« 大雪で首都高10時間立往生 なぜ起きた? 国交省が検証指示(23日)NHK | トップページ | 保育士に放り投げられ4歳男児が骨折 茨城・取手(23日)朝日 »

2018年1月23日 (火)

転倒や車のスリップ事故、2人死亡719人けが(23日)読売

首都圏を襲った大雪から一夜明けた23日、関東地方では、路面凍結による転倒や車のスリップ事故が相次いだ。
 読売新聞のまとめで、午前9時現在、関東1都6県で雪の影響によるとみられる死者は2人、けが人は719人に上った。気象庁は「解けた雪が凍結する可能性があり、転倒などに注意が必要」としている。
 同庁によると、最大積雪は、東京都心で23センチを観測したほか、前橋市29センチ、宇都宮市27センチ、水戸市と埼玉県熊谷市、仙台市19センチ、横浜市18センチ、千葉市10センチなど。都心で20センチを超えたのは、2014年2月以来で、過去30年では4度目となる。
 高速道路各社によると、23日午前9時現在、東名高速道路は東京インターチェンジ(IC)―富士ICの上下線などで通行止めが続いている。首都高速道路中央環状線の山手トンネルでは、トレーラーが西新宿ジャンクションで立ち往生した影響で、22日夜から23日午前5時半頃まで最大10キロにわたる大渋滞が発生。多数の車がトンネル内で10時間近く取り残された。http://www.yomiuri.co.jp/national/20180123-OYT1T50033.html

« 大雪で首都高10時間立往生 なぜ起きた? 国交省が検証指示(23日)NHK | トップページ | 保育士に放り投げられ4歳男児が骨折 茨城・取手(23日)朝日 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66314544

この記事へのトラックバック一覧です: 転倒や車のスリップ事故、2人死亡719人けが(23日)読売:

« 大雪で首都高10時間立往生 なぜ起きた? 国交省が検証指示(23日)NHK | トップページ | 保育士に放り投げられ4歳男児が骨折 茨城・取手(23日)朝日 »