« 2018年2月5日 | トップページ | 2018年2月7日 »

2018年2月6日

2018年2月 6日 (火)

新潟県警、警部補を逮捕 職員に強制わいせつ容疑(6日)産経

新潟県警は6日、警察職員の20代女性の体を触ったとして、強制わいせつの疑いで五泉署の警部補、田川正幸容疑者(58)=新潟市秋葉区=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は昨年12月28日、五泉市内の飲食店や、タクシーの車内で隣に座っていた女性の体を触ったとしている。
 県警によると、田川容疑者は当時、五泉署の警備課長で、女性や署長らと飲み会に出席していた。先月4日に女性が被害を相談し、発覚した。
 樋口誠首席監察官は「誠に遺憾で、被害者や県民に深くおわび申し上げる。捜査を尽くし、厳正に対処する」とコメントした。
http://www.sankei.com/affairs/news/180206/afr1802060047-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

お笑い芸人の新妻悠太さんの契約解除 窃盗未遂など逮捕で所属事務所(6日)産経

他人のマンションの部屋に侵入したとして、警視庁新宿署に住居侵入と窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕されたお笑いコンビ「トップリード」の新妻悠太さん(36)=1月31日に処分保留で釈放=について、芸能事務所の大田プロダクションは6日、所属契約を解除したことを明らかにした。
 同社の公式サイトで発表したもので、新妻さんは不起訴処分になったが、「事の重大性や社会的影響」から契約を解除したとしている。 (WEB編集チーム)
http://www.sankei.com/affairs/news/180206/afr1802060048-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

雪で動けなくなった車内で男性死亡…CO中毒か(6日)読売

大陸から強い寒気が流れ込んだ影響で、6日は北陸を中心に日本海側で記録的な大雪となった。
 福井市では1981年の豪雪以来、37年ぶりに積雪が130センチを超え、各地で平年の数倍の積雪を観測した。7日から8日にかけて北陸上空はさらに厳しく冷え込む見通しで、気象庁は警戒を呼びかけている。
 同庁によると、6日は北陸各地で24時間降雪量が50センチを超え、午後5時現在の積雪は、石川県加賀市169センチ(平年比約3倍)、福井市130センチ(同6倍)など。
 大雪の影響で福井県あわら、坂井両市の国道8号では、約1500台の車が約9キロにわたって立ち往生した。県から災害派遣要請を受けた自衛隊などが除雪を続けているが、解消の見通しは立っていない。
 福井市では同日午前8時頃、雪で動けなくなった車内で50歳代の男性がぐったりしているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した。一酸化炭素中毒とみられるという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180206-OYT1T50081.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

眞子さまの結婚に向けた行事 宮内庁が延期を発表(6日)NHK

宮内庁は、婚約が内定している秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまと、お相手の小室圭さんの結婚に向けた行事などを延期すると発表しました。来年は天皇陛下の退位や皇太子さまの即位に伴う重要な儀式があることから、お二人の結婚とそれに関わる行事は再来年になる見込みだということです。
 去年9月に婚約が内定した眞子さまと、大学時代に同じ学年だった小室圭さんの結婚式は、ことし11月4日に東京都内のホテルで行われ、これに先立つ来月4日に、一般の結納にあたる「納采の儀」が行われる予定でした。
 これについて、宮内庁の加地隆治宮務主管は6日、記者会見し、お二人の結婚に向けたすべての行事について、「後日に延期することとなった」と発表しました。
 そのうえで、「変更後の日程については改めて発表する」としたうえで、来年は天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う一連の重要な儀式などが執り行われるとして、お二人の結婚とそれに関わる行事は、「一連の重要な儀式が滞りなく終了した再来年になる見込みだ」と説明しています。
 宮内庁は延期の理由について、お二人が結婚までに行う行事や結婚後の生活について、十分な準備を行う時間的余裕がないと認識されていることを受けてのものだとしています。
 そのうえで、「お二人のご結婚についてのご意思はお変わりない」と説明し、「ご意向に沿って、ご結婚に向けて必要なお支えをしていく考えに変わりはない」としています。

眞子さまと小室さんのコメント

続くdownwardleft

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011317991000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤密輸量 過去2番目 昨年押収2年連続1トン超(6日)共同

昨年一年間に全国の警察が摘発した覚醒剤密輸事件での押収量は千六十八キロで、過去二番目の多さだったことが六日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。過去最多だった前年よりも三百六十キロの減少だったが、統計がある二〇〇二年以降で初めて二年連続で一トンを超えた。同庁は、国外からの流入量が高水準で推移しているとみて警戒を強めている。

 警察庁によると、昨年は船を使って茨城県沖で受け渡しをした密輸事件を八月に摘発し、四百七十五キロに上る覚醒剤を一度に押収。秋以降は供給が減った後の需要を狙い、航空便の手荷物などで運べる小口の密輸が相次いだことから、押収量が増えたとみられる。
 前年も一度では過去最多となる五百九十七キロを押収するなど大規模な摘発が相次いだことから、押収量が二年続けて一トンを超えた。
 昨年の密輸の手口では、旅行や仕事を装った運び屋がかばんなどに隠し、航空便などで国内に持ち込む「携帯型」の摘発が八十四件あり、前年の四十一件からほぼ倍増。覚醒剤の押収量も、前年から百十七キロ増の百八十九キロとなった。
 発見を免れる方法も巧妙化し、二重底に細工したキャリーバッグに隠したり、マスカラの容器に隠したりして持ち込もうとした例もあった。
 携帯型密輸の渡航者をみると、出航地別ではタイが十五件でトップ。次いで中国の十一件、台湾の七件が続いた。他はマレーシアの六件、トルコやメキシコ、ウガンダがいずれも五件などだった。警察庁の担当者は「国内の覚醒剤の末端価格は低下傾向となっていることからも、海外からの流入が増えている恐れがある」と分析している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201802/CK2018020602000275.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

LCC「ピーチ」が国内線に誤誘導、国際線の乗客13人が入国審査パス(6日)TBS

1人の乗客とは、まだ連絡が取れていないようです。
 5日夜、台湾の台北から関西空港に到着した格安航空「ピーチ・アビエーション」の乗客が、誤って国内線の到着口に誘導され、一部の客が入国審査を受けずに入国したことがわかりました。国内線ロビーに外国人が大勢いることを警備員が不審に思い、ミスが発覚しました。
 職員らがすぐに入国審査へと案内しましたが、乗客165人のうち13人が、入国審査を受けずに入国したということです。このうち12人とは連絡が取れ、入国手続ができる見込みですが、日本人1人とは、まだ連絡がついていないということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3285471.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

対向車線にはみ出し3台と衝突 そのまま逃走(6日)テレビ朝日

横浜市で乗用車が対向車線にはみ出し、バイクと車3台に衝突してそのまま逃走しました。バイクに乗っていた55歳の女性が重傷とみられ、警察はひき逃げ事件とみて逃げた車の行方を追っています。
 6日午前11時すぎ、横浜市保土ケ谷区の国道16号から環状2号線につながる道路で、乗用車が対向車線にはみ出し、原付きバイクと衝突しました。さらにその後、2台の乗用車にも衝突しました。警察によりますと、この事故でバイクに乗っていた55歳の女性が右腕を骨折した疑いがあるということです。事故を起こしたのは黒色の乗用車で、事故後、運転手は車を降りることなく、そのまま環状2号線方向に逃走したということです。警察はひき逃げ事件とみて、逃げた車の行方を追っています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120375.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ローター部品の交換直後に墜落 同型機で2番目古い(6日)テレビ朝日

墜落した自衛隊のヘリコプターは、事故の直前にプロペラの接続部分を交換していたことが新たに分かりました。防衛省から報告です。

 (政治部・中丸徹記者報告)
 交換されていたのはプロペラとエンジンの回転軸をつなぐ、飛行にとって極めて大事な部品でした。小野寺防衛大臣は6日朝、事故機が直前に「メインローターヘッド」という部品の交換を行っていたことを明らかにしました。累計で1750時間、飛んだことに伴うものだということです。防衛省は「因果関係はまだ分かっていないが、重大な変更であり、精査する」としています。事故機は自衛隊に導入された同型機で2番目に古い機体でした。防衛省は散乱した部品やまだ見つかっていないフライトレコーダーを回収して、原因究明を急ぎたいとしています。安倍総理大臣は朝の予算委員会で謝罪しました。
 安倍総理大臣:「国民の命と平和な暮らしを守るべき自衛隊が住民の方々の安全を脅かし、多大な被害を生じさせたことは誠に遺憾であります。自衛隊の最高指揮官として心よりおわびを申し上げ、お見舞いを申し上げます」
 また、安倍総理は5日、自衛隊が保有するすべてのヘリコプターの徹底的な整備点検を行うとともに、事故を起こしたヘリの同型機の飛行停止を指示しました。政府は現場に近い佐賀空港に自衛隊が導入するオスプレイの配備を計画していて、事故による地元の不安の高まりに神経をとがらせています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000120319.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日 単位・レベル) 
なんでだろう!なんでだろう
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013452

 既に死刑が執行された事件で、犯人のものとされる血液のDNA鑑定が正しかったのかなどを争点に、再審を認めるかどうか注目されていた即時抗告審で、福岡高裁は6日、再審請求を退ける決定をした。
 平成4年2月、福岡県飯塚市で、登校中の小学1年生の女の子2人が行方不明になり、20キロ離れた山中で遺体で発見され事件。当時56歳の男が逮捕され同18年に死刑が確定し2年後に執行された。
 DNA鑑定が争点と言えば13年前に栃木県の旧今市市で下校中の女児が連れ去られて茨城県内で遺体が見つかった事件では、35歳の男が逮捕されたが、無罪を主張した1審では無期懲役を言い渡されたものの控訴。現在、東京高裁で争われている。
 偶然だろうがこの事件はいずれも登下校中に被害者が略取された事件。検挙率が高いのだが、起訴率が低い。
 警察庁によると昨年(平成29年)の認知件数は239件で前年より11件の増。検挙率は高く97.9%で前年を9.7ポイントも上回った。
 ランキングは大阪の40件、東京の32件、神奈川の24件、兵庫の19件、福岡の14件と続いたが、大阪が前年より13件も増えたほか兵庫も8件増えている。
 検挙率は神奈川の141.7%をトップに100%超えが24都県あった。低くても新潟、三重の66.7%など。
 ところが起訴率が低い。平成13年には61.8%で同15年には70.6%と高かったが直近の同26年はなんと38.2%まで落ちている。取調室の問題ではないのか?秘密の暴露が得られないものなぁ~
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査費横領疑い、28歳巡査長を書類送検 長野県警(6日)産経

長野県警は5日、捜査費約3万5千円を着服したとして、業務上横領などの疑いで、男性巡査長(28)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査長は同日、依願退職した。
 送検容疑は平成29年6月から11月にかけ、捜査費を7回にわたり計約3万5千円横領するなどした疑い。監察課によると、巡査長は協力者への謝礼として捜査費を申請。実際は生活費に充てていたという。
 協力者から「謝礼を受け取っていない」との相談を受け、県警が内部調査し、発覚した。
 油井英人首席監察官は「誠に遺憾で、県民の皆様におわび申し上げる。職員への指導を徹底し、再発防止に努める」と述べた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180206/afr1802060027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉の白骨3遺体、50代男性を聴取へ 県警(6日)朝日

埼玉県深谷市の民家で白骨化した遺体3体が見つかった事件で、埼玉県警は民家の借り主だった50代の男性の所在を埼玉県内で確認した。捜査関係者への取材でわかった。今後、事情を聴く方針。
 深谷市萱場の借家で4日、大家の男性(81)が庭にあったブルーシートの包みの中に骨があるのを発見。県警が調べたところ、三つのブルーシートからそれぞれ遺体が見つかった。いずれも白骨化しており、成人男性とみられる。
 この家を借りていた男性は1月に目撃されて以降、行方がわかっておらず、県警が捜していた。
 県警は6日朝から現場の民家の現場検証を実施。遺体は司法解剖して死因や身元を調べる。https://www.asahi.com/articles/ASL263TNML26UTNB00D.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

若者に人気のダンサー、コカイン使用容疑で逮捕(6日)読売

神奈川県警藤沢署は5日、コカインを使用したとして、横浜市鶴見区尻手、ダンサー君島かれん容疑者(21)を麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕した。                                

 発表によると、君島容疑者は昨年10月下旬頃、国内でコカインを使用した疑い。尿検査で陽性反応が出たという。調べに対し、君島容疑者は「知人の男性が所持していた薬物を使用したが、コカインとは知らなかった」などと供述し、容疑を否認しているという。君島容疑者は若者に人気のダンサーで、全国のダンスイベントに出演するなどしている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180206-OYT1T50027.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ショットガン方式」密輸が急増 国際連携で覚醒剤対策強化へ(6日)NHK

「ショットガン方式」と呼ばれる複数の運び屋による短期間での覚醒剤の密輸が急増するなど、水際対策が急務となっています。こうしたなか6日、各国の警察幹部が集まった国際会議が開かれ、水際での取締りを強化することを申し合わせました。
 東京 港区で開かれた会議には、日本をはじめ31の国と地域の警察などの幹部が出席しました。
 はじめに警察庁の栗生俊一長官が「薬物の密輸などで巨額の利益を得てさまざまな犯罪を派生させ、社会を闇の力で支配する薬物犯罪組織は国際社会における最大の害悪の一つだ。このような敵に打ち勝つための最強の武器は情報と連携だ」とあいさつしました。
 続いて警察庁の担当者が、日本の警察が密輸事件で押収した覚醒剤は去年1068キロと、過去最多となったおととしの1428キロに次いで2番目に多くなったことを報告しました。
 また、この中で小分けにした覚醒剤を複数の外国人の「運び屋」が、短期間で国内に持ち込むいわゆる「ショットガン方式」の摘発件数が去年84件と、おととしと比べ2倍以上に増え、特にタイからの密輸がおととしの1件から15件に急増していることが報告されました。
 会議では、国際的な連携強化の必要性を改めて確認するとともに水際での取締りを強化することを申し合わせました。
 会議は、8日まで開かれます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011317401000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

社内サーバー記録、警視庁に提出 コインチェック巨額流出で(6日)日経

仮想通貨交換会社コインチェック(東京・渋谷)から580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、警視庁が同社から仮想通貨の管理や社員間の通信などに使われていた社内のサーバー記録の提供を受けたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁は既に社外からの通信記録(ログ)の提供も受け、解析を進めている。サーバーとログの記録を突き合わせ、流出前後の社内外の通信内容やコンピューターウイルスによる攻撃の有無などを確認する。
 同社は流出したネムをインターネットに常時つながれている状態で保管。秘密鍵と呼ぶ暗号コードを複数に分割するなどの不正防止策もとっていなかった。外部からの不正アクセスが流出原因としており、警視庁は不正アクセス禁止法違反容疑などを視野に捜査を進めている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26569410W8A200C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の福井県が災害派遣要請 車1000台立ち往生(6日)テレビ朝日

 記録的な大雪に見舞われている福井県は自衛隊に災害派遣を要請しました。県内の国道8号で車約1000台が立ち往生していて、一部区間が通行止めになっています。6日午後1時現在、福井市では134センチの積雪となっていて「昭和56年豪雪」以来の大雪となっています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120339.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人男性刺し殺害後、自分刺す 横浜(6日)産経

4日午後3時15分ごろ、横浜市瀬谷区阿久和南の県営団地敷地内の路上に「けが人がいる」と近隣住民から119番通報があった。現場に駆けつけた瀬谷署員らが倒れている男性を発見。病院に搬送されたが約1時間後、死亡が確認された。
 同署によると、死亡したのは同団地に住む中目淳さん(56)。また、中目さんを刺した60代くらいの男も、刺した後に自分の腹部を刺して重傷を負った。
 同署によると、団地敷地内で2人が言い争っている様子が目撃されており、現場からは刃渡り約21センチの包丁も見つかったといい、同署は男の回復を待って殺人容疑で逮捕する方針。http://www.sankei.com/affairs/news/180206/afr1802060024-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性記者転ばせ取材妨害、事務所側認める 岸和田市長選(6日)朝日

 大阪府岸和田市の出直し市長選で落選した信貴(しぎ)芳則氏(56)の後援会は6日、事務所で4日夜に朝日放送(ABC)の女性記者を転倒させるなどし、取材の妨害をしたことを認めた。また、支持者がほかの記者らに暴言を浴びせていたことなども確認できたとし、和田裕会長名で「社会常識に反することで、不快な思いをさせてしまったことを申し訳なく思っております」とのコメントを発表した。
 後援会によると、4日夜、支持者の一部がABC記者のマイクを取り上げ、腕をたたいて転倒させるなどした。報道内容のせいで落選したと立腹し、行為に及んだとしている。
https://www.asahi.com/articles/ASL263JHHL26PPTB00F.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

豊橋で白菜大量盗難…「今まで遭ったことない」(6日)読売

愛知県豊橋市野依町内で1月中旬から、白菜の盗難事件が相次いでいることから、県警豊橋署は、同町にあるJAの集出荷場で農家の人に注意を呼びかける啓発活動を行った。
 野菜の高騰が続いていることが背景にあるとみられ、同署は「小売店や飲食店は、市場価格よりも低価格での白菜の売り込みがあった場合は、警察に情報を寄せてほしい」と話している。
 同署や被害にあった農家の男性(68)によると、1月19日頃~2月2日、2か所の畑で計4回、約500個の白菜が盗まれたという。男性は「今までこんな被害に遭ったことはない。出荷額が1個400円として約20万円の被害額になると思う」とため息をつく。
 被害届を受けた同署は、捜査とともに畑のパトロールを強化してきたが、この日、啓発活動も実施。集出荷場に野菜を運んできた農家の人たちに「狙われた時間は日没~日の出まで」などと書かれたチラシを配ったり、「不審車両を見たら警察に通報を」などと声をかけたりして、注意を呼びかけた。
 今回の盗難との関連性は不明だが、名古屋市中央卸売市場では、白菜1キロ当たりの1月の平均卸売単価が、昨年の101・3円から今年は169・8円に跳ね上がっており、高騰が続いている。
 JAあいち経済連によると、豊橋以外で大規模な白菜の盗難は把握していないというが、白菜産地の一宮市を管轄とするJA愛知西の担当者は「収穫が少ない年には盗難も増える傾向があり、今季は昨年10月頃の天候不順で出荷が少ない」と指摘。「農家も一晩中見張るわけにいかず、有効な対策がなく頭を抱えている」と悩ましげに話した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180206-OYT1T50023.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

橋本元神戸市議 詐欺容疑で書類送検の方針(6日)NHK

神戸市の橋本健元市議会議員が、印刷業者への架空発注などで政務活動費を不正に受け取ったとして告発されたことについて、警察が詐欺の疑いで近く書類送検する方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかりました。
 神戸市の橋本元市議会議員は、市政報告の印刷などを業者に架空発注してうその領収書を提出し、平成22年度から26年度までの政務活動費900万円余りをだまし取ったとして、市議会などから刑事告発されました。
 捜査関係者によりますと、警察が印刷業者から話を聴くなど捜査を進め、詐欺の疑いで近く書類送検する方針を固めたということです。
 元議員は問題発覚後の去年8月に議員辞職していて、所属していた自民党市議団のこれまでの調査に対し、政務活動費を充てることが認められていない東京への出張費や宿泊費、それに事務所の家賃への支出に充てたと説明して、全額を返金しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011316971000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビール缶など製造4社 カルテル疑いで立ち入り検査(6日)NHK

ビールなどに使われる飲料用の缶の大手製造会社4社が、互いに取引先を奪い合わないよう営業活動を制限する不正なカルテルを結んでいた疑いがあるとして、公正取引委員会が立ち入り検査を行いました。
 立ち入り検査を受けたのは、いずれも東京に本社がある大手缶製造会社の「東洋製罐」、「大和製罐」、「ユニバーサル製缶」、「北海製罐」です。
関係者によりますと、4社は缶を納入する取引先を互いに奪い合わないよう事前に話し合い、営業活動を制限する不正なカルテルを結んでいた疑いがあるということです。
 4社は、ビールなどに使われる飲料用のアルミ缶やスチール缶を製造し、業界のシェアの大部分を占めていて、市場規模はアルミ缶だけでおよそ3000億円に上っています。
 ユニバーサル製缶を除く3社は、去年4月、食品の缶詰に使われる缶の製造をめぐってカルテルを結んでいた疑いがあるとして公正取引委員会の立ち入り検査を受けています。
 今回立ち入り検査を受けた東洋製罐は「立ち入り検査を受けているのは事実です。検査に真摯(しんし)に協力していきたい」とコメントしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011317041000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

「飯塚事件」で再審認めず 福岡高裁(6日)日経

 福岡県飯塚市で1992年に女児2人が殺害された「飯塚事件」の再審請求を巡る即時抗告審で、福岡高裁(岡田信裁判長)は6日、殺人罪などで死刑が確定し、2008年に執行された久間三千年・元死刑囚(当時70)の再審請求を退ける決定をした。「元死刑囚が犯人であることの高度な立証がされている」として、元死刑囚の妻の即時抗告を棄却した。妻側は特別抗告する。
 元死刑囚と犯人の型が一致したとする当時のDNA型鑑定や、元死刑囚が所有していた車と特徴が一致する不審車両の目撃証言の信用性などが争点だった。
 弁護側はDNA型鑑定について専門家に依頼し当時の鑑定を検証。被害女児に付着していた血液の鑑定のネガフィルムを解析し「元死刑囚と別人のDNA型が見つかった」と主張した。不審車両の目撃証言についても、事前に元死刑囚の車を下見して特徴を把握していた捜査官によって誘導されたものだとした。 
 福岡地裁は14年3月、DNA型鑑定については一部信用性が低いと認定した一方で、目撃証言は検察側主張を支持。状況証拠などを総合すれば有罪判定は揺るがないとして再審を認めず、妻側が即時抗告していた。 
 この日の決定理由で岡田裁判長は、現場周辺での目撃証言や元死刑囚の血液型と犯人の型が一致することなどを総合的に判断して再審請求を棄却した地裁の判断を「不合理な点はなく、正当なものとして是認できる」と指摘。 
 「これらの証拠はいずれも単独では(元死刑囚を)犯人と断定できるものではないが、それぞれ独立した証拠によって、犯人であることが重層的に絞り込まれている」と結論付けた。 
 確定判決は、元死刑囚が92年2月、飯塚市で女児2人(いずれも当時7歳)を誘拐して殺害し、遺体を山中に遺棄したと認定した。元死刑囚は一貫して無罪を主張したが、一審・福岡地裁が99年に死刑を言い渡し、06年に確定。死刑は08年に執行された。 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26566540W8A200C1ACX000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

町内会の掲示板を見て…告別式など狙い空き巣の疑い(6日)テレビ朝日

東京・台東区の住宅に侵入して現金約350万円などを盗んだとして、男が逮捕されました。男は告別式や通夜の日を狙い、空き巣を繰り返していたとみられています。
 住居不定で無職の仁田武蔵容疑者(40)は先月5日、台東区の住宅に侵入して現金約350万円や指輪などを盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、この家の男性は当日、告別式のため留守にしていて、盗まれた現金のうち一部は保管していた香典だったということです。告別式などの日程は町内会の掲示板に貼られていて、警視庁は仁田容疑者がこうした情報を基に空き巣を繰り返していたとみて調べています。都内では同様の被害が去年5月から15件相次ぎ、被害は1000万円以上に上っていて、警視庁が余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120317.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学生2人殺害の「飯塚事件」死刑執行の元死刑囚 再審判断へ(6日)NHK

平成4年、福岡県飯塚市で小学生の女の子2人が連れ去られ殺害された事件で、すでに死刑が執行された元死刑囚の再審=裁判のやり直しを認めるかどうか、福岡高等裁判所が6日、決定を出します。死刑が執行された元死刑囚の再審が認められた例はなく、裁判所の判断が注目されます。
平成4年2月、福岡県飯塚市で、小学1年生の女の子2人が登校途中に連れ去られ、殺害されているのが見つかった事件では、当時56歳だった久間三千年元死刑囚が殺人などの罪で起訴されて平成18年に死刑が確定し、その2年後に死刑が執行されました。
元死刑囚は一貫して無実を訴え、家族が再審を申し立てましたが、4年前、福岡地方裁判所は再審を認めない決定をし、弁護団が決定を不服として抗告していました。
福岡高等裁判所で行われた再審の手続きでは、犯人のものとされる血液のDNA鑑定が正しかったかどうかや、被害者の所持品が捨てられた現場近くで元死刑囚の車と同じ特徴の車を見たという目撃証言の信用性などが争点になっていました。
再審を認めるかどうかの決定は福岡高等裁判所で6日午前、出されることになっています。
死刑が執行された元死刑囚の再審が認められた例はこれまでになく、裁判所がどのような判断を示すか注目されます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011316391000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

「飯塚事件」とは

| コメント (0) | トラックバック (0)

「海外にある金届くまで貸して」 4000万詐取容疑で70歳女逮捕(6日)産経

「海外にある金が届くまで、金を貸してほしい」と嘘を言い、男性から約4000万円をだまし取ったとして、静岡県警富士署は5日、詐欺容疑で同県富士市、無職、佐野八重子容疑者(70)を逮捕した。県内の70代の女性3人から同様の手口で現金をだまし取ったとして、詐欺容疑で昨年11月~今年1月に計3回逮捕しており、被害額は今回の逮捕分も含め計約5900万円に上るとみている。
 富士署によると、佐野容疑者は嘘を信じ込ませるため、利息と称し60万円を男性に渡すなどしていた。他にも被害者が数十人いるとみて、裏付け捜査を進める。現金は生活費や海外旅行に充てられたという。
 今回の逮捕容疑は平成26年7月ごろ~28年12月ごろ、同県御殿場市の無職男性(77)に「米国に12億円あるが、日本に届くまでお金を貸してほしい」「利息20%を付けて返す」などと嘘を言い、29回にわたり計約4000万円をだまし取った疑い。
http://www.sankei.com/affairs/news/180205/afr1802050031-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ相談にも学校認識は「いじり」 広島・中3転落死(6日)朝日

 広島市佐伯区の市立中学校で昨年7月、3年生の女子生徒が校舎から転落死した問題で、「いじめがあった」とする調査結果を市教育委員会が設置した第三者組織が発表したことを受け、同校校長が5日午後に会見した。いじめの存在を見抜けなかったことについて、「認識が甘かった」と謝罪した。

 第三者組織「市いじめ防止対策推進審議会」のこの日の発表によると、女子生徒へのいじめは入学当初からあり、3年生の時には傘でたたかれたり、小石を投げられたりするなどエスカレートしてきたという。
 ただ、校長によると、学校側は以前から生徒本人や両親から相談を受けていたものの、「いじり」や「からかい」と捉えて、「いじめという認識は持たなかった」という。
 いじめ防止対策推進法では、校内でいじめが発覚した際は、教職員で組織を設けて対策を練ることも定めているが、この女子生徒については検討されなかったという
 校長は「私が『恒常的、継続的なものではない』という浅はかな認識をしていた。目撃した際は(教員らによる)その場の指導で対応できたと思っていた」と釈明。「表面的な対応に終始していたと言わざるを得ない。大きな間違いだった」と謝罪した。
 同校は審議会の今回の調査結果を生徒や保護者に説明する予定という。審議会は今後、学校の対応の問題点などをさらに調べる。(松崎敏朗)
https://www.asahi.com/articles/ASL25569CL25PITB01H.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高校生に水着姿で添い寝、経営者ら2人逮捕(6日)読売

 女子高校生に風俗店で接客させたとして、警視庁は5日、派遣型風俗店「JKパフェ」経営の男(53)(東京都稲城市東長沼)と同店従業員の男(41)(豊島区東池袋)を児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で逮捕した。
 発表によると、2人は昨年11月27日、高校2年生の女子生徒(17)を豊島区のホテルに派遣し、30歳代の男性客とみだらな行為をさせた疑い。2人とも容疑を認めている。同店は、若い女性が水着姿で添い寝やマッサージをすると宣伝し、ツイッターで客を募っていた。従業員16人のうち6人は18歳未満の少女だったという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180205-OYT1T50022.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大雪のおそれ 各地の様子 小学生2人殺害の「飯塚事件」死刑執行の元死刑囚 再審判断へ(6日)NHK

平成4年、福岡県飯塚市で小学生の女の子2人が連れ去られ殺害された事件で、すでに死刑が執行された元死刑囚の再審=裁判のやり直しを認めるかどうか、福岡高等裁判所が6日、決定を出します。死刑が執行された元死刑囚の再審が認められた例はなく、裁判所の判断が注目されます。
 平成4年2月、福岡県飯塚市で、小学1年生の女の子2人が登校途中に連れ去られ、殺害されているのが見つかった事件では、当時56歳だった久間三千年元死刑囚が殺人などの罪で起訴されて平成18年に死刑が確定し、その2年後に死刑が執行されました。
 元死刑囚は一貫して無実を訴え、家族が再審を申し立てましたが、4年前、福岡地方裁判所は再審を認めない決定をし、弁護団が決定を不服として抗告していました。
 福岡高等裁判所で行われた再審の手続きでは、犯人のものとされる血液のDNA鑑定が正しかったかどうかや、被害者の所持品が捨てられた現場近くで元死刑囚の車と同じ特徴の車を見たという目撃証言の信用性などが争点になっていました。
 再審を認めるかどうかの決定は福岡高等裁判所で6日午前、出されることになっています。
 死刑が執行された元死刑囚の再審が認められた例はこれまでになく、裁判所がどのような判断を示すか注目されます。
続くdownwardleft

「飯塚事件」とは

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011316391000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010

| コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王温泉スキー場 不明の2人の捜索を再開 山形(6日)NHK

5日、山形県の蔵王温泉スキー場でスノーボードに来ていた山形市の20代の男女2人から居場所が分からなくったと携帯電話で通報があり、警察などはけさ7時前に捜索を再開しました。2人とは6日朝も携帯電話で連絡をとったということです。
 5日午後6時すぎ、山形県上山市の蔵王温泉スキー場の黒姫ゲレンデ付近でコースから外れて居場所が分からなくなったと携帯電話で警察に通報がありました。
 警察によりますと、通報してきたのは、山形市の25歳の男性で同じく山形市の21歳の女性と一緒にスノーボードをしていたところ、迷ってしまったと話したということです。
 警察は、山岳救助隊を付近に出して呼びかけを続けましたが2人は見つからず、いったん捜索を打ち切って夜の間は雪洞を掘って寒さをしのぐよう指示しました。
 警察によりますと、2人とは6日6時前にも携帯電話で連絡をとったということで、警察はけさ7時前、消防や自衛隊とともに合わせておよそ60人態勢で捜索を再開しました。
 蔵王温泉スキー場は山形県と宮城県にまたがる蔵王山の山麓(さんろく)にあり、年間およそ40万人が利用する東北屈指のスキー場です。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011316711000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番の窓ガラス割った疑い、無職の49歳男を逮捕(6日)TBS

5日、群馬県館林市で交番の窓ガラスを割ったとして、無職の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、館林市の無職・卯休直樹容疑者(49)で、5日午後6時ごろ、館林警察署・緑町交番に石を投げ、窓ガラス1枚を割った疑いがもたれています。
 犯行直後に卯休容疑者が「交番のガラスを石で割った」と自ら110番通報し、警察官が駆けつけたところ、交番南側の窓ガラス1枚が割られていて、直径およそ30センチの石が交番の中に落ちていたということです。卯休容疑者は「ガラスを割ったことは間違いありません」と、容疑を認めているということです。
 犯行当時、交番は無人だったということで、警察が動機などを調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3284856.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカーは比国籍の男 山梨在住、2人死亡火災(6日)日経

長野市風間の自営業、北村昇一さん(57)方が4日に全焼して2人が死亡し、北村さんのフィリピン国籍の妻(41)が重体となった火災で、北村さんの家族がストーカー被害を訴えていたのは山梨県に住む同国籍の男だったことが5日、捜査関係者への取材で分かった。
 現場付近で山梨ナンバーの車が目撃されていたことも付近住民への取材で判明。北村さん方からは火災直前「トラブルに巻き込まれた」と110番があり、長野県警はトラブル相手がこの男の可能性があるとみている。5日、遺体は北村さんとトラブル相手とみて身元確認を進め、現場を詳しく調べた。
 捜査関係者によると、妻の無職フローラ・カボルナイさんが男からのストーカー被害に遭っていると昨年12月、相談があった。県警は男に口頭で注意したほか、北村さん方にも緊急時の対応を指導していた。
 一方、現場付近に住む親戚らによると、北村さん方では火災発生前、何者かがインターホンを鳴らし、押し入って暴れる騒ぎがあり、気付いて駆け付けた近所の人が付近に山梨ナンバーの車が停止しているのを目撃したという。
 一連の騒ぎや火災の過程で、北村さんの母(85)も軽いけがをした。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26550320V00C18A2CN8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄・石垣市 顔など刺された52歳の女性死亡(6日)テレビ朝日

沖縄県石垣市で52歳の女性が顔を刺されるなどして倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。
 5日午後5時すぎ、石垣市真栄里にある土木関係の事務所で、この事務所に勤める大底六江さんが顔から血を流してうつぶせの状態で倒れているのを出先から戻ってきた男性従業員が発見しました。大底さんは心肺停止の状態で病院に搬送され、まもなく死亡が確認されました。顔には刃物のようなもので刺された傷があり、警察は殺人の可能性もあるとみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120302.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「整備不良の有無焦点」 「プロペラトラブルか」 航空識者や元自衛官指摘 陸自ヘリ墜落(6日)西日本

佐賀県神埼市で民家に墜落した事故機は、陸上自衛隊目達原駐屯地(同県吉野ケ里町)の第3対戦車ヘリコプター隊に所属する攻撃ヘリコプターAH64D。防衛省によると、整備後の試験飛行中だった。
 航空評論家の青木謙知氏は「重大な機体異常が突然発生し、かなり切迫した状況だったのではないか」とみる。自衛隊の操縦士は緊急着陸する場合、広場や河川など被害が最小限に抑えられる場所を選ぶよう訓練されており、「通常のトラブルであれば機体の立て直しを試みたり、できるだけ安全な着陸場所を探したりする」と言う。
 今回は墜落現場が住宅だったことから、その余裕すらなかったとみて「操縦ミスではなく機体異常で操縦不能となった可能性が高い」と推測。また「飛ぶ判断をしているということは、気象条件はクリアしていたはず」とも言い、「このヘリは米国など15カ国ほどで採用されており、過去に同様の事故は聞いたことがない。整備不良がなかったかが焦点になる」と指摘した。
 事故の速報を聞いた元航空自衛隊員の男性は「このヘリはエンジンが二つあり、どちらかが壊れても影響なく飛べる。ヘリの事故原因で多いのはプロペラのトラブルで、今回もその可能性がある」と話した。=2018/02/06付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/391824

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月5日 | トップページ | 2018年2月7日 »