« 2018年2月25日 | トップページ | 2018年2月27日 »

2018年2月26日

2018年2月26日 (月)

4.7万人「認知症恐れ」判定=免許取り消し・停止1351人-改正道交法・警察庁(26日)時事

75歳以上のドライバーの認知症対策が強化された2017年3月の改正道交法施行から同年末までの間、運転免許更新時などの検査で4万6911人が医師の診断が必要な「認知症の恐れ」と判定され、うち診断後に免許の取り消しや停止となったのは1351人に上ることが26日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。判定後、再受検を申し出て判定結果が改善したのは14.4%に当たる6740人。自主返納したのは1万1053人だった。
 改正道交法では、75歳以上の免許更新時や一定の違反行為をした際の認知機能検査で「認知症の恐れ」と判定された場合、医師の診断を義務化。認知症と診断されれば免許取り消しの対象となる。
 同庁によると17年3月の施行から同12月末までに認知機能検査を受けた人は172万5292人。「認知症の恐れ」と判定された4万6911人のうち、自主返納などを除いて医師の診断を受けたのは1万2447人に上り、免許を取り消されたのは1306人、免許停止は45人だった。行政処分に向けた手続き中などとされたのは1255人。(2018/02/26-19:57)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018022600957&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

米銃規制強化70%支持 米CNN調査 「フロリダ州の乱射事件が影響」(26日)産経

【ロサンゼルス=住井亨介】米CNNテレビ(電子版)は25日、70%が銃規制の強化を支持しているなどとする世論調査の結果を発表した。反対は27%だった。昨年10月に発生したネバダ州ラスベガスでの銃乱射事件直後の調査で支持は52%だったが、CNNは南部フロリダ州の高校で17人が死亡した銃乱射事件が影響したと分析している。
 規制強化への支持は、購入者の前科、病歴などを5日かけて調査したうえで購入を認めるようにした「ブレイディ法」が成立した1993年の調査時に匹敵するレベルという。
 過去に重罪の前科があったり、精神的に問題があったりする人への銃所持の規制を87%が支持。21歳未満の若者の銃購入を規制することにも71%が賛成した。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮戦争反対のビラまいて逮捕、京大生の獄中日記が本に(26日)朝日

占領期朝鮮戦争反対のビラをまいて逮捕され、1年2カ月余の獄中生活を送った大学生の日記が今月、刊行された。「京大生 小野君の占領期獄中日記」(京大学術出版会)。戦後ながら言論の自由が保障されないなか、精いっぱい自分で考え行動した青年の姿が伝わってくる。
 著者は中国近代史研究の小野信爾(しんじ)・花園大名誉教授(87)=京都府宇治市。日本近現代史の研究を進めている西山伸・京大大学文書館教授や宇野田尚哉(しょうや)・大阪大大学院教授(日本思想史)が当時の社会情勢について解説を書いている。
 京大文学部在学中の1951(昭和26)年2月22日だった。前年勃発した朝鮮戦争反対のビラを警察署の近くで配り始めると逮捕された。「占領目的を妨害する行為」に問われ、大阪にあったGHQ(連合国軍総司令部)の軍事裁判所で裁判を受けた。
 判決は重労働3年罰金1千ドル…

 

残り:789文字/全文:1152文字
https://www.asahi.com/articles/ASL264H44L26ULZU007.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

任侠山口組が意見聴取会を欠席 公安委は指定手続き進める(26日)NHK

指定暴力団・神戸山口組から離脱した仁侠山口組を、暴力団対策法の規制の対象になる指定暴力団にするための意見聴取会が26日、開かれましたが、団体側は欠席しました。兵庫県公安委員会は、指定の手続きを進めることにしています。
 去年4月に神戸山口組からの離脱を表明した任侠山口組について、警察当局は、今月1日、兵庫県尼崎市を本拠と認定し、暴力団対策法の規制の対象になる指定暴力団にする方針を固めています。
 指定の手続きを行う兵庫県公安委員会は、26日午後、法律に基づき団体の関係者から意見を聴く意見聴取会を開きました。団体側は、事前の通知を受けていましたが欠席し、意見を聴くことはできませんでした。
 このため公安委員会は、意見を述べる機会を放棄したと見なし、任侠山口組を近く指定暴力団にする手続きを進めることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180226/k10011344031000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

旅行先の沖縄で大麻所持と使用、大阪市の消防士を懲戒免職(26日)TBS

大阪の大正消防署に勤める23歳の男性消防士が、旅行先の沖縄で大麻を所持・使用したとして懲戒免職になりました。
 懲戒免職となったのは、大正消防署に勤める23歳の男性消防士です。大阪市消防局によりますと、消防士は今月2日、同僚と沖縄へ旅行に行った際、立ち寄った那覇市のクラブのトイレで大麻を吸ったとして、沖縄県警に任意同行されました。
 取り調べに対して消防士は「1年前から友人の勧めで興味本位で吸い出した。大麻は大阪から持ってきた」と大麻の所持と使用を認めたということですが、その際、大麻の現物を持っていなかったため、釈放されました。
 警察から連絡を受けた大阪市消防局が本人に事情を聴いたところ、大麻の所持と使用を認めたため、26日付で懲戒免職にしました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3301975.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

異物混入殺人事件、旧・大口病院の改善状況確認(26日)TBS

おととし、横浜市の大口病院で男性患者2人が死亡した事件で、停止されていた入院患者の受け入れ再開に向けて横浜市が院内の改善状況を確認しました。
 おととし9月、横浜市の「大口病院」では、男性の入院患者2人が点滴に異物を混入されて相次いで死亡し、警察が殺人事件として捜査しています。
 「大口病院」は去年12月、「横浜はじめ病院」に名前を変更し、医薬品の管理体制や防犯などの安全対策を強化してきました。そして、26日、横浜市は病院側の要請を受け、入院患者の受け入れ再開を前に、事件の起きた4階を中心に改善状況の確認を行いました。その結果、点滴や医薬品などの施錠管理や院内に防犯カメラの設置など13項目について、改善を確認したと発表しました。病院は早ければ2月中にも入院の受け入れを再開したい方針です。
 横浜市は「事件は未解決ですが、引き続き、警察や保健所などと連携し医療安全を構築したい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3302437.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

85歳の女性が寝室で死亡 大量の流血 千葉・茂原(26日)テレビ朝日

寝室の畳の上で85歳の女性が死亡しているのが見つかりました。
 26日午前9時ごろ、千葉県茂原市の住宅で「母が血だらけで倒れている」と110番通報がありました。警察などが駆け付けると、この家に住む椎野芳子さんが体から血を流して倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。警察などによりますと、様子を見に来た近くに住む義理の娘が、椎野さんが服を着た状態で寝室の畳の上に横たわっているのを見つけたということです。警察が事件の可能性もあるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121704.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー会社社長が無免許運転?4カ月も日常的に…(26日)テレビ朝日

タクシー会社の社長が4カ月にわたって無免許運転をしていた疑いで逮捕されました。
 広島県呉市にある合同タクシーの社長・大星修也容疑者(49)は去年10月から8回にわたり、呉市内の国道などを無免許で運転した疑いです。今月1日に呉市内で交通指導中の警察官が職務質問したところ、無免許運転だったことが発覚しました。調べに対し、容疑を認めています。警察によりますと、大星容疑者は去年8月に交通違反などがたまって免許取り消し処分を受けた後も日常的に運転していたということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121706.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日 単位・レベル) 
首都東京の治安⑤
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013491

 今回は非侵入盗。警視庁にはあるが警察庁統計の各府県の認知件数には無い部分もある。
 警視庁によると昨年(平成29年)の都内での非侵入盗の認知件数は8万2172件。最も多かったのは23区では足立区の332件、世田谷の297件、江戸川の259件など。
 一方、市部では八王子の247件、町田市の240件、府中市の113の順。
 どんな泥棒が多いかというとなんと自転車盗が多く4万0277件もあった。23区のランキングは世田谷区の2662件、足立区の2470件、大田区の2451件と続いた。
 市部は八王子市の1096件、立川市の764件、町田市の715件と続いたが、多摩地区は通勤に使う自転車利用者が多いはずだが、どう言う訳か都心より少ない。
 次ぎに多いのは万引で認知件数は1万3784件。ランキングは新宿区の1143件、渋谷区の1051件、豊島区の735件と続く。いずれも他府県からの客が集まる地域を抱えている区だ。
 市部では町田市の453件、八王子市の413件、立川市の299件がワースト3。
 一時は全国的に多発したひったくりは少なく都内は382件。ランキングは練馬区が46件、これに足立区の36件、江戸川区の32件など。
 市部では八王子市と町田市が各6件などと極めて少ない。さらに青梅市や府中市、あきる野市、それに13町村は0件だった。
 都内で最もひったくりの多い練馬区は、静岡県の45件を上回った。と言うことは世帯数や人口などでの多い少ないではなくやはり警察の抑止力なのだろうか…
(この項 終わり)
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

カンニングで1等陸曹減給 青森「再試験避けたい」(26日)産経

陸上自衛隊八戸駐屯地(青森県八戸市)は26日、教育課程の試験でカンニングしたとして、第4地対艦ミサイル連隊の男性1等陸曹(48)を減給1カ月の懲戒処分にした。「成績不良で再試験になりたくなかった」と認めているという。
 同駐屯地によると、1等陸曹は昨年11月15日、スマートフォンに保存した対策資料を試験中に見ているのを、試験官に発見された。
http://www.sankei.com/affairs/news/180226/afr1802260021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストリートビューで高級住宅物色、窃盗繰り返す(26日)読売

インターネット上で街の画像を閲覧できるグーグルの「ストリートビュー(SV)」で高級住宅を探し、盗みを繰り返したとして大阪府警が同府寝屋川市の無職の男(24)ら男女4人(起訴)を窃盗容疑などで逮捕していたことがわかった。
 捜査関係者が明らかにした。門構えの立派さや植木の手入れ具合などをSVで確認し、侵入先を決めていたという。
 捜査関係者によると、4人は昨年10月、同府豊中市の住宅から指輪など14点(約600万円相当)を盗むなどした疑い。この件を含む3件約1500万円分で起訴され、いずれも容疑を認めているという。
 4人は22~24歳で同級生や友人同士。SVでの物色役と空き巣に入る実行役とに分かれていた。起訴分を含む30~40件の犯行を自供しているといい、府警が裏付けを進めている。

(ここまで343文字 / 残り65文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180226-OYT1T50058.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

コインチェック 流出1か月 150億円分はどこに?(26日)NHK

大手交換会社の「コインチェック」から巨額の仮想通貨が流出した問題は、26日で発生から1か月です。何者かが別口座などに分散させた仮想通貨は150億円相当に上る一方、流出した仮想通貨の取り引きを停止する動きも広がっていて、追跡を続ける関係機関側との攻防が続いています。
 先月26日に大手交換会社のコインチェックから流出した580億円相当の仮想通貨「NEM」は、推進団体の「NEM財団」などが追跡を続けていて、これまでに150億円相当が何者かによってインターネット上の別の口座や海外の交換業者に分散されたことが確認されています。
 こうした動きは流出したNEMの追跡をかわす狙いがあると見られ、今月上旬以降、最大で1日数十億円規模で分散が行われていましたが、ここ数日は1日数千万円ほどと急激にペースが落ちています。
 これについて、専門家からは海外の交換会社の間で財団の呼びかけに応じて、流出したNEMの取り引きを停止する動きが広がり、分散などの動きが取りにくくなったという見方が出ています。
 その一方で、新たな分散先を探っていると見られる動きもあり、追跡側との攻防は流出から1か月たった今も続いています。

続くdownwardleft

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180226/k10011343691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

会社役員の男性が去年11月から行方不明、連れ去られたか(26日)TBS

東京・羽村市で、去年11月から不動産会社役員の男性が行方不明になっていることがわかりました。警視庁は、男性がトラブルに巻き込まれ、連れ去られた可能性があるとみて捜査しています。
 行方不明になっているのは、羽村市に住む不動産会社役員の男性(72)です。関係者などによりますと、男性は去年11月8日から連絡が取れなくなっているということです。
 関係者からの通報を受け、警視庁が男性の自宅を調べたところ、居間や玄関から血痕が見つかったということです。男性は暴力団関係者とトラブルになっていたとの情報もあり、警視庁は、男性が連れ去られた可能性もあるとみて捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3301970.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ボコ・ハラムが再び学校襲撃 女子生徒110人不明(26日)テレビ朝日

ナイジェリアで4年前、学校から少女276人を誘拐したイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が再び学校を襲撃し、少女110人が行方不明となっています。
 ナイジェリア北東部ダプチの学校を19日、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が襲撃しました。ロイター通信によりますと、事件当時、学校には女子生徒906人がいましたが、ナイジェリア政府は25日に生徒110人が行方不明になっていることを認めました。ボコ・ハラムは2014年にも北東部チボクの学校を襲撃して女子生徒276人を拉致していて、いまだ100人以上が行方不明のままです。ボコ・ハラムは拉致した少女を戦闘員と強制的に結婚させたり、洗脳して自爆テロを実行させるなどしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000121684.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺容疑でアレフ信者逮捕、大阪 不正受給しお布施か(26日)西日本

大阪府警は26日までに、働いていることを隠して失業給付金を不正に受給したとして詐欺の疑いで、オウム真理教から改称した「アレフ」の信者で無職、遠藤一男容疑者(39)=大阪府東大阪市=を逮捕した。
 府警によると、給付金のうち月千円を「お布施」として、大阪市生野区のアレフの関連施設に納めていた可能性がある。府警は26日、関係先として同施設を捜索した。
 逮捕容疑は2013年9~11月、大阪府内の建設会社で働いているのに失業中と装い、堺市の公共職業安定所から3回にわたり、給付金計約30万円をだまし取った疑い。容疑を認めている。逮捕は15日。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/397088

| コメント (0) | トラックバック (0)

「このままでは息子さんがクビに」手渡し型オレオレ詐欺で70代女性が150万円被害(26日)産経

 神奈川県警川崎臨港署は、川崎市川崎区に住む70代の無職女性が手渡し型のオレオレ詐欺被害に遭い、現金150万円を詐取されたと発表した。
 同署によると、女性は19日、息子を名乗る男から自宅に電話があり、「会社の書類や携帯電話、財布を駅の近くで紛失した。駅から連絡があったら教えてほしい」と虚偽の事実を告げられた。その後、鉄道会社の社員を装った男から電話があり、「息子さんが紛失した携帯電話や財布が見つかった」などと嘘を言われた。
 さらに偽者の息子から再び電話があり、「書類が見つからない。書類の中に小切手が入っていて、取引先に渡す予定だった」と言われ、息子の上司を装った男から「会社で300万円は用意できるが、お母さんもいくらか用意できないか。このままでは(息子さんが)会社をクビになる」などと告げられ、自宅前の路上で息子の同僚を名乗る男に現金150万円を手渡し、だまし取られたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180226/afr1802260011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

腹刺され後遺症、被害の歯科医師提訴 工藤会幹部相手に(26日)朝日

 指定暴力団工藤会が市民らを襲撃したとされる一連の事件を巡り、北九州市で2014年に刺された30代の男性歯科医師が26日、組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)の罪に問われた工藤会トップで総裁の野村悟被告(71)ら4人に対し、総額約8400万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。弁護団が26日、明らかにした。

 事件は14年5月、北九州小倉北区の駐車場で発生。歯科医師が刃物で刺されて腹などを負傷し、後遺症も残った。その後、野村被告ら7人が事件に関わったとして起訴された。
 福岡地裁は昨年12月、実行役を務めたなどとして元組幹部中田好信被告(42)に懲役30年を言い渡し、事件が野村被告の指揮命令下で組織的に起こされたと認めた。被告側は控訴した。
 弁護団は中田被告に不法行為責任があるほか、野村被告と現会長でナンバー2の田上不美夫(61)、ナンバー3の菊地敬吾(45)の両被告に民法の使用者責任、野村、田上両被告には暴力団対策法に基づき指定暴力団の代表者としての責任もあると主張している。
 一連の事件では、昨年8月、福岡県警元警部銃撃事件(12年)の元警部が野村被告らに総額約3千万円の支払いを求めて提訴。元漁協組合長殺害事件(1998年)の遺族も「損害賠償命令制度」を利用し、総額7800万円の支払いを求める申し立てをした。

https://www.asahi.com/articles/ASL2T65Y4L2TTIPE00T.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「オリンピック・デストロイヤー」 年末から攻撃準備か(26日)NHK

ウイルスの名は「オリンピック・デストロイヤー」ーーー今回のピョンチャンオリンピックでは開会式に合わせてサイバー攻撃が行われ、大会の組織委員会のシステムが影響を受けました。こうした攻撃の準備は去年の末から進められていたとみられることがわかり、分析にあたった情報セキュリティー会社は、東京オリンピックに向けた備えの重要性を指摘しています。
回のピョンチャンオリンピックを標的としたサイバー攻撃は、今月9日の開会式に合わせて行われ、通信システムが影響を受けて大会の組織委員会が調査を進めているほか、攻撃に使われたとみられるコンピューターウイルスも見つかっています。
 このウイルスは「オリンピック・デストロイヤー」と呼ばれ、組織委員会を狙うようにプログラムされていましたが、情報セキュリティー会社の「三井物産セキュアディレクション」が詳しく分析したところ、感染した端末に保管されたIDやパスワードを盗み、これを悪用して次の標的を探し出すなど強い感染力を持っていることがわかりました。
さらに、このウイルスは去年12月下旬に作られ、少なくとも開会式の1か月余り前からひそかに感染を広げながら、攻撃の準備を進めていたとみられることもわかりました。
 三井物産セキュアディレクションの吉川孝志さんは、2年後の東京オリンピックへの備えについて「サイバー攻撃の準備はかなり前から行われると考えられ、それに対応した備えを進める必要がある」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180226/k10011343471000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口組総本部を家宅捜索 ATM18億円引き出し計画か(26日)共同

 17都府県のコンビニの現金自動預払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件の計画に関わった疑いがあるとして、福岡や千葉など5県警は26日、窃盗などの疑いで指定暴力団山口組総本部(神戸市灘区)を家宅捜索した。他に捜索先として、山口組弘道会本部(名古屋市中村区)や指定暴力団住吉会本部(東京都港区)など4カ所を予定。
 事件は2016年5月15日に発生。南アフリカのスタンダード銀行が発行したカードの顧客情報が悪用され、捜査当局は海外の犯罪組織を通じて偽造カードが使われたとみて捜査している。https://this.kiji.is/340710791010485345?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉・勝浦市でパチンコ店など2軒に連続放火か、41歳の男が出頭(26日)TBS

26日未明、千葉県勝浦市でパチンコ店など2軒が相次いで燃える火事があり、警察は、その後出頭してきた41歳の男の身柄を確保して事情を聴いています。
 午前1時すぎ、勝浦市浜勝浦でパチンコ店から出火しました。鉄骨2階建ての一部が焼け、火はおよそ30分後に消し止められました。およそ1時間後、1キロ程離れた場所にある、このパチンコ店が以前に入っていた空き家からも出火、火は4時間後に消し止められました。いずれもけが人はいないということです。
 その後、41歳の自称無職の男が「自分が火をつけた」と警察に出頭しました。男は、パチンコ店経営者の家族とみられていて、警察は男から事情を聴いています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3301959.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

DNA鑑定 検証に壁(広角鋭角) 再審法制を問う(1) (26日)日経

 九州には冤罪(えんざい)が疑われながら死刑が執行され、再審無罪を目指す事件が3件ある。うち審理が続く飯塚事件の再審請求審では、決定的な証明力を期待されて登場したDNA鑑定の評価について裁判所自身が問われている。
 事件ではDNAの再鑑定で当初の検査の誤りが判明した足利事件(2010年再審無罪確定)と同じ検査法を立件時、科学警察研究所の同一鑑定人らが実施していた。死刑執行は足利事件の再審請求審で再鑑…

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27386620W8A220C1CR0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「母殺害」と出頭 自宅に“兄”遺体、“母親”搬送(26日)テレビ朝日

茨城県石岡市の交番に50代の男性が「母親を殺した」と出頭してきました。男性の自宅からは母親とみられる女性が病院に搬送されたほか、兄とみられる男性の遺体が見つかりました。
 26日午前9時すぎ、JR石岡駅前の交番に「母親を殺した」などと50代の男性が出頭してきました。警察などが男性の自宅に駆け付けると、家の中で2人の男女が倒れているのを見つけました。女性は病院に搬送され、男性はその場で死亡が確認されたということです。この家には男性と80代の母親、男性の兄の3人暮らしでした。男性は出頭した際、「首を絞めて殺した」などと話していて、警察はこの男性が何らかの事情を知っているとみて話を聞くとともに、殺人事件の可能性も視野に捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121672.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“座間9人遺体”で再逮捕 春日部の女性殺害容疑(26日)テレビ朝日

神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、警視庁は埼玉県の当時26歳の女性を殺害した疑いなどで白石隆浩容疑者(27)を再逮捕しました。
 白石容疑者は去年9月、自宅アパートで埼玉県春日部市に住む藤間仁美さん(当時26)の首を絞め、殺害するなどした疑いが持たれています。警視庁によりますと、白石容疑者は藤間さんと殺害の前日から「一緒に死にましょう」などと100回以上にわたってツイッターでやり取りしていたということです。白石容疑者のアパートからは、藤間さんの服などが袋に入れられた状態で見つかっています。白石容疑者は「金が欲しかった。数千円を奪った」などと容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121679.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

胴体など発見、兵庫の不明女性か 遺棄供述の米国籍男を再逮捕へ(26日)西日本

兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、大阪市西成区の民泊施設で女性とみられる遺体の頭部が見つかった事件で、県警は26日までに、大阪府島本町と京都市山科区の山中で人の胴体や両腕、両脚を発見した。女性への監禁容疑で逮捕された米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)は女性の遺体を遺棄したと供述。県警は近く、死体遺棄と死体損壊の疑いで再逮捕する方針。
 同容疑者は、監禁現場とされる大阪市東成区のマンションで「一緒にいた女性を遺棄した」と供述している。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/397077

| コメント (0) | トラックバック (0)

年々増える現金、5300万円も…茨城の拾得物(26日)読売

昨年1年間の茨城県内の拾得物の届け出が、過去10年間で最多の26万449件だったことが県警会計課のまとめで分かった。

  •                                
     
           

 同課によると、以前は個人や駅からの届け出が多かったが、「大型商業施設が増えて、落とし物が一括して警察に届けられるようになったことが増えた要因ではないか」としている。
 拾得物の届け出は「現金のみ」が全体の約35%と最も多く、傘、財布、かばんが続いた。現金の届け出は年々増えており、2017年は財布に入っていた現金も含めると、総額約3億3400万円が届けられ、うち約2億3800万円が持ち主に返還された。最高額は5300万円で、銀行内の貸金庫に置き忘れられていた。行員が見つけて持ち主に返還した。
 拾得物の中には、ハリネズミやニシキヘビ、ヤギなどの動物も。ヤギは持ち主に返されたが、持ち主が見つからなかったニシキヘビはペットショップが、ハリネズミは届け出を受けた筑西署の署員が飼育しているという。ドローンも20件あった。
 一方、17年の1年間に届けられた遺失物も7万9413件と過去最多。財布、携帯電話、運転免許証などが多かったという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180226-OYT1T50013.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性不明事件 男の滞在先から血液反応 遺棄認める供述(26日)NHK

兵庫県三田市の27歳の女性の行方がわからなくなり、大阪府内の民泊用の部屋でこの女性とみられる遺体の一部が見つかった事件で、女性を監禁した疑いで逮捕されたアメリカ人の男の滞在先のマンションの部屋からわずかな血液反応が出たことが捜査関係者への取材でわかりました。男は遺体を遺棄したことを認める供述を始めたということで、警察が調べを進めています。
 兵庫県三田市に住む27歳の会社員の女性が今月16日から行方不明になり、24日になってこの女性とみられる遺体の一部が大阪 西成区の民泊用のアパートの部屋でスーツケースの中から見つかりました。
 捜査関係者によりますと、女性を監禁した疑いで逮捕したアメリカ人のバイラクタル・エフゲニー容疑者(26)が、これまでの警察の調べに対し、遺体を遺棄したことを認める供述を始めたということです。
 さらに、容疑者が滞在していた大阪 東成区のマンションの部屋で薬品を使って検査したところ、わずかな血液反応が出たことも捜査関係者への取材で新たにわかりました。
 女性はこのマンションを訪れたあと行方がわからなくなっていて、警察は、見つかった遺体の身元の確認を進めるとともに、遺棄された状況についてさらに調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180226/k10011343281000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・なんば駅で天井板落下 重さ16キロ、けが人なし(26日)共同

25日午後2時15分ごろ、大阪市中央区難波1丁目の市営地下鉄御堂筋線なんば駅の改札近くで、天井に張られていた重さ約16キロの石こうボードが落ちているのを通行人が見つけた。けが人はいないという。
 市交通局によると、ボードは改札から高島屋大阪店に向かう途中の階段付近で発見。縦1メートル、横1.3メートル、厚さ1.2センチ、高さ2.4メートルの天井に複数のビスで固定されていた。
 1月29日に付近で排水設備の工事をした際に異常はなかった。交通局は天井内の漏水でボードがもろくなり、落下したとみて調べている。
https://this.kiji.is/340459509284062305?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤取締法違反の罪で保釈中の男が逃走(26日)TBS

25日、千葉県館山市で覚せい剤取締法違反の罪で保釈中の男が、保釈取消を受けて収容にきた函館地検の係官から逃走しました。男は逃走中です。
 25日午前11時前、館山市の集合住宅で、覚せい剤取締法違反の罪で保釈中の伊藤貴明被告(40)が、保釈取消を受けて身柄を収容に来た函館地検の係官から逃走しました。
 伊藤被告は係官が住宅の管理者と話している隙を突いて窓から裸足で逃走したということで、行方が分かっていません。
 伊藤被告は身長175センチくらいでがっちりした体型、上下紺色の作業着のような服を着て、髪型は黒色のオールバックだということです。千葉県警が40人態勢で伊藤被告の行方を追っています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3301719.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道山林に死体遺棄容疑、新たに共犯者の男逮捕(26日)TBS

北海道岩見沢市の山林で当時19歳の女性の頭部が見つかった事件で、死体遺棄の疑いで新たに共犯者の男が逮捕されました。
 逮捕された札幌市中央区の自称無職・柴田和雄容疑者(47)は、神智慶容疑者(31)と長谷川剛拓容疑者(31)とともに去年12月、三好邑璃さん(当時19)の遺体を岩見沢市栗沢町の山林に捨てた疑いが持たれています。
 捜査関係者によりますと、神容疑者と長谷川容疑者のうち1人が「三好さんを山林に運んだ」などと話しているということです。
 「(三好さんは)いい子だった。うちの娘も『いい子だ』と言っていた」(三好さんの知人)
 三好さんは、神容疑者が経営する飲食店の常連客でした。これまでに、現場からは三好さんの頭部や髪の毛が見つかっています。
 捜査本部は、26日も残る遺体の捜索を行う予定です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3301850.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーが交差点で衝突 緊急走行中に赤信号で進入(26日)テレビ朝日

東京・羽村市で緊急走行中のパトカーと乗用車の事故があり、乗用車に乗っていた20代の女性がけがをしました。
 24日午後11時前、羽村市の新奥多摩街道の交差点で、緊急走行中の警視庁のパトカーと乗用車が衝突しました。この事故で、乗用車の助手席に乗っていた20代の女性が軽傷を負いました。警視庁によりますと、パトカーは「不審者を見つけた」との110番通報を受けて現場に向かう途中でした。赤信号の交差点を直進したところ、青信号で交差点に入ってきた乗用車と衝突したということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121648.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

湿地で白骨遺体を発見 事件性の有無を調査 千葉(26日)テレビ朝日

千葉県佐倉市で、上半身が白骨化した男性の遺体が見つかりました。警察は、事件性があるのかなど調べています。
 25日午前11時ごろ、佐倉市小篠塚の山道を散歩していた男性から「白骨遺体がある」と110番通報がありました。警察が駆け付けると、水深が50センチほどある湿地の中で、上半身が白骨化した男性の遺体が仰向けで浮いていました。遺体は身長が155センチ、チェック柄のワイシャツに紺色のジャージを着ていました。警察は、歯形などから身元の特定を急ぐとともに、事件性の有無について調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121660.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

グループホームで“殺人未遂”入居者の72歳男を逮捕(26日)テレビ朝日

福岡県福津市のグループホームで、入居している72歳の男が別の入居者の背中を包丁で刺したとして、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。
 警察によりますと、小野悟容疑者は25日正午すぎ、入居している福津市内のグループホームの共用リビングで、別の入居者の男性(64)の背中を刃渡り約15センチの包丁で刺したとして現行犯逮捕されました。刺された男性は病院に運ばれましたが意識はあり、命に別状はありません。警察の調べに対し、小野容疑者は容疑を認めていて、「日頃のうっぷんがたまっていた」と話しているということです。施設の職員は「これまでトラブルはなかった」と話していて、警察では動機などを調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121658.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

16歳少女に“みだらな行為” 富山県警の刑事を逮捕(26日)テレビ朝日

高校生の16歳の少女に現金を渡してみだらな行為をしたとして富山県警の刑事が逮捕されました。
 富山県警高岡警察署の巡査長・広野陽介容疑者(31)は、去年11月、県内のホテルで当時16歳の高校生の少女に現金数万円を渡してみだらな行為をした疑いが持たれています。警察によりますと、広野容疑者は出会い系アプリに書き込み、16歳の少女を複数回誘い出していたとみられています。取り調べに対し「18歳未満であることは知らなかった」と容疑を否認しています。逮捕を受けて富山県警は「警察官にあるまじき行為で誠に遺憾であり、厳正に対処いたします」とコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000121661.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ヤミ民泊」隣の家で 福岡市2000件超、戸建てでも 訪日客向け住民困惑(26日)西日本

外国人観光客の急増に伴い、無許可の「ヤミ民泊」が九州の都市部で増えている。特命取材班に寄せられた情報によると、マンションだけでなく、最近は新築の一戸建てが立ち並ぶ住宅地でも横行しているという。その実態とは-。
 福岡市早良区の閑静な住宅地。「隣の家が民泊をやっています」と70代男性が教えてくれた。いつもは無人。雨どいに暗証番号で開くキーボックスがぶら下がっており、外国人宿泊者は自分たちで鍵を取り出す。
 記者が訪れた日、スーツケースを持った男女が出てきた。英語で声を掛けると「8千円、もう払ったよ」。韓国から4日間の九州旅行。何度も日本に来ているという女性は「いつもはホテル。今回は両親と祖父母が一緒なので一戸建てが快適と思った」。インターネットで見つけたという。
 近所の30代夫婦は、たばこの吸い殻のポイ捨て、放置されたごみのにおいが気になり、苦情を手紙にしてこの家の郵便受けに入れた。すると、ふた付きのごみ箱と吸い殻入れがすぐに置かれた。「騒音など実害はないんです。子どもが小さいので不安はありますが」 70代男性は眉をひそめる。「火の不始末が心配。密集した住宅地での民泊はいかがなものか」
続くdownwardleft
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/397043

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月25日 | トップページ | 2018年2月27日 »