« 朝鮮半島からの船舶 漂流・漂着件数が100件に(28日)テレビ朝日 | トップページ | 北朝鮮船船長ら、家電など窃盗容疑で追送検(28日)TBS »

2017年12月28日 (木)

現場と指令、判断うやむや のぞみ停止決められず(28日)日経

新幹線のぞみの台車に亀裂が入ったまま運行を続けた問題で、JR西日本が27日、列車内で異変に気づいた社員と新幹線総合指令所とのやり取りを明らかにした。何度も異変に気づきながら、停止判断を互いに依存しての走行継続。経営トップは頭を下げたが、先端技術を集めた輸送システムに慢心はなかったか――。安全運行という原点に立ち返るよう求める声が強まる。
 ■認識ずれたまま 東海道・山陽新幹線ののぞみで異常が発生したのは11日午後。「安全をとって新大阪で床下(の台車点検)をやろうか」。JR西日本によると、岡山駅(岡山市)から新幹線に乗り込んだ車両保守担当社員が3時半ごろ、東京にある新幹線総合指令所に電話し、新大阪駅(大阪市)での点検を提案した。

 しかし、新幹線は台車の点検をしないまま走行を継続。指令員はJR西の聞き取りに対し「隣に座る指令長からの問い合わせが重なり、(保守担当社員の提案は)聞こえていない」と説明したという。
 保守担当と指令員のやり取りは、その後も断続的に続いた。「走行に支障があるのか」と繰り返し問う指令員に「判断できかねる」「異常がないとは言い切れない」と応じる保守担当。
 聞き取りに対し、保守担当は「指令員がどこで点検するのかを調整してくれていると思っていた」と、指令員は「走行に支障がないとの認識は変わらなかった」と、それぞれ話し、浮かび上がったのは「現場と指令所が相互に依存する関係」(来島達夫社長)だった。
 ■床下から振動 異変は出発直後から起きていた。博多駅(福岡市)を出た直後の午後1時35分ごろ、車掌が13号車で甲高い音を聞いた。以降、新大阪駅に到着するまでの約2時間半にわたって異音、異臭、もやを確認したという。
続く

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25192720Y7A221C1AC8000/

« 朝鮮半島からの船舶 漂流・漂着件数が100件に(28日)テレビ朝日 | トップページ | 北朝鮮船船長ら、家電など窃盗容疑で追送検(28日)TBS »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現場と指令、判断うやむや のぞみ停止決められず(28日)日経:

« 朝鮮半島からの船舶 漂流・漂着件数が100件に(28日)テレビ朝日 | トップページ | 北朝鮮船船長ら、家電など窃盗容疑で追送検(28日)TBS »