« 帰宅途中の女性が突然…体触られる事件相次ぐ(30日)テレビ朝日 | トップページ | 「かわいがり暴行死」から10年、検視体制は変わったか(30日)朝日 »

2017年12月30日 (土)

交番の3割、耐用年数超え…建て替え年に数か所(30日)読売

富山県内の交番と駐在所計147か所のうち、約3割が耐用年数を超えていることが県警への取材でわかった。
 予算の制約などから短期間で全て更新することは難しく、建て替えペースは年間2、3か所にとどまる。県警は、建物の骨格を残して改修する「リノベーション」で低コスト化を図りながら、移転や統廃合なども含めて今後の更新計画を検討している。
 県警によると、建物の耐用年数は、国の基準に合わせ、鉄筋コンクリート50年、コンクリートブロック41年、木造24年などと定めている。2016年度末時点、交番55か所、駐在所92か所のうち、耐用年数を超過しているのは交番15か所、駐在所31か所で計46か所(全体の約31%)にのぼる。
 最も古い建物は、交番では高岡署御馬出交番(11年超過)で、次いで富山北署水橋交番(10年超過)だった。駐在所では高岡署佐野駐在所(21年超過)、次いで富山北署海岸通駐在所(14年超過)だった。
続くdownwardleft
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171230-OYT1T50018.html

« 帰宅途中の女性が突然…体触られる事件相次ぐ(30日)テレビ朝日 | トップページ | 「かわいがり暴行死」から10年、検視体制は変わったか(30日)朝日 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66220082

この記事へのトラックバック一覧です: 交番の3割、耐用年数超え…建て替え年に数か所(30日)読売:

« 帰宅途中の女性が突然…体触られる事件相次ぐ(30日)テレビ朝日 | トップページ | 「かわいがり暴行死」から10年、検視体制は変わったか(30日)朝日 »