« 2018年2月2日 | トップページ | 2018年2月4日 »

2018年2月3日

2018年2月 3日 (土)

【千葉・9歳女児殺害】 駐日大使、捜査の早期終結を要請 (3日)産経

 昨年3月に千葉県松戸市のベトナム国籍の女児レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、ベトナムのグエン・クオック・クオン駐日大使が2日、日本外務省の滝崎成樹南部アジア部長と面会し、捜査の早期終結と、公判開始に向けた取り組みの強化を要請した。国営ベトナム通信が東京発で3日までに伝えた。
 日本側は、捜査当局が法律に従い、早期の公判開始に向けた準備を進めていると説明したという。
 事件を巡っては、リンさんが通っていた小学校の保護者会長だった渋谷恭正被告が殺人罪などで起訴された。捜査段階では黙秘や供述拒否を続けていたとみられ、公判期日は決まっていない。(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/180203/afr1802030028-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガス爆発か…住宅が全壊、周辺の19棟にも被害(3日)読売

3日午前11時10分頃、盛岡市中屋敷町で、木造平屋住宅1棟が爆発音とともに全壊した。 盛岡西署の発表によると、この家に1人で住む男性(32)が腰の骨を折る重傷を負ったほか、周辺の住宅19棟にも、窓ガラスが割れたり、外壁に穴が開いたりする被害が出て、住民2人が軽いけがをした。ガス臭がしたとの証言があり、同署はガス爆発とみて原因を調べている。
 現場はJR盛岡駅の北西約1・4キロの住宅密集地。同署が二次災害を警戒して周辺への立ち入りを制限したため、区域内の住民約30人が近くの公民館に避難した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180203-OYT1T50070.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者の2人 「闇サイト」で知り合ったか 神奈川の強盗殺人事件(3日)NHK

神奈川県平塚市の住宅で、80歳の女性を殺害したとして強盗殺人などの疑いで逮捕された2人は、事件の数日前、インターネットのいわゆる「闇サイト」の求人募集の書き込みをきっかけに知り合った疑いがあることが、捜査関係者への取材でわかりました。互いの名前も知らなかったと見られ、警察は詳しい経緯を調べています。
 去年2月、神奈川県平塚市の住宅で、1人暮らしの鳥海※廣子さん(80)を殺害しバッグなどを奪ったとして、東京・大田区の元消防士で塗装工の斉藤義伎容疑者(23)と奈良県香芝市のアルバイト、河島楓容疑者(22)が先月、強盗殺人などの疑いで逮捕されました。
 2人は鳥海さんと面識はありませんでしたが、その後の調べで、斉藤容疑者と河島容疑者は犯罪や違法行為などに誘う、インターネットのいわゆる「闇サイト」の求人募集の書き込みをきっかけに知り合った疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。
 2人はこのサイトを「裏の掲示板」と呼んでいて、書き込みは事件に関する直接的な内容ではなく、「いい仕事がある」などと書かれていたということです。
 2人はこの書き込みをきっかけに連絡を取り合い、出会って数日後に互いの名前も知らないまま事件を起こしたと見られています。
 また、斉藤容疑者は、事件の前にネット上のサイトで鳥海さんの知人とも知り合い、1人暮らしだった鳥海さんの生活環境など何らかの情報を得ていたと見られています。
 警察は、「闇サイト」をきっかけに短期間に事件を計画したと見てそれぞれの役割や詳しい経緯を調べています。
※「廣」の中が「黄」。

「闇サイト事件」相次ぐ

インターネットのいわゆる「闇サイト」をきっかけにした凶悪事件は、これまでも相次いでいます。
 平成19年、名古屋市の31歳の女性が連れ去られて殺害された事件では、逮捕された男3人は携帯電話の「闇サイト」の掲示板で仲間を募る書き込みを見て知り合い、初めて顔を合わせてから数日後に事件を起こしていたことが明らかになりました。
 また、平成25年に東京・田園調布で女子中学生が身代金目的で連れ去られた事件では、主導的立場の男がインターネットの「闇サイト」に「仕事をしませんか」などと書き込み、これに応じた2人の男と事件当日に初めて会って女子生徒を連れ去っていました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180203/k10011314181000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡市で車が崖下30メートルに転落、1人死亡(3日)TBS

3日、午前9時半ごろ、静岡市駿河区石部で近くにいた人から「崖下に車が落ちている」と110番通報がありました。
 警察によりますと、車は高さ30メートルほどの崖下に転落していて、運転席に乗っていた男性が死亡しました。
 現場の状況から、車はガードレールを突き破って崖下に転落した可能性が高く、警察が事故の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3282977.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

5日連続で火山性地震 蔵王、警戒レベル維持(3日)日経

仙台管区気象台は3日、宮城県と山形県にまたがる蔵王山で新たに火山性地震が1回発生したと発表した。発生は1月30日から5日連続。地下の熱水やガスの動きで生じるとされる火山性微動は確認されなかった。噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)を維持し、火口付近で噴石に警戒するよう呼び掛けている。
 気象台によると、火山性地震は3日午前8時27分に発生した。山頂の南方向が隆起する変化は、緩やかだが依然として続いているという。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26510050T00C18A2CN8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に女性遺体、男性重体 傷害容疑で女逮捕、和歌山(3日)西日本

2日午後3時10分ごろ、和歌山県御坊市藤田町の住宅で住人の清掃員栗田ヨシ子さん(67)が死亡し、無職圦本晃さん(80)=同市野口=が意識不明の重体となっているのを御坊署員が見つけた。同署は3日、1月に圦本さんを殴ったとする傷害容疑で無職谷本マチ子容疑者(64)=同市藤田町=を逮捕した。
 同署によると、谷本容疑者と栗田さんは、それぞれ圦本さんと交際していた。司法解剖の結果、栗田さんの死因は低体温症の疑いで、大きな外傷はなかった。住宅の土間に裸であおむけに倒れており、圦本さんは居間に倒れていた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/391210

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日 単位・レベル) 
暴力団勢力図が変わる
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013456

 国家公安委員会は、昨年4月に結成された任侠山口組を指定暴力団とすることを決めた。春には正式指定となる。そして兵庫県尼崎市にある直系団体「真鍋組」を主たる事務所と指定した。
 この結果、平成28年の数字になるが構成員・準構成員で1万1800人を抱える6代目山口区組が依然として最大勢力を誇るが、任侠山口組は5500人で住吉会の6600に次いで3位となる。なんと4400人を抱えていた稲川会が下になってしまった。
 警察庁によると昨年(平成29年)に全国警察が検挙した刑法犯・特別法犯の検挙件数は3万0373件で前年より6307件の減。検挙人員は2万0050人で同2310人の減となった。
 このうち刑法犯は2万0200件で同5370件の減少。最も多かったのは窃盗犯で1万1259件と前年を3156件も減らした。詐欺は2367件で同-577件。
 しかし増加したのは凶悪犯の殺人で+14件も増えて71件。放火も+6件で28件となった。
 一方、特別法犯は1万0173件で前年を937件下回った。断トツに多い覚醒剤取締法は658件も減らしたが6835件と依然として高水準で推移している。
 これに対して大麻取締法が1085件で同83件も増えてしまった。しかも増加傾向にあるという。さらに迷惑防止条例が373件で同-91件、風営適正化法は243件で同-31件だった。
 犯罪組織を潰す有効な手段に「資金源の遮断」がある。
 パチンコ店経営者から、挨拶料を脅し取ろうとした住吉会系組幹部(69)ら2人が千葉県警に逮捕され、警視庁は東京・赤坂の飲食店からみかじめ料を取っていた住吉会系の暴力団組長を逮捕するなど、摘発は順調に進んでいるようだ。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜の住宅街で車庫放火の疑い 22歳の無職男を再逮捕 連続不審火との関連捜査(3日)産経

横浜市南区の住宅街で昨年10月以降相次いでいる不審火に絡み、住宅の車庫などを燃やしたとして、南署は非現住建造物等放火の疑いで、同区南太田の無職、北原玲雄容疑者(22)=住居侵入容疑で逮捕=を再逮捕した。「倉庫を燃やしたことは間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、昨年12月24日午前0時ごろから同2時ごろまでの間、同区永田北の無職男性(83)宅の車庫内で火を放ち、車庫の内部や止めてあった乗用車2台などを燃やしたとしている。
 同署によると、北原容疑者は、同26日に区内のマンションに侵入したとして、1月12日に住居侵入容疑で逮捕された。その後の取り調べで放火への関与を認めたという。
 区内の住宅街では、昨年10月5日から1月11日までの間、半径1キロの範囲で、自転車などが焼ける不審火が9件発生しており、同署が関連を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180203/afr1802030008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

成田空港の覚醒剤密輸、年末は急増も年明け減 大口密輸摘発が奏功か(3日)産経

成田空港を舞台に昨年末にかけて急増した覚醒剤密輸事件が年明け以降減ってきている。千葉地検が起訴した容疑者数は昨年11月が9人、12月が27人だったが、今年1月は5人。これほどの急激な増減は珍しく、捜査の大口密輸包囲網が功を奏したともみられる一方、多数の“運び屋”を使った小口分散運搬法の手口が選ばれ始めた可能性も。スーツケースの改造や食品や飲料に偽装するなどさまざまな手口に対し、東京税関成田税関支署などは警戒を強めている。
 地検によると、昨年1年間に成田空港における覚醒剤密輸事案で、覚せい剤取締法違反罪などで起訴したのは計61人。うち、11月の9人、12月の27人で年間起訴人数の半分を超えた。一方、6、7月は1人も起訴はなかった。起訴された国籍別ではタイが16人と最多で、中国とマレーシアが6人で続く。ドイツやイギリスからの密輸も目立った。
 月によって密輸摘発事案の増減はあるものの、12月の27人という急激な増加は異例といい、ある捜査関係者は「あくまで因果関係はわからない」と前置きしたうえで、「大口の密輸に失敗後、密輸組織や販売側が小口で、大量の運び手を使って運ばせているかもしれない」と推測する。続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・三鷹市で住宅1棟全焼、男性1人が死亡(3日)TBS

3日未明、東京・三鷹市で住宅1棟が全焼する火事があり、男性1人が死亡しました。
 午前6時ごろ、三鷹市・井の頭で「家が燃えている」と119番通報がありました。
 東京消防庁のポンプ車など19台が出動し、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、住宅1棟が全焼するなど90平方メートルが焼けました。火事があった住宅から男性が助け出されましたが、まもなく死亡が確認されました。
 この家に住む90代の男性と連絡がとれていないということで、警視庁は死亡したのはこの男性とみて、身元の確認を進めるとともに出火の原因を調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3282970.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

トラック突っ込み6人病院搬送 国道沿いの会社の敷地内 山梨(3日)NHK

警察などによりますと、3日午前10時すぎ、笛吹市御坂町金川原の国道137号線沿いにある会社の敷地内にトラック1台が突っ込みました。この事故で、6人が病院に搬送され、このうちトラックを運転していた男性が意識不明の重体だということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180203/k10011313881000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

【報ステ】女性がバッグ奪われ30m引きずられる(3日)テレビ朝日

 東京都葛飾区で1日正午すぎ、女性がバッグを奪われる瞬間の映像が防犯カメラに映っていた。映像では、白い軽トラックの運転手に、傘をさした68歳の女性が呼び止められている。次の瞬間、軽トラックは女性のバッグを奪って急発進。女性は30メートルほど引きずられ、頭に軽いけがを負った。運転手は逃走している。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120129.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「企業内転勤」装い中国人を不法就労させた疑い 経営者の男ら10人逮捕 警視庁(3日)産経

中国の会社からの転勤を装って就労資格を不正に取得させた中国人を働かせていたなどとして、警視庁組織犯罪対策1課は入管難民法違反(不法就労助長)の疑いなどで、韓国籍で会社代表、朴聖煕容疑者(38)=千葉県市川市市川南▽会社役員、全永博容疑者(41)=同松戸市五香西▽中国籍の男8人-を逮捕した。
 朴容疑者の逮捕容疑は、平成29年9月~30年1月、中国籍の男ら6人に自身の会社で不法就労させたとしている。組対1課によると、朴容疑者は全容疑者と共謀し、中国籍の男らに、全容疑者が経営する中国の会社から「企業内転勤」をしたと入国管理局に虚偽の申請をさせていた。
 朴容疑者は市川市内で焼き肉店で使う網を洗浄する会社を経営しており、中国籍の男らを網の洗浄作業員として働かせていたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180202/afr1802020039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

”象牙監視Gメン”全国4か所に配置へ 環境省(3日)NHK

 象牙の管理を強化し、違法な取り引きをなくすため、環境省は新年度、全国4か所の地方環境事務所に違法な取り引きが行われていないか監視する専門の職員「Gメン」を新たに配置することになりました。
 象牙の取り引きは、ワシントン条約や法律で規制されていて、輸出入が原則として禁止されているほか、象牙を国内で売買する業者は国に届け出をする必要があります。また、全形を保っている象牙は、国に登録しなければ売買することができません。
 しかし、違法な取り引きが後を絶たないことから、環境省は新年度、関東、中部、近畿、九州の4か所の地方環境事務所に、違法な取り引きが行われていないか監視する専門の職員「Gメン」を新たに1人ずつ配置することになりました。
 「Gメン」は、業者が国に届け出をしているかや、扱っている象牙が違法なものではないかなどを、店舗に出向いて確認するということです。
 象牙の取り引きをめぐっては、種の保存法が改正され、ことし6月から規制が強化されます。
 中川環境大臣は、記者会見で「職員の配置で、不適切な事業者の取り締まり態勢を強化していきたい」と述べました。そのうえで、「改正法の施行もしっかり行い、問題があればさらに厳格な管理ができる市場にしていかなければならない」と話し、管理のさらなる強化に向けて検討を進める考えを示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180203/k10011313621000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京地検特捜部が弁護士作成資料も押収 弁護士が抗議書(3日)NHK

リニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部が1日、大成建設に2度目の捜索を行った際、押収された資料の中に、弁護士が作成した役職員へのヒアリング記録が含まれていたことが、関係者への取材でわかりました。大成建設の弁護士は「弁護活動のために作成した資料を押収することは極めてアンフェアーだ」と主張し、特捜部に抗議書を提出しました。
 リニア中央新幹線の建設工事をめぐっては大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設の大手ゼネコン4社が談合をしていた疑いがあるとして東京地検特捜部などが独占禁止法違反の疑いで捜査を進めています。
 関係者によりますと、特捜部は1日、4社のうち不正な受注調整を否定している大成建設と鹿島建設に2度目の捜索を行いました。
 このうち、大成建設への捜索は、事件に関連して社内で証拠が隠された疑いがあるとして行われたということで、押収された資料の中には、リニア関連の資料のほか、弁護士が作成した役職員へのヒアリング記録なども含まれていたということです。
 これについて大成建設の弁護士は2日、「弁護活動のために作成した資料を捜査当局が押収することは極めてアンフェアーだ。弁護士との間の通信の秘密を保障する憲法や法律の理念にも反している」と主張し、特捜部に抗議書を提出しました。
 これについて、東京地方検察庁は「コメントはいたしません」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180203/k10011313661000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴行容疑でNHK記者逮捕 代行業者とトラブルか(3日)共同

岡県警久留米署は2日、昨年12月に運転代行業者を殴ったとして暴行の疑いでNHK久留米支局記者の坂元誠一郎容疑者(45)=久留米市=を逮捕した。「暴行の事実は一切ない」と否認している。
 逮捕容疑は、昨年12月12日午後11時15分ごろ、久留米市六ツ門町の路上で、運転代行のアルバイト男性(26)の胸を手で突き飛ばし、拳で腹を殴った疑い。
 署によると、坂元容疑者は代行業者の車の路上駐車を巡り被害男性とトラブルとなり、自ら110番した。被害男性の同僚が事件の様子を目撃していたという。
https://this.kiji.is/332176052363543649?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・豊島区のマンションの遺体、居住の姉妹と判明(3日)TBS

1日、東京・豊島区のマンションの一室で亡くなっているのが見つかった高齢の女性2人は、この家に住む姉妹だったことがわかりました。
 1日正午前、豊島区上池袋にあるマンションの居間で、70代から80代の女性2人が亡くなっているのが見つかりました。警視庁によりますと、亡くなったのはいずれもこの家に住む姉の関口静恵さん(86)、妹の陽代さん(79)とわかりました。
 2人に外傷はなく着衣の乱れもなかったということで、警視庁は死因について調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3281392.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

はれのひ被害者69人「プレゼント成人式」参加へ(3日)テレビ朝日

             

 着物レンタル会社「はれのひ」から成人式のための振り袖が届かないなどの被害が相次いだ問題を受け、東京・八王子市で行われる「プレゼント成人式」に69人の被害者が参加することが分かりました。
 プレゼント成人式は呉服店を営む西室真希さんが発起人となり、「はれのひ八王子店」で被害に遭った新成人のために成人式を12日にやり直そうというものです。2日に打ち合わせがあり、69人の被害者が参加することが分かりました。
 発起人・西室真希さん:「振り袖が着れて、良い思い出が作れて良かったなと思って笑顔で帰ってもらえれば良いなと思ってます」
 着付けやヘアメイク、写真撮影のほか、8日の成人式と同じ会場で式典も行われるということです。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000120138.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

窓の格子で被害拡大か、札幌火災 生存者「1階居室で火」(3日)西日本

生活困窮者らの自立支援を掲げる札幌市の共同住宅「そしあるハイム」で11人が死亡した火災で、燃え方が激しかった1階の窓に格子がはめられるなど、緊急時に避難しにくい建物の構造が被害拡大を招いたとみられることが2日、関係者への取材で分かった。助かった入居者が北海道警に対し、「建物1階中央の北側にある居室内から火が出ていた」と話していることも捜査関係者への取材で判明した。
 司法解剖の結果、死因は全員焼死で、身元の確認は難航している。道警は、住宅の管理に問題があった可能性もあるとみて調べを進めている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/391087

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月2日 | トップページ | 2018年2月4日 »