« カウントダウンでホコ天に 渋谷駅周辺 警視庁(31日)NHK | トップページ | 創価学会施設前で警備員をナイフで切りつけた少年を逮捕 警視庁(31日)産経 »

2017年12月31日 (日)

駅工事を集中捜査 競合激しく4社で調整か リニア談合(31日)朝日

リニア中央新幹線の建設工事を巡る大林組大成建設、鹿島、清水建設のゼネコン大手4社の談合事件で、東京地検特捜部公正取引委員会は年明けから捜査人員を拡充し、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで本格的な解明に乗り出す。捜査当局は、リニア品川駅名古屋駅の受注調整について特に関心を寄せているとみられ、4社の幹部らから集中的に事情を聴いている。

 JR東海は具体的な費用を明らかにしていないが、両駅の総工事費はそれぞれ数千億円規模とみられる。品川駅では北工区を清水建設、南工区を大林組が2015年に受注。名古屋駅では中央西工区を大林組が16年に受注した。
 複数の関係者によると、4社は11年に正式なルートが発表される前から、総工事費1千億円超の南アルプストンネル工事と、両駅について受注分担の協議をしていたという。トンネル工事は極めて高い技術力が必要で、南アルプストンネルを土木工事を得意とする鹿島と大成建設が受注することに争いはなかったとみられる。
 一方、駅工事は各社の競合が激しく、大林組清水建設も受注を目指していた。捜査当局は、価格を抑えようとするJR東海との交渉を有利に進めるためにも、4社が談合したとみている模様だ。品川駅では選定がいったん不調に終わった後、再選定で清水建設大林組が受注した。
 JR東海はリニア建設に際し税制優遇を受けており、9兆円の総事業費には公的資金を原資とした3兆円の低利融資も含まれている。東京地検特捜部公正取引委員会は、談合で工事価格が高止まりすれば国民負担に跳ね返ることから悪質性が高いととらえており、全容解明を目指す考えだ。

https://www.asahi.com/articles/ASKDZ5FDBKDZUTIL011.html

« カウントダウンでホコ天に 渋谷駅周辺 警視庁(31日)NHK | トップページ | 創価学会施設前で警備員をナイフで切りつけた少年を逮捕 警視庁(31日)産経 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66222708

この記事へのトラックバック一覧です: 駅工事を集中捜査 競合激しく4社で調整か リニア談合(31日)朝日:

« カウントダウンでホコ天に 渋谷駅周辺 警視庁(31日)NHK | トップページ | 創価学会施設前で警備員をナイフで切りつけた少年を逮捕 警視庁(31日)産経 »