« 2018年2月11日 | トップページ | 2018年2月13日 »

2018年2月12日

2018年2月12日 (月)

横浜の農薬工場で火災、1人死亡(12日)時事

12日午前9時ごろ、横浜市神奈川区恵比須町の「エス・ディー・エスバイオテック横浜工場」で火災が発生し、約3時間後に消し止められた。神奈川県警神奈川署によると、下請け会社の従業員永田雄太さん(35)=同市中区=が搬送先の病院で死亡した。同署と消防が出火原因を調べている。
 エス・ディー・エスバイオテックによると、横浜工場では農薬を製造している。出火当時は稼働していなかったが、翌日の操業準備のため、約10人の従業員が工場内にいたが、他にけが人はいなかった。現場は横浜港に近い工場地帯。(2018/02/12-19:32)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021200292&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻所持容疑で19歳大学生逮捕 小樽発フェリーで奇声上げ暴れる(12日)産経

乾燥大麻を所持したとして、舞鶴海上保安部(京都府舞鶴市)は、大麻取締法違反の疑いで札幌市の男子大学生(19)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。
 同保安部によると、11日午前4時20分ごろ、北海道小樽市から京都府舞鶴市へ向かうフェリーの中で大学生が奇声を上げて暴れたことから、乗組員が第8管区海上保安本部(舞鶴)に通報。舞鶴入港後、同保安部の職員が大学生の上着から大麻を見つけ、同日午後11時20分ごろ現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は11日夜、乾燥大麻を所持したとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180212/afr1802120010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

立川署管内の人身事故、都内97署で最多に(12日)読売

 警視庁立川署管内(東京都立川、国立市)の昨年1年間の人身事故件数が964件に上り、東京都内97署(島しょ部を除く)の中で最多の発生件数となった。
 多摩地域は都心と比べて事故が多発する傾向にあり、今後は取り締まりや啓発活動を強化し、重大事故防止を目指す。
 同署によると、管内の人身事故は2013年まで年間1000件台で推移していたが、15年にかけて減少。その後再び増加に転じ、昨年は前年比98件増となり、再び1000件に迫った。このうち、死亡事故は立川市内で3件、国立市内で2件で、男女計5人が命を落としている。
 増加の一因について、同署の石坂友則・交通課長は「JR立川駅周辺の再開発が進み、業務目的の車が多かった以前と比べ、買い物などの目的で、新たな車と人が流入するようになった」と語る。
 「ららぽーと立川立飛」、家具販売店の「IKEA」といった大型商業施設の開業が相次ぎ、近隣から車で訪れる人が増えたことが、増加につながった可能性があるという。
 自転車の事故も後を絶たない。昨年1年間で、自転車が絡む人身事故は全体の36・8%を記録。都内平均(33%)を上回り、大きな割合を占めた。重大な事故につながるケースもあり、同署は、悪質な運転をする自転車への取り締まりを強化し、運転ルールやマナーの順守も呼びかける方針だ。
 警視庁は現在、事故防止対策の一つとして、交差点を通行する際に歩行者とドライバーが目を合わせる「交差点アイコンタクト運動」を推奨している。
 石坂課長は「他人への思いやり、譲り合いの気持ちを忘れず、ゆとりある運転を心がけてほしい」と話している。http://www.yomiuri.co.jp/national/20180212-OYT1T50039.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

親子死亡 次男遺体遺棄の疑いで同居の男ら2人逮捕(12日)NHK

今月8日、埼玉県所沢市の住宅で高齢の女性とその次男が死亡しているのが見つかった事件で、警察は事件のあと行方が分からなくなっていた女性の同居人とその知人が次男の遺体を遺棄したとして逮捕しました。
 逮捕されたのは、いずれも住居不定、無職の佐久間義明容疑者(53)と大谷竜次容疑者(42)です。
 今月8日、埼玉県所沢市の住宅の浴室で、この家に住む入江富美子さん(76)と入江さんの次男で所沢市内の別の家に住む大崎欣孝さん(53)が死亡しているのが見つかりました。大崎さんには複数の刺し傷があったことから、警察は事件に巻き込まれたと見て捜査を進めていました。
 そして、入江さんと同居しながら介護を手伝っていて、事件のあと行方が分からなくなっていた佐久間容疑者らを見つけ、12日事情を聴いた結果、大崎さんの遺体を遺棄した疑いで逮捕しました。
 警察は、大崎さんらが死亡したいきさつについても今後、事情を聞くことにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180212/k10011326111000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子中学生の遺書は「くたばれ」 第5景・教育(8)

福井県外のある高校3年生男子は、クラス全員から「体臭が強い。近寄るな」と言われた。廊下を歩くと、他の生徒は端に寄り、かに歩きのようにしてすれ違った。担任に相談すると「朝シャン(朝の洗髪)して来い」と逆に注意された。生徒は毎日“朝シャン”をしていた。いじめられていることを父親に話すと「男のくせに、何だ」と怒鳴られた。どこにも逃げ場はなかった。
 2013年11月、身を投げるために坂井市の東尋坊にやって来た。雨が降る中、東屋で休んでいるところを、自殺防止活動をするNPO法人「心に響く文集・編集局」のスタッフに保護された。
 2学期が始まったばかりの昨年8月31日午後6時半ごろ、高校2年生の女子生徒は東尋坊の岩場の先端に座り込んでいた。「宿題が提出できず恥ずかしい思いをした」。県外の進学校に通っていた。勉強についていけないと両親に言っても「退学なんて恥ずかしい」の一点張り。暗くなったら、海に飛び込もうと考えていたところ、同NPOの茂幸雄代表(73)に声を掛けられた。
 連絡を受けた学校は「今年も勉強についていけない生徒20人が退学した。彼女の親にも退学を勧めた」。現場に駆け付けた父親は娘を見て「やっぱり」と言った。茂さんは、娘が追い詰められていたことを分かっていた父親の言葉に怒りを感じた。「なぜ娘の味方になってやれなかったのか」。娘には漫画家になる夢があった。
   ■  ■  ■
 2004年に立ち上がった同NPOが、これまでに救った609人(1月22日現在)のうち、未成年者は22人。その中には自転車で来た県内の高校生も含まれている。
 スタッフは、とにかく声を掛け、嫌がって逃げる人でも捕まえて、事務所に連れて行く。すると、ぽつりぽつりと話し始めるという。「飛び込む寸前になっても、本当に死にたいと思っている人はいない」。茂さんがたどりついた結論だ。断崖に立ってなお、救いを待っていた。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/293176

| コメント (0) | トラックバック (0)

「再募集しないと傷付ける」警視庁が保育園警戒強化(12日)テレビ朝日

東京の練馬区役所に「保育園の入園申請をリセットして再募集しないと園児たちを傷付ける」という内容のはがきが届き、警視庁は練馬区内の各保育園での警戒を強化しています。
 練馬区役所によりますと、9日、練馬区役所の保育課宛てに「保育園の入園申請をリセットして再募集し、13日までにホームページで告知しないと園児を傷付ける」といった内容のはがきが届きました。練馬区では4月から保育園に入園する園児を募集していて、1次募集の結果を16日に発表する予定でした。区役所はすでに警視庁に相談していて、区内の各保育園には警察官が立ち寄るなどして警戒を強めています。練馬区役所の保育課は「困惑している。困り事があれば個別に相談してほしい」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120789.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

用水路転落か、新潟で2人死亡 十日町市と長岡市(12日)西日本

新潟県警は12日、同県の十日町市と長岡市で、雪の積もる用水路に誤って転落したとみられる事故が相次ぎ2人が死亡したと明らかにした。いずれも死因は溺死だった。
 12日午前7時50分ごろ、同県十日町市倉俣の用水路で、近くに住む農業高野新平さん(90)が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。十日町署によると、自宅の畑付近にある用水路脇で、家族が高野さんのものとみられる足跡を発見して110番した。
 同日午前9時半ごろには、同県長岡市宮沢の用水路で、近くの無職小熊矢代江さん(62)が沈んでいるのが見つかった。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/393592

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル) 
殺人の検挙はパーフェクト
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013499

 埼玉県所沢市で76歳の女性と53歳の次男が死亡しているのが発見された事件は53歳の男性の上半身に複数の刺し傷があり死因は内臓損傷というから、明らかな殺人事件。埼玉県警は12日、事件のあと行方が分からなくなっていた女性の同居人(53)とその知人(42)を死体遺棄の容疑で逮捕した。
 一方、山梨県警は2年前の会社役員(73)殺人事件で神奈川県の24歳の男と山梨県内の24歳の2人の男を逮捕した。同県警は、現場の遺留物のDNA鑑定を行い捜査を進めた結果の逮捕となった。さらに、現場に残された足跡が、同じ年に長野県内の畑で遺体で見つかった男性の勤務先に残されていた足跡と特徴がよく似ていることが分かったという。
 昨年は殺人事件の検挙率が極めて高い。そして今年に入っても順調な捜査が続いているようだ。
 警察庁によると昨年(平成29年)の殺人の認知件数は920件で前年より25件増えている。検挙者数は874人で同58人の増。検挙率は高く101.1%だった。
 認知件数のランキングは大阪の102件、東京の99件、神奈川の66件、愛知と兵庫の58件と続いた。なお、1年間で発生が1件という件があった。それはあの山梨県だ。
 検挙率は島根の200%をトップに秋田の114.3%、東京の105.1%など100%超えが35都府県あった。
 低くても鳥取の75.0%。これに群馬の83.4%、滋賀の84.6%、静岡の88.2%、熊本の88.9%の順。
 凶悪犯の中でも最も凶悪な殺人の検挙率がパーフェクトの警察が多いとは頼りがいのある警察ですね。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童養護施設の移転、地元反対で断念 「学校が荒れる」(12日)朝日

 岐阜県関市児童養護施設「美谷学園」が、山県市内に施設の一部を移転新築する計画を断念した。移転先の地元自治会の「反対」が理由だ。ただ、その理由には学園側が「偏見だ」と訴えるものもあった。
 関市の山あいにある美谷学園の現施設は老朽化に加えて、通学に不便で進路選択にも影響していた。学園は来年4月開設を目指し、現施設(定員74人)の隣接地に新施設(同45人)と山県市内にグループホーム(同16人)の二つを建てる計画だった。 
 だが移転先の自治会は16年9月、同じ中学校区に別の児童養護施設があることなどを理由に、住民計約1300人分の署名を添えて建設反対の陳情書を市に提出した。学園による複数回の住民説明会を経ても態度は変わらなかった。
 それでも学園側は昨年9月、施設整備の補助金を国に申請するため、必要となる市町村による意見書作成を山県市に依頼。ただ、国は補助金の交付条件の一つに「地域住民の賛同」をあげており、市の意見書には自治会の反対が記された。
 美谷学園の森川幸江理事長によると、学園側は意見書の内容を受けて昨秋に臨時理事会を開催。自治会の反対により補助金を受けられる見通しが立たない中で、グループホーム建設は財政的に困難だと判断。隣接地での新施設建設だけを進めると決めた。
 国への補助金申請手続きを行う県は昨年11月、学園からこの意見書を含めた書類を受け取った。だが、県も住民の反対を理由に「補助金の協議を国にするのは困難」と判断し、昨年末に学園側に伝えた。
 県によると、学園の現施設の定員は74人だが、国の児童養護施設の小規模化方針やグループホーム建設を見越して、1月現在の入所児童は43人に調整されている。県の担当者は「今入所する子どもが別の施設に移ることはない」とし、県全体の受け入れ態勢についても「支障はない」としている。

住民「中学 荒れる」 施設「偏見だ」

 地元の二つの自治会山県市に出した陳情書には、施設建設反対の理由の一つに「生活環境や地域住民だけでなく、学校や子どもたちにも著しい影響を与えると懸念」とあった。「中学校が『荒れた』過去があり、また起こる心配がある」と取材に語る男性もいた。
 美谷学園の森川理事長は「施設の子が悪い子という決めつけ、偏見だ」と憤る。地元の賛同がないまま補助金申請に動いたのは「撤退すれば学園が偏見を認めたことになる」からだと説明する。続くdownwardleft

https://www.asahi.com/articles/ASL285HL9L28OHGB00J.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

未解決の府中信金職員殺害事件発生13年 遺族「事件前に進めて」(12日)産経

東京都府中市の多摩中央信用金庫(現・多摩信用金庫)府中支店で平成17年2月、営業課長の後藤博樹さん=当時(39)=が刺殺された事件で、警視庁府中署は12日、現場周辺の街頭で情報提供を呼びかける広報活動を実施した。
 この日は発生から13年を迎えるのを前に、署員や多摩信金の職員ら約95人が参加。昨年は茨城女子大生殺害事件や川崎通り魔事件など、10年以上未解決だった事件の検挙が相次いだこともあり、博樹さんの母、リウさん(74)は「息子の事件も前に進むことができるよう、情報提供をお願いしたい」と呼びかけた。
 事件は17年2月14日深夜に発生。現場に残されていた犯人の腕時計は米GUESS(ゲス)社製のもので、蛇腹式のバンドに交換されていた。情報提供は府中署(電)042・360・0110。http://www.sankei.com/affairs/news/180212/afr1802120006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

泥酔の警部補、介抱した人を蹴った疑いで逮捕(12日)TBS

12日未明、神戸市垂水区の路上で、兵庫県警の警部補が泥酔し、介抱していた男性の腹を蹴ったとして逮捕されました。
 「関係あらへん」
 「あなた私らと同じ職種やから分かるでしょうが」(警察官とみられる声)
 「そんなもん関係あらへん」
 「関係ないことない」(警察官とみられる声)
 暴行の疑いで逮捕されたのは、宝塚警察署の地域一課に所属する警部補・上柿浩司容疑者(53)です。警察によりますと、酒に酔っていた上柿容疑者は午前0時すぎ、神戸市垂水区の路上でタクシーに乗せようと介抱してくれていた通行人の男性(52)の腹を蹴った疑いが持たれています。
 上柿容疑者は11日の午後8時ごろから現場近くのバーでワインボトル2本とビール4、5杯を飲んだということで、取り調べに対し、「一切覚えておらず、身に覚えがありません」と容疑を否認しています。
 宝塚警察署は、「署員がこのような事件で逮捕され、誠に申し訳ありません」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3290490.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

石川・加賀市の海岸に木造船、北朝鮮籍か(12日)TBS

11日夕方、石川県加賀市の海岸で木造船1隻が打ち上げられているのが見つかりました。船首部分には数字が書かれていて、警察では北朝鮮籍の可能性があるとみて詳しく調べています。
 11日午後5時半ごろ、加賀市美岬町の海岸で「波消しブロックに木造船が漂着している」と近くを散歩していた男性から警察に通報がありました。金沢海上保安部によりますと、木造船は長さおよそ18メートル、幅が5メートルほどで、右の船首部分に8桁の数字が書かれていたということです。
 現場は尼御前岬の南側およそ100メートルの海岸で、海上保安部と警察が午前中に船内を調べたところ、救命胴衣やロープが見つかりましたが、乗組員の姿は確認されませんでした。
 海上保安部などでは、船の構造から北朝鮮籍の可能性があるとみて、さらに詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3290516.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮城で除雪車が接触 歩行者の高齢女性が死亡(12日)テレビ朝日

宮城県加美町で作業中の除雪車が歩行者の女性と接触する事故があり、女性はまもなく死亡しました。
 警察によりますと、12日午前10時すぎ、加美町の町道で作業中の除雪車が道路を歩いていた高齢の女性と接触する事故があり、女性はまもなく死亡しました。除雪車は作業中で、近くの駐車場に雪を降ろしてバックで町道に戻る際に女性と接触したということです。警察は除雪車を運転していた69歳の男を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕しました。男は容疑を認めていて、「後ろに人がいることを認識していなかった」と供述しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120782.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大雪で交通にも乱れ 特急列車が始発からすべて運休(12日)テレビ朝日

石川県では交通機関が大きく乱れています。金沢駅と関西や名古屋などを結ぶJRの特急列車は始発からすべて運休になっています。
 北陸は強い冬型の気圧配置となり、金沢市では最大瞬間風速24.1メートルを観測しました。交通機関も大きく乱れ、金沢と関西方面を結ぶJR「特急サンダーバード」や名古屋、米原方面を結ぶ「特急しらさぎ」合わせて82本が始発からすべて運転を取りやめました。先週の記録的な大雪で雪が残るなか、13日にかけてさらに雪が積もることが予想されていて、市民生活への影響が懸念されています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120770.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大雪でスリップ事故相次ぐ 福岡で新聞配達員が死亡(12日)NHK

新聞配達のバイクが転倒 トラックにひかれ死亡 福岡
この雪の中、12日午前5時すぎ、福岡県みやま市の国道で、新聞配達員の61歳の男性がバイクを運転中に転倒し、対向車線の大型トラックにひかれて死亡しました。
 警察は、路面に積もった雪でバイクがスリップしてセンターラインを越えたと見て事故の原因を調べています。
  14台が事故に巻き込まれる 大阪
 大阪市では、12日朝の最低気温が0度2分と厳しい冷え込みとなり、路面が凍結した阿倍野区の天王寺バイパスでスリップ事故が相次ぎました。
 警察によりますと、12日午前5時半ごろから30分ほどの間に数か所で車のスリップが相次ぎ、事故の処理に当たっていたパトカーを含む合わせて14台が追突事故などに巻き込まれたということです。
 この事故によるけが人はいないということです。天王寺バイパスは、午前6時すぎから大阪市内の全線で通行止めとなっています。
  東北自動車道でも事故相次ぐ
雪の影響で、宮城県内の東北自動車道でスリップ事故が相次いでいます。
警察によりますと、このうち、12日午前9時前、宮城県大崎市の大和インターチェンジと古川インターチェンジの間の下り線で、2トントラックが雪でスリップして横転しました。
 また、午前10時半前、仙台市泉区の大和インターチェンジと泉インターチェンジの間の上り線で乗用車3台が雪でスリップし、相次いで路肩の雪に突っ込みました。いずれの事故もけが人はいないということです。
 事故のため、東北自動車道は、仙台宮城インターチェンジと仙台南インターチェンジの間の上り線、大和インターチェンジと古川インターチェンジの間の下り線、大和インターチェンジと泉インターチェンジの間の上り線で、それぞれ通行止めになっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180212/k10011325541000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の警官、同期の結婚式後に酔ってガラス割った疑い(12日)朝日

福岡市内のマンションで窓ガラスを割ったとして、福岡県警は12日、南署刑事2課知能犯係の巡査長(29)を建造物損壊の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「やっていない」と容疑を否認しているという。
 監察官室によると、巡査長の逮捕容疑は12日午前0時35分ごろ、福岡市中央区大名1丁目のマンション玄関ロビーの窓ガラス1枚(縦約180センチ、横約40センチ)を壊したというもの。
 近くの飲食店従業員がガラスの割れる音を聞いて外に出た際、巡査長を発見。現場から離れたため、後を追いながら110番通報した。駆けつけた警察官が職務質問し、逮捕した。
 巡査長は調べに対し、11日午後にあった同期の結婚式に出席したと説明。検査したところ、呼気1リットルあたり0・6ミリグラムのアルコールが検出されたという。
 落合喜久司・首席監察官は「警察官が逮捕されたことは誠に遺憾。県民に深くおわび申し上げます」とコメントした。県警では昨年不祥事が相次ぎ、2005年以降で最多の計23人が懲戒処分を受けている。(藤山圭)
https://www.asahi.com/articles/ASL2D2CSLL2DTIPE001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミの中から1700万円、廃棄施設が権利取得(12日)読売

 富山市内の廃棄物処理施設で昨年11月9日に見つかった現金約1700万円は10日、落とし主が現れないまま保管期限の3か月が過ぎた。
 富山北署によると、遺失物法に基づき、発見者の同施設が取得の権利を得た。
 同署にはこれまで1件の問い合わせがあったが、持ち主につながる有効な情報はなかった。現金は、同施設でごみの分別作業をしていた60歳代の男性従業員が見つけ、同施設が同署に届け出ていた。
 富山市内の廃棄物処理施設では昨年10月10日にも、ごみの中から現金約1000万円が入ったかばんが見つかったが、持ち主は見つからなかった。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180211-OYT1T50037.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山梨の役員襲撃と長野の遺体遺棄 関連捜査へ(12日)NHK

おととし甲府市の住宅で会社役員が襲われて死亡し男2人が逮捕された事件で、現場に残された足跡が、同じ年、長野県内の畑で遺体で見つかった男性の勤務先に残されていた足跡と特徴がよく似ていることが捜査関係者への取材でわかりました。勤務先は何者かに荒らされ逃走する2人組が目撃されていて、山梨・長野両県警は、2つの事件に関連がないか捜査することにしています。
 おととし8月、甲府市朝気の住宅で不動産会社役員、若宮利雄さん(当時73)が襲われて死亡した事件で、神奈川県厚木市の武井北斗容疑者(24)と山梨県甲斐市の金丸拓人容疑者(24)が強盗致死などの疑いで逮捕されました。
 これまでの調べで、若宮さんの住宅に押し入った2人のものとみられる足跡が残されていましたが、それと特徴がよく似た足跡が、おととし11月、長野県南牧村の畑で遺体で見つかった山梨県甲州市の齊藤弥生さん(36)の勤務先に残されていたことが捜査関係者への取材でわかりました。
 勤務先は貴金属買い取り店で、この店では齊藤さんの遺体が発見された日の未明に、店内が荒らされ、その後、逃走する2人組が目撃されています。山梨・長野両県警は、2つの事件に関連がないか捜査することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180212/k10011325301000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎で振り込め詐欺の被害防止呼びかけ 埼玉(12日)NHK

埼玉県上里町で、警察官と小学生が一緒に歌舞伎を演じて、振り込め詐欺の被害防止を呼びかけました。
 11日は、上里町を管轄する本庄警察署の警察官と地元の小学生、合わせておよそ15人が町内のホールで歌舞伎を上演しました。
 盗賊たちの悲哀を描いた「白浪五人男」をもとに、盗賊たちが振り込め詐欺の手口をわかりやすく紹介する筋書きです。独特の化粧を施した警察官らは、「電話でお金の話は振り込め詐欺」などと大きな声で訴えていました。
 本庄警察署の管内では、去年1年間の振り込め詐欺の被害総額がおよそ2350万円にのぼるということです。
 訪れた73歳の男性は、「詐欺の手口が印象に残りました。知らない番号からかかってきた電話はとらないことを家族で徹底します」と話していました。
 役者を務めた小学6年生の女の子は、「一生懸命演じたので、お年寄りにこの歌舞伎を思い出してもらって、振り込め詐欺の被害にあわないでほしいです」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180212/k10011325341000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

スパコン事件、捜査終結へ 脱税罪、13日に社長起訴(12日)共同

スーパーコンピューター開発会社の脱税事件で、東京地検特捜部は11日までに、法人税法違反の罪で「ペジーコンピューティング」社長の斉藤元章容疑者(50)を勾留期限の13日に起訴する方針を固めた。国の助成金詐取を含め、一連の事件の捜査は終結する見通し。
 関係者によると、脱税の意図を否定しているもようだ。
 特捜部は昨年12月以降、経済産業省所管の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に虚偽の実績報告書を提出して国の助成金をだまし取ったとして、斉藤容疑者ら2人を2度にわたって詐欺罪で起訴。立件額は計約6億5300万円に上った。
https://this.kiji.is/335465724993274977?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

北陸で再び大雪警戒、福井では雪下ろしで男性転落死(12日)TBS

記録的な積雪によって車の立往生が相次いだ北陸地方で、再び大雪のおそれです。日本付近は強い冬型の気圧配置となり、西日本の日本海側ではすでに吹雪いているところもあります。北陸では11日夜から雪が強まり、13日にかけて大雪に警戒が必要です。
 先週、最大87センチの積雪を記録した金沢市では、今も生活道路や住宅の屋根に多くの雪が残されていて、車や歩行者が通行しにくい状況が続いています。
 こうした中、11日は学生ボランティアおよそ80人が地元の町会の除雪作業を行い、13日にかけて再び予想される大雪に備えてバス停や通学路の雪を取り除きました。
 一方、記録的な大雪に見舞われた福井県では、除雪中の事故も起きています。10日午後5時前、福井県越前市の会社役員・大友修一さん(68)が自宅脇の道路に転落しているのが見つかり、頭などを強く打って11日未明に死亡しました。
 福井県警によりますと、大友さんは自宅1階部分の屋根の雪を下ろしていて、およそ5メートルの高さから転落したとみられるということです。
 北陸地方では13日にかけて強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込みです。12日午後6時までの24時間に降る雪の量は、多いところで、福井県の平地で50センチ、石川県の平地で40センチが予想されています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3289839.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「遺体を2つに切断」 男の逮捕前の姿捉える(12日)テレビ朝日

愛知県の三河湾に父親の遺体を沈めたとして31歳の男が逮捕されました。ANNのカメラが男の逮捕前の姿を捉えていました。
 自らが経営する農園で作業する男。死体遺棄の疑いで11日に送検された愛知県豊橋市の小林大介容疑者です。小林容疑者はおととし10月、父の生治さん(当時63)の遺体を三河湾に沈めて捨てた疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、小林容疑者は黙秘していますが、逮捕前の任意の事情聴取で「母親に暴力を振るう父に腹が立った」「遺体を電動のこぎりで2つに切断した」などと供述していました。警察は、まだ見つかっていない遺体の捜索などを続けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120751.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げで29歳男を逮捕 24歳男性は重体 山梨(12日)テレビ朝日

 11日に山梨県南アルプス市で24歳の男性が車にはねられて意識不明の重体になったひき逃げ事件で、警察は29歳の会社員の男を逮捕しました。
 会社員の有野恭平容疑者は午前4時ごろ、南アルプス市内の路上で乗用車を運転中に24歳の男性をはね、そのまま逃走した疑いが持たれています。男性は骨盤を骨折するなど意識不明の重体です。警察によりますと、目撃者の情報や防犯カメラの映像などから、現場から逃走した白い乗用車を捜したところ、発生から約2時間後の午前6時前、有野容疑者の自宅で車を発見したということです。警察は有野容疑者の認否について明らかにしていません。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120763.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

落下物民家屋根貫通も 佐賀ヘリ墜落の現場180メートル内 新たに被害7件(12日)西日本

佐賀県神埼市の住宅に陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地(同県吉野ケ里町)所属のAH64D攻撃ヘリコプターが墜落した事故で、小野寺五典防衛相は11日、落下物が周辺の民家の屋根を貫通するなど新たに7件の被害を確認したと発表した。佐賀市内で記者団の取材に対し「しっかり補償したい。新たに被害が確認された場合も対応する」と述べた。
 防衛省によると、被害は墜落現場から南北にそれぞれ約180メートルの範囲内で確認。民家の屋根を貫通したほか、雨どい▽倉庫の壁▽小屋の壁▽トタン屋根▽ビニールハウス-を破損していた。幼稚園では遊具などに潤滑油が付着していた。
 このうち民家の屋根を貫通した部品が最も大きいという。この民家に夫婦で暮らす70代女性は取材に対し「(事故当時は)たまたま2人とも外出していて無事だった。家に帰ると部屋に何か落ちていてびっくりした。二度とこんなことを起こさないでほしい。安心して眠れない」と話した。
 陸自は、落下物の捜索範囲を現場周辺から拡大し、原因究明につなげるため約千人態勢で捜索。周辺住民から被害がなかったかどうかも確認している。
 一方、小野寺防衛相は事故原因についても言及。主回転翼4枚のうち2枚は墜落現場から300~500メートル離れた水路で発見されており、「(飛行)途中で(主回転翼が)外れた可能性も当然否定できない」との見方を示した。
 小野寺防衛相は同日午前に佐賀県庁で山口祥義知事に事故について陳謝。午後からは目達原駐屯地を訪れ、死亡したヘリ乗組員2人の部隊葬送式に参列した。=2018/02/12付 西日本新聞朝刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/393463

| コメント (0) | トラックバック (0)

仕組まれた駐車場事故に反響 「もしかしたら私も」(12日)西日本

駐車場でバック中に死角から迫り、運転者を接触事故の「加害者」に仕立て上げて保険金をだまし取る手口に特命取材班が迫った西日本新聞の記事(1月31日付朝刊)に、多数の反響が寄せられている。ウェブニュースの閲覧回数は1日で300万回を超え、ツイッターでも拡散。「同じようなトラブルに巻き込まれていたが、記事が出て急に解決した」という報告もある。
 「コンビニエンスストアの駐車場でバック中、いつの間にか後ろに車が来ていて接触事故に。あの記事と状況がよく似ていた」。九州在住の50代男性から無料通信アプリLINE(ライン)でメッセージが来た。
 男性に話を聞くと、過失割合をめぐって男性側の保険会社と相手との話し合いが難航。司法の場で争う事態になりかけたが「記事が出た直後に先方から急に『現状の過失割合でいい』と連絡があった」という。男性は「記事が解決につながった。詐欺集団の撲滅に期待しています」と取材班に謝意を伝えてくれた。
 「似たようなことが私にもあった」。別の読者は福岡県八女市のコンビニでの体験を報告してくれた。
 買い物を終えて車を発進させたところ、車体をパンパンと手でたたかれた。車から降りると2人の男が「俺の自転車にぶつけて逃げるのか」と強い口調で語り、3万円の支払いを求めてきた。怖くなってコンビニの店内に戻り警察に連絡しようとすると男たちは自転車で走り去ったという。
 駐車場に限らず、車にわざとぶつかって金をだまし取る「当たり屋」の被害報告もあった。多くの事例に共通するのが、相手が「警察に連絡すると面倒」「警察には連絡せず、話し合いで済ませよう」と持ち掛けていることだ。
 交通事故を起こした場合、警察への報告が道交法72条1項で義務付けられており、違反者には3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられる。「道路上はもちろん、一般車両が出入りする駐車場での事故も対象」(福岡県警)だ。詐欺被害を防ぐためにも、まずは通報してほしい。
 交通事故の相談は、各県や政令市の交通事故相談所▽日弁連交通事故相談センター(平日)=(0570)078325=などで受け付けている。=2018/02/12付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/393481

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月11日 | トップページ | 2018年2月13日 »