« 「一発でやってやる」 元請け会社役員脅し現金要求 強盗未遂容疑で右翼団体関係者逮捕 警視庁(29日)産経 | トップページ | 5歳と6歳に熱した金属押し当て…29歳の父逮捕(30日)テレビ朝日 »

2018年1月30日 (火)

死刑下した裁判官が関与 飯塚事件の再審請求審 識者「公正さ疑問」(30日)西日本

福岡県飯塚市で1992年に女児2人が殺害された「飯塚事件」の再審請求を巡り、久間三千年(みちとし)元死刑囚=執行時(70)=を死刑とした一審福岡地裁判決(99年)に関与した柴田寿宏裁判官が、福岡高裁での再審請求即時抗告審の「結審」時に裁判体(裁判官3人で構成)に加わっていたことが分かった。一審や二審の裁判官が再審請求審に関わっても違法ではないとした最高裁判例があるが、識者は「一審判決を書いた裁判官の関与は公正さに欠け、避けるべきだった」と疑問視している。
 即時抗告審の決定は2月6日に出される予定。
 柴田裁判官は95年2月に始まった飯塚事件の一審の審理に96年5月から加わり、99年9月に死刑判決を出した裁判官3人のうちの1人。福岡高裁によると、2017年4月に高裁に赴任し、飯塚事件の即時抗告審を担当する第2刑事部に5月末まで所属した。6月から職務代行裁判官として那覇地裁で勤務、9月にそのまま同地裁へ異動した。
 関係者によると、第2刑事部時代の昨年5月18日には検察側、弁護側との最終の3者協議に他の裁判官2人と共に出席。弁護団共同代表の徳田靖之弁護士が20分にわたり、有罪判決の根拠となった目撃証言などに信用性はないとする最後の意見陳述を行い、同日、岡田信裁判長が手続き終了を表明して事実上結審した。 再審請求の審理は通常の公判とは違い非公開で実施。裁判体は3者協議で検察、弁護側双方から意見を聞いたり、証拠開示を勧告したりして、最終的な再審開始の可否を判断する。
続くdownwardleft
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/390048

« 「一発でやってやる」 元請け会社役員脅し現金要求 強盗未遂容疑で右翼団体関係者逮捕 警視庁(29日)産経 | トップページ | 5歳と6歳に熱した金属押し当て…29歳の父逮捕(30日)テレビ朝日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66337707

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑下した裁判官が関与 飯塚事件の再審請求審 識者「公正さ疑問」(30日)西日本:

« 「一発でやってやる」 元請け会社役員脅し現金要求 強盗未遂容疑で右翼団体関係者逮捕 警視庁(29日)産経 | トップページ | 5歳と6歳に熱した金属押し当て…29歳の父逮捕(30日)テレビ朝日 »