« 北朝鮮のものとみられる木造船漂着 新潟市の海岸 乗組員見当たらず(9日)産経 | トップページ | 110番の適切利用を、警視庁がイベント(9日)TBS »

2018年1月 9日 (火)

中国、象牙の取引全面禁止=続く闇売買、日本も供給源(9日)時事

【北京時事】中国政府は昨年末、国内の象牙取引を全面的に禁止したと宣言した。中国は世界最大の象牙市場とされてきたが、すでに正規の宝飾店やインターネット通販では購入できない。一方、隣国の日本は象牙の売買が禁止されておらず、中国の闇市場への供給源になっていると指摘されている。
 象牙は、ワシントン条約に基づき1990年に国際取引が禁じられた。だが、アフリカでは象牙を売る目的で年間2万頭以上のゾウが密猟されているとみられている。中国政府は国際的な批判を受け、象牙取引の禁止を決定した。
 今年に入り、宝飾店が多数入居する北京の大型ビルを訪れると、入り口には「象牙取り扱い」と表示されていた。ただ、実際に売られているのはロシアから輸入されたというマンモスの牙。マンモスはすでに絶滅しているから規制の対象外だ。店員は「中国の正規店が象牙を売るわけがない」と胸を張った。
 しかし、中国で象牙は富の象徴として人気が高い。「象牙の闇価格は今後も上昇し続ける」(中国の宝飾業者)といわれる。「マンモスの牙と偽り象牙を売る手口」(環境保護専門家)も指摘され、中国版LINE「微信」などを通じて不正な取引が続く恐れがある。
 闇取引されているのは、密猟によって中国にもたらされる象牙だけではない。日本から流入する商品もある。国際取引の禁止以前に輸入されるなどした大量の象牙商品が日本で合法的に売買されており、中国で転売する目的で中国人が仕入れているという。
 環境NGO世界自然保護基金(WWF)ジャパンによると、2011~16年の6年間に日本から違法に輸出され海外で押収された象牙は約2.4トン。このうち95%が中国向けだった。WWFジャパンは不正な象牙輸出を阻止する対策の強化を日本政府に申し入れる予定だ。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010900138&g=soc

« 北朝鮮のものとみられる木造船漂着 新潟市の海岸 乗組員見当たらず(9日)産経 | トップページ | 110番の適切利用を、警視庁がイベント(9日)TBS »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66258357

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、象牙の取引全面禁止=続く闇売買、日本も供給源(9日)時事:

« 北朝鮮のものとみられる木造船漂着 新潟市の海岸 乗組員見当たらず(9日)産経 | トップページ | 110番の適切利用を、警視庁がイベント(9日)TBS »