« 「15年間ほぼ外に出さず」 プレハブ監禁、両親起訴へ(24日)共同 | トップページ | 雪でスクールバス降ろされ、児童30分歩き帰宅(24日)読売 »

2018年1月24日 (水)

草津白根山 600回超の火山性地震 活発な活動続く(24日)NHK

23日噴火が発生した群馬県北西部にある草津白根山では、23日、600回を超える火山性地震を観測するなど、活発な火山活動が続いています。気象庁は、「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、鏡池付近の火口からおおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石などに警戒を続けるよう呼びかけています。
 群馬県の北西部にある草津白根山では、23日午前10時前に本白根山の鏡池付近で噴火が発生し、1キロ以上離れた場所まで噴石が飛んだことが確認されました。
 気象庁によりますと、草津白根山では噴火直後の23日午前10時から11時までの1時間に火山性地震が159回観測されたあとその後も続き、23日は合わせて625回観測されました。
 24日は午前6時までに火山性地震は観測されていないほか、火山性微動も観測されていないということです。
 気象庁は、草津白根山では、活発な火山活動が続いていて、今後も噴火が起きるおそれがあるとして、「入山規制」を示す噴火警戒レベル3の火口周辺警報を継続し、鏡池付近からおおむね2キロの範囲で噴火に伴う噴石に警戒するよう呼びかけています。
 また、気象台の調査では、噴火のあと、火口から北東に8キロほどの群馬県中之条町でも火山灰が降ったのが確認されています。気象庁は、風下側で降る小さな噴石や火山灰、空振=空気の振動、それに火山ガスにも注意するよう呼びかけています。
 一方、鏡池付近ではこれまで噴火は想定されておらず、監視カメラなどが設置されていなかったことから、気象庁は、周辺を撮影できる監視カメラを24日にも設置するなど、観測態勢を強化することにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180124/k10011300231000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

« 「15年間ほぼ外に出さず」 プレハブ監禁、両親起訴へ(24日)共同 | トップページ | 雪でスクールバス降ろされ、児童30分歩き帰宅(24日)読売 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草津白根山 600回超の火山性地震 活発な活動続く(24日)NHK:

« 「15年間ほぼ外に出さず」 プレハブ監禁、両親起訴へ(24日)共同 | トップページ | 雪でスクールバス降ろされ、児童30分歩き帰宅(24日)読売 »