« 2018年1月15日 | トップページ | 2018年1月17日 »

2018年1月16日

2018年1月16日 (火)

330人分の手術記録USBメモリー紛失 東京・青梅の市立病院(16日)産経

東京都青梅市の市立総合病院は16日、心臓血管外科の医師が、患者約330人分の手術記録を保存したUSBメモリーを紛失したと発表した。病院は個人情報の外部への持ち出しは禁止しているが、医師は無断で自宅に持ち帰っており、懲戒処分も検討している。情報の流出や悪用は確認されていない。
 病院によると、メモリーには平成26年1月~29年12月に心臓血管外科で手術を受けた患者の名前や病名、手術方式などの情報が入っていた。
 医師は今月5日、院内の端末から情報を自分のメモリーに保存し、バッグに入れて電車で帰宅。作業をしようとした際にメモリーがないことに気付いた。9日に警視庁青梅署に遺失届を出した。http://www.sankei.com/affairs/news/180116/afr1801160056-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

米軍施設建設反対活動制止の警察官の行為は違法 那覇地裁(16日)NHK

沖縄で、アメリカ軍施設の建設に反対する人たちの弁護を担当する弁護士が、建設現場の近くで警察官に車の通行を止められたうえ、ビデオカメラで撮影されて精神的苦痛を受けたと訴えた裁判で、那覇地方裁判所は「警察官の行為は正当化できず違法だ」として、沖縄県に30万円の賠償を命じました。
 沖縄のアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター発着場の建設に反対する人たちの弁護を担当する三宅俊司弁護士は去年11月、現場に通じる道路で警備に当たっていた警察官におよそ2時間、車の通行を止められたうえ、ビデオカメラで撮影されて精神的な苦痛を受けたなどとして、沖縄県に賠償を求める訴えを起こしていました。
 裁判で、県側は「抗議活動では工事を妨害する犯罪行為が頻発していて、警察官は弁護士を活動の参加者と判断した。警察の責務を達成するための必要な手段だ」などと主張しました。
 16日の判決で那覇地方裁判所の森鍵一裁判長は「犯罪行為に及ぶことのない抗議参加者も相当数いたと認められ、参加者であることだけで判断することは合理性を欠いていた」と指摘しました。そのうえで、「車の制止やビデオ撮影といった警察官の行為は原告の自由を制約するもので、正当化できず違法だ」として沖縄県に30万円の賠償を命じました。
 判決について、沖縄県の弁護士は「内容を精査して控訴するかどうか検討したい」と話しています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011291221000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗撮目的か、警視庁が教諭逮捕 勤務先中学校の更衣室侵入容疑(16日)共同

   
      

 勤務先の中学校の女子更衣室に盗撮目的で侵入したとして、警視庁小岩署は16日までに、建造物侵入の疑いで、東京都板橋区立中学校に勤務する20代の教諭の男を逮捕した。逮捕は13日。
 小岩署によると、男は「女性が着替えているところを撮影したかった」と容疑を認めており、同署は都迷惑防止条例違反の疑いでも調べる。
 逮捕容疑は昨年10月下旬ごろ、勤務している板橋区内にある中学校で、教職員用の女子更衣室に侵入した疑い。
 小岩署にこの男に関する別の相談が寄せられ、事情聴取をする際に男が所持していたSDカードを確認したところ、更衣室内を盗撮した動画が見つかった。

https://this.kiji.is/325957223015269473?c=39546741839462401

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁が危険運転撲滅へ総合対策、捜査徹底・免停も積極的に(16日)TBS

あおり運転が社会問題となる中、警察庁は、悪質な運転者への捜査の徹底などを柱とする総合的な対策を発表しました。
 警察庁は、去年6月に起きた東名夫婦死亡事故をきっかけに、あおり運転など悪質・危険な運転行為への対策を求める声が高まっているとして、16日、捜査の徹底と迅速な行政処分を柱とした総合的な対策を発表し、全国の警察に通達しました。捜査については、「危険運転致死傷罪」や「暴行罪」など、あらゆる法令を駆使するよう指示しています。その上で、暴行罪が適用されるようなあおり運転の当事者については、将来、事故を起こす可能性が高い人物「危険性帯有者」として免許停止とするなど、積極的な行政処分の活用と手続きの迅速化を指示しています。
 このほか、通達には、免許更新の際の講習であおり運転の危険性について啓発することや違反者に対しては適性検査に基づいた指導を適切に行うことなどが盛り込まれています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3265748.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

1歳児を飲食店に置き去りにした疑い、別の店で飲酒の母親逮捕(16日)TBS

東京・六本木のケバブ店に1歳の息子を置き去りにしたとして、母親の埼玉県に住む無職・三好フクレ容疑者(43)が警視庁に逮捕されました。
 三好容疑者は今月12日の深夜、ケバブ店で飲食した後、息子を置き去りにし、別の店で酒を飲んでいたということです。息子は店の前の路上で泣いていたところを、巡回中の警察官に保護され、けがはありませんでしたが、当時、港区内の気温は1.8度と冷え込んでいました。
 「子どもは危ない状態で道の真ん中まで行ったり、(止まっている)車のタイヤを触ったり下を見たり、本当に危なかった」(目撃者)
 三好容疑者はおよそ1時間後に近くの路上で警察官に確保されましたが、「その場を離れたがすぐ戻ってくるつもりだった」と容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3265750.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK「北朝鮮ミサイル発射 避難を…」速報は誤り(16日)テレビ朝日

16日午後6時55分、NHKが自社のニュースサイトやニュース防災アプリで「北朝鮮ミサイル発射の模様 Jアラート 政府“建物の中や地下に避難を”」という速報を流しました。しかし、実際にはJアラートは出されておらず、約5分後にNHKは速報は誤りであると訂正しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000118812.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児の下着やスクール水着など1000点が男の自宅から(16日)テレビ朝日

子ども用の下着などを狙って空き巣を繰り返していたとして、埼玉県に住む33歳の男が逮捕されました。男の自宅からは約1000点の下着などが押収されています。
 荻原武容疑者は先月6日、埼玉県内の住宅に侵入して女の子の下着5枚と現金21万円を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、東京都内でも埼玉県に隣接している地域で子ども部屋や洗濯機が荒らされる窃盗事件が相次いでいて、防犯カメラの映像から荻原容疑者が浮上したということです。荻原容疑者の自宅からは女の子の下着やスクール水着など約1000点が見つかったということです。取り調べに対して、荻原容疑者は「10年前からやっていて下着は観賞用、現金は食費に使った」などと容疑を認めているということです。都内や埼玉県では同様の事案が2016年から300件発生していて、余罪についても捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000118806.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日 単位・レベル) 
電話番号は必ず確認を
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013426

特殊詐欺が増えているがオレオレ詐欺に次いで多いのが架空請求詐欺。
 今月13日には茨城県牛久市の57歳の無職女性が1000万円の被害に遭ったほか、9日には秋田市内の30歳代の男性が20万円をだまし取られた。
 秋田の場合は男性に、スマートフォンにインターネット検索大手の会社名で「有料動画の未納料金が発生している。本日中に連絡がない場合は法的手続きに移行する」のメールが届き、記載された電話番号に連絡すると、「未納分を本日払えば、後日、会社で調査してお金を取り戻せる」と言われてコンビニから19万8000円を支払ったもの。
 牛久市の女性の場合も「コンテンツ利用料金の精算確認がとれない」などと言われて、メールに掲載された番号に電話して被害に遭っている。
 送られてくるメールやはがきには、法務省の関係機関が出したように装った内容もあり、ひっかかりやすい。昨年9月には福岡市の60歳代の女性宅には「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」と書かれはがきが届き、信じてしまった。
 同市内では他にも「国民訴訟通達センター」や「民事訴訟告知センター」「全国紛争センター」を名乗るはがきも届けられている。
 小欄がかつて扱った架空請求には、「○○裁判所訴訟係」として電話番号が書かれて、電話をかけると「はい訴訟係です」と名乗るため信じてしまうケースが多かった。
 単純な確認方法になるが、裁判所なら必ず代表番号にかけること。「○○訴訟通達センター」などいかにも存在するような公的機関名を使って〝恐怖感〟を与えて振り込ませるため、メールやはがきに書かれた電話には絶対にかけないこと。かける場合は「104」で調べた番号にかけることを勧めます。
 警察庁によると昨年11月までの架空請求の件数は5206件で前年同期と比べると1931件も増えている。これに対して検挙人員は542人で113人も減っている。
 月別にみると1月は264件だったが2月になると419件と急増する。今年もまもなく増加する時期になるので被害に遭わないように。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

近所の知人男性を刺殺した男逮捕 香取(16日)産経

知人男性を刺して殺害したとして、千葉県警香取署は15日、殺人の疑いで千葉県香取市一ノ分目の無職、高橋栄容疑者(80)を逮捕した。調べに対し、「刺したかどうか覚えていない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は14日午後2時45分ごろ、高橋容疑者の自宅で、近くに住む知人の無職、高岡尚義さん(83)の左胸部を刃物で刺し殺したとしている。高岡さんは搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。同署によると、2人は酒を飲んでいたところ、口論になったという。
 高橋容疑者から連絡を受けた別居の家族の男性が119番通報した。同署は当時の状況について調べを進めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180116/afr1801160043-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「裏」で女子高生に性的サービス、経営者を逮捕(16日)読売

警視庁は16日、無店舗型JK(女子高生)ビジネス店「さくら戦士リフレ大久保店」経営者の男(31)(住所不定)を児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で逮捕した。
 発表によると、男は昨年8月23日、当時17歳だった高校3年の女子生徒を東京都新宿区のホテルに派遣し、男性客とみだらな行為をさせた疑い。容疑を認めている。
 同店の女性従業員約10人のうち5人が18歳未満だった。男は昨年8月以降、ツイッターで添い寝やマッサージをするとうたって客を募り、女性従業員に「裏オプション」と称して性的サービスをさせていたという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180116-OYT1T50043.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイバー攻撃に備え共同訓練 警視庁、インフラ企業と(16日)共同

警視庁公安部は16日、交通機関や電力、情報通信など13分野の重要インフラ事業者と共同で、サイバー攻撃の対処訓練を行った。警視庁と事業者との連携強化が狙い。
 訓練では、訓練用のウイルスを感染させたパソコンを使い、発信源を特定し、被害拡大を防ぐ方法を体験した。
 社内から「インターネット上で保存していたファイルが開けない」との相談があったとの想定で、「標的型メール」やウェブサイトに不正プログラムを仕込んでおく「水飲み場型」、USBメモリーなどの記録媒体を使ったウイルス感染といった複数の攻撃を解析し、対処方法を学んだ。https://this.kiji.is/325838337145357409?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

80歳女性 強盗殺人 逮捕の2人 被害者の知人と連絡か(16日)NHK

去年、神奈川県平塚市の住宅で80歳の女性を殺害したとして強盗殺人などの疑いで逮捕された男2人が、携帯電話の通話履歴などから事件前、女性の知人と連絡を取っていた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。2人は女性と面識がないと見られ、警察は知人から女性についての何らかの情報を得ていた可能性もあると見て調べています。
 去年2月、神奈川県平塚市札場町の住宅で、1人で暮らしていた鳥海廣子さん(80)の首を圧迫して殺害しバッグなどを奪ったとして、東京・大田区の塗装工、斉藤義伎容疑者(23)と奈良県香芝市のアルバイト、河島楓容疑者(22)が強盗殺人などの疑いで逮捕され、16日検察庁に送られました。
 2人は鳥海さんと面識がなかったと見られていますが、その後の調べで、携帯電話の通話履歴などから事件前、2人が鳥海さんの知人と複数回連絡を取っていた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。
 警察は2人が知人を通じて、1人暮らしだった鳥海さんの生活環境など何らかの情報を得ていた可能性もあると見て調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011290531000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010

| コメント (0) | トラックバック (0)

樹氷に蛍光塗料で落書き 青森 八甲田山系(16日)NHK

青森市の八甲田山系の山頂付近の樹氷やその周辺に蛍光塗料で落書きがされているのが見つかり、管理する国などは監視体制の強化など対応を検討することにしています。
八甲田山系でロープウエーを運行する「八甲田ロープウェー」によりますと、今月14日、標高1314メートルにある山頂公園駅から15メートルほど離れた場所で、ピンク色の蛍光塗料が大量に吹きつけられて落書きがされているのをロープウエーの利用客が見つけました。
落書きは樹氷やその周辺の100平方メートル以上にわたっていたということで、その様子を撮影した写真では英語や中国語で「誕生日おめでとう」などという文字が書かれているように見えます。
 青森市と十和田市にまたがる八甲田山系は4万ヘクタール余りに及ぶ地域が国立公園に指定され、景観の保護が求められています。管理する国や八甲田ロープウェーは、周辺の監視体制を強化したりスキー客に注意を呼びかけたりするなど、今後の対応を検討することにしています。
 八甲田ロープウェーの蝦名正晴社長は「八甲田の真っ白な樹氷をたくさんの人に楽しんでもらえるよう、しっかりとマナーを守ってほしい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011290721000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ハンチング帽の男」を追送検、埼玉など窃盗54件に関与(16日)産経

埼玉と千葉、宮城の3県で窃盗事件など計49件に関与したとして、埼玉県警捜査3課などは15日、窃盗などの疑いで、住所不定、無職、嶋野博被告(66)=別の窃盗罪などで起訴=を、さいたま地検に追送検し捜査を終結したと発表した。同課によると、現場周辺の防犯カメラの映像にハンチング帽をかぶった男が映っており、捜査員は嶋野容疑者を「ハンチング帽の男」と呼んでいた。
 追送検容疑は平成28年8月~29年9月、仙台市青葉区の会社事務所など計49カ所に侵入、現金約121万円とお菓子など約600点(計約14万円相当)を盗んだとしている。
 同課によると、嶋野容疑者は同年8月に川越市の事務所に侵入し、現金約1万3千円を盗んだとして逮捕。計54件の関与を裏付け、被害総額は計約181万円に上るという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180116/afr1801160014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・八潮で枯れ草燃える 河川敷で不審火相次ぐ(16日)産経

14日夜、埼玉県八潮市の中川河川敷で枯れ草が燃える火事が2件連続で発生した。同市の中川河川敷では今月12日にも枯れ草が燃える火事が起きており、草加署は不審火の可能性もあるとみて関連を調べている。
 同署によると、14日午後7時半ごろ、八潮市八條の中川河川敷で、枯れ草が燃えているのを通行人の男性が発見、119番通報した。約3時間後の同10時25分ごろには、約100メートル離れた河川敷でも枯れ草が燃えているのが見つかった。同署によると、2カ所で枯れ草計約5500平方メートルが燃えた。けが人はない。
http://www.sankei.com/affairs/news/180116/afr1801160024-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

80代夫婦、車にはねられ死亡 東京・練馬(16日)朝日

 15日午後9時半ごろ、東京都練馬区中村南1丁目の区道で、近くに住むいずれも無職の九貫徳也さん(84)と妻の良子さん(81)が軽ワゴン車にはねられ、病院に搬送されたが間もなく死亡した。警視庁は、運転していた左官の牧志厚栄容疑者(50)=同区大泉町1丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べる。
 練馬署によると、現場は片側1車線の直線道路で、西武池袋線練馬駅から南西に約1キロの住宅街。牧志容疑者は「スピードを出しすぎて、歩行者に気付くのが遅れた」と話しているという。署が当時の状況を詳しく調べている。
https://www.asahi.com/articles/ASL1J2S24L1JUTIL003.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

てるみくらぶ社長宅、700万押収…資産隠しか(16日)読売

破産手続き中の旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)の社長山田千賀子被告(67)(詐欺罪などで起訴)の自宅から、警視庁が現金約700万円を押収していたことが捜査関係者への取材でわかった。
 破産管財人に申告していない金で、同庁は、隠し資産の疑いがあるとして、破産法違反(詐欺破産)容疑で捜査している。同庁は、山田被告らを融資金の詐欺容疑で再逮捕した後、資産隠しの捜査を本格化させる。
 同社は昨年3月27日、東京地裁に破産申請し、破産手続きの開始決定を受けた。翌4月には、山田被告個人も破産手続きの開始決定を受け、破産管財人が現金と預金計数百万円を回収した。
 同社の負債は、旅行代金など約151億円に上るとみられているが、昨年11月時点の資産は総額で約1億8800万円とされていた。
 破産法は、破産者の財産は裁判所が選任した破産管財人が管理すると規定しているが、山田被告は自宅で発見された約700万円について、破産管財人に申告していなかった。同庁は、没収されないよう、現金を隠匿していたとみている。

(ここまで449文字 / 残り412文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180115-OYT1T50140.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

広島2人殺傷「相手は誰でも」 逮捕の33歳男(16日)西日本

広島市安佐北区の路上で14日夜に男性2人が刺され死傷した事件で、殺人と殺人未遂の疑いで広島県警に逮捕された無職高橋豪容疑者(33)=同区可部=が「殺す相手は誰でも良かった。通り魔で無差別です」と供述していることが16日、県警への取材で分かった。
 一方、高橋容疑者が事件直後に乗ったタクシーの運転手が同日、取材に応じ「赤色灯をつけた捜査車両とみられる車と擦れ違った時、身をかがめたので怪しいと思った。シートには血が付いていた」と話した。
 高橋容疑者は「何人か殺して自分も死のうと思った」とも供述しているが、実際に自殺を図った形跡はみられないことも分かった。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/386769

| コメント (0) | トラックバック (0)

金沢に漂着の木造船内から7人の遺体(16日)NHK

今月10日、金沢市の海岸に漂着した木造船の中を15日、警察と海上保安部が調べたところ、7人の遺体が見つかりました。船は形から朝鮮半島から来た可能性があるということで、警察などが身元の確認を進めています。
  今月10日、金沢市下安原町の海岸で、木造船が船底を上にした状態で波打ち際に漂着しているのが見つかり、近くの海岸では一部が白骨化した男性1人の遺体が見つかりました。
 発見当時は現場の海岸の波が高かったため、警察と海上保安部は天候の回復を待ち、15日、船の中を調べたところ、船内から7人の遺体が見つかったということです。海上保安部によりますと、木造船は船の形から朝鮮半島から来た可能性があるということです。
 警察などは遺体の身元の確認や死因の調査を進めるとともに、海岸で見つかった遺体との関連についても調べています。
 日本海の沿岸やその周辺では、朝鮮半島から来たと見られる木造船の漂着や漂流が相次いでいて、去年1年間では過去最多となる104件が確認されています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011290391000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

【前橋女子高生重体事故】 85歳男を鑑定留置へ 心身に問題か(16日)産経

前橋市北代田町の県道で9日朝、自転車で登校中の女子高生2人が乗用車にはねられ重体となった事故で、乗用車を運転し自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで逮捕された川端清勝容疑者(85)=同市下細井町=について、前橋地検が鑑定留置を請求する方針を固めたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。
 川端容疑者は「気がついたら事故を起こしていた」と供述。事故当時のことは覚えていないとの趣旨の供述を続けていることなどから、心身の状態を調べる必要があると判断した。
 捜査関係者によると、川端容疑者は昨秋、運転免許の更新時に改正道交法に基づく認知機能検査を受け、認知症ではないとの結果が出ていた。しかし、事故を起こすまでの間に認知機能が低下した可能性がある。家族らによると、川端容疑者は目立った持病などはなかったが、たびたび物損事故を起こしていた。家族から運転しないよう再三説得されても応じなかった。
 群馬県警によると、川端容疑者は中央線をはみ出し、右折待ちしていた車のサイドミラーに衝突、逆走する形で市立前橋高校1年の太田さくらさん(16)と3年の大嶋実来さん(18)を相次いではねた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180116/afr1801160003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

幼児暴行「食事こぼしたから」 箕面・虐待死、母ら供述(16日)朝日

 大阪府箕面市の集合住宅で筒井歩夢(あゆむ)ちゃん(4)が昨年12月、母親の麻衣容疑者(26)や交際相手ら3人から虐待を受けて死亡したとされる事件で、3人は「食事をこぼしたことがきっかけで暴行が始まった」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。クリスマスイブの食事中に幼い子の行動に腹を立てて暴行が始まり、数時間にわたって続いたという。
 大阪地検は15日、いずれも殺人容疑で逮捕されていた麻衣容疑者と交際相手の松本匠吾容疑者(24)、知人の大倉敏弥容疑者(20)を傷害致死罪に切り替えて起訴した。殺意の立証は困難と判断したとみられる。
 起訴状によると、3人は昨年12月24日夕~25日未明、集合住宅で麻衣容疑者の長男歩夢ちゃんの腹に暴行を加え、死亡させたとされる。3人は「日頃から暴行していた」「しつけのつもりだった」と供述。司法解剖の結果、死因は外傷性の腹内出血で、歩夢ちゃんの全身には約50カ所のあざがあったという。
 捜査関係者によると、3人は24日、歩夢ちゃんと弟(2)を連れて外出。スーパーでオードブルを購入し、歩夢ちゃんの祖父からもらったクリスマスケーキを持って帰宅した。同日夕、5人で食卓を囲んでいた際に「食事をこぼした」として暴行が始まり、何度か間を置いて断続的に暴行。3人は「いったん寝て起きたら(歩夢ちゃんが)息をしていなかった」と話しているという。 松本容疑者と大倉容疑者は昨年11月、麻衣容疑者と歩夢ちゃん兄弟が住むこの集合住宅に転居してきた。府警は同居後に日常的な虐待が始まったとみている。
■要保護児対策に警官の参加要請…

 

残り:681文字/全文:1348文字https://www.asahi.com/articles/ASL1H4T7JL1HPTIL00Z.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

夜の東名、歩いていたベトナム人はねられ死亡(16日)読売

14日午後9時50分頃、静岡県焼津市

小土

(

こひじ

)

の東名高速道路上り線焼津インターチェンジ(IC)―吉田IC間で、追い越し車線を走行中の乗用車が歩行者をはねる事故があった。                                

 

 歩いていたのは愛知県豊川市

大木町鑓水

おおぎちょうやりみず

、ベトナム国籍の会社員フン・ヴァン・ルオンさん(31)で、全身を強く打って死亡した。乗用車を運転していた20歳代男性にけがはなかった。 現場近くには高速バスのバス停があり、高速道路に出入りできる。県警高速隊が事故の原因を調べている。
 この事故で、同区間の上下線は約6時間通行止めとなった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180115-OYT1T50149.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

80歳女性 強盗殺人 ICカード入った財布奪った疑い(16日)NHK

去年、神奈川県平塚市の住宅で80歳の女性を殺害したとして強盗殺人などの疑いで逮捕された男2人が、女性名義の交通機関のICカードが入った財布などを奪っていた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、金品目的で殺害したと見て調べています。
 去年2月、神奈川県平塚市札場町の住宅で、1人で暮らしていた鳥海廣子さん(80)の首を圧迫して殺害しバッグなどを奪ったとして、東京・大田区の塗装工、斉藤義伎容疑者(23)と奈良県香芝市のアルバイト、河島楓容疑者(22)が強盗殺人などの疑いで15日、逮捕されました。
 その後の調べで、自宅からは財布が見つかっておらず、2人が鳥海さん名義の交通機関のICカードが入った財布などを奪っていた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。
 事件の後、鳥海さんのICカードが複数回使用されているのが確認され、防犯カメラの映像などから使用したと見られるということです。警察は、2人が金品目的で鳥海さんを殺害したと見て詳しいいきさつを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011290171000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

狭山事件 「脅迫状の筆跡は別人」弁護団が新鑑定提出(16日)NHK

55年前、埼玉県狭山市で女子高校生が殺害された「狭山事件」で、無期懲役が確定した男性の弁護団が、有罪の裏付けとなった脅迫状の筆跡は別人のものだとする新たな鑑定を裁判所に提出しました。男性は再審=裁判のやり直しを求めていて、裁判所の判断が注目されます。
 昭和38年、埼玉県狭山市で女子高校生が殺害された「狭山事件」では、無期懲役が確定し仮釈放された石川一雄さん(79)が再審を求めています。
 当時、被害者の自宅には脅迫状が届き、その筆跡が捜査機関の鑑定で石川さんと同じだとされたことが裁判で有罪の重要な裏付けとなりました。
 石川さんの弁護団は、コンピューターを使って筆跡を鑑定する手法を研究している東海大学の福江潔也教授に改めて鑑定を依頼しました。
 この手法は文字を画像で読み取って線の位置を座標上の数値で表し、形が似ているかどうかを比較するもので、鑑定によりますと、脅迫状の筆跡と石川さんの筆跡は形が大きくずれていて、99.9%の確率で別人のものだと考えられるということです。
 福江教授によりますと、従来の筆跡鑑定は見た目で文字の特徴を比較する手法などが中心だったということで、「今回はコンピューターが客観的に判断したのが最大の違いだ。ずれを見ると別人が書いたと考えなければ不合理だ」と話しています。
 弁護団は15日に東京高等裁判所に鑑定結果を提出したということで、裁判所の判断が注目されます。

新たな筆跡鑑定とは

東海大学の福江潔也教授が研究している筆跡鑑定の手法は、コンピューターで画像を解析する手法を応用したものです。
 福江教授の手法では、個人の筆跡の特徴を把握するため、まず筆跡を鑑定したい文書の中から繰り返し使われている文字を選びます。
 続いてその文字の画像をコンピューターで読み込み、傾きや大きさをそろえます。文字は直線や曲線の組み合わせで成り立っていますが、その上にコンピューターがいくつもの点を配置します。その点の位置をX軸とY軸の座標で表すことで文字の形を数値化することができます。
 そして数値を比較することで、文字の形がどの程度異なっているのかを把握することができます。
 福江教授によりますと、同じ人物が書いた場合、数値のずれは一定の幅に収まりますが、ほかの人物が書くと明らかにずれが大きくなるということです。
 「狭山事件」の鑑定では繰り返し使われていたひらがなの「い」「た」「て」「と」の4文字が選ばれ、脅迫状の文字と石川さんが書いた文字を比較した結果、同じ人物ではありえないほど数値がずれていたということです。
 福江教授が作成したデータベースをもとに計算したところ、脅迫状の文字と石川さんが書いた文字が別人のものである確率は、99.9%に達したということです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

座間遺体、白石容疑者を再逮捕へ 20歳の男性殺害容疑(16日)共同

神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、警視庁高尾署捜査本部が16日にも、同県横須賀市の男性に対する殺人や死体遺棄の疑いで、無職白石隆浩容疑者(27)を再逮捕する方針を固めたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。一連の事件で立件の対象となる被害者は4人目となる。
 捜査関係者によると、白石容疑者は2017年8月下旬以降、アパートの自宅で、福祉関係職員の西中匠吾さん(20)を殺害し、遺体を遺棄した疑いが持たれている。行方不明になったのは同29日ごろで、携帯電話の位置情報は9月2日に海老名市の海老名駅周辺で途絶えていた。
https://this.kiji.is/325681222603015265?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬局荒らしの疑いで男3人逮捕、60件以上関与か(16日)TBS

薬局に侵入し、金庫にあった現金を盗んだとして男3人が逮捕されました。大阪や奈良では去年の夏以降、薬局を狙った窃盗事件が60件以上起きていて、警察が関連を調べています。
 窃盗などの疑いで15日逮捕されたのは、羽曳野市の職業不詳・森上潤一容疑者(41)と東大阪市の建築業・大橋貴之容疑者(44)ら3人です。
 森上容疑者らは先月、奈良県大和郡山市の調剤薬局に自動ドアを破って侵入し、手提げ金庫にあった現金およそ34万円を盗んだなどの疑いがもたれています。
 警察によりますと、大阪府や奈良県では去年8月以降、調剤薬局の金庫と中の現金や薬などが盗まれる事件が合わせて60件以上起きています。複数の現場の防犯カメラには、盗難車とみられる白いセダンで乗りつけた男らがドアを破って金庫ごと盗み出す様子が写っているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3265294.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不動産仲介会社役員ら逮捕、偽計業務妨害の疑い(16日)TBS

埼玉県越谷市の不動産仲介会社の役員らが、客を装って同業の会社にうその問い合わせメールを相次いで送りつけたとして逮捕されました。
 偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、越谷市の不動産仲介業「オークラホームズ」の役員、深井一朗容疑者(39)と社員ら2人のあわせて3人です。
 深井容疑者らは去年6月と9月、市内の同業の会社に対して、客を装い「初期費用を知りたい」「最新の空き状況を知りたい」などとうその問い合わせメールをあわせて16回送りつけ、業務を妨害した疑いがもたれています。
 警察によりますと、被害を受けた会社が問い合わせメールに返信しても相手方に届かないことが相次ぎ、警察に相談したということで、うその問い合わせは少なくとも100件以上にのぼり、他にも被害を受けた会社があるということです。
 警察の取り調べに対し、3人とも容疑を認めているということで、警察は余罪についても調べることにしています。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3265121.html

                                  
                                  

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・練馬区で80代夫婦が車にはねられ死亡(16日)TBS

15日夜、東京・練馬区の路上で歩いていた80代の夫婦がワゴン車にはねられ、その後、死亡しました。
 15日午後9時半ごろ、練馬区中村南の路上で、歩いていた近くに住む無職の九貫徳也さん(84)と妻の良子さん(81)がワゴン車にはねられました。2人は病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
 警視庁は、ワゴン車を運転していた塗装業・牧志厚栄容疑者(50)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。牧志容疑者は「ブレーキをかけたが、間に合わなかった」などと容疑を認めているということです。
 現場は信号のない道路で、警視庁は容疑を過失運転致死に切り替え、当時の状況を調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3265299.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

離島や無人島で警戒強まる 北朝鮮船の漂着、警察官派遣も(16日)日経

日本海沿岸に北朝鮮籍とみられる木造船の漂着が相次ぎ、離島の住民や無人島の管理者らが不安を募らせている。2017年11月には無人の北海道松前小島に北朝鮮船の乗員が上陸、発電機を盗んだとして船長が逮捕・起訴された。日本は大小合わせて約6900の島からなり、9割が無人島だ。住民らは周辺海域の警備強化を求めている。
 「ただいまより粟島警戒任務に出発します」。17年12月21日、新潟県警村上署で署員と県警…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25716160V10C18A1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「はれのひ」被害者支援 横浜市が特設サイト作成へ(16日)テレビ朝日

成人式の振り袖が届かないなどの被害が相次いだ問題で、横浜市が被害者と支援をしたい人たちをつなぐ特設サイトを作ることを決めました。
 着物レンタル業者の「はれのひ」に依頼した振り袖などが成人式の日に届かなかった問題では、横浜市の消費生活総合センターだけでも354件、総額約1億1200万円分の相談が寄せられています。こうしたなか、市には着物の無償レンタルや写真撮影などで被害者に協力したいという申し出がこれまでに31件寄せられていて、市ではこれらの情報をまとめて被害者に提供する特設サイトを今週中にも作り、情報提供するということです。市の担当者は「善意があることを伝え、被害者に寄り添えたら」とコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000118729.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「娘の将来を悲観して…」 次女を殺害で父親逮捕(16日)テレビ朝日

東京・練馬区で37歳の娘の首をマフラーで絞めて殺害したとして、警視庁は出頭してきた74歳の父親を逮捕しました。
 増田幸平容疑者は15日、練馬区の自宅アパートで同居する次女の絵美子さんの首をマフラーで絞めて殺害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、増田容疑者は事件後に1人で練馬警察署を訪れ、「次女の首を絞めて殺しました」などと出頭していました。取り調べに対して「マフラーで首を絞めた。精神的に不安定な娘の将来を悲観してやった」などと容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000118740.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽計妨害容疑で書類送検へ カヌー薬物混入、石川県警(16日)西日本

昨年9月に石川県小松市で開かれたカヌー・スプリント日本選手権で小松正治選手(25)=愛媛県協会=が飲み物に禁止薬物を混入された問題で、資格停止処分を受けた鈴木康大選手(32)=福島県協会=について、石川県警が偽計業務妨害容疑で書類送検する方針を固めたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。県警の任意の調べに混入の事実を全面的に認めているという。
 鈴木選手は、パドルなど小松選手が競技で使用する道具を隠すなどしたことも任意の調べに認めており、県警はこれらについても書類送検する方針。さらに小松選手以外に対する妨害行為も認めており、県警は立件を目指す。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/386707

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月15日 | トップページ | 2018年1月17日 »