« 2018年1月26日 | トップページ | 2018年1月28日 »

2018年1月27日

2018年1月27日 (土)

帰宅途中に強盗被害(27日)フジテレビ

埼玉・宮代町で、22歳の男性が、帰宅途中に男3人に襲われて負傷し、現金およそ2万8,000円などを奪われた。
27日午前1時すぎ、宮代町中島の路上で、帰宅中の男性が、若い男ら3人から「どこ見て歩いてんだよ」などと因縁をつけられ、顔などを殴られ軽傷を負い、現金およそ2万8,000円などが入ったバッグを奪われた。
警察は、3人の行方を追っている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00383248.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東海道線トンネルのレール破断、4センチの隙間(27日)読売

 26日午前9時20分頃、神奈川県湯河原町鍛冶屋のJR東海道線真鶴―湯河原駅間の下り線「一本松トンネル」内で、レールが破断して約4センチの隙間ができているのを点検中の社員が見つけた。
 東海道線はレール交換作業のため、小田原―熱海駅間で一時運転を見合わせた。
 JR東日本横浜支社は、脱線などの危険性はなかったと説明している。レールは2014年11月に交換したもので、同支社が詳しい原因を調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180127-OYT1T50082.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転中「ポケモンGO」で死亡事故 被告の実刑確定へ(27日)NHK

おととし、愛知県春日井市で、車を運転していた会社員が「ポケモンGO」をするためにスマートフォンに気を取られ女性をはねて死亡させた罪に問われた裁判で、最高裁判所は被告側の上告を退ける決定を出し、禁錮2年6か月の実刑判決が確定することになりました。
 おととし8月、愛知県春日井市藤山台で、横断歩道を渡っていたベトナム人の当時29歳の女性が車にはねられ死亡しました。
 車を運転していた岐阜県土岐市の会社員、奥山裕輔被告(28)はゲームアプリ、ポケモンGOをするためスマートフォンの操作に気を取られて女性をはねたとして過失運転致死の罪に問われました。
 被告側が執行猶予の付いた判決を求めたのに対して、1審の名古屋地方裁判所と2審の名古屋高等裁判所は、「運転よりもスマートフォンに注意が向いて起きた事故で、単純な過失とは一線を画すものだ」として、禁錮2年6か月の実刑判決を言い渡しました。
 これに対して被告側が上告していましたが、最高裁判所第1小法廷の木澤克之裁判長は27日までに上告を退ける決定を出し、実刑判決が確定することになりました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011305451000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

「動物シェルター作る」と詐欺か、石川県の男を逮捕(27日)TBS

捨てられた動物を一時的に保護する「動物シェルターをつくる」と嘘の建設話を持ちかけ、金をだまし取ったとして、石川県に住む61歳の男が逮捕されました。
 「大阪府警の捜査員に連れられて、男が出てきました」(記者)
 逮捕されたのは石川県七尾市の職業不詳、尾崎恒孝容疑者(61)です。捜査関係者によりますと、尾崎容疑者は2014年、飼い主がいない動物などを一時的に保護する「動物シェルター」を建設すると嘘を言って、大阪府堺市の女性から現金180万円をだまし取った疑いが持たれています。尾崎容疑者は実在する公益財団法人からの助成金があると嘘を言い信用させ、女性は総額3000万円を出資しました。3年前、JNNの取材に対し尾崎容疑者は・・・Q.動物シェルターの件でお話しをお聞きしたいのですが?
 「答えるあれはないです。全然」(尾崎容疑者)
Q.(女性が出資した)3000万円は戻ってくるんですか?
 「・・・」(尾崎容疑者)
 警察は動物シェルター建設が全くの架空話だったとみて詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3275732.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

60代女性が貨物列車に接触 頭にけが、名古屋駅ホーム(27日)西日本

27日午後3時10分ごろ、JR名古屋駅のホームで、岐阜県池田町の女性(63)が走行中の貨物列車に接触、停車した列車とホームの間に挟まれた。女性は頭にけがをして病院に運ばれたが、意識はあるという。
 中村署によると、東海道線の岐阜方面に向かう列車が発着するホームにいた女性が、6番線を通過中の列車にふらふらと近づき接触したのを見て駅員が緊急停止させた。
 列車は東京貨物ターミナルを出て福岡貨物ターミナルに向かっていた。JR東海は東海道線豊橋―大垣間の上下線で一時運転を見合わせた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/389600

| コメント (0) | トラックバック (0)

行方不明の警察官を懲戒免職に 当て逃げに関係か(27日)テレビ朝日

今も行方不明の警察官が当て逃げ事件に関係している可能性があります。
 岩手県警によりますと、水沢警察署刑事課の熊谷陽平巡査部長(32)は去年11月23日から無断欠勤が続いていて、「全体の信用を失墜させた」として26日付で懲戒免職処分になりました。行方不明になる前日に、水沢署管内では当て逃げ事件が起きていて、熊谷巡査部長の車が壊れた状態で見つかっています。警察は熊谷巡査部長が何らかの事情を知っているとみて行方を捜しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000119665.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル) 
強盗の検挙率がアップ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013430

 東京都渋谷区本町の40代の会社役員の男性が帰宅した27日午前4時ごろ、玄関先で待っていたと思われる3人組の男に襲われ、現金約4000万円が奪われる事件が発生した。男らはその後、男性を殴ったうえ車に押し込んで約1時間にわたり連れ回し、自宅から約10㌔離れた都内で解放したという。
 犯人はいずれも上下黒っぽい服装でマスクをしていたというが、なぜ連れ回したのか?なんとも奇々怪々と言うか大胆な犯行である。
 さらに、午前1時過ぎには埼玉・宮代町で、22歳の男性が、帰宅途中に男3人に襲われて2万8,000円などを奪われる路上強盗事件があった。
  こうした強盗事件は発生が減っているのに加えて検挙率がアップしている。
 警察庁によると昨年(平成29年)の認知件数は1852件で前年に比べて480件の減少。検挙率は82.2%で同1.7ポイントアップした。
 認知件数のランキングは東京が351件、大阪が291件、埼玉が151件、神奈川が127件、千葉が103件と続いた。
 少なかったのは秋田県でなんと1件。2件は長崎、3件は岩手、山形、佐賀だった。
 検挙率のランキングは宮崎と滋賀の150.0%をトップに福島、長野が133.3%など100%を超えたのは18県もあった。
 逆に低かったのは奈良の37.5%、石川の40.0%、栃木の55.6%、山梨の62.5%、神奈川の64.6%など。
 このうち奈良は前年より122.5ポイントも減少したが、前年が160.0%と好成績だった。
 しかし、全体的に検挙率は高い。警視庁の検挙率は90.9%と極めて高く、4000万円強盗事件も1日も早い検挙に期待したい。
 それにしても、犯行後にはできるだけ短時間に逃走したいというのが犯罪者の心理のはずだが、逆なんだよねぇ~途中、検問にでもあったらどうしようとしたのか?それとも…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性宅からネックレスなど盗む ネット開設工事の営業として訪問 容疑の自営業男逮捕 横浜(27日)産経

ネックレスなどを盗んだとして、青葉署は窃盗容疑で、横浜市青葉区すすき野の自営業、風間良亜容疑者(37)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は、平成29年11月5日午前9時半ごろから約2時間半の間、同区しらとり台に住む無職の男性(72)宅で、ネックレス1本など計6点(時価合計18万5千円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、風間容疑者はインターネット開設工事の営業として男性宅を訪問していたという。同署は別の窃盗事件で風間容疑者から事情を聴いており、その中で風間容疑者が今回の事件への関与をほのめかして、事件が発覚。同署は余罪があるとみて調べを進めている。http://www.sankei.com/affairs/news/180127/afr1801270036-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島県警でパワハラ 部下縛った写真や初恋のポエム掲示(27日)朝日

福島県警災害対策課の男性巡査部長(29)と男性警部補(37)が部下11人にパワーハラスメントを繰り返したとして、県警は26日、巡査部長を停職3カ月、警部補を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は同日、暴行の疑いで福島地検へ書類送検された。

 県警監察課によると、巡査部長は昨年5~10月、3時間にわたる説教中に部下の頭や胸を十数発殴ったほか、わさびを盛ったローストビーフを食べさせたり、腕立て伏せを1時間続けさせたりした。
 警部補は部下をロープで縛ったり、上半身を裸にしたりして、その写真を職場に貼り出すなどした。また、昇任試験に落ちた部下4人に、「初恋」をテーマにしたポエムを書かせて皆の前で読み上げさせ、職場に掲示したという。
 2人は同じ職場で、両者からパワハラを受けた部下もいた。被害者が災害対策課の幹部に相談し、発覚した。監察課の調べに、巡査部長は「この程度は許されるものだと思っていた」、警部補は「悪ふざけだと思っていた」などと話しているという。
 災害対策課では昨年6月にもパワハラによる懲戒処分があったばかり。横田雄也首席監察官は「このような事案が再び同じ所属で発生したことは、極めて遺憾。再発防止と信頼回復に努める」と話している。https://www.asahi.com/articles/ASL1V5QBYL1VUGTB00Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スクーターの68歳転倒、後続車にひかれ死亡(27日)読売

27日午前5時25分頃、さいたま市桜区栄和の国道463号で、同区上大久保、職業不詳佐藤幹夫さん(68)のスクーターが転倒した。
 路上に倒れた佐藤さんは、後ろから来た乗用車にひかれ、胸を強く打って搬送先の病院で死亡が確認された。
 浦和西署は、乗用車を運転していた同区、自営業の男(44)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、過失運転致死容疑で調べている。
 男は「転倒したバイクに気を取られ、倒れている人に気付くのが遅れた」と供述しているという。http://www.yomiuri.co.jp/national/20180127-OYT1T50079.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

世論調査 災害が起きたら「自助」や「共助」増加(27日)NHK

内閣府が行った世論調査で、災害の際に取る対応として考えに近いものを聞いたところ、自分で身を守る「自助」や地域などで助け合う「共助」が大幅に増える一方、国や自治体による支援の「公助」や「自助、共助、公助のバランスをとるべき」が減りました。
 内閣府は去年11月、全国の18歳以上の男女3000人を対象に防災に関する世論調査を行い、61.3%にあたる1839人から回答を得ました。
 それによりますと、大地震に備えた対策を複数回答で尋ねたところ、地震保険に加入していると答えた人が46.1%と、前回5年前の調査に比べて7.7ポイント増える一方、食料品や飲料水の準備が45.7%で0.9ポイント、懐中電灯など停電に備えた明かりの確保が43.3%で18.9ポイント、いずれも減りました。
 また、災害の際に取る対応として考えに近いものを聞いたところ、自分で身を守る「自助」が39.8%、地域などで助け合う「共助」が24.5%.国や自治体による支援の「公助」が6.2%、そして、「自助、共助、公助のバランスをとるべき」が28.8%となりました。
前回5年前の調査と比べると、自助が18ポイント余り、共助が14ポイント近く、それぞれ増える一方、「自助、共助、公助のバランスをとるべき」は30ポイント近く減りました。
 内閣府は「大災害に備え、自分の身は自分で守る意識が高まっており、さらに防災に関する啓発に努めたい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011304971000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

| コメント (0) | トラックバック (0)

8刑務所で60歳以上認知症検査 18年度から、法務省(27日)共同

高齢受刑者の増加を受け、法務省は27日までに、2018年度から全国の主要8刑務所に入所する60歳以上の全ての受刑者に対し、認知症検査を実施することを決めた。早期の発見で、受刑中の対応に配慮するほか、出所後も福祉施設など適切な受け入れ先を見つけ、再犯防止を図るとしている。他の刑務所への拡大も検討する。
 検査を実施するのは、札幌、宮城、府中(東京)、名古屋、大阪、広島、高松、福岡の8刑務所。「お年はいくつですか」などの質問への答えを点数化する。認知症と診断された場合、負担の軽い刑務作業を割り当てたり、症状の進行を遅らせるための学習指導を受けさせたりする。https://this.kiji.is/329893514890822753?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

山岳遭難者救え 「捜索隊」発足 筑紫野署の若手32人訓練励む(27日)西日本

登山ブームに伴い、近年急増している山岳遭難や事故に対応しようと福岡県警筑紫野署が昨年11月、若手署員を中心とした「山岳捜索隊」(計32人)を発足させ、訓練に励んでいる。管内には人気スポットの宝満山などがあり、山登りシーズンの夏から秋にかけて遭難が相次いだためだ。県警によると、警察署に山岳捜索に特化したチームを置くのは珍しいという。
 「あと3メートル!」「『せーの』でゆっくり引いて」。昨年11月末、同県筑紫野市の天拝山歴史自然公園。隊員たちが災害救助を専門にする県警の機動隊員から、高低差の大きい山道での負傷者の救助方法を学んでいた。
 訓練では、成人男性が谷に落ちて体が動かせなくなったという想定で担架に乗せて搬送した。隊員たちは「想像以上に力が必要」「要救助者に引くタイミングを知らせないと、怖い思いをさせてしまう」などと山での救助活動の難しさを実感していた。
 通常、山岳遭難が発生した場合、消防や自衛隊、地元の登山愛好家らが捜索に当たる。最寄りの警察署も参加するが「専門的な装備や知識もなく、踏み込んだ捜索はできなかった」と署の幹部。人命に関わるなど緊急性が高い際は機動隊が出動するが、「山を管轄する警察署として迅速に対応したい」(下田雄治署長)と、隊の結成を決めた。 管内には宝満山(829メートル)をはじめ、天拝山(258メートル)、四王寺山(410メートル)など初心者でも登りやすい山が多い。登山客が増えるとともに遭難するケースは年々増え、2015年の3件3人から昨年は7件10人に上った。
続くdownwardleft
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/389583

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグサイトの宝飾展で窃盗容疑、「ピンクパンダ」か(27日)朝日

東京ビッグサイト東京都江東区)で開かれている「第29回国際宝飾展」で真珠などを盗んだとして、警視庁は中国人の男女計7人を窃盗の疑いで逮捕し、26日発表した。警視庁は7人が国際窃盗団「ピンクパンダ」のメンバーとみている。1人は「真珠を盗んで中国で売ろうと思った」と容疑を認め、6人は否認しているという。
 捜査3課によると、7人は何鳳英(ホーフォンイン)容疑者(33)らいずれも住所・職業不詳の男女。逮捕容疑は24日午前10時55分~午後3時10分ごろ、会場内の計3社の店舗に客を装って近づき、店員の隙をみて真珠が入った袋六つと指輪1点、ネックレス68本(計約1500万円相当)を盗んだというもの。
 同展では少なくとも数年前からピンクパンダによるとみられる窃盗事件が相次いでおり、警視庁が捜査員を配置して警戒していた。同展のホームページによると、会期中の商談の総額は毎年約125億円に上り、著名人らを対象にした「日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰なども行われる。今年は24日から27日まで開催されている。
 ピンクパンダは欧州や日本などで開かれる国際宝飾展を狙う中国人窃盗団で、フランスの捜査当局が名付けたという。 https://www.asahi.com/articles/ASL1V55LWL1VUTIL035.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

庭の木の枝折り、花壇荒らす… 54歳高校教諭逮捕 住居侵入容疑 静岡(27日)産経

正当な理由なく建物内に侵入したとして、静岡南署は25日、住居侵入の疑いで、県立静岡高校定時制教諭の島村英二容疑者(54)=静岡市駿河区見瀬=を逮捕した。
 逮捕容疑は1月11日午前1時10分ごろ、自宅近くの男性(62)方の敷地内に侵入したとしている。
 同署によると、侵入後、島村容疑者は男性宅庭の木の枝を折り、花壇を荒らすなどしていたという。島村容疑者と男性は面識があり、以前からトラブルを抱えていたらしい。
 事件を受け、木苗直秀県教育長は「今後、事実を確認しながら、厳正に対応する。信頼を回復できるよう教職員に対する指導の一層の強化と徹底を図る」とコメントした。
http://www.sankei.com/affairs/news/180127/afr1801270029-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性宅からネックレスなど盗む ネット開設工事の営業として訪問 容疑の自営業男逮捕 横浜(27日)産経

ネックレスなどを盗んだとして、青葉署は窃盗容疑で、横浜市青葉区すすき野の自営業、風間良亜容疑者(37)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は、平成29年11月5日午前9時半ごろから約2時間半の間、同区しらとり台に住む無職の男性(72)宅で、ネックレス1本など計6点(時価合計18万5千円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、風間容疑者はインターネット開設工事の営業として男性宅を訪問していたという。同署は別の窃盗事件で風間容疑者から事情を聴いており、その中で風間容疑者が今回の事件への関与をほのめかして、事件が発覚。同署は余罪があるとみて調べを進めている。http://www.sankei.com/affairs/news/180127/afr1801270036-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に3人組強盗、被害額4千万円か 東京・渋谷(27日)朝日

27日午前4時ごろ、東京都渋谷区本町6丁目の40代の会社役員の男性から「3人組の男が自宅に押し入って現金を奪われた」と110番通報があった。男性の説明では被害額は約4千万円にのぼるという。男性は男らに殴られて負傷しており、警視庁が強盗致傷事件として調べている。
 代々木署によると、同日午前3時ごろ、帰宅した男性は玄関先で3人組の男に襲われ、自宅内の金庫を開けさせられて約4千万円を奪われたという。男性はこの後、車に押し込められて連れ回されたが約1時間後、自宅から約10キロ離れた都内で解放され、自ら110番通報した。男らについては「面識はない」と話しているという。
 男らはいずれも上下黒っぽい服装で、マスクをしていたという。
https://www.asahi.com/articles/ASL1W4552L1WUTIL006.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「真相究明を」金正恩氏の捜査申し立てた特定失踪者家族ら訴え(27日)NHK

北朝鮮による拉致は人道に対する罪に当たるとして、今週、オランダの国際刑事裁判所にキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の捜査を求める申し立て書を提出した、拉致の可能性が排除できない行方不明者の家族らが帰国し、改めて真相の究明を訴えました。
 北朝鮮に拉致された可能性が排除できないとされる「特定失踪者」の家族と、調査を進めている民間の団体は、拉致は人道に対する罪に当たるとして、今月24日、オランダの国際刑事裁判所にキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の責任追及を求める申し立て書を提出しました。
申し立てでは、日本政府が認定している拉致被害者のほかに、500人余りの特定失踪者について「キム委員長が被害者の情報を開示せず人権侵害を続けている」などとしていて、国際刑事裁判所の検察官に捜査を始めるよう求めています。
 一行は、27日に帰国し、このうち昭和49年に新潟県で行方がわからなくなった大澤孝司さんの兄の昭一さんは「特定失踪者の問題は理解されていない部分も多く、引き続き取り組みを求めたい」と話しました。
 今回の申し立てをめぐっては、国際刑事裁判所の規定上、検察官が捜査を始める要件に該当するか見通せない部分もあり、団体では追加の情報提供などを通じて働きかけを続けたいとしています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドローン飛行規制強化へ、国交省 イベント会場、範囲限定(27日)共同

 昨年11月、岐阜県大垣市のイベント会場で小型無人機「ドローン」が落下し、負傷者が出た事故を受け、国土交通省は、イベント会場といった多数の人が集まる場所でドローンを飛ばす際の規制を強化する方針を固めた。来週中にも関連する通達を改正する。
 上空のドローンから地上にいる来場者をどの程度遠ざけるのかの明確な規定がこれまでなかったが、ドローン下の一定範囲を立ち入り禁止とする。イベント会場にこうしたエリアを広く設けることは難しいとみられ、事実上、飛行範囲の限定につながる見通し。
https://this.kiji.is/329718987095589985?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「はれのひ」被害相談、八王子市・横浜市で受け付け(27日)TBS

成人式の「晴れ着問題」で26日に貸衣装会社「はれのひ」が破産手続きに入ったことを受けて、東京・八王子市や横浜市は被害相談を受け付けています。
 「多大なご迷惑、ご心配おかけしましたことをここで深くおわび申し上げます。申し訳ございませんでした」(「はれのひ」 篠崎洋一郎社長)
 「はれのひ」の篠崎洋一郎社長は26日夜、問題の発覚からおよそ3週間ぶりに姿を現し、謝罪会見を行いました。
 「はれのひ」は26日に破産手続きに入り、会見では客から預かっていたおよそ1200着の着物を返却し、客が買い取った着物についても順次、配送することを明らかにしました。しかし、被害を受けた新成人は「不安は全く消えない」と話します。
 「卒業式に使う予定だった袴も購入してて、(返ってくることは)昨日の会見聞くかぎり、絶望的なのかなと」(被害の新成人)
 東京・八王子市や横浜市では被害相談を受け付けていますが、八王子市では、破産手続きを受けて27日から3日間、弁護士による法律相談も含めて相談時間を延長し、対応を行っています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3275538.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯びの車が線路に 高崎線は3時間運転見合わせ(27日)テレビ朝日

 26日夜、さいたま市で酒気帯びの状態で車を運転し、JR高崎線の線路に進入したとして50歳の男が逮捕されました。この影響で高崎線は3時間、運転を見合わせました。
 会社員の岸本和也容疑者は午後9時半ごろ、酒気帯びの状態で車を運転し、さいたま市にあるJR高崎線の宮原駅の近くにある踏切から線路に進入した疑いが持たれています。警察によりますと、岸本容疑者は「道がよく分からず、線路に入ってしまった」と話し、酒を飲んで車を運転したことを認めているということです。JR高崎線は上下線で3時間、運転を見合わせ、約2万6000人に影響が出ました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000119654.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

おにぎり2個万引き 発見されナイフで…経営者重傷(27日)テレビ朝日

 東京・豊島区のコンビニ店で、万引きを見つかった男が店の経営者の男性をナイフで切り付けたとして逮捕されました。経営者の男性は重傷です。
 職業不詳の森田宜嗣容疑者(48)は26日午後8時前、豊島区要町のコンビニ店で、経営者の男性(42)の頭などをナイフで切り付けて重傷を負わせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、森田容疑者は店内でおにぎり2個を万引きしたところを経営者の男性に見つかり、事務所に連れていかれた際にナイフで経営者の男性を襲ったということです。森田容疑者は逃走しようとしましたが、店内にいた30代の女性客が異変に気付き、経営者の男性と一緒に取り押さえました。森田容疑者は「刃物で切り付けたことは間違いない」と容疑を認めています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000119653.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【はれのひ閉鎖】 神奈川県警が捜査本部を設置 詐欺視野に(27日)産経

「はれのひ」をめぐる問題で、神奈川県警が捜査本部を設置したことが26日、捜査関係者への取材で分かった。県警は詐欺容疑などでの立件を視野に、同社の財務状況の精査などを本格化させる。
 捜査関係者によると、県警は県内の被害者やその家族らから、はれのひとの契約状況や被害額を聞き取るなどしてきた。今後、警視庁など他都県の被害状況を集約している警察とも連携し、捜査本部で一括して分析などを進める。問題をめぐっては、店舗がある横浜市や東京都八王子市などに寄せられた相談はこれまでに少なくとも700件以上に上り、契約額は3億円を超えているとみられる。
 着付け会場として昨年2月に予約された横浜市港北区のホテルの使用料約100万円が支払われていないほか、はれのひに着物や小物を納入していた京都市の卸会社3社への未払い金も計数千万円に上る見込み。
 はれのひは平成27年の決算時点で約4千万円の資産超過だったが、28年には一転、約3億2千万円の債務超過となった。粉飾決算の疑いも指摘されており、県警は経営陣が破綻を認識した時期の特定を進める。
http://www.sankei.com/affairs/news/180127/afr1801270003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元オリ投手の坂寄さん、警察官に 交番でも全力投球(27日)朝日

プロ野球・オリックスの投手だった坂寄晴一(さかよりせいいち)さん(27)が昨年、兵庫県警に採用され、警察官として人生の新たな一歩を踏み出した。この春、警察学校を卒業し、地域の交番に立つ。
 坂寄さんは茨城県出身。地元の県立高校を卒業後、国士舘大、JR東日本を経て、2014年10月のドラフト会議で、オリックスから6巡目で指名された。カットボールが武器の技巧派左腕だった。
 初登板は1年目の15年9月、…

 

残り:1086文字/全文:1272文字

https://www.asahi.com/articles/ASL1Q5KMQL1QPIHB023.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造の肝炎薬、夫婦逮捕へ…卸売業者に販売疑い(27日)読売

高額のC型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品が流通した事件で、警視庁は26日、住所不定、無職の男(43)と妻(49)が医薬品卸売業者に偽造品を販売した疑いが強まったとして、医薬品医療機器法違反(模造医薬品の販売など)容疑で逮捕状を取った。
 2人は昨年、覚醒剤や危険ドラッグの所持容疑で広島県警に逮捕されて公判中で、同庁は今後、身柄を移送し、入手ルートを調べる。
 捜査関係者によると、2人は昨年1月4日、東京・神田の「現金問屋」と呼ばれる卸売業者(廃業)に、ハーボニーの偽造品のボトル2本を、薬価より約120万円安い計約180万円で販売したほか、2016年8~10月には石川県の業者にC型肝炎治療薬「ソバルディ」のボトル2本を計約100万円で無許可で販売した疑い。

(ここまで331文字 / 残り459文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180127-OYT1T50024.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

コインチェック 仮想通貨の巨額流出 補償のめど立たず(27日)NHK

インターネット上の仮想通貨を取り扱う取引所の「コインチェック」は、外部からの不正なアクセスで580億円相当の仮想通貨が流出したことを26日夜、明らかにしました。流出したのは顧客が預けていた資産で、会社は補償などを検討するとしていますが、具体的なめどは立っていません。
 仮想通貨の取引所で国内大手のコインチェックは、26日夜、記者会見し、26日午前3時ごろも外部からの不正なアクセスによってその時点のレートで580億円に相当するNEMと呼ばれる仮想通貨が、流出したことを明らかにしました。
流出したのは顧客が預けていた資産で、会社が事態を把握したのは仮想通貨が流出してから8時間余りがたった26日午前11時半ごろでした。
その後、取り扱っている仮想通貨の大半について、売買や日本円での出金を停止するなどの措置をとり、ほかの仮想通貨では流出などは起きていないということです。
 会社は金融庁や警視庁に報告するとともに原因の究明や流出先の調査を進めていますが、売買や出金を再開させるめどは立っていないとしました。
会社は顧客に対し補償を含めた対応を検討しているとしていますが、補償のしかたや詳しい財務状況などを明らかにせず、具体的なめどは立っていません。
 コインチェックは平成24年8月に設立され、13種類の仮想通貨を扱っています。
仮想通貨を取り扱う取引所は、金融庁が利用者保護の一環として去年10月から登録制にし、コインチェックは現在、登録の審査を受けている段階だということです。
 記者会見でコインチェックの和田晃一良社長は「取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしておりますことをおわび申し上げます」と述べて陳謝しました。
 インターネット上の仮想通貨は中央銀行などの管理者がいないことが最大の特徴で、買い物の支払いや送金の新たな手段として利用者が増えています。
しかし今回、巨額の仮想通貨が一度に失われるという深刻な事態が起きたことで、利用者の保護やセキュリティーの面で大きな課題があることが改めて浮き彫りになりました。

続くdownwardleft

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180127/k10011304731000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

AIスピーカー乗っ取り 超音波を悪用、早大実験(27日)共同

 音声でさまざまな指示を出せる「人工知能(AI)スピーカー」に対して、音声を超音波に変換する「パラメトリック・スピーカー」と呼ばれる機器を使って命令を出すと、最大10メートル離れた場所から第三者が操作できる可能性があることが27日、早稲田大の森達哉准教授(情報セキュリティー工学)らの実験で分かった。
 AIスピーカーには利用者の声を聞き分ける機種もあるが、コンピューターで他人の声を再現する「音声合成技術」を使えば突破可能とみている。AIスピーカーの技術は今後、家電や自動車にも搭載されるため、乗っ取られれば事故といった事態につながる恐れもあるという。
https://this.kiji.is/329724779848303713?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、「特殊詐欺対策プロジェクト」発足(27日)TBS

特殊詐欺による被害が急増していることを受け、警視庁は26日、被害を防ぐため、新しいプロジェクトの発足式を行いました。
 「特殊詐欺対策は喫緊の課題であります」(警視庁 島根悟 副総監)
 26日、東京・千代田区の警視庁本部で、特殊詐欺の被害防止を目的とした、「特殊詐欺対策プロジェクト」の発足式が行われました。プロジェクトでは、警視庁の刑事部や生活安全部などに所属する捜査員およそ290人が、特殊詐欺対策の専門チームを結成し、詐欺グループの主犯や指示役の摘発を目指すということです。
 去年1年間で都内で起きた特殊詐欺の被害は3500件で、おととしの1.7倍になったということで、警視庁は「総力を上げて特殊詐欺を根絶する」としています。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3275197.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| コメント (0) | トラックバック (0)

“万引き”見つかりナイフで襲う、コンビニ店長 重傷(27日)TBS

26日夜、東京・豊島区のコンビニエンスストアで店長の男性をナイフで切りつけ、重傷を負わせたとして、48歳の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、森田宜嗣容疑者(48)で、26日午後8時ごろ、豊島区のコンビニエンスストアで店長の男性(42)の頭などをナイフで切りつけ、全治2か月の重傷を負わせた疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、森田容疑者はおにぎり2個を万引きし、逃走しようとした際、店長の男性に声をかけられ、刃渡り33センチのナイフで男性を切りつけたということです。
 森田容疑者は容疑を認めたうえで、「万引きをして逃げようと思った」と供述しているということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3275480.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺容疑のリーダー?逮捕 「ネットで副業」被害5億円(27日)日経

広島など3県警の合同捜査本部は26日、副業をあっせんするインターネットサイトを使い現金をだまし取ったとして、住所不定、無職の橋本直人容疑者(32)ら男2人を詐欺の疑いで逮捕した。被害は全国1500人、総額約5億円に及ぶとみられ、捜査本部は橋本容疑者を詐欺グループのリーダー格とみて2016年に指名手配していた。
 グループは顧客にホームページなどに載せる簡単な文章を書かせ、少額の報酬を支給。その後に「ウェブ更新費用」などの名目で、多額の金を支払わせていた。
 事件は15年2月に広島県警が東京都内の拠点事務所を捜索した際、電話をかける複数の男や顧客名簿を発見して発覚。捜査本部は同年以降、詐欺容疑などで22人を逮捕していた。
 逮捕容疑は14~15年ごろ、副業あっせんのページを見て申し込んできた埼玉県春日部市の女性美容師(34)に「副業をするための費用が必要」などとうそを言って現金計約320万円を振り込ませた疑い。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26231570X20C18A1AC8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁と自衛隊が合同訓練 武装工作員の上陸を想定(27日)テレビ朝日

武装した外国の工作員が上陸してきた想定で、警視庁と自衛隊が合同で対処訓練を行いました。
 「緊急事態が起きた」という連絡を受け、警視庁の先導のもと自衛隊の車両が現場へ急行していきます。26日に埼玉県新座市の陸上自衛隊の訓練場で行われた訓練では、武装した外国の工作員が日本に上陸してきたという想定で行われました。警視庁・機動隊の銃器対策部隊の隊員など約60人と自衛隊員約100人が参加しました。隊員たちは一日かけて、工作員を銃器などで対処する訓練や住民の避難誘導などの手順を確認しました。警視庁の岩瀬聡警備第一課長は「お互いの装備や指示命令系統などを理解し、連携を強化していざという時に備えたい」と話しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000119644.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“いじめ動画”ネットに流出 学校が会見 新潟(27日)テレビ朝日

新潟県の高校で女子生徒が同級生の男子生徒に物を投げ付ける動画がインターネット上に流出した問題で、学校は会見を開いていじめがあったと認めました。
 今月19日、新潟県の県立高校に通う女子生徒が同じ学年の男子生徒に物を投げ付けて嫌がらせをするような様子を別の女子生徒がスマートフォンで撮影しました。その動画をインスタグラムに掲載したところ、外部に流出したということです。学校は全校生徒へのアンケートや2人の女子生徒への聞き取りの結果、いじめだったと認めました。女子生徒らは謝罪の意思を示しているということです。学校は近く、保護者への説明会を開くことにしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000119640.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

教諭が顔蹴り児童骨折 若松の小学校 一時意識失い入院(27日)西日本

北九州市若松区の市立小学校で23日に20代の男性教諭が6年生男児の顔面を蹴り、けがを負わせていたことが26日、明らかになった。児童は一時意識を失って救急搬送され、現在も入院中という。福岡県警も捜査している。
 市教育委員会や学校によると、教諭は23日午前10時45分ごろ、2時間目終了後の休み時間に体調不良を訴えて保健室で検温していた男児を確認。男児に熱はなく、当時、保健室にはベッドで休んでいる他の児童がいたため、教諭は「3時間目が始まったので教室に戻るように」と促した。男児は指示に従わず、教諭は腹を立てて顔を蹴ったという。男児は病院に搬送され、そのまま入院した。鼻の下を骨折しているという。
 教諭は児童とは別クラスの担任。学校の聞き取りに「インフルエンザが流行しており、熱のない児童は教室に戻した方がいいと考えた」と説明。「スイッチが入ってしまった。大変申し訳ない」と釈明したという。
 学校は26日夜、教諭の担当クラスの保護者向けに説明会を開いた。質疑では、教諭がこれまで体罰を加えた事例があるかを問われ、「把握していない」と答えたという。 校長は西日本新聞の取材に「二度とこのようなことを起こさないようにしたい」と話した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/389466

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月26日 | トップページ | 2018年1月28日 »