« 山形道100台立ち往生か 降雪中、10台絡む事故(27日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2017年12月27日 (水)

オウム真理教 元信者の菊地直子さん 無罪確定へ 最高裁(27日)NHK

平成7年に起きたオウム真理教による東京都庁の郵便物爆破事件で殺人未遂のほう助の罪に問われた菊地直子元信者の裁判で、最高裁判所は、検察の上告を退ける決定を出し、2審の無罪判決が確定することになりました。
 無罪が確定することになったのはオウム真理教の元信者の菊地直子さん(46)です。
 教団による一連の事件で特別手配され、5年前に逮捕されました。
 裁判では平成7年に東京都庁で郵便物が爆発し、職員が大けがをした事件で、爆薬の原料の薬品を教団の元幹部らのもとに運んだとして殺人未遂のほう助の罪に問われました。
 本人が元幹部らによる犯行や薬品の使いみちを認識していたかどうかが争われ、裁判員裁判の1審は懲役5年の有罪判決を言い渡しましたが、2審は無罪を言い渡し、検察が上告していました。
 これについて最高裁判所第1小法廷の池上政幸裁判長は、27日までに上告を退ける決定を出し、無罪判決が確定することになりました。
 決定の中で、最高裁は、「本人の認識は『何らかの危険な化合物が製造される』といった抽象的なものにとどまる」としたうえで、「殺人未遂の行為を手助けする意思があったと認めた1審判決は飛躍している」と指摘しました。
 また、2審判決についても、「1審の認定の不合理さを具体的に指摘しないまま異なる判断をするなど問題がないわけではない」としましたが、無罪という結論は妥当だと判断しました。
 今回の決定によって、オウム真理教による一連の事件で裁判が続いているのは、地下鉄サリン事件などで無期懲役を言い渡され最高裁に上告している高橋克也被告(59)だけとなりました。

最高検「誠に遺憾も真摯(しんし)に受け止めたい」

最高検察庁の中原亮一公判部長は、「主張が認められなかったことは誠に遺憾だが、最高裁判所の判断であるので真摯(しんし)に受け止めたい」というコメントを出しました。
続くdownwardleft

« 山形道100台立ち往生か 降雪中、10台絡む事故(27日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66205189

この記事へのトラックバック一覧です: オウム真理教 元信者の菊地直子さん 無罪確定へ 最高裁(27日)NHK:

« 山形道100台立ち往生か 降雪中、10台絡む事故(27日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »