« AIスピーカー乗っ取り 超音波を悪用、早大実験(27日)共同 | トップページ | 偽造の肝炎薬、夫婦逮捕へ…卸売業者に販売疑い(27日)読売 »

2018年1月27日 (土)

コインチェック 仮想通貨の巨額流出 補償のめど立たず(27日)NHK

インターネット上の仮想通貨を取り扱う取引所の「コインチェック」は、外部からの不正なアクセスで580億円相当の仮想通貨が流出したことを26日夜、明らかにしました。流出したのは顧客が預けていた資産で、会社は補償などを検討するとしていますが、具体的なめどは立っていません。
 仮想通貨の取引所で国内大手のコインチェックは、26日夜、記者会見し、26日午前3時ごろも外部からの不正なアクセスによってその時点のレートで580億円に相当するNEMと呼ばれる仮想通貨が、流出したことを明らかにしました。
流出したのは顧客が預けていた資産で、会社が事態を把握したのは仮想通貨が流出してから8時間余りがたった26日午前11時半ごろでした。
その後、取り扱っている仮想通貨の大半について、売買や日本円での出金を停止するなどの措置をとり、ほかの仮想通貨では流出などは起きていないということです。
 会社は金融庁や警視庁に報告するとともに原因の究明や流出先の調査を進めていますが、売買や出金を再開させるめどは立っていないとしました。
会社は顧客に対し補償を含めた対応を検討しているとしていますが、補償のしかたや詳しい財務状況などを明らかにせず、具体的なめどは立っていません。
 コインチェックは平成24年8月に設立され、13種類の仮想通貨を扱っています。
仮想通貨を取り扱う取引所は、金融庁が利用者保護の一環として去年10月から登録制にし、コインチェックは現在、登録の審査を受けている段階だということです。
 記者会見でコインチェックの和田晃一良社長は「取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしておりますことをおわび申し上げます」と述べて陳謝しました。
 インターネット上の仮想通貨は中央銀行などの管理者がいないことが最大の特徴で、買い物の支払いや送金の新たな手段として利用者が増えています。
しかし今回、巨額の仮想通貨が一度に失われるという深刻な事態が起きたことで、利用者の保護やセキュリティーの面で大きな課題があることが改めて浮き彫りになりました。

続くdownwardleft

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011304731000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

« AIスピーカー乗っ取り 超音波を悪用、早大実験(27日)共同 | トップページ | 偽造の肝炎薬、夫婦逮捕へ…卸売業者に販売疑い(27日)読売 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66326362

この記事へのトラックバック一覧です: コインチェック 仮想通貨の巨額流出 補償のめど立たず(27日)NHK:

« AIスピーカー乗っ取り 超音波を悪用、早大実験(27日)共同 | トップページ | 偽造の肝炎薬、夫婦逮捕へ…卸売業者に販売疑い(27日)読売 »