« 不審なメール相次ぐ 休み明けは注意を(4日)NHK | トップページ | 日本人男性か、アイルランドで刺され死亡(4日)読売 »

2018年1月 4日 (木)

拉致問題 家族が高齢化 政府の真価問われる年に(4日)NHK

北朝鮮による拉致問題は去年、事件発生から40年の節目が過ぎましたが、展望は開けないままで、被害者の家族の高齢化が一段と進む中、早期帰国に結びつく交渉を北朝鮮との間でどう進めていくのか、ことし、政府の取り組みの真価が問われる年になります。
 拉致問題は去年、事件発生から40年、被害者の家族会が結成されて20年の節目の年でしたが、拉致被害者の帰国につながる進展はありませんでした。
その一方で肉親の帰国を待ち続ける家族の高齢化は一段と進み、増元るみ子さんの母親の信子さんが90歳で亡くなったほか、一緒に拉致された母親の消息がわかっていない曽我ひとみさんの夫、ジェンキンスさんもこの世を去りました。
健在な親は横田めぐみさんと有本恵子さんの両親の4人となっていて、解決は時間との闘いの局面に入っています。
 家族は去年、アメリカのトランプ大統領に問題解決への理解と協力を直接訴えることができたのを一つの成果と捉えていますが、同時に、被害者の帰国実現に向けた日本政府の主体的な取り組みを求める声は強まっていて、ことし、政府への働きかけを強めるとともに、北朝鮮が対話に乗り出す局面が来るのか注視することにしています。
 解決まで残された時間は多くないという現実を踏まえ、早期帰国に結びつく交渉を北朝鮮との間でどう進めていくのか、政府の取り組みの真価が問われる1年になります。

続くdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180103/k10011278161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_011

« 不審なメール相次ぐ 休み明けは注意を(4日)NHK | トップページ | 日本人男性か、アイルランドで刺され死亡(4日)読売 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66238913

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致問題 家族が高齢化 政府の真価問われる年に(4日)NHK:

« 不審なメール相次ぐ 休み明けは注意を(4日)NHK | トップページ | 日本人男性か、アイルランドで刺され死亡(4日)読売 »