« 狭山事件で新証拠 脅迫状筆跡“別人”は「当然」(23日)テレビ朝日 | トップページ | 草津白根山噴火で関係省庁「安全確保に全力」(23日)NHK »

2018年1月23日 (火)

草津本白根山噴火で雪崩1人死亡、山頂駅の78人救出開始(23日)TBS

草津白根山の噴火で、雪崩に巻き込まれたとみられる陸上自衛隊員1人の死亡が確認されました。スキー場の上の方にあるゴンドラの駅には、多くの人が取り残されていて、救助活動が始まっています。
 群馬県草津町のスキー場に設置されたカメラの映像です。画面中央付近に映る10人ほどが、一斉に下山を始めているのが確認できます。下山する人の前に、石のようなものが次々と降ってくるのがわかります。噴火の際に飛んできた噴石とみられます。噴石が落下した部分を拡大すると、雪の上に落下した瞬間、雪が周辺の木々を超える高さまで舞いあがっています。下山途中の人のすぐ近くに落下したようにみえるものもありました。続いて、噴煙でしょうか、画面の右側から左側に向かって、黒い煙が流れていきます。煙が山を覆っていき、噴石がいくつも落ちてきました。
 群馬県の活火山・草津白根山。23日午前10時前、その本白根山・鏡池付近で、噴火しました。警察庁によりますと、この噴火で、雪崩に巻き込まれたとみられる自衛隊員1人が死亡。このほか、けが人はあわせて11人で、このうち多くの人が、山の麓のレストハウスで応急処置を受けているということです。
 噴火当時、スキー場にいた人は・・・
 「黒い煙みたいなのが、背後の方から見えた。パトカーとかの緊急車両のサイレンが結構鳴ってた」(スキー場にいた男性)
 およそ3000年ぶりだという本白根山での噴火。現場の状況が、徐々に明らかになってきました。
 「(ゴンドラに乗っていると)左側からドーンと噴火したのは目視した。すぐに噴火だと分かった。石もいっぱい飛んできてゴンドラも揺れた」(山頂で避難していた人)
 噴火から、およそ6時間。警察によると、いまだに、スキー場の上の方の「山頂駅」には78人が取り残されているということです。
 「噴火したんじゃないかということで、かなりパニックな状態だったみたいです。(望むのは)とにかく無事に下りることだけ」(家族が山頂に取り残されている男性)
 取材に応じてくれた男性は、28歳と32歳の息子2人が山頂にあるレストランに避難しているということです。男性によると、息子2人に大きなけがはない模様です。スキー場からはスノーモービルを使って1人づつ下山させるというアナウンスがあったということで、救助が本格的に始まったとみられます。
 「本白根山鏡池付近からおおむね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒してください」(気象庁地震火山部 齋藤誠火山課長)
 気象庁は、火山機動観測班を派遣して、23日、現地調査を行う予定で、今後、鏡池付近から概ね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3271834.html

« 狭山事件で新証拠 脅迫状筆跡“別人”は「当然」(23日)テレビ朝日 | トップページ | 草津白根山噴火で関係省庁「安全確保に全力」(23日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草津本白根山噴火で雪崩1人死亡、山頂駅の78人救出開始(23日)TBS:

« 狭山事件で新証拠 脅迫状筆跡“別人”は「当然」(23日)テレビ朝日 | トップページ | 草津白根山噴火で関係省庁「安全確保に全力」(23日)NHK »