« 東京大会に向け救助の部隊創設 爆破テロなどに特化(11日)テレビ朝日 | トップページ | 会社事務所に押し込み強盗、女性縛り10万円奪い逃走(11日)TBS »

2018年1月11日 (木)

鈴木選手がパドル盗み隠す 薬物混入、文書で謝罪(11日)日経

日本カヌー連盟の春園長公常務理事は10日、2017年9月のカヌー・スプリントの日本選手権でライバルの小松正治選手(25)の飲み物に禁止薬物を混入させた鈴木康大選手(32)が、連盟の聴取に対し、小松選手のパドルを盗み、拠点とする福島県二本松市の漕艇(そうてい)場に隠していたと認めていることを明らかにした。
 鈴木選手は同日、代理人の弁護士を通じて直筆の文書を公表し「実力がないのにもかかわらず、努力することを怠り、アスリートとして、また社会人としてあるまじき行為をした」と一連の騒動について謝罪した。
 文書は9日付。「ドーピング検査で陽性反応が検出されるサプリメントを投与したことに間違いありません」と認め、小松選手に対し「いわれのない嫌疑を与えてしまい本当に申し訳ございませんでした」とわびた。混入を知らずに飲んだ小松選手はドーピング検査で陽性となり、暫定的に資格停止となったが、鈴木選手が不正を認め、処分を解除された。
 小松選手は禁止薬物の混入や、競技で使用する道具の盗難被害を石川県警に相談している。県警は盗難被害については被害届として受理している。鈴木選手は「(警察の捜査に)全面的に私の責任に違いないことをお話ししています」と説明した。
 20年東京五輪を控えた中、五輪のフェアプレー精神に反する悪質な行為は関係者に衝撃を与えた。この点には「裏切ってしまったことについて深くおわび申し上げます」とつづった。〔共同〕https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25531770Q8A110C1CC1000/

« 東京大会に向け救助の部隊創設 爆破テロなどに特化(11日)テレビ朝日 | トップページ | 会社事務所に押し込み強盗、女性縛り10万円奪い逃走(11日)TBS »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木選手がパドル盗み隠す 薬物混入、文書で謝罪(11日)日経:

« 東京大会に向け救助の部隊創設 爆破テロなどに特化(11日)テレビ朝日 | トップページ | 会社事務所に押し込み強盗、女性縛り10万円奪い逃走(11日)TBS »