« 通販トラブル「お試し」のつもりが解約できず数万円! その“手口”と“落とし穴”とは(16日)産経 | トップページ | JR京浜東北線で架線断線 工事ミスが原因 全線復旧まで7時間 (17日)日経 »

2017年12月17日 (日)

「青い睡眠薬」体内から検出 諫早昏睡強盗 悪用防止成分、カクテル混ぜ偽装か(17日)西日本

長崎県諫早市のスナックで客の男性に睡眠薬入りの酒を飲ませ、現金を奪った後に死亡させたとして経営者らが逮捕された事件で、男性の体内から水に溶かすと青く変色する睡眠薬の成分が検出されていたことが、捜査関係者への取材で分かった。睡眠薬の悪用防止のため厚生労働省が2015年、青く変色するよう医薬品メーカーに要請した薬の成分と一致。この成分が含まれる睡眠薬は効能が強いため医師の処方が必要で、県警は経営者らが第三者から不正に入手した可能性があるとみて調べる。
 県警は諫早市天満町のスナックで、4月に睡眠薬を混入した酒を飲ませて昏睡(こんすい)状態になった男性会社員=当時(37)=の財布から現金約4万円を盗み、吐しゃ物により窒息死させたとして、強盗致死容疑で中野稚也(わくや)容疑者(27)ら5人を今月6日に逮捕した。
 捜査関係者によると、男性が吐いた物の一部は青っぽく、司法解剖の結果、体内から青に変色する睡眠薬の成分を検出した。水に溶けると青くなるため青いカクテルに混ぜるなどの偽装をした疑いがあるという。
 事件現場となったスナックは、JR諫早駅近くの雑居ビル4階に入居。中野容疑者は、同階でスナックやラウンジなど3店を実質的に経営。同階で営業している店は他になく“密室フロア”となっていた。
 捜査関係者によると、亡くなった男性は4月8日未明にビルを訪れ、3階にいたところ4階のラウンジの女性従業員(17)=強盗致死容疑で逮捕=から「上で飲もう」と誘われてスナックで飲酒。同日午後、寝ていたソファで吐いた物を喉に詰まらせて死亡しているのを従業員に発見された。
 同じスナックでは、3月にも別の男性に睡眠薬入りの酒を飲ませて5万5千円を奪ったとして中野容疑者や系列店の従業員ら6人が昏睡強盗容疑で11月に逮捕されている。県警は連続昏睡強盗事件として捜査。捜査関係者は「系列店による客引き、接客、睡眠薬の混入、“イッキコール”など役割を分担していたようだ」としており、睡眠薬の種類などを含めて実態解明を進める。=2017/12/17付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/380872

« 通販トラブル「お試し」のつもりが解約できず数万円! その“手口”と“落とし穴”とは(16日)産経 | トップページ | JR京浜東北線で架線断線 工事ミスが原因 全線復旧まで7時間 (17日)日経 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66167218

この記事へのトラックバック一覧です: 「青い睡眠薬」体内から検出 諫早昏睡強盗 悪用防止成分、カクテル混ぜ偽装か(17日)西日本:

« 通販トラブル「お試し」のつもりが解約できず数万円! その“手口”と“落とし穴”とは(16日)産経 | トップページ | JR京浜東北線で架線断線 工事ミスが原因 全線復旧まで7時間 (17日)日経 »