯行後、間もなく警戒中の機動隊員に身柄を確保されましたが、「取り押さえられていなければ、そのまま車で総連本部に突っ込むつもりだった」とも話しているということです。
 警視庁公安部は、発砲した川村容疑者が持っていた拳銃のようなものを押収していて、入手ルートについても調べを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3303206.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンサル会社社長を逮捕 太陽光取引で脱税疑い 名古屋地検(27日)日経

太陽光発電の「売電権」の転売で得た所得を隠して脱税したとして、名古屋地検特捜部は27日、名古屋市中川区のコンサルティング会社「アイビックサービス」社長、石井雅樹容疑者(54)=東京都江戸川区=を法人税法違反(脱税)などの疑いで逮捕した。特捜部は名古屋国税局と合同で同容疑者の自宅など関係先を捜索。押収資料を分析し全容解明を進める。
 逮捕容疑は2014年7月期に約4億1850万円のアイビック社の所得を隠し、法人税約1億590万円を脱税するなどした疑い。特捜部は認否を明らかにしていない。アイビック社には同国税局が16年7月、強制調査(査察)に入っていた。
 関係者によると、アイビック社は電力やエネルギーの供給に関するコンサル業務を手掛け、三重県のゴルフ場跡地でメガソーラー(大規模太陽光発電所)の設置を計画。2013年度にこの場所で得た電力を電力会社に売る権利(売電権)を認定され、その後、売電権を大手リース会社に約18億円で転売した。
 こうした所得は本来、一括計上する必要があったが、アイビック社は20年間に分割して経理処理していたという。特捜部は所得を大幅に圧縮する悪質な仮装・隠蔽と判断したもようだ。
 売電権は12年7月に始まった「固定価格買い取り制度(FIT)」に基づき、太陽光など再生可能エネルギーで得た電力を一定価格で電力会社に売る権利。制度開始当初の買い取り額が高い売電権を取得すれば、発電事業者はその分、収益性が高まる。
 登記簿やホームページによると、同社は1990年設立。ホテルや社会福祉法人へのコンサルティング事業を手掛けているとしている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27457280X20C18A2CN8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

貴重な像やこま犬を次々と…神社で“破壊” 福岡(27日)テレビ朝日

 神社にある貴重な像や狛犬が相次いで壊されていたことが分かった。その一つは80年ほど前に奉納された由緒ある像だった。
 福岡県北九州市の神社で先月、境内にある像の一部が壊されているのが発見された。これは能で舞われる「三番叟(さんばそう)」の像で、約80年前に奉納されたものだという。しかし、像の右手にあるはずの扇がない。
 八坂神社・波多野和伴禰宜(ねぎ):「人為的なものか分からないですけど、もし、そうだとすると非常に残念ですし、憤りを感じます」
 壊された像から10メートルほど離れた社の中にある狛犬も台座の上から倒されていた。神社の敷地内は夜間立ち入り禁止となっているという。堂々と昼間に犯行を行ったのだろうか。警察は周辺をパトロールするなど警戒を強めている。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121785.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

アノ手コノ手の特殊詐欺 神奈川県警が撲滅呼び掛け(27日)テレビ朝日

神奈川県警が詐欺の被害に遭わないよう注意を促す通帳入れを配布し、特殊詐欺の撲滅を呼び掛けました。
 横浜市のJR根岸駅で、磯子警察署の警察官らが「キャッシュカードを渡すのは詐欺」「暗証番号は教えない」などと書かれた通帳入れを配布するなどし、詐欺の被害に遭わないよう注意を呼び掛けました。神奈川県では去年、被害額が過去最悪となる53億円を超えました。特に、百貨店の従業員や警察官などをかたってキャッシュカードをだまし取る詐欺事件が急増しています。23日にも磯子区内で、郵便局員や銀行協会の職員を装った男らが70代の女性からキャッシュカードをだまし取る事件が起きていて、警察が注意を呼び掛けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121794.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル) 
殺人事件が増えている
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013499

このところ殺人事件が増えている。以下は2月後半の事件を報じる見出しの一部だ。
★85歳女性死亡…殺人の疑い 特別捜査班を設置 千葉(27日)テレビ朝日
★北海道山林に死体遺棄容疑、新たに共犯者の男逮捕(26日)TBS
★湿地で白骨遺体を発見 事件性の有無を調査 千葉(26日)テレビ朝日
★「金銭トラブルが…」埼玉で知人殺害か 68歳男逮捕(24日)テレビ朝日
★千葉放火殺人、事件直後に20歳の女「1人でやった」(21日)TBS
★女性を暴行し死亡させた疑い、親族の男を逮捕(21日)TBS
★交際相手殺害容疑で男逮捕 福島、アパートに遺体(19日)産経
★刺された男性、路上で死亡 大阪・羽曳野(18日)西日本
 警察庁によると今年1月の殺人の認知件数は88件で前年より10件の増加。検挙率は85.2%で同3.1ポイントアップした。
 昨年の年間認知件数は920件で前年より25件の増。その昨年の1月の件数は78件で今年はそれを上回っている。
 認知件数のランキングは東京の14件、大阪の10件、愛知と兵庫の各9件、神奈川の8件と続いた。前年より増加したのは兵庫の7件、神奈川の6件、大阪の4件など。
 検挙率は静岡の300%をトップに福岡の250%、北海道の175%など警視庁を含めて100%超えが13都道県もあった。
 これに対して低かったのは大阪の40%、兵庫の44.4%、京都、鹿児島、青森の50%などだが、全体的に検挙率が高いのが救いだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「地面師」の男4人再逮捕 3・5億円の小切手詐取容疑(27日)産経

医療法人の理事長に成り済まし、東京都内の不動産関連会社から額面約3億5700万円の小切手をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は27日、詐欺などの疑いで、住所不定の会社役員、宮田康徳容疑者(55)や、東京都練馬区の無職、安藤一宏容疑者(59)ら男計4人を再逮捕した。
 捜査2課によると、安藤容疑者は偽造された運転免許証で理事長に成り済ましていた。4人は他人の土地の所有者に成り済まし、無断で売買して利益を得る「地面師」グループとみられる。
 再逮捕容疑は共謀し、平成25年3~4月、東京都品川区西五反田の土地約480平方メートルを所有する医療法人の理事長に成り済まし、偽造された土地売買契約書や運転免許証などを用いて、売却代金として港区の不動産関連会社から小切手をだまし取った疑い。
 宮田容疑者は、25年8月に大手ホテルチェーンのアパグループの関連会社「アパ」(金沢市)から約12億円を詐取したとして、29年12月に詐欺罪などで起訴されている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180227/afr1802270036-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速道で歩行「桁違いに危険」…昨年22人死亡(27日)読売

昨年1年間に、高速道路上ではねられた交通事故死者は全国で22人に上ることが警察庁への取材でわかった。
  故障や事故で車が動かなくなり、通報するため歩いていたケースが目立つ。同様の事故は今年も発生しており、警察庁は「高速道路は一般道とは桁違いに危険。速やかにガードレール外側など安全な場所に避難してほしい」と呼びかけている。
  1月22日未明、東京都三鷹市の中央道で、路上にいた大学教授の男性(59)が、後ろから来たトラックにはねられて死亡した。
  男性はその直前、ワゴン車を中央分離帯に衝突させる自損事故を起こして停車。車外に出たところをはねられた。後続車が、男性のワゴン車に気付き、代わりに停止表示器材を設置しようとしたが、間に合わなかったという。

(ここまで323文字 / 残り253文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180227-OYT1T50064.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

仮想通貨流出問題 コインチェック被害者の会が提訴(27日)NHK

大手交換会社「コインチェック」から巨額の仮想通貨が流出した問題で、顧客でつくる「被害者の会」のメンバーの一部が、会社側に預けたまま引き出せない状態になっている仮想通貨の返還や取引停止にともなう損害を賠償するよう求める訴えを起こしました。
 仮想通貨交換会社のコインチェックは、先月に580億円相当の「NEM」と呼ばれる仮想通貨が流出して以降、顧客から預かっている仮想通貨の引き出しを停止し、1か月たった現在も引き出しの再開や被害者への補償の時期を明らかにしていません。
 このため、顧客でつくる被害者の会のメンバーのうち関東地方などの顧客5人が、コインチェックに対し、仮想通貨の返還や値下がりにともなう損害の賠償などを求める訴えを27日までに東京地方裁判所に起こしました。
弁護団によりますと、原告が預けている仮想通貨の総額は26日の終値で3400万円余りとなっていて、このほかにも顧客40人余りが提訴を検討しているということです。
 原告の女性は会見で「会社の対応は不誠実で、引き出しすらできないという状況が続いています。早く資産を返してほしい」と話していました。
 これに対して、コインチェックは「個別の訴訟についてはコメントできない」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011344961000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

のぞみ台車亀裂 強度不足、ほかにも十数台(27日)共同

JR西日本の新幹線「のぞみ34号」の台車が破断寸前のまま運行を続けた問題で、製造段階の溶接作業の不備で強度不足となった可能性の高い台車が、問題の台車以外に十数台あることが27日、神戸新聞社の取材で分かった。また問題の台車にできた亀裂の断面には、亀裂の進行によって刻まれるスジ模様が広い間隔で残っていたことも判明。断面も真新しい状態だったといい、JR西や台車製造元の川崎重工業などは、当日の運行中に亀裂が一気に進んだ可能性もあるとみて調べている。(小西隆久)
 台車の亀裂は昨年12月11日に発覚。乗務員らが異常に気付きながら運行を約3時間継続させたとして、国の運輸安全委員会が重大インシデントに認定した。
 亀裂が入った台車は、枠となる鋼材に部品を溶接した際、鋼材を削っていた疑いが明らかになっている。JR西などによると、台車は川崎重工業が2007年に製造。同時期に製造されたのは計160台あり、うち十数台で同様の作業をしたとみられる。溶接部位の厚さは設計で決まっており、厚さを一定にするため、鋼材を削っていたという。
 亀裂の断面にできたスジ模様の間隔は、亀裂が進行するのにかかった時間を示すとされる。徐々に圧力がかかって亀裂が進んだ場合は模様の間隔は狭く、数も多くなるが、今回のケースでは間隔が広く、数も少なかった。さらに、亀裂の断面に酸化や汚れがないことからも、亀裂が新しく、急速に進行したと考えられるという。
 国土交通省が定めた台車枠の検査マニュアルでは、台車枠の亀裂は「急激には進展しないことが明らか」としており、今回の台車も目視できる傷があっても約16万キロの走行が可能なように設計されている。また、同マニュアルは「亀裂を小さいうちに発見して処置できれば、脱線などの重大事故が防止できる」としている。亀裂発覚の当日朝に行った点検で傷は確認されておらず、今回のケースが極めて異例であることがうかがえる。
 JR西などは近く、亀裂の原因などについて公表する見通し。神戸新聞社の取材に、川崎重工業コーポレートコミュニケーション部は「運輸安全委員会の調査に全面的に協力している。調査結果の発表などを含め、現時点では分からない」とし、JR西の来島達夫社長は「調査中なので現段階ではお答えできない」としている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201802/0011022703.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・池袋で百貨店狙うテロへの対応訓練(27日)TBS

東京・池袋駅前で、百貨店を狙った放火テロに対応するための訓練が行われました。
 訓練は、池袋駅前の広場にトラックが突っ込み、運転手が近くの百貨店に放火したという想定で行われ、東京消防庁の消防隊員や百貨店の職員ら75人が参加しました。
 訓練では、百貨店の職員がトラックにはねられた人たちを車いすで避難させたり、消防隊員が百貨店の中で逃げ遅れた人をはしご車で救助したりしました。
 また、一日消防署長を務めたトリンドル玲奈さんの号令で、一斉放水が行われました。
 「いざという時に守ってもらえるという安心感も覚えました」(一日消防署長を務めた トリンドル玲奈さん)
 2年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックを見据え、東京消防庁は「海外から来る人にも安心して来てもらえるように対策をしていきたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3302910.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

注射器、覚醒剤用に横流し 容疑の元販売業者ら逮捕(27日)日経

覚醒剤使用に悪用されると知りながら医療用注射器を無許可で譲り渡したとして、大阪府警が元医療機器販売業の男ら3人を医薬品医療機器法違反などの疑いで逮捕していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。注射器は覚醒剤事件の家宅捜索で見つかることが多いが、流通経路が複雑で転売人の摘発につながるケースは珍しい。
 2017年に全国の警察が摘発した覚醒剤の密輸事件は126件で、前年の約1.5倍。押収量は1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27435850X20C18A2AC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

5日前にも…千葉の中学でまた、窓ガラス割られる(27日)テレビ朝日

千葉市の中学校で、教室の窓ガラスなど4枚が割られているのが見つかりました。この学校では先週にも窓ガラスが割られる被害があり、警察が器物損壊事件として捜査しています。
 27日午前6時半ごろ、千葉市立草野中学校で、1階の教室と多目的室の窓ガラス4枚が割られているのを校長が見つけ、警察に通報しました。教室の中や窓の外に10センチくらいの石が落ちていたということです。また、5日前にも1階の教室の窓ガラス9枚が棒のようなものでたたき割られているのが見つかっています。警察は関連を調べるとともに、器物損壊事件として捜査しています。この学校では、去年9月に剣道場が全焼する火事も起きていました。現場の更衣室から空き缶に入ったたばこの吸い殻が見つかっていて、警察が出火原因を調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121760.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元警視庁捜査1課長 田宮栄一さん逝去 85歳(28日)テレビ朝日

警視庁の元捜査1課長でテレビのコメンテーターとしても活躍した田宮栄一さんが今月16日に入院先の病院で亡くなっていたことが分かりました。85歳でした。
 田宮さんは1952年に警視庁に入り、1982年に殺人事件などを担当する捜査1課長に任命され、数々の事件の捜査を指揮しました。その後、新宿署長や警ら部長などを歴任し、1989年の退官後はテレビなどでコメンテーターとして活躍していました。警視庁によりますと、今月16日、「移転性肺がん」のため入院していた病院で亡くなったということです。85歳でした。葬儀と告別式は家族や近親者のみですでに執り行われていて、4月7日に東京・世田谷区で「送る会」が開かれるということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121769.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽バイアグラ所持容疑 大阪の男逮捕、21万錠押収(27日)西日本

性的不能治療薬「バイアグラ」の模造品を販売目的で所持したとして、愛知県警は27日までに、商標法違反容疑で大阪市生野区新今里、韓国籍の自称自営業、高宗玄容疑者(44)を現行犯逮捕した。逮捕は26日。県警は、関係先からバイアグラなど性的不能治療薬の模造品約21万錠を押収した。
 県警によると、高容疑者は模造医薬品密売グループの中心人物で、グループは対面やインターネットを通じて客に販売していた。これまでに健康被害は確認されていない。
 県警は1~2月、同容疑などで他にグループの男女4人を逮捕している。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/397398

| コメント (0) | トラックバック (0)

【仮想通貨流出】 発生1カ月 NEMの交換、約174億円規模に(27日)産経

仮想通貨「NEM(ネム)」流出事件で、盗み出されたネムのうち、ビットコインなど他の仮想通貨に交換されたネムが約174億円相当(レートは流出当時)に上る疑いがあることが26日、専門家への取材で分かった。警視庁は同日、捜査本部を設置。不正アクセス禁止法違反容疑などを視野に捜査を本格化させる。
 情報セキュリティー会社「エルプラス」社長の杉浦隆幸氏によると、別の仮想通貨に交換されるペースは、一部の交換業者が流出ネムの取引を停止したことなどから、ピーク時より減少している。
http://www.sankei.com/affairs/news/180227/afr1802270003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生の服の下にスマホ差し入れ 容疑の巡査長を逮捕 大阪府警(27日)産経

女子大生のワンピース型トレーナーの下にスマートフォンを差し入れ、盗撮しようとしたとして、大阪府警は26日、府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)容疑で府警薬物対策課巡査長の男(33)を現行犯逮捕した。府警監察室によると、容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は同日午後6時50分ごろ、大阪市中央区の商業施設の上りエスカレーターで、女子大生(19)のワンピース型トレーナーの下に背後からスマホを差し入れたとしている。女子大生が気づき、巡査長は逃走したが、付近にいた20代男性が施設の外で取り押さえた。
 府警の宮田雅博監察室長は「被害者におわびするとともに、捜査結果を踏まえ厳正に対処する」とコメントした。
http://www.sankei.com/affairs/news/180227/afr1802270002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

救助要請も県警出動せず 大雪で男性が車内で死亡の事故で 福井(27日)NHK

 記録的な大雪となった福井県坂井市で今月7日、雪に埋もれた車の中で男性が一酸化炭素中毒で死亡した事故で、男性の母親が警察に電話で繰り返し救助を求めましたが、警察が現場に出動していなかったことが警察と母親への取材でわかりました。福井県警察本部は「重大な結果が生じたことをしんしに受け止めている」としています。
 今月7日、坂井市の国道364号線で、雪に埋もれた車の中で19歳の男性が一酸化炭素中毒で死亡しているのが見つかりました。男性は発見される9時間ほど前の午前9時20分すぎ、「雪山に乗り上げて動けない」と110番通報し、警察は近くに向かっている除雪業者を待つよう伝えたものの除雪業者を手配する県には通報内容を連絡していなかったことがわかっています。
 さらにこの日、男性の母親が車の中にいる息子から携帯電話で連絡を受け、福井県警察本部の窓口に電話で繰り返し事態を伝え救助を求めたものの、警察が現場に出動せず、救助されたかどうかも県に確認していなかったことが警察と母親への取材でわかりました。
 福井県警察本部によりますと、この日、母親からは午前10時ごろ、正午ごろ、午後4時半ごろの少なくとも3回本部に電話があり、通信指令課などで対応して、3回目は県の災害対策本部に連絡するよう伝えたということです。
 これについて、福井県警察本部は「男性から通報を受けた際、エンジンを止めていることを確認し、母親からの電話も車の周りの除雪を求めているものとして緊急性が低いと判断した」と説明しています。そのうえで、「このような重大な結果が生じたことについてはしんしに受け止めており、今後はこれまでにも増して雪害への対応に万全を期します」としています。
母親はNHKの取材に対して「息子の命に危険を感じ、『助けてほしい』と警察に通報しました。担当者から状況を確認すると言われましたが連絡はなく、何度も通報しました。警察はもう少し親身に対応してほしかった」と話しています。
続くdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011344311000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

3月を見守り強化月間に 去年の女児殺害事件受け 千葉 松戸(27日)NHK

去年3月、千葉県松戸市の小学生の女の子が殺害された事件を受けて、市は来月を「子どもを見守るパトロール強化月間」として、地域で子どもの安全を見守る活動を強化することになりました。
 去年3月、松戸市内の小学3年生の女の子が学校に向かう途中に連れ去られて殺害された事件を受け、松戸市は、来月を「子どもを見守るパトロール強化月間」とすることを決め、26日までに子どもの見守り活動を行っている市内の50余りの団体に文書で協力を要請しました。
 この中では、通学路での見守り活動だけでなく、買い物や通勤など日常生活のなかでも見守りを強化することなどを求めています。松戸市は期間中、防犯パトロールカーによる巡回を通学路を重点に行うほか、見守り活動のための防犯ベストや誘導灯などの無償貸し出しも行うことにしています。
 松戸市の菊地治秀市民安全課長は「去年3月に起きた事件を踏まえ、改めて行政と地域が一体となって子どもの安心と安全を守っていきたい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011344271000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

岡山で住宅火災、親子2人不明 ほか家族7人も搬送(27日)共同

27日午前2時半ごろ、岡山県井原市井原町、無職久安一充さん(85)方から出火したと家族が119番した。木造2階建ての母屋と離れが全焼し、久安さんの孫娘の夫(29)とその長男(4)と連絡が取れておらず、井原署が確認を急いでいる。
 同署によると、久安さん方は9人暮らし。ほか7人も病院に搬送され、手当てを受けた。同署が詳しい状況や原因を調べている。
 現場は井原鉄道井原駅の北約700メートルで、住宅が点在する地域。
https://this.kiji.is/340994093835060321?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

19歳女性の頭部遺棄、不明直前に容疑者の店訪問か(27日)TBS

北海道の山林で19歳の女性の頭部などが遺棄されていた事件。容疑者と被害者の接点が見えてきました。
 去年12月15日ごろ、父親に「出かけてくる」と言って家を出たまま行方が分からなくなった札幌市の三好邑璃さん(当時19)。
 「(三好さんは)いい子だった。うちの娘も『いい子だ』と言っていた」(三好さんを知る人)
 三好さんの頭部は岩見沢市内の山林で見つかり、一部白骨化していて、近くには髪の毛もありました。この山林に三好さんの遺体を捨てた疑いで札幌の飲食店経営・神智慶容疑者(31)と、長谷川剛拓容疑者(31)の2人が26日、送検されました。
 捜査関係者によりますと、三好さんは行方不明になる直前に、神容疑者がススキノで経営するバーを訪れていたとみられることが分かりました。また、三好さんの携帯電話の位置情報は遺体が遺棄されていた岩見沢市内で途絶えていました。
 捜査本部は、出頭してきた札幌市の自称・無職、柴田和雄容疑者(47)を新たに逮捕し、事件の経緯を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3302621.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

85歳女性死亡…殺人の疑い 特別捜査班を設置 千葉(27日)テレビ朝日

千葉県茂原市で85歳の女性が自宅で死亡しているのが見つかりました。警察は、殺人事件の疑いもあるとみて特別捜査班を設置しました。
 26日午前9時すぎ、茂原市の住宅でこの家に住む椎野芳子さんが寝室で倒れているのを家を訪れた義理の娘が見つけました。椎野さんはその場で死亡が確認されました。警察などによりますと、椎野さんは畳の上で仰向けの状態で倒れていて、遺体の下には血だまりができていました。椎野さんは一人暮らしで、25日の夕方に親族が夕飯を届けに行った際は特に変わった様子はなかったということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121734.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

86歳の母親殺害で57歳男を逮捕 兄の遺体も発見(27日)テレビ朝日

茨城県石岡市の住宅で同居する80代の母親を殺害したとして、57歳の男が逮捕されました。自宅からは男の兄の遺体も見つかりました。
 木内武史容疑者は26日午前5時ごろ、石岡市の自宅で母親のよしさん(86)を殺害した疑いが持たれています。警察などによりますと、JR石岡駅前の交番に「母親を殺した」などと木内容疑者が出頭したため、警察官が自宅に行ったところ、よしさんが寝室で倒れていました。よしさんは意識不明の状態で病院に搬送され、その後に死亡しました。木内容疑者は「首を絞めた」などと容疑を認めています。自宅からは死後数日が経過した59歳の兄の遺体も見つかっていて、警察は事件の詳しい経緯を捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121725.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

患者連続死 入院受け入れ再開へ横浜市が確認作業(27日)テレビ朝日

患者が連続中毒死した横浜市の旧大口病院について、入院患者の受け入れ再開に向けた市の現地確認が行われました。
 おととし、神奈川区の旧大口病院で入院していた80代の男性2人が相次いで死亡し、体内から点滴に混入されたとみられる界面活性剤の成分が検出されました。去年12月、病院は「横浜はじめ病院」に名前を変更したうえ、事件を受けて停止していた入院患者の受け入れを再開する方針を示していました。横浜市は26日、職員が院内に入って増設された防犯カメラや医薬品の管理方法など13項目について改善されたことを確認しました。病院は、今月内にも入院患者の受け入れを再開する方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121721.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽ニュース対策で新団体設立へ ネットメディアなど連携(27日)西日本

フェイク(偽)ニュースの拡散が社会問題となる中、ネットで情報発信する国内メディアの有志が26日、東京都内で記者会見し、今年6月までをめどにネット情報の信頼性向上に取り組む団体「インターネットメディア協会」を立ち上げると明らかにした>
 発起人は藤村厚夫スマートニュース執行役員、古田大輔バズフィード・ジャパン編集長、小川一毎日新聞取締役ら9人。ネット専業メディアだけでなくニュースサイトを持つ新聞、テレビなどのメディアや、グーグル、フェイスブックといった「プラットフォーム」事業者にも参加を呼び掛ける方針という。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/397260

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月26日 | トップページ | 2018年2月28日 »