« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | カップルの“パンク魔” 周辺で同様被害200件(18日)テレビ朝日 »

2017年12月18日 (月)

政府、米軍ヘリ飛行容認 近く再開、沖縄の反発必至(18日)西日本

 防衛省は18日、沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小に米軍のCH53E大型輸送ヘリコプター操縦席窓が落下した事故を巡り、同型機の飛行再開を容認する方針を発表した。米軍から事故原因に関し「人的ミスと結論付けられた。窓のレバーが緊急脱出の位置に動かされたことで離脱した。事故は当該機固有の問題だ」と説明を受けたと明らかにした。政府関係者によると、米軍は19日以降に飛行を再開する見込みで、沖縄県側がさらに反発を強めるのは必至だ。
 在日米海兵隊は18日の声明で「安全な飛行のための全機の包括的な点検を行った」などとして、同型機の飛行再開の準備が整ったとの認識を示した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/381180

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | カップルの“パンク魔” 周辺で同様被害200件(18日)テレビ朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府、米軍ヘリ飛行容認 近く再開、沖縄の反発必至(18日)西日本:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | カップルの“パンク魔” 周辺で同様被害200件(18日)テレビ朝日 »